挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

森の騒乱編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/303

40話 オーク・ディザスター

 蜥蜴人族リザードマンの首領は、絶望的に途切れず攻めてくるオーク兵を必死に食い止めていた。
 前方の4つの通路に部隊を分け、それぞれに対応させている。
 通路の大きさが然程広く無い為に、同時に相手取る数が少ない事が救いであった。
 個体個体の戦力を考えるならば、リザードマンの戦力が僅かだがオーク兵を上回っていたのだ。
 広間後方に女子供を避難させ、その前方に戦える者を配置する。
 万が一、通路を抜けて来た者への対処の為である。
 首領は、戦況を観察しこのままでは1日保たないであろうと悟っていた。
 部隊を交代させつつ、疲労回復を行うように上手く戦闘をこなしているのだが、それでも交代の隙をつき徐々に攻め込まれているのだ。
 現在の戦力は1,200名を下回る。
 合流する事も無く、いくつかの部隊が討ち死にしたと思われた。
 しかも、更なる悪夢が首領を襲った。オーク兵達が黄色い妖気オーラに包まれたのだ。
 何だ?
 そう思ったが、答えはすぐに出る。個体個体の戦闘能力が向上したのだ。
 劇的に強くなった訳では無いが、リザードマンに対して有効な能力を獲得したようであった。
 今まで、個体の能力が上回っていたから持たせていたようなものなのだが、この時点でその優位性が失われた。

 最早・・・、残された運命は玉砕しか無い。
 首領は覚悟を決める。
 逃げても無駄であろう。苦労するだけして、やはり駄目かも知れない。
 それでも・・・。

「聞けい!!! 女子供は、これより撤退を行う! 親衛隊、前へ!
 お前達は、女子供の護衛を行い、一人でも守り抜け!
 諦める事は許さん! 新天地を求め、一人でも多く生き抜くのだ!!!」

 ありったけの威厳を込め、大音声でそう叫んだ。

「しゅ、首領は、どうなさるおつもりですか?」

 親衛隊の副長が問いかけてくるが、

「知れた事よ! オークどもの好きにはさせん!
 我等、リザードマンの強さを見せつけてくれるわ!!!」

 決して弱みは見せない。
 彼こそが、リザードマンの強さの象徴であり、希望なのだから。

「戦士達よ! 今から、決死の覚悟でオーク共の侵入を許すな!
 女子供の逃げる時間を稼ぐのだ!!!」

 そう、戦士団を鼓舞した。
 リザードマンの顔に絶望は無い。相手が強くなったとしても、女子供を逃がすことさえ出来れば、自分達の勝利である。
 未来が途絶える訳では無い。
 この先、苦労をかける事となるだろうが、種の終わりを迎える訳では無いのだ。

「「「うぉおおおおおお!!!」」」

 自ら声を張り上げ、恐怖を払拭する。
 洞窟内部は、リザードマン達の雄叫びで、割れんばかりに振動した。
 その様子に満足し、女子供に脱出するよう声をかけようとした所で・・・、

「それは困るな。首領殿、まだ約束が成されておらぬ。ここで待つ約束だろう?」

 静かに、いつの間にやら一人の男が傍らに立っていた。
 浅黒い肌に、青黒い髪。青い瞳の、身長190cm程の魔物。
 かつて、自分と会談し、ソウエイと名乗った魔物。
 来てくれたのか? いや、まだ同盟は結んでいない。だが・・・

「ソウエイ殿・・・。来て下さったのか? しかし、忠告に従わず、我等は先走って・・・」
「忠告・・・? 何の事だ? そんな事はどうでも良い。
 あなた方は、このままここでお待ち頂きたい。約束は明日だ。
 明日には、我等の主もここに来ると仰せだ。」

 同盟の約束、守ってくれるというのか。しかし・・・

「しかし、今はそれどころではなく、あのオーク共が!」

 その言葉に、五月蝿そうにオーク兵達を一瞥するソウエイ。
 まるで下らない事だと言いたげに、

「あの五月蝿い奴らがいては、確かに落ち着けないな・・・
 良かろう。俺がアレを片付ける事としよう。暫し、待っているがいい。」

 そう言い、泰然と歩き出す。
 目の錯覚か? ソウエイの身体がブレて重なり合うように・・・、いや! 4体に分かれている。
 それぞれが通路へと赴き、守備に徹していたリザードマン達の元へ到達する。

「代わろう。」

 そう声をかけて。
 4体が、それぞれの通路でオーク兵達に相対した。
 それから先、信じられない光景を見ることになる。
 今まで自分達を苦しめていた、地獄の餓鬼道の亡者の如きオーク兵達が、為すすべも無くソウエイ一人の守備を突破出来なかったのだ。
 各通路に一人づつ立ち、

「「「操糸妖斬陣!」」」

 それは、煌く糸の殺戮舞踏。
 一瞬で通路に張り巡らされた鋼糸は、ソウエイの意図のままに自在に動く。
 その技を通路で行使した途端、オーク兵の身体は細切れにされた。
 侵入して来る者から順に、一切の抵抗を許さず殺戮されていく。
 不幸なのは、オーク兵達であった。各々の通路にて、ソウエイの分身体が放った技により殺されていく。
 自我が無く、単純な命令に従うが故に、恐怖を感じる事が出来なかったのだ。
 次々と、張り巡らされた蜘蛛の糸に自ら捕らわれに行くが如く。ただしその糸は、命そのものを一瞬で刈り取る恐るべき罠なのだ。
 細切れになった死体を貪り、通路を進み、殺される。
 延々と繰り返される光景に、リザードマン達は声も出ない。
 迷宮のような構造を持つ戦場は、ソウエイの独壇場であった。
 張り巡らせる罠の種類は豊富にあり、状況に応じて変化させるのだ。今回、ソウエイにとってオーク兵は排除の対象でしかない。
 一切の情けをかける事もなく、手を煩わせる事もなく殺戮を遂行していった。
 蜥蜴人族リザードマン達は、驚きに声も出ない。
 次元の違う強さを目の当たりにして。それは、恐怖の体現者。
 自らを圧倒的に上回る、強者の姿だった。

 状況が変化したのは、2時間経過した頃である。
 今まで、愚直に殺される為に侵攻して来ていたオーク兵達が、突然の撤退を開始したのだ。
 何か戦況に変化が生じたのか?
 ソウエイはそう直感する。
 同時に出せる分身体は6体。最初に出した2体は消したので、現在4体出している。
 本体は影に潜んで、分身体を操っているに留めていた。
 ここはもう大丈夫。分身体に任せておく事にした。
 ソウエイの本体は、誰にも気付かれる事もなく、移動を開始する。
 自らの主、リムルの元へと。





 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




  
 豚頭魔王オーク・ディザスターは自らを魔王と名乗った。しかも、自分で自分に対し、名前を付けて。
 この場合は、奪ったと言う方が正解なのだろうか? 
 豚頭魔王オーク・ディザスターにとっては、ゲルミュッドが魔王に成りたいという野望を叶えてやった、ただそれだけの事であった。
 ゲルミュッドを魔王にしてやったのだ。本人の望み通りに。
 自我の無かった豚頭帝オークロードの、精一杯の忠誠心。無論、俺がそんな事に気付く事は無かったし、関係も無いのだが。
 自我が生じ、知性の輝きを放つ目。
 自らの意思で魔王を宣言した、豚頭魔王オーク・ディザスターゲルミュッドは、豚頭帝オークロードなど比較にならない程の強さに進化している。

 後ろで、ベニマル達が臨戦体勢になった。
 豚頭魔王オーク・ディザスターゲルミュッドを脅威と認識したのだろう。
 今まで浮かべていた余裕の笑みも無く、真剣な表情になっている。

「リムル様! ここは、俺が!」

 そう言い、いきなりベニマルが黒炎獄ヘルフレアをぶっ放す。
 思念による合図を受けていたので、俺は上空へと回避した。翼を出していて良かった。
 豚頭魔王オーク・ディザスターゲルミュッドを中心に黒い半球形ドームが形成される。内部を高温の嵐が吹き荒れ、魔王を焼き尽くそうとその猛威を奮った。しかし・・・。
 十数秒後、半球形ドームが消失した場所に悠然と立つ豚頭魔王オーク・ディザスター
 効いていない訳では無い。耐熱能力は持っていなかったらしく、皮膚は焼け爛れている。
 それでも致命傷になっていないのは、妖気オーラを放出し、熱抵抗レジストを行なったのだ。
 更に、その焼け爛れた皮膚も再生を開始している。ゲルミュッドの持っていた回復能力か。
 先程までとは圧倒的に異なる、魔素量まりょく。魔王を自称するだけの事はある。
 というより、"世界の言葉"が言う所の、"魔王種"というヤツか。覚醒すれば、本当に魔王になるのだろう。
 コイツは、今殺しておかなければ、本当の災厄ディザスターになる。俺はそう確信した。
 自分の必殺の攻撃に耐えられ、顔をしかめるベニマル。
 確かに、黒炎獄ヘルフレアは強力だ。しかし、それは集団向けの技であり、対個体への技というには弱い。
 エネルギーを無駄に散らしすぎるのだ。対個体へは、もっとエネルギーを収束させねばならない。
 そうすれば、恐らく抵抗や再生を許さず、完全に焼き尽くす事が出来ただろう。

 ベニマルの次に動いたのは、ランガだ。
 俺がやるように、『黒稲妻』を一点に収束させ、放つ。
 直撃を受けて、豚頭魔王オーク・ディザスターゲルミュッドが硬直する。
 狙いは良い。俺も今と同じように攻撃するだろう。
 範囲指定を個人に向けた、最強の一撃。
 黒く炭化し、その場に崩れる豚頭魔王オーク・ディザスター
 そりゃそうだろう。俺でもこの攻撃には耐えられ無かったのだ。
 1対1では無く複数で、しかも不意打ちで倒す事になってしまったが、悪く思わないで欲しい。
 恐らく、鬼人の誰でも、1対1では勝てなかっただろう。
 だが、これでようやくこの戦も終わりか・・・そう思ったその時、

「フハァーーー! 今のが、痛みか! 死が垣間見えた気がするわ!
 だが、このオレを滅するには、足りぬなぁ!!!」

 炭化し、死んだと思われたのに、起き上がる豚頭魔王オーク・ディザスター
 見れば、自らの腕を引き千切り、喰っていた。
 その豚頭魔王オーク・ディザスターの元へ走りよるオーク兵。そのオーク兵を無造作に殺し、食べる豚頭魔王オーク・ディザスター
 なんてヤツだ! 喰う毎に、炭化した皮膚が剥がれ、新たな皮膚が生まれる。
 そして、自ら千切った腕は、根本から生え出てきたのだ!
 本当に、凄まじい回復能力である。

「嘘だろ・・・」

 思わず呟いていた。
 とんでもない化物過ぎて、現実味が無くなっている。
 ランガは今の一撃で魔素量エネルギーが空になったようだ。蹲り、動けなくなっていた。
 低位活動状態になりかけたのだろう。
 仕方ない。『黒稲妻』のエネルギー消費量はかなり多いのだ。
 これでは、これ以上撃つ事は出来ないだろう。

 一閃。
 いつの間にか、シオンが大太刀を振り抜き、一撃を加える。
 力任せの全力の一撃。それを、片手で持つ肉切包丁ミートクラッシャーで受け止めようとする豚頭魔王オーク・ディザスター
 流石にそれは適わなかった。吹き飛ばされ、ダメージを受けている。だが、決定的では無い。

「薄汚いブタが魔王だと? 思い上がるな!」

 そう叫びながら、再度、自らの大太刀に妖気オーラを纏わせ、大上段から振り下ろすシオン。
 よろめきながら立ち上がった豚頭魔王オーク・ディザスターは、今度は両腕で肉切包丁ミートクラッシャーを構える。
 剣と包丁が激突し、壮絶な火花を散らした。
 押し勝ったのは、豚頭魔王オーク・ディザスター。ただでさえ筋力バカの、『剛力』持ちであるシオンを上回る筋力。
 身体能力も圧倒的に強化されているのか・・・、溜息をつきたくなる。
 シオンは弾き飛ばされ、豚頭魔王オーク・ディザスターの一撃が追い打ちをかけるようにシオンを襲った。
 危険を察知し、自らの身体に妖気オーラを纏い耐えるシオン。
 だが、今のでかなりのダメージを受けてしまったようだ。
 悔しそうな表情をしているが、動けるようになるまで暫くかかりそうである。

 音もなく、豚頭魔王オーク・ディザスターの背後に一人の壮年の侍が立つ。
 ハクロウだ。
 俺ですら、この上空から俯瞰してやっと認識出来る程の速度で、剣を放つ。
 受ける事はおろか、回避する事も不可能。豚頭魔王オーク・ディザスターの身体に剣線が走り、胴体が真っ二つにされ、頭が落ちた。
 これは流石に死んだだろう。そう思った。
 それなのに・・・
 ズレた胴体が、触手のように絡みつく黄色い妖気オーラで繋ぎとめられた。
 そして、屈みこんで落ちた頭を拾い上げて、元の場所に戻す。
 ホラー映画のような光景に、皆一様に言葉を失った。
 ハクロウも驚きに目を見開いている。
 今ので確信した。
 豚頭魔王オーク・ディザスターの最も恐るべき能力は、その凄まじいばかりの回復能力である、と。
 今はまだ、各種耐性を持っていない。それなのに、この回復力。これに、耐性を加えると、殺す事が不可能になってしまう。
 しかし、炎熱や『黒稲妻』で焼き尽くそうとしても、恐らくは防御と回復が上回るだろう。
 どうしたものか・・・。
 ベニマルとランガは流石に魔素量エネルギー切れ。シオンはダメージを受けて、今はハクロウが1対1で剣を交えている。
 ハクロウの攻撃も通じないが、豚頭魔王オーク・ディザスターの攻撃も当たらない。
 流石は達人。しかし、いつまでもこのままでは、ジリ貧である。

 その時、

「操糸妖縛陣!」

 声と同時に、豚頭魔王オーク・ディザスターが"粘鋼糸"によって捕縛される。
 ソウエイの仕業である。いつの間にか、ハクロウの影に潜み、タイミングを窺っていたのだろう。
 なるほど! と俺は感心した。
 これならば、高い再生能力を持っていてもどうしようもないだろう。
 真打は遅れてやってくる。流石は、ソウエイである。
 安心しかけた時、違和感を感じた。
 黄色い妖気オーラが、"粘鋼糸"に絡みつき、

混沌喰カオスイーター!」

 豚頭魔王オーク・ディザスターが能力を行使した。豚頭将オークジェネラルの行使したソレよりもより凶悪な。
 触れるモノ全てを腐食させ、喰らう。
 あの黄色い妖気オーラそのものが、豚頭魔王オーク・ディザスターの能力の真髄なのだ。
 事実、その技は、ユニークスキル『飢餓者ウエルモノ』の能力の一つ。
 腐食効果を伴い、接触する全ての物質を腐らせる。
 抵抗レジストに失敗したら腐食し、生物ならば死が訪れる。
 豚頭魔王オーク・ディザスターが追撃を行う。 

「死ね! 餓鬼之行進演舞デスマーチダンス!!!」

 ゲルミュッドの技だ。だが、凶悪さは比ぶべくもない。
 それを察知し、退避するハクロウとソウエイ。
 ベニマルの黒炎獄ヘルフレアで、周囲に何も無かった。だからその威力は定かではないが、触れる者へのダメージだけではなく、腐食効果も与えるのだろう。
 質、威力、範囲。全て兼ね備えた、必殺の攻撃。速度が遅いのが救いだ。
 まともに喰らったら、鬼人達も無事ではすまないだろう。

「フハァーーー! いいぞ! もっと楽しませろ! 食事前の良い準備運動だ。
 お前達は美味そうだな。フハハハハ! オレの糧になれるのだ。嬉しいダロ?」

 俺の配下、主力の5人が同時にかかって、勝てそうも無い。
 これはまた・・・。

 俺は、身体が震え出すのを止める事が出来なくなった。
 この震えは、本能から来る震え。
 ヤバイな。どうしようも無く、震え出す。

 ・・・コレが、恐怖か?

 いや、違う。

 コレは・・・

 歓喜。 そうか。俺は喜んでいたのか!

 そう。俺は、身体の奥底、本能が狂ったように喜びに騒ぐのを止められなくなっていた。
 俺の配下、主力の5人が同時にかかっても勝てそうも無い相手。
 それなのに、俺の心に恐怖は無かった。
 最初に感じた憂鬱など、この時点で既に吹き飛んでいる。
 そうだ。俺はコイツを、敵として認めよう。
 面倒だなんて思って悪かったな。
 俺は、飛行を止め地面へと舞い降りる。
 その俺に向かって、黄色い妖気オーラ混沌喰カオスイーターが襲いかかる。
 俺の身体に纏わりつく粘ついた感触。気持ち悪い。
 そうか、俺を喰おうって言うのか?
 いいぜ。やれるものならやってみろよ!
 高ぶる本能のままに、俺は薄く笑みを浮かべた。
 俺を喰おうというのなら、その前に俺がお前を喰ってやる!

 俺と、豚頭魔王オーク・ディザスターゲルミュッドは、こうして激突の時を迎えた。 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ