挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

森の騒乱編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

31/303

29話 リザードマン襲来

 龍人族→蜥蜴人族に変更しました。
 ジュラの大森林の中央に位置する湖、シス。
 このシス湖の周辺に広がる湿地帯。
 そこは、蜥蜴人族リザードマンの支配する領域である。
 湖周辺に無数に存在する、洞窟。それは、天然の迷宮と化しており、来る者を惑わせる。
 そうした地形の利に守られて、蜥蜴人族リザードマンは湖の支配者として君臨していた。
 だが、その日、蜥蜴人族リザードマンに凶報がもたらされた。
 豚頭族オークの軍隊が、湖に向けて進軍を開始した! という報告が…。

 首領は、その報を聞き、慌てる事なく告げる。

「戦の準備をせよ! 蹴散らしてくれるわ!!!」

 と。
 首領には、絶大な自信があった。
 平原で戦うならば、数の少ない蜥蜴人族リザードマンの分が悪いだろう。
 しかし、湿地帯は自分達の庭である。
 罠を仕掛け、慎重に行動すれば、勝機は十分にあるのだ。
 戦の準備を命じると同時に、豚頭族オークの軍隊の正確な情報収集も命じる。
 敵の数を知らなければならない。
 首領ともなると、通常の魔物よりも格段に知能が高くなる。
 凶暴な、肉食の蜥蜴人族リザードマンは、単体でも"C+"ランク。
 戦士長クラスは"B-"相当であるし、中にはBランクに相当する固体もいるのである。
 蜥蜴人族リザードマンの戦士団、その数1万。
 部族の半数が戦士として参加しての数字ではあるが、その能力は非常に高い。
 種族特有の連携を見せ、一団で戦うその戦力は、人間の小国の国家戦力を軽く凌駕するのだ。
 まして、自分達に有利な土地での戦い。
 負けるハズがない! そう、首領は確信する。
 しかし、腑に落ちない点もあった。
 豚頭族オークとは、元来、弱者には強いが強者には歯向かわない種族なのだ。
 蜥蜴人族リザードマンは、決して弱者ではない。
 子鬼族ゴブリン程度ならば話も判るが、何故、我々に?
 そうした疑問が、小さな不安の種となり、心に突き刺さる。
 豪胆な性格ではあるが、慎重さも兼ね備えている。そうした、用心深さを併せ持つからこそ、蜥蜴人族リザードマンの群れを統率する立場に君臨出来るのだ。
 そんな、首領の心配は的中した。
 偵察に出た部隊の報告で、それは判明したのだ。

 豚頭族オーク軍、その総数、20万!!!

 ありえん…! そう思いたかった。
 確かに、オークとは、性欲の強い、繁殖能力旺盛な種族ではある。しかし、20万もの軍勢を用意出来るとは思えない。
 その数を食わせる食料を、一体どうやって調達出来るというのだ?
 勝手気ままで我侭なオーク共を、どうやって一つに纏め上げるというのだ!
 どんなに力ある固体でも、精々1,000を纏め上げるのが限界のはず…。
 自分でさえ、総数2万の種族を纏め上げるのが、精一杯なのだ。
 余程優秀な固体が多数発生し、連携しているとでもいうのか?
 だが、それでも、その優秀な者共を纏め上げる存在が必要となる…
 まさか…。
 その考えに思い到り、愕然とする。
 自分でその考えを否定したい、そう思って。
 それだけの数を支配する存在。それは…、数百年に一度生まれるという、豚頭帝オークロード!!!
 しかし、考えれば考えるほど、その存在以外の理由が無いように思えた。
 もしも、もしも豚頭帝オークロードが誕生したのだとすれば、地の利に秀でていても勝利は疑わしい。
 普通に戦えば、負ける事は必定である。数が足りないのだ!
 首領は考える。
 どうすれば、この窮地を脱する事が出来るのか。
 自分の考えが杞憂であれば、それはその方が良い。だが、決戦が始まる前に打てる手は全て打つべきである。
 援軍を頼むべきだろう。
 首領はそう考え、そして、配下の一人を呼び寄せる。
 その人選が、後の騒乱の火種となるのだ。




 蜥蜴人族リザードマンの戦士長ガビルは、首領より特命を受けて湿地帯を出た。
 配下100名を、引き連れている。
 ガビルは、面白くなかった。
 自身は、"名持ネームドち"であり、名も無き首領に顎で使われるのが我慢ならないのだ。
 自分は選ばれた存在である! それが、ガビルの誇りであり、自信の根源。
 とある魔族と湿地帯で遭遇し、"名前"を授かった。

「お前は、見所がある! いずれは、俺の片腕になれそうだな。また会いに来よう!」

 そう、言ってくれたのだ!
 今でも鮮明に思い出せる。
 魔族ゲルミュッド、自分に名前を授けてくれた、生涯の主!
 下等な蜥蜴人族リザードマンの首領如きに、いつまでも扱き使われていて良いハズがない。
 ゲルミュッド様の為にも、自分が蜥蜴人族リザードマンを支配する必要があるというのに…。
 ガビルは考える。このままでも良いのか? 良いハズが無い!
 ならば、どうする?
 首領より受けた密命は、ゴブリンの村々を巡り、その協力を取り付ける事。
 多少脅す程度は許可されているが、くれぐれも反感を買わないよう、厳命されていた。
 ヌルイ! ガビルは思う。
 下等なゴブリン等、力で支配すれば良いではなか! 自らの力を過信し、全てが思い通りになると考えている。
 そうだ!
 下等なオーク如きに恐れをなすような軟弱な首領など、必要無いではないか!
 この俺が、蜥蜴人族リザードマンを支配するチャンスではないか。
 そう、ではどうするか?
 下等なゴブリン共も、弾除けとしては役に立つだろう。かき集めれば、雑魚とは言えかなりの数になる。
 雑魚であれ、1万も揃うとそれなりの力となろう。
 いいぞ! 何で今まで気付かなかった…
 これは良い機会だ。今こそ、自らの力を世に知らしめるのだ!
 蜥蜴人族リザードマン、ガビル様の力を!!!
 その為には、今は慎重に行動するべきだ。
 慎重に、そして、油断なく機会を窺い、その時を待つ。
 まずは、戦力の増強。
 ガビルは、ゴブリンの村々を目指す。
 己の肥大した野心、その乾きを癒す為に!





 ゴブリンの村々の族長は、青褪めた顔で集会を開いていた。
 以前より、族長の数が減っている。
 そもそもの始まりは、牙狼族の襲来であった。
 あの時、名持ネームドちの戦士の所属する村を見捨てた事が、事の始まりだったのだ。
 あの時、村を見捨てず共に戦うべきだ! と主張した村々は、今はかの村の傘下に加わった。
 あの村に、救世主が現れたのだ。
 思いもしない、強力な力を秘めた存在。
 彼等はその庇護下に入り、新たな力で復興を成し遂げようとしている。
 今更、仲間に加えてくれ! などと、恥知らずな真似は出来ない。
 いや、そうしたいのだ。そう主張する者がいるのも事実。
 だが、今更傘下に入ったとしても、奴隷のような扱いを受ける事になるだろう。そう考えると、決断出来ないというのが、現実だった。


 しかし、現実は甘くない。
 豚頭族オークの軍勢が、進撃を開始している。
 数名の族長が、豚頭族オークの傘下に入る事を主張した。
 蹂躙されるぐらいなら、その前に協力を約束し、安全を担保して貰おうと…。
 そして、使者を出したのだが…
 使者は帰って来なかった。死者となり、生首が届けられたのだ。
 豚頭族オークの使者は、生首を届けるついでに、こう言った。

「グハハハハハ! お前等、ムシケラには、降伏など許さん! しかし、だ。
 我等の奴隷となるならば、その命だけは、助けてやっても良い! よく考える事だ。」

 そして、悠々と去って行った。
 怒りは沸かなかった。その圧倒的な力を目にしたから。
 そのオーク一匹で、村を皆殺しに出来る事を確信した為に。
 本来、オークとは、Dランク相当の魔物である。
 ゴブリンより強いとは言え、一匹でそこまで圧倒的に強いなど、異常であった。
 その報告が族長達の集会でも報告された時、族長達の絶望はより深くなった。
 自分達も、せめて同胞の配下に加わるべきであったのだ…と。
 命は助けるとオークは言ったそうだが、村の食料は全て差し出せ! とも言っていたのだ。
 殺さない。だが、死ね! そう言っているのと等しいのだ。
 しかし、全ゴブリンで歯向かっても、全滅する未来しかないだろう。
 戦えるゴブリンの総数は、1万にも満たないのだ。
 族長会に加わっていない、未開の地の同胞など、連絡の取り様もない。
 どうしようも無かった。


 そんな時、急を告げる報告が齎された。
 蜥蜴人族リザードマンの戦士長が村を訪れた! と言うのだ。
 これは、希望ではないのか?
 藁にもすがる思いで、族長達は蜥蜴人族リザードマンの戦士長ガビルを出迎える。
 "名持ネームドち"の戦士長! 救世主に思えた。
 救世主は言った。

「この俺に、忠誠を誓え! そうすれば、お前達の未来は明るいぞ!」

 その言葉を信じよう!
 族長達は、判断する。

 縋る者無き、弱者故の過ち。

 蜥蜴人族リザードマンの配下になるよりは、同胞の配下が良い! そう主張する者もいた。
 しかし、多勢に無勢で結局、ガビルの配下に収まる事となった。
 この判断が、この後のゴブリン達の運命を決定付ける…。






 ハクロウは、剣の達人だった。
 半端なく強い。
 爺さんなのに、気迫が違った。
 俺も人間の姿に成れる事だし、剣術を学ぶ事にする。
 中学時代に、授業で剣道を習ったっきり木刀も持った事ないのだが…。
 それでも、俺には知覚1000倍がある!

 受けるくらい余裕だろう!

 そう考えていた時期が、俺にもありました。
 子供の姿では動きづらいので、大人の姿で木刀を持つ。
 どこからでもかかってこいや! そう思って、ハクロウを見た。
 ハクロウが霞む。瞬間、

 スパーーーーン!

 っと、脳天の兜に一本入れられた。
 痛くも無いし、ダメージも無い。兜は、木で適当に作ったもので防御力は無い。
 動きを習得するのが目的なので、一撃が入ったら音が出やすくしてあるのだ。
 しかし、それにしても…。
 速さではなく、技術。完全に技量レベルの差である。
 能力は多分、俺の方が上であるはず。
 何という事だ。
 自惚れていたつもりはないが、手も足も出ない。
 これが、剣士か! そう、納得出来る強さであった。
 実際の戦闘なら、そりゃ戦い様はあるだろうけど、知らずに戦ったら負けていただろう。
 知っている今でも、下手すれば負ける。
 ハクロウが、本気を出しているとも思えないのだ。
 俺の隣では、ベニマルが気持ち良さそうに気絶していた。
 しかし、知覚1000倍が無ければ、俺も同じようになっていただろう。決して笑えない。
 二人同時に、相手して貰っていたのだ…。
 このおっさん…、ジジイから若返って、更にヤバくなってしまったようだ。
 その時、

 カラン、カラン、カラン、カラン!!!!

 辺りに、けたたましい音が響いた。
 何かあったのだろうか?

 この音は、いつの間にか設置された警報装置だった。
 知らぬ間に、こういう物も開発していたらしい。以前、俺の使ったトラップからヒントを得たそうだ。
 修行を終えて、リグルドの元へと赴いた。
 リグルドは俺を見るなり駆け寄ってきて、

「大変です、リムル様! 蜥蜴人族リザードマンより、使者が訪れました!!」

 そう、焦りながら伝えて来た。
 というか、リグルドって、いつも焦ってるイメージだわ。
 それはともかく…、リザードマン?
 どうやら、いつか来ると思っていた厄介事が、ついにやって来たのかもしれない。


 いつもの如く、慌てないように状況を聞く事としますか!         


 会社で書けなかったので、中途半端に…。
 とはいえ、明日も区切りいいとこまでいけない気がします…。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ