挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

色々番外編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

303/303

SS -『桃色の景色』- ゲーマーズ様他 三巻用特典

 明けましておめでとうございます!

 ※ゲーマーズ様のご厚意で、掲載許可を頂きました。
  ありがとうございます!
 湯煙の向こう側には、桃源郷が広がっている。
 誰しもがこいねがう、理想の場所がそこにあった。

 カバルやギドの恨めしそうな視線がウザイ。
 それはカバル達だけの話ではなく、カイジンやガルム達ドワーフ三兄弟も羨ましそうにしていた。
 まったく、諦めの悪いヤツ等である。何度ダメだと言われても、まだ一緒に付いてこようとするのだ。
 結局は、シュナに凍てつく様な視線で見つめられ、シオンに叩きのめされるまで、彼等が諦める事はないのであった。
「くそう! 旦那だけズルイぜ」
「まったくでやす……。せめて一目だけでも――」
 悔し泣きするカバルとギドを、ドワーフ達が慰めている。
 毎日同じ事を繰り返しているので、その根性だけは賞賛してもいいかも知れない。だが、この件に関しては俺は口を噤むしかないのだ。
 ――何しろ、俺が向かうその先には……。

 俺はシオンに抱かれたまま、二手に別れた一室へと連れ込まれた。
 温泉である。
 そう、今日も一日の疲れを癒すべく、シュナやシオンと共に女湯へとやって来たのだった。
 彼等が諦められない理由も、これで少しは理解出来るだろう。
 俺を取り囲むのは、シュナ、シオン、エレンの三人の女性。
 美女と美少女。
 そんな三名が、一糸纏わぬ姿となって、俺と一緒に浴槽へと向かう。
 正に至福。
 眼福とはこの事だった。
 そして今日はもう一人、魔王ミリムも参戦していた。
「わはははは! こんなに気持ちの良い場所があるなど、ここは良い国なのだ!」
 全裸で走り出すミリム。
 危ないから走るな、と注意する俺。
 黙っていれば超絶美少女なのだが、会話と行動で幼く見えてしまっている。それもまた、ミリムの魅力なのだろうけど……。
 とはいえ、やはり美少女なのは間違いないワケで……俺としても、自分の幸運に感謝する毎日を送っているというワケであった。

      ◇◇◇

 やはり風呂は素晴らしい。
 それが温泉ともなると、様々な効能も期待出来るし、毎日入るのも当たり前である。
 元は男だったが、今はスライム。
 人に化けれるが、性別はない。
 なので俺が女湯に入るのも、なんの問題もないという事だ。
 今日は騒がしいミリムがいるが、普段は穏やかなものなのだ。
 心を落ち着かせ、穏やかな気持ちで周囲に溶け込むように……シオンやシュナに身を任せる。
 すると、フワフワに泡立てられ、プヨプヨと揉み立てられ、丁寧に身体を洗われる。
 そんな光景が、温泉が出来てから追加された日常の一コマなのだった。

 俺に美術品を鑑賞する趣味などないが、目の前の光景には大きく心を奮わされる。
 引き締まった筋肉が美しいシオン。それでいて、柔らかく大きく育った果実が、たわわに実っている。
 スレンダーな体系ながら、陶磁のように白くすべらかな肌をしたシュナ。神秘の果実は小ぶりではあるが、理想的とも言える形状をしていてとても美しい。白い肌に、淡い紅の小さな果粒がポツンと二つ。その存在感は、俺の脳内の記憶領域を埋め尽くす程に大きなものであった。
 どちらも素晴らしい。
 とても、素晴らしい。
 そしてエレンはというと、いつもシオンとシュナを交互に見ては、自分の身体と比較して思い悩んでいる様子。だがね、エレンはまだ成長途上にあるようだし、そんなに悲観する事はないだろうと思うのだけどね。
 本人からすれば大きな悩みかもしれないが、俺からすれば微笑ましい悩みである。

 ――そして、悩みとは無縁なのがミリムだ。
 わはははは! と笑いながら、今日も元気に温泉で泳いでいる。
 子供だな。
 間違いなく、精神年齢は小学生レベルだ。
 それと、一つだけ注文したいのだけど、俺をビート板代わりにするのは止めて欲しい。
 いや、確かに浮くよ? 浮くけど、それは何か違うと思うのだ。
 美少女のオモチャになっていると聞けば羨ましがられるかも知れないけど、こういう感じに使われるのは納得がいかないのである。
 せっかく美しいものを鑑賞していたというのに、突然のこの仕打ち。
 一瞬何が起きたのか理解出来なくて、温泉の中で溺れそうになってしまった。
 ……いや、別に呼吸の必要もないから、本気で溺れたりはしないのだけどね。

 ミリムから俺を救ってくれたのはシオンだ。
 俺をいつものように洗おうとして、ミリムから取り上げただけなのだけど……。
 植物エッセンスを配合したシュナ特製石鹸で泡立った俺を、ミリムがまたしてもシオンから奪い取った。
「おい、一体何を――」
 慌てる俺。
「わはははは!」
 ミリムは答えず、俺の身体を引き伸ばし、自分の身体に擦り始めた。
「俺をボディタオル代わりにするんじゃねーーー!!」
 思わず絶叫してしまった。
 俺は慌ててミリムの腕からツルリと逃げ出し、石鹸の泡を落とす。そして温泉へと入り、素早く距離を取ったのだった。
「ちぇっ、リムルはケチなのだ」
 ミリムは残念そうに口を尖らせてそう言った。
 待て待て、これはケチとかそういう問題ではないのである。
 油断も隙もないとはこの事だった。
 だがしかし――
 俺はこの時、ミリムにしか警戒していなかった。
 シオンとシュナが、まるで獲物を狙う鷹のような目でジッと俺とミリムのやり取りを見ていた事に、まったく気付いていなかったのである。
 そして……。

 ふと気が付けば、シオンやシュナにもボディタオル代わりにされている俺の姿が!

 少し――いや、かなり――気持ち良いと思ってしまったのは、一生の秘密にしようと心の中で誓ったのだった。
 今年も宜しくお願いします!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 40268 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 30802 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 01:21
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全233部分)
  • 33073 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 00:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 30846 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全846部分)
  • 38179 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 10:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 36242 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 32239 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 53025 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全816部分)
  • 37049 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 00:00
ニートだけどハロワにいったら異世界につれてかれた

 ◆書籍⑧巻まで好評発売中です◆ ニートの山野マサル(23)は、ハロワに行って面白そうな求人を見つける。【剣と魔法のファンタジー世界でテストプレイ。長期間、泊り//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全189部分)
  • 28832 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 21:00
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全326部分)
  • 30242 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 10:33
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 29607 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 01:53
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 46699 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 47359 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全223部分)
  • 29798 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 07:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全282部分)
  • 51495 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 18:52
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1682部分)
  • 29077 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 12:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1523部分)
  • 31988 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 18:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 30257 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 29582 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 00:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 36433 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:45
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 28897 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全298部分)
  • 29478 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 18:35
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全377部分)
  • 33017 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 12:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全386部分)
  • 43858 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 23:44
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全549部分)
  • 47289 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 18:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部分)
  • 28916 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 15:59
↑ページトップへ