挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

色々番外編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

283/303

番外編 -未知への訪問- 01 異世界への門

 番外編の新シリーズを開始します。
 ちょっぴり長くなりそう。
 一週間以内に一度の更新を目指しますので、宜しくお願いします!
 リムルが大脱走したその日、迷宮の最奥の間にて高笑いする者達がいた。
 ヴェルドラとラミリスだ。
 人の姿をとったヴェルドラが、魔法陣の前に立って笑っている。
 その周囲を、ラミリスが嬉しそうに飛び回っていた。

「クアーーーッハッハッハ! ついに完成したな。これでリムルに先んじて、異世界へ旅立てるというものだ」
「うひょひょ、未知との遭遇だよ! リムルはなんのかんの言って慎重だし、今がチャンスだよ師匠!」
「うむ! 我もそう思っていたぞラミリスよ。イングラシアで開かれる今回のフォーラムで、異世界への門ディファレントゲートに関する論文が発表される。だがその前に、我等の手で初の成功を演出しようではないか!」
「そうよね、そうよね! リムルも絶対に『異世界に遊びに行く』とか言い出すに決まっているし、アタシ達で先に様子を見に行かないとね!」
「そうの通りである!」

 会話の通り、二人は異世界への門ディファレントゲートを開く術式を完成させていた。
 それも当然の話。
 古城舞衣マイ・フルキの研究を手伝っていたので、その内容を知る立場にいたからである。
 研究成果を盗んで手柄を横取りしようという思惑など全くない。
 彼等の思考は単純で、危険だから止めろというリムルの忠告を無視して、異世界旅行に出かける機会をうかがっていただけなのだ。
 そしてあわよくば、コッソリと下調べをした上で、リムルを驚かせてやりたいという本音も見え隠れしている。
 そんな訳で二人に迷いはない。
 リムルが消えたこの隙に、さっさと新型術式を起動させ、そして異世界に向けて出発する――二人の頭には、この事しか考えがなかった。
 リムルの忠告など何処吹く風であり、訪れる先の世界が安全かどうかなど、まるで考えていなかった。
 まさに行き当たりばったり。
 だが二人は自信満々で、細かい事など全く気にしない。いつものように、困ってから泣く事になるだけなのだ。

「イッヒッヒ。そうと決まれば、早速出発よ!」
「よし! では、出発!!」

 ラミリスがヴェルドラの肩にしがみ付き、それを確かめてヴェルドラが魔法陣に魔力を込め始めた。
 それに気付いたベレッタが慌てて駆け寄って――

「お待ち下さ――」

 しかし、時既に遅し!
 魔法陣から溢れ出した光が一瞬大きく広がって、傍まで駆け寄ったベレッタまでも包み込む。
 そして光が消えた後、綺麗サッパリと 三人の姿は消えていたのだった。

 ………
 ……
 …

 なかなか部屋から出てこないラミリス達を心配して、シンジが最奥の間にやって来た。
 机の上には、飲みかけのコーヒー。

「あれ? ラミリス様はいないし、ヴェルドラさんも……。どこに……って、まさか!?」 

 そして、床に描かれた魔法陣に気付き慌てふためく。

「あっちゃー、リムルさんがいないタイミングを狙って行っちゃったのか……。ホントあの人達、我侭だよな。あーあ、後で怒られても知らないよまったく」

 シンジは諦めたようにそう呟き、自分は関係ないのだとどのように証明するか、頭を悩ませる。
 しかし考えてみれば、ラミリスの助手として共同で研究していただけで、実際に共犯ではない。
 研究日誌の予定も含めて証拠はあるので、そこまで心配する事はないと思いなおした。

「まあ、いっか。たまにはキツク怒ってもらわないと、あの人達、まったく反省しないだろうから」

 他人事のように考えるシンジ。
 だがしかし――

 そんなシンジも、一週間後に危機が訪れる事になる。
 長年連絡もしていなかったイリナが、新しい研究員としてやって来る事になるからだ。
 未来予知など出来ないシンジは、そんな事など露知らず。
 雇用主がいないのだし、数日間は連休にしてもいいかな、などと考え始めていた。

 ――その先に待ち受けるイリナとの邂逅がどうなるのか、それは神のみぞ知る話なのだ。


      ◆◆◆

 端的に言えば、異世界への門ディファレントゲートは開かれた。
 そして、それを潜り抜けた三人が、異界の地へと降り立ったのである。
 いや、降り立った、というのは正確ではなかった。

「ぐおおおおーーー!! いきなり空に投げ出されるとは!?」
「ちょ、師匠!! 落ちてる、落ちてるよ!?」
「クアーーーッハッハッハ! と言ってもな、上手く飛べぬのだ。まあ落ちても死にはすまい。しっかりつかまっているのだぞ!」
「って、えええっーー!?」

 高度三百メートル地点に投げ出されたのは三人。
 ヴェルドラ、ラミリス、ベレッタだ。
 中途半端なその高さからでは、十秒もせずに落下して、地上へと激突する。
 会話している間にも地面は迫り、ほどなくして、轟音と衝撃を伴い地面へと接触したのだった。

「び、びっくりしたー! 師匠、飛べないってどういう事さ!?」
「うむ。どうやらこの世界には、魔素が希薄のようでな。思ったように動けなかったのだ」
「――そう言われてみれば、精霊の力も希薄だ! ちょっとこれ、どういう事なのさ?」

 ヴェルドラの説明を聞いて、驚き騒ぐラミリス。
 だが、ヴェルドラは堂々たるもの。
 地面に墜落した衝撃などものともせず、落ち着いた動作で状況確認を始めている。
 ラミリスはラミリスで、興味深そうに周囲の様子をキョロキョロと見回していた。
 そんな二人の前に、三人目――ベレッタがフワリと降り立つ。 

「――やれやれ。ですから用心するようにと、リムル様も申していたではないですか……。今更言っても手遅れですが、後で怒られても知りませんよ?」
「――えっ!? ベレッタ、何を他人事みたいに良い子ちゃんぶってんのよ! アンタも同罪なんだからね!」

 慌ててベレッタを巻き込もうとするラミリスだったが、それは成功しているとは言い難かった。
 ベレッタは冷静に、ラミリスの言葉を受け流している。
 そのままヴェルドラと同様に、周囲――というよりは、自分達が訪れた世界――の様子を観察し始めた。
 ラミリスの相手をまともにしていると、間違いなく自分のせいにされると理解しているのだ。なのでベレッタは、さっさと話を打ち切る事にしたのである。
 ラミリスも、「まあいいわ。その話は後でゆっくりと話し合いましょう」と言いつつ、ベレッタを言い負かすのを一旦保留した。
 だがあくまでも一旦保留しただけであり、ベレッタにも責任を負わせるつもりなのは間違いない。
 あわよくば、自分が怒られる量を減らそうという魂胆もあるのだ。
 それに関してはヴェルドラも大賛成なので、この場ではベレッタの立場は非常に不味いものなのである。
 正直者が常に正しく評価される事はない。
 ベレッタはラミリスとの長い付き合いで、それを心から実感していた。
 まして今回は、無責任の代表格であるヴェルドラもいる。
 ベレッタの立場は非常に危ういが、時間を稼ぐ事は出来た。
 後は、リムルに正しく状況を知らせて、自分が無関係であると証明するのみ――だったのだが、そこで初めて事態は思ったよりも深刻であると察知する。

「不味いですね、我等の世界との繋がりが絶たれました。異世界への門ディファレントゲートが閉じてしまっています……」
「うむ。迷宮の最奥に満ちた魔素エネルギーを利用して、魔法陣の維持を行っていたからな。魔素のないこちらの世界では、魔法陣を維持出来ないのも道理である」
「ちょ、師匠!? そんな冷静に言ってるけど、ちゃんと帰れるんでしょうね?」
「うーむ……」
「え、まさか本当に? ベレッタ、ちょっとどうなのさ!?」
「だから言ったでしょう? リムル様の言葉を無視して、勝手な事をなさるからですよ……」

 首を振りつつ、諦めたように言うベレッタ。
 ヴェルドラは視線を外し、口笛を吹いて誤魔化していた。
 そもそも、門を維持するのには、元の世界のエネルギーだけで事足りると考えていた。
 この様な事態――移動先の次元においてもエネルギーが必要――になるなど、まったく想定していなかったのである。

「ちょっとお! 何よ、何さ! それじゃあまるで、アタシが悪いみたいじゃないの!!」

 どうみてもラミリスとヴェルドラが悪いのだが、それを自覚していないとは恐ろしい。
 ベレッタはそう思ったが、言っても無駄なので口にはしない。
 今はそれどころではないのだ。

「うーむ、困ったな。魔素どころか、大気中の酸素濃度も低い。それどころか、深刻な汚染を受けているようだぞ?」
「マジで? そう言われれば、なんとなく肌寒いわね。薄暗いし……」

 ヴェルドラに指摘されて、ラミリスも気付いた。
 空は厚い雲に覆われ、日光が遮られている。
 そのせいか、地表付近では氷点下に近い気温であった。
 ラミリス達にとっては、酸素は必要ではないし毒にも耐性はあるものの、気持ちがいいものでないのは確かなのだ。
 それに――
「……ねえ? これじゃあ、人間どころか生物も生息していないんじゃない? 異文化コミュニケーションを楽しみにしてたのに、無理っぽいね」

 ラミリスはつまらなそうに呟く。
 せっかく異世界にやって来ても、生命体がいなければ意味がない。
 だが、降り立った場所が悪かっただけという可能性もあるので、まだ希望は捨ててはいないのだが。

「本当に困った。この世界はハズレだな」
「アタリとかハズレとかあるのですか?」

 ヴェルドラの呟きを聞き、ベレッタが問う。

「うむ。当然だろう?」
「当然よね。言ったじゃん。異世界の文化をあさって、何か面白い事がないか探しに来たんじゃん!」

 なるほど、とベレッタは納得した。
 大気が汚染されており、地表は氷点下の気温。
 これでは知性ある生命体の生存する可能性は低く、ヴェルドラやラミリスの望みが叶うとは思えない。

(ハズレ、という意味が理解出来ました。しかし、そんな目的でリムル様に内緒で独断先行するとは――ひょっとして、新しい文化を先に知って、それを自慢したいだけなんじゃあ……)

 ベレッタが内心で呆れている間にも、ヴェルドラとラミリスは会話を続ける。

「いやんなっちゃうな。寒いのはともかく、精霊の存在も少ないからアタシの力も弱体化してるし。なんか暗くて、見渡す限り荒れた地平が広がってるだけだし……。なんか、アレよね。リムルの知識にあった、地球に似た惑星の表面みたいな感じよね。火星とか」
「おお……詳しいな、ラミリス。我も実はそう思っておったのだ」
「でしょ、でしょ!」
「この汚染具合から判断するに、ひょっとしたら核戦争があったとかの理由かも知れぬがな!」
「おおっ! 流石は師匠、詳しいね!」
「クアーーーッハッハッハ! なーに、それほどでもあるがな!」

 ヴェルドラとラミリスの能天気な会話は続く。
 それを聞いている内に、ベレッタも自分一人が思い悩むのが馬鹿馬鹿しく思え始めていた。
 だが、聞くべき事は聞いておかねばならない。そう考えて、話が落ち着くのを待ってヴェルドラに問う。

「それで、ヴェルドラ様。帰還は可能だと思われますか?」
「ふむ――」

 ヴェルドラは一旦会話を止め、少し思案するように目を閉じた。
 その質問はラミリスにも気になる所だったので、大人しく答えを待つ。

「帰還する為には、高度三百メートル地点にある異世界への門ディファレントゲートを再び開けるか、新たに創るかする必要がある。新たに創るにしてもリムルとの"魂の回廊"が繋がっておるから、座標設定は問題ないのだが……」

 ヴェルドラはそこで思案するように言葉を切った。
 見た目よりも頭の回転が速いラミリスは、それだけでヴェルドラの言わんとする事を察知する。

「そっか! 門を新しく創っても、動かす為の魔素エネルギーがなければ扉が開かないのね?」
「うむ、その通りだ。どちらにせよ、魔素エネルギーをなんとかせねばならぬ。その為には、我としては妖気オーラを放出し、地表を魔素で満たすのが手っ取り早いと思うのだが、どうだ?」

 ラミリスの言葉を肯定するように、ヴェルドラが頷いた。
 そのまま続けて、自身の妖気オーラを放出する事を提案するヴェルドラ。その身に蓄えられた膨大な魔素エネルギーならば、この世界を魔素で満たす事も可能であろうという判断だ。

「おお! 流石は師匠。確かに師匠なら、ビックリするくらい魔素量が多いもんね!」
「なるほど……。ヴェルドラ様ならばそれも可能でしょう。しかし、この世界の法則を勝手に変更させるのは、後で問題になるのではありませんか?」

 能天気なラミリスと違い、ベレッタの指摘は鋭かった。
 そしてその点こそがまさに、ヴェルドラが躊躇っていた問題点でもあったのだ。
 ヴェルドラが魔素エネルギーを放出すれば、この世界の生態系を狂わせる要因になる可能性が高い――それは、異世界へ行く際に禁止しようとリムルが言っていた規則ルールに抵触する。
 かと言って、このまま門を使わずに帰還するのは、ヴェルドラ達を以ってしても不可能だった。
 ヴェルドラの『空間転移』でも、異なる世界への移動は出来ないのだ。

「まあ我だけならば、リムルを介して『同時存在』を生み出すだけで元の世界に戻れるがな! こっちで死んでも問題は――」
「ちょっと!? それって、師匠一人だけしか帰還出来ないって事じゃん?」
「やはり、駄目か?」
「あったり前じゃんよーーー!!」

 マジ怒りするラミリス。
 ヴェルドラは本気ではなかったが、その作戦は却下されてしまった。
 まあ、当然であろう。

「しかし、新しく異世界への門ディファレントゲートを創造するにも、時間がかかりますね。鉱物類は私が用意出来ますが、それ以外の魔法物質が全然足りておりません。ゼロから作成するとなると、それこそどれだけの時が必要となるやら……」
「だよね……。試作品を創るにも、数年かかった訳だしね……」

 淡々としたベレッタの突っ込みを受けて、ラミリスはまたしても頭を抱える事になった。
 実際の話、試作品のテストの段階でも、何度か壊れた事があるのだ。
 設備の整っていない現状で、新しく扉を作成するのは、現実的とは思えなかった。
 不可能ではないが、気の遠くなる話なのである。

「であろうが? なので、アレを再起動させるのが手っ取り早かろう?」
「そうねえ……。こんな事になるのなら、エネルギーを空間から調達するシステムじゃなくて、直接注入するシステムにしておくべきだったわ……」
「貯蓄式は余分な魔法回路が必要になるから、面倒だった故にな」
「うん。そうだね……」

 ふと思い出したようにベレッタが言う。

「お待ち下さい。慌てずとも"魂の回廊"が繋がっているのだから、我等の不在に気付いたリムル様が呼び出してくれるのでは?」

 しかし、その言葉を聞いたヴェルドラとラミリスの反応は――

「はあ。ベレッタよ、貴様は何もわかっておらん。それが嫌だから、こうして頭を悩ませておるのだろうが!」
「ホントよね。いい? 勝手な事をしたってバレたら、リムルに文句を言われるでしょうが!! アンタも同罪だって言ったでしょ。リムルが帰って来るのは早くても一週間後だし、それまでに戻って証拠隠滅を図りたいのよ!」

 とまあ、ベレッタの案を完全否定するものだった。
 だが、その意図は非常にわかりやすく、納得はいかないが理解は出来た。
 要するに、怒られたくないから焦っている、という事なのだ。
 そうとわかれば、ベレッタにもそれ以上の反論はない。大人しく、帰還する為の最善手を考え始める。
 この時点でベレッタも完全に巻き込まれている。
 ベレッタも案外お人好しなのだった。

 そして暫しの時が経過した。
 三人は暫く顔を見合わせて互いの出方をうかがったが、他に良案を思い浮かべる者はいなかった。

「では、我が案を採用という事でいいな? さっさと次に挑戦して――」

 この世界に知性ある生命体の住む気配はなく、長々といても仕方ない。そう思っているのはヴェルドラだけではなく、ラミリスも同様だ。
 ベレッタとしてはそんな主に従うだけなので、今更文句を言うはずもなかった。戻ってから再度実験する気配があるのが心配だが、それに関しては、それこそ戻ってから考える話である。
 ラミリスとベレッタが同意を示し、ヴェルドラが頷いた。
 そして、抑え込んでいた妖気オーラを解き放とうとしたその時――

 ――地上を圧するような激しい爆発音が響き、遠方にキノコ雲が現出したのである。

「ムッ!?」
「おおっ!!」
「これは……生命反応――それに、何者かが戦闘している感じ、ですね」

 ヴェルドラとラミリスは視線を交差させ、ニンマリと頷き合う。

「帰還作戦は一旦保留である! 様子を見に行くぞ!」
「了解、師匠! どんなのがいるのか、楽しみだね!」

 野次馬根性丸出しで、二人は楽しそうに笑いあった。
 ヴェルドラの肩に飛び乗るラミリス。
 そして二人は、先程までの憂鬱そうな様子など忘れ去ったかの如く、音の響いた方角へと向かい移動を開始する。
 息ピッタリの、師匠と弟子なのだ。
 そして――
 残されたベレッタも溜息を一つ吐くなり、二人を追って疾走を開始するのだった。
 という訳で、ラミリス、ヴェルドラ、ベレッタの物語です。
 他の構想もあったのですが、先ずはこれから!

 サイン本のプレゼント企画、4/10(金)の消印有効ですので、まだの方は是非とも応募して下さい。月刊少年シリウスを購入する必要はないので、どなたでも応募できますよ~!
 ※詳しい内容は、前々回の活動報告に紹介したアキバblog内にて確認して下さい。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ