挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

地位向上編

28/303

26話 新たな能力

 昨日は投稿出来ませんでしたが、昨日の分と併せてなんとか書き上げました。
 さて、人間の身体を手に入れた事だし、何時までも毛皮という訳にもいくまい!
 という事で、早速衣服を作成して貰う事にした。
 スライムの身体は便利なのだが、欠点があった。
 それが、装備である。特殊な魔法装備マジックアイテム以外、装備出来ないのだ。
 まあ、寒暖は感じないので然程問題に為らないが、防御的には不安があった。
 一撃くらい、耐えれる装備が欲しかった所なのだ。
 ドワーフ達も、最近はゴブリン達の狩ってきた魔物の素材で、色々作成をしている様子。
 取り敢えず一着、子供用の服を用意して貰おう。
 そう思い、ドワーフの元へ出向いた。
 いつの間にか出来上がった丸太小屋の中が、衣服関係の製作工房である。
 ドワーフの長男ガルムが、中で女性達ゴブリナに指示を出し、製作を行っていた。

「おいっす! ガルム君。ちょっと服作って欲しいのだけど!」
「って、旦那。何言ってるんですか。どうやって着るつもりです? 装備出来ないでしょ?」
「ふふふ。ふはは、はあーーーっはっはっは! 舐めるなよ! 
 いつまでも、何も着れないままの俺だと思うな! はぁーーーー!!!」
「な、何いぃ!!! 旦那の身体がどんどん大きく…、は成ってないな。子供…か?」
「チッ。余り驚かないな…。まあいい。大人にも成れるけど、取り敢えず、この姿で着れる服をお願いします!」
「お、おう。じゃあ、サイズを測って貰ってくれ! おい、ハルナ。旦那の採寸を頼む!」

 俺は、製作を行っていた女性の一人、ハルナさんに採寸をして貰った。
 無論、真っ裸だが、恥ずかしくもない。何も無いのだから…。

「まあ! リムル様、可愛らしくなられて!」

 そう言いつつ、嬉しそうに採寸してくれた。
 可愛い? 俺的には可愛いが、ゴブリンの美的感覚でも可愛いのか。
 魔物にも、美的感覚がある事の方が驚きだけど。
 明日には出来るそうなので、一先ずスキルの確認を行う事にした。

 場所を移す。
 落ち着いてスキルを試すとなると、余り誰も来ない所がいい。
 俺は、リグルドに出かける事を伝え、誰も近寄せないように命令した。
 そして、村の中心から封印の洞窟へと向かった。
 ヴェルドラと出合った場所。
 あそこなら、広大な地下空間があり、異常に頑丈で誰も来ない。
 洞窟の魔物すら恐れて、近寄って来ないのだ。
 それでは、早速試す事にする。
 ユニークスキル『変質者』と、エクストラスキル『炎熱操作』か。
 あとは、炎巨人の『分身体,炎化,範囲結界』を手に入れた訳だが。
 何から試すかな…。
 分身を試したついでだし、炎巨人の能力を見てみるか。
 炎化か。スライム状態では発動しなかった。
 こういう風に、何らかの要因で使えない技能スキルもあるのだが、何が原因なのだろう。
 範囲結界は、使用出来た。意味が判らん。
 このスキルは、炎の熱を結界に閉じ込めて、熱エネルギーの流出を防ぐのが目的ではないのか?
 炎化は出来ないのに、結界だけスライムで使えても…まてよ? これ、バリア的な用途もあり?
 ふむ。
 そもそも、相手を結界に閉じ込める訳で、結構な強度がある。そういう用途にも使えるかもしれない。
 範囲の指定は、最大直径100mの半球。地面の下には効果なしである。
 最小は、自分の身体を覆う程度にまで縮小出来た。効果は変わらない。サイズが変更しただけであった。
 その強度は?
 分身を作り、結界を張らせた。
 その結界に向けて、"水刃"を放つ。パシィ!! と、弾かれた。
 ほほぅ…。そこそこ強度あり?
 では、『毒霧吐息』『麻痺吐息』と試す。
 判明したのは、かなり魔素を消費するという事。
 分身に持たせた魔素は、『麻痺吐息』ならダメージを受けないのか消耗しなかったが、『毒霧吐息』では直ぐに壊れた。
 逆に言えば、魔素量を補給すれば耐えれるという事。
 大量の魔素を持たせ、再度分身に結界を張らせた。
 そして、黒狼になり『黒稲妻』を使用する。
 この『黒稲妻』、黒狼の状態だと、範囲や威力の指定が可能なのだ。
 二本の角、これで、威力調節+範囲調節を司っていたみたいだ。
 スライムには角が無いので、一気に魔素を持っていかれる! という事のようだった。
 という訳で、威力を最大で範囲を個人に調節し、放つ!
 分身の結界は、個人用のサイズで張ってある。サイズが小さいと、魔素の消費量は少ないのだ。
 結界は、

 ピカッ! ………チュドーーーーーン!!!

 後には、消し炭も残らなかった。
 ヤバすぎるだろ!
 これは…、この結界を過信出来ないという事だな。
 そもそも、電流耐性や熱攻撃無効があるのに、どうして消し炭?
 ちょっと意味が判らない。
 この『黒稲妻』、どうやら、エクストラスキル以上の特殊スキルの可能性がある。
 ドキドキしてしまったよ。
 うかつに自分に試さなくてよかった! 心からそう思った。
 ただ、黒狼に擬態しないと使えないので、この『黒稲妻』は使いどころが限定されそうだけど…。
 炎巨人に擬態し、炎化を試して見た。
 2000℃程度の高温のガス状に変化するようだが、予想通り、結界内で使わないと、エネルギー流出が大きすぎてすぐ魔素切れになる。
 これも、使いどころが難しいスキルである。
 ちなみに、結界と併用した炎化は、かなりエグイ。
 流石はAランクオーバー。
 炎化爆獄陣フレアサークルという結界との併用炎化攻撃は、結界内の生物に熱+炎ダメージで肺を焼くので、呼吸する生物がこの中で生存するのは絶望的だ。
 俺は肺呼吸の必要が無い上に、熱変動耐性exがあったので問題なかったが、普通なら絶対的必殺技である。
 相性が、実に良かったのだ! と安堵した。
 使い道は、その内考えよう。

 さて、エクストラスキル『炎熱操作』はと言うと。
 シズさんがやったみたいに、爆発を起こす事が出来ない。どういうカラクリがあるのやら…。
 指先に炎を灯したり、手の平から炎を出したり。そう言った事は、可能だった。
 指先に熱を収束し、放射する、熱線砲ブラスターといった使い方も出来た。
 というか、収束した方が威力が上がった。
 手の平の炎は通常、200℃程度の温度。そこから指先に収束させると、1600℃位になる。
 この状態で、"水刃"を放つ要領で、魔素を放出するのだ。
 10m先の対象に当たった時点で、その部分の温度は1400℃以上。結構使えそうなので、"炎弾"と名づけた。
 どこぞの宇宙人が、指先から放つ必殺技に似ていた。
 手の平に炎を集中し、相手を焼く事も出来そうだ。
 相手の頭を掴んで、炎を出す! そういう危険な事も、やろうと思えばやれるだろう。
 このスキル、練習次第で温度を高める事も可能だし、爆発系統を使用出来るようになりそうだ。
 魔物のスキルと違って、要練習! という事なのだろう。

 さて、最後に手に入れたスキル。
 それは、『変質者』。
 俺は、違うよ? 紳士だったから、変質者ではない。大体、不名誉な名前すぎる。
 まるで、危ない趣味に目覚めた人のようではないか…。
 いや、俺は目覚めてないよ?
 ともかく、その能力を検証する事にしよう。
 だが、どういう事が出来るのか、まったく不明である。
 ここは、困った時の『大賢者』。先生! お願いします!!!

《解。ユニークスキル『変質者』の効果…

 融合:異なる対象同士を、一つのモノへと変質させる。

 分離:対象に備わる異なる性質を、別のモノとして分離する。
    (分離された対象が実態を持たない場合、消滅する場合がある。) 

 以上の2つが主な能力です 》

 なるほど。
 シズさんの魔人化、それはこのユニークスキルの効果だったのか。
 正直な感想を言うならば、このスキル、俺の能力に相性いいのではないだろうか?
 汗を流す機能など備わっていないスライム身体ボディだが、冷や汗が流れるような感じがした。
 これ、相手の能力を理解する事が前提のようだが、敵からスキルを消失させる事が可能なのでは?

《解。魂に刻まれた能力の消滅や分離は、不可能です 》

 そこまで万能では、無かったか。
 だが、俺の能力に相性がいいのは間違いないと思う。
 例えば、擬態する魔物同士を融合する事も可能なのでは?
 シズさんは、炎の巨人イフリートの意識に乗っ取られる形での魔人化だったけど、俺の場合は俺の意思で魔人化出来るのでは?
 魔人化は、基本体ベースへ、融合体の能力を顕現させる感じだった。
 任意で、姿を変える事も可能なのかも知れない。
 俺は、イメージする。
 スライムをベースに炎の巨人イフリートを融合。
 身体の表面に薄紅の妖気オーラが漂い出す。それだけ・・・。
 見た目的にはそんなに変化ないが、表面温度は200℃程度になった。
 先程は出来なかった、炎化も簡単に可能となった訳である。
 炎化を行うと、妖気オーラが蒼炎に変色した。表面温度は1400℃オーバーになっている。
 体当たり的な攻撃でもダメージを出せそうだ。
 もし敵に捕まっても、この状態になったら逃げ出せるかもしれない。


 こうして、捕食した魔物を各々融合してみた。
 蜘蛛は白色の模様。
 ムカデは牙が生えた。キモい。
 トカゲは、身体の一部に鱗が。 
 蝙蝠は、悪魔のような翼が生えた。スライムの身体に悪魔の翼。意外に格好良い。
 黒狼は、身体の色が黒色に変化し、角が生えた。ユニコーンのような角が二本。
 眼が無いせいで、イマイチ角の位置に不安があるけど。
 次に黒蛇。身体に金色の斑模様が浮き出した。

 スライム形態のまま、全ての能力を完全に駆使する事が可能であった。
 見た目的にはアレだけど・・・。
 では、同時に融合は可能なのか?
 答えは、可能である。ただし、二体の魔物まで。
 3体の能力を融合させる事は、出来なかった。だが、融合するまでもなく能力を使用出来る魔物がほとんど。
 性能が劣るが、能力自体を使えるのなら、わざわざ融合しなくてもいい話である。
 擬態しないと使えない能力・・・『炎化,黒稲妻』だけである。
 技能ではないが、蝙蝠の飛翔能力は擬態しないと使用不可能。翼だけを出す事が出来なかった。
 となると、炎巨人、黒狼、蝙蝠から二つを選んで、状況に合わせて融合変質を行うのが基本となるだろう。
 まあ、吐息系ブレスの能力が適した状況なら、その都度変更すればいい話なのだが。

 ちなみに、最初に擬態して、そこに能力を付加すると・・・。
 最大三体の魔物の能力を、融合する事が可能となる。
 どう見ても、合成獣キメラです。本当にありがとうございました・・・。
 いや、これは、見た目の威圧感が半端ない。
 黒狼や黒蛇ベースが、一番ヤバそうだった。
 どれをベースにしても、能力の強さは変化ないが、機動力に優れる黒狼が合成獣キメラのベースに最適である。
 本当にピンチの時は、この姿を披露する事になるだろう。

 ふと、人化して能力付与はどうだろ? そう思い立った。
 人化の最大のメリットは、装備が行える事。
 魔物というよりは、魔獣に近い姿への擬態では、装備出来る武具がないのだ。
 人化での融合も、強力なスキルであると言えるだろう。
 見た目の変化だけ記しておく。
 炎巨人・・・髪と瞳が真紅に変化。
 黒狼 ・・・髪が黒髪に変化。アホ毛のようなくせ毛が二本飛び出た。狼の尻尾と犬耳が!
 黒蛇 ・・・瞳が金色になり、瞳孔が蛇のようになった。手足の先端が硬質化した鱗に覆われ、爪が生えた。
 蝙蝠 ・・・悪魔の翼が生えた。
 擬態しないと使えない、能力持ちへの変化は以上。
 今後、強力な魔剣みたいな物が入手出来たら、この姿での戦闘が主になるかもしれない。
 前に考えた、魔剣、そろそろ製作を考える時が近づいたのかもしれない。
 なにしろ、融合は無機物にも適用される。
 どういう事かというと、属性や特殊能力を持つ武器同士を融合する事も可能っぽいのだ。
 これは実際に、試してみないと詳細が判らないのだけども。
 魔王を倒すには、やはり聖なる属性の剣とか在った方がいいのかな?
 まあ、王国にでも行って見て、探してみよう。


 っと、耐性の確認を忘れていた。
 まず、エクストラスキル『炎熱操作』獲得時、これの習得と同時に、熱攻撃無効耐性がついた。
 とは言え、流石に太陽に突っ込んだら融けて死ぬだろうけど。
 どこまで耐えれるのか。これは、自分の能力で試してみるしかないのだ。
 今までは、自分にダメージが来るのを恐れて、色々試せなかった訳だが、今日の実験は一味違う!
 先程『黒稲妻』を試したように、分身体の出番である。
 自分がどの程度までダメージに耐えれるか、心置きなく実験出来るのだ!
 少し心が痛む気がするが、割り切ろう。
 分身を出し、操作する。勿論、スライムの姿だ。子供になったら、絵的に問題ある。
 この分身、今の俺が子供状態こどもバージョンなのだが、スライム状態バージョンでの作成も可能だった。
 慣れれば、装備を複製し、着た状態での作成も可能になりそうだ。
 分身体の制限は、主にユニークスキルにかかっている。

その一、『大賢者』
 半径が1km以内に同時に居る場合は、使用可能である。
 それ以上離れると、意識のリンクが切れて単純な命令をこなすだけになる。
 視覚は共有しているので、随時命令の変更は可能なので、偵察だけなら可能なのだが…。

その二、『捕食者』
 胃袋が共通で、本体しか出す事が出来ない。
 捕食や保管は可能なのだが、取り出しは出来ないのだ。
 ただし、能力など、フィードバックは行われる模様。

その三、『変質者』
 融合可能なのは、一体のみだった。分離は、普通に行える。

 詳しく調べてみると制限はあったが、十分高性能である。
 色々な攻撃を、自分の分身に試していった。
 結果、"水刃"はかなりの威力があった。 
 黒蛇までは一撃。黒狼も二撃で殺せる。それ以外は、言うまでもない。
 "炎弾"も、指先からビームが出るような感じに見えるが、威力は凄まじい。
 ただし、こちらは貫通効果なので、即死に至らない。頭や相手の弱点を、打ち抜く必要があった。
 黒蛇の頭も貫通したが、即死しなかった。油断すると、逆襲されてしまうだろう。
 威力は"水刃"より上なのに、殺傷力で劣るのだ。
 なるほどなーと、妙に納得してしまった。
 最強は『黒稲妻』
 最強形態[ 黒狼+炎巨人 ]で結界を張って炎化した状態だと、即死しなかった。
 何とか耐えられた感じ。
 炎化は、攻撃よりも防御として考える方が優れているのかもしれない。
 ただし、最強形態以外でこれを防ぐ術は、現在見当たらない。
 擬態状態から一定ダメージを受けると元に戻るのだが、本体へのダメージは無いのだ。
 それなのに、一撃で死ぬのだから、オーバーキルもいいところである。
 とまあ、色々なデータは取れた。
 後は、『大賢者』の脳内シュミレーションで検証可能だろう。




 俺は子供状態になると、洞窟から外へと向かった。
 途中、ムカデと遭遇したが、チラッ! と、見ただけで逃げて行った。
 ふふふ。やっと俺にも貫禄が出てきたのだろう。
 見た目は子供なんだけどね!

 

 

ステータス
 名前:リムル=テンペスト
 種族:スライム(人化可能)
 加護:暴風の紋章
 称号:"魔物を統べる者"
 魔法:なし
 技能:スライム固有スキル『溶解,吸収,自己再生』
    ユニークスキル『大賢者』『捕食者』『変質者』
    エクストラスキル『水操作』『炎熱操作』『魔力感知』
    獲得スキル…黒蛇『熱源感知,毒霧吐息』,ムカデ『麻痺吐息』,
          蜘蛛『粘糸,鋼糸』,蝙蝠『超音波』,トカゲ『身体装甲』
          黒狼『超嗅覚,思念伝達,威圧,影移動,黒稲妻』
          炎巨人『分身体,炎化,範囲結界』
 耐性:熱変動耐性ex
    物理攻撃耐性
    痛覚無効,熱攻撃無効
    電流耐性
    麻痺耐性
 ユニークスキル『変質者』の能力は、予想通りだったでしょうか?
 そろそろ何が出来るのか、作者が思いつかないような使い方があるかもしれないです。

 『黒稲妻』が強いのには理由が在ります。主人公は気付いていません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ