挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

地位向上編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/303

25話 人間に変身!

 昨日、明日の投稿は無いと言ったな、アレは嘘だ!
 というのは冗談です。
 感想書いてから書き始めたのですが、キリがいいのでここで一話にしました。
 短めです。ご容赦下さい!
 シズさんは逝った。
 俺に、一つの目標を与えて。
 今までは、降り掛かる火の粉を払う事のみ考えていたが、今後は"魔王"の情報収集も行う必要がある。
 気楽に請け負ったが、約束は果されなければならない。
 俺は、約束を守る男なのだ。

 彼女は、俺に新たな能力も残してくれた。
 ユニークスキル『変質者』と、エクストラスキル『炎熱操作』だ。
 ついでに、炎の巨人イフリートも喰ったんだったっけ。
 俺の敵ではなかったが、コイツも危険なヤツだった。
 コイツが、Aランクオーバーか。
 確かに、黒蛇や、黒狼では勝てそうもないな。
 能力の研究も、ボチボチ行う必要がありそうだ。

 だが、その前に!
 俺には、最重要な確認事項がある!
 そう! 人化だ!!!
 俺は、新たに用意された、俺専用の簡易テントに入った。
 誰も入るなよ! と声をかけ、扉を閉める。

 ふふふ、ふはは、ふはははは!

 笑いの三段活用を正しく使用し、

「へ〜ん、しん!」

 効果音は出なかったが、擬態:人間を実行した!
 こんなにも擬態効果が楽しみなのは、初めてだ。
 ところが、

 ………あれ?

 おやおやおや…。
 いつも出てくる、黒霧が出ない。
 どうなってやがる! と、思ったが、視点の高さは若干高くなった。
 というか、手と足が生えている。
 そして、薄青色から、肌色へと変化していた。
 む、むむむ?
 ちょっと良く判らないけど、俺の意図と違う気がする。
 鏡が無いのが悔やまれる。
 しかし、だ。
 ちょっと認めたくはないのだが、この状態に覚えはあるのだ。
 遠い昔、そう、30年くらい前の状態…。
 小学校に上がるかどうか、その年代がこんな感じだった。
 ちょっと待って欲しい。
 動揺しすぎて気付くのが遅れたが、もっと大きな違いがある。
 無いのだ。
 新たに生まれたであろう、俺の息子…二世の姿が無い!
 ど、どういう事だ?
 俺は、狼狽えた。
 大慌てで確認した。
 そして知る、驚愕の事実…。
 な…、何もない。
 ツルリ、と何も無かった。
 よ〜くよく、考えてみれば、魔物に擬態した時にはそんな疑問沸かなかった。
 排泄の必要が無いのに、 排泄器官があるハズが無いという事に…。
 という事は当然…、生殖の必要が無いのに生殖器官が必要か?
 答えは…、今の俺の状態、という事か……。
 深い喪失感と、なるほどな! という納得感が俺を襲った。
 まさか! 慌てて頭部を確認した。フサフサと柔らかい手触り。
 安堵の溜息を吐いた。
 宇宙人のように怪しい人型では無い様で、良かった!
 考えてみれば、黒狼も毛フサフサだった。
 毛が無ければどんな化物…想像すると気持ち悪くなりそうだ。
 やめよう。この先は危険だ。
 さて、クールな俺らしくなく、ちょっとばかり焦ってしまったかな?
 この際、息子の事も受け入れよう。
 全身の姿確認が出来ないのが痛いな…
 そう思った時、『分身体』使ってみれば? というナイスアイディアが浮かんできた。
 流石、俺。
 この状態で可能か不明だが、やって見る。
 俺の身体から黒霧が湧き出し、目の前に集まって人型となる。
 一瞬で、それは完了した。
 これ…ヤバイ。
 このヤバイというのは、色々な意味がある。

 まず見た目。
 銀髪の愛くるしい容姿の美少女? 美少年? 性別ないので中性なのだが…
 どっちかと言えば、少女よりの顔立ち。
 元がシズさんなのだろう、俺の遺伝子は欠片も見受けられなかった。
 そりゃ、そうか。まあ、当然かもしれん。
 可愛らしい子が、全裸で立ってる。まあ、隠すべき何モノもついてないのだけど…。
 そういう問題ではなく、倫理的にヤバそうだ。
 だが、めちゃくちゃ可愛い顔立ち。ここは、静江さん>GJ! と言っておこう。
 俺も、ナイスガイだったが、美少年では無かった。思い出補正を駆使しても、無理がある。
 ここは、素直に感謝しとこう。
 毛皮を纏い、分身にも毛皮を渡した。
 今度、服を用意しないといけないな。

 本題のヤバイ理由。
 それは、その能力だ。
 分身と言ったが、思考演算能力の優れている俺、完全にリンクしているのだ。
 つまり、どっちも俺である。
 本体と、分身体に差が無い。
 いや、炎の巨人イフリートは明らかに分身体の能力は劣っていた。
 なのに、俺の分身は劣っていないと感じる。いや、多少は劣っているのだろうけど…。
 違いはある。
 その魔素容量だ。最初に使用した魔素の分量しか、容量が無いのだろう。
 だが、もっと多く魔素を受け渡しておく事も可能なのだ。
 俺の魔素容量は、結構ある。使い方によっては、かなりの戦力になるだろう。
 ただ、炎の巨人イフリートは10体程に分身したが、俺の分身は高性能すぎて、1体だけしか無理みたいだった。
 もっとも、これは相手からすれば、反則くさいスキルであろう。

 最後の理由。
 それは、擬態への違和感の無さ。
 黒霧が発生しなかった時点で、それに気付いた。
 例えば、黒狼。
 黒狼に擬態しようとすると、黒霧で擬態を構成する。これは、スライム本体の能力に劣るのだ。
 スライムの身体の手足が無い事による、物理運動への制限で目立たないのだが、細胞能力は異常に高い。
 細胞の一つ一つが、筋肉であり、脳であり、神経でもある。
 理解出来るだろうか? 目で見て、神経が情報を伝達し、脳に達する。
 そういったプロセスが必要無い。
 『大賢者』補正の知覚1000倍が無くとも、俺の反応速度は、常人を上回るのだ。
 それが、黒霧の身体では、脳=本体へ到達するのに、若干のタイムラグが発生する。
 恐らく、分身体の若干の劣化は、この部分が原因だろう。
 では、黒霧を使用しない擬態:人間だと…?
 そう! スライム身体と同等の反応速度が出るのだ。違和感が無いのである。
 そして、手足がある事による、運動能力の向上! ……子供だけど。
 それでも、スライムより動きやすい。
 また、黒霧を使用しない為、魔素の消費が必要ないのだ。
 何という便利さ!
 これからは、この姿での活動をメインにしよう! そう思った。


 ふと思いつき、分身体に命令を出す。
 自分で自分を動かすように、スムーズに。
 分身体が成長を始めた!!!
 スラリとした体躯。たなびく銀髪。美しく、中世的な容貌。
 完璧だ!
 そこから更に、女型にしたり、男型にしたり。
 マッチョにしたり、デブにしたり。壮年にしたり、老人にしたり。
 色々な状態に擬態する事が可能だと、判明した。
 黒霧を使用し、魔物への擬態と同様に、足りない部分を補う事で、成人にも擬態可能なのだ。
 これは、筋力を増強するにはいいかもしれない。
 反応速度は落ちるが、威力を出すには大きい方が有利である。
 まあ、スピードが戦闘に置ける最も重要な要素である! とは、思うのだけれど。
 それからも色々な実験を行い、新しい身体の能力を確認したのだった。




 こうして俺は、この世界での、人間の身体を手に入れたのだ!

 次は能力について書く予定です。
 本当は、今日の話と併せて一話にするつもりでした。
 纏めて投稿の方が良かったかもしれないですけど。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ