挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

地位向上編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/303

24話 追想~葬送曲~ 

 明日から3日程は、更新出来ないと思います。
 土曜には再開しますので、お待ちください!
 覚えている光景は、降り注ぐ炎。
 掴んでいた母親の手は、余りにも軽く。
 その先を見るのが、怖かった。
 近くで焼夷弾が炸裂し、辺りを火の海に変えている。
 どこへ逃げればいいのか?
 周囲を炎に囲まれて・・・。
 井沢静江は、絶望と共に途方に暮れる。
 その時、強烈な光が自分を包むのを感じた。

 ああ・・・、自分はここで死ぬのか・・・・・・。

 幼い彼女でも、理解出来た。
 当時、4歳。
 頼るべき親戚も無く、母親と二人暮らし。
 父親は戦争へ駆り出され、顔も覚えていなかった。
 幸せだとも、不幸だとも感じない。日々それが日常であり、そういうモノと受け止めるしか無かったのだから・・・。
 炎に包まれ死にゆく運命であった彼女に・・・、

"生きたいか? 生を望むならば、我が声に応えよ!"

 頭に声が響いた。
 生きたいか? だって? そんなの判らない。
 その問に応えるには、彼女は幼すぎた。
 だが、それでも・・・、自分を庇って手だけになってしまった母親を見て・・・・・・、生きたい! そう、思った。

《確認しました。召喚者の求めに応えます・・・成功しました》

 そして、炎に怯える事なく、生きたい!

《確認しました。エクストラスキル『炎熱操作』を獲得・・・成功しました》


 次に目覚めたのは、魔物の巣窟。
 目の前には、美しき"魔王"。
 長い金髪プラチナブロンドに、青い瞳。整った顔立ちに、切れ長の眼。
 透き通るように白い肌。
 それは、女性と見紛うばかりに美しい、美丈夫。
 レオン・クロムウェル。
 それは、人間の"魔王"。その二つ名は、"金髪の悪魔"。

「ああ・・・、また、失敗だ。」

 彼は、そう呟き、彼女への興味を失った。
 だからこそ、全身に大火傷を負い死にかけている彼女を殺す事はしなかった。
 どうでもいい存在であったから。
 彼女は、それが悔しかった。
 今でも思い出す。あの美しい、顔。そして、興味無さげに、見下された絶望を。
 あの時の彼女には、彼に縋るしか生きる術は無かったというのに。

 結局、彼女を助けたのは、魔王の気まぐれ。

「まて・・・」

 何かを思いだし、魔王は呟いた。
 彼女にはそれが不気味で・・・、

「た、助けて・・・」

 縋るように、魔王に手を伸ばす。
 彼なら、天使の様に美しい、彼なら、自分の苦しみを癒してくれるのでは? そう思えたのに・・・

「ゴミかと思ったが、コレは炎への適正がありそうだ。」

 そう言って、召喚術式"炎の巨人イフリート"を起動する。詠唱も行わず、容易く。
 召喚した炎の巨人イフリートに、無造作に命じる。

「お前に、肉体を授けよう。使いこなせ!」

 それは、彼女の事を、人間として見ていない証拠。
 悔しさは、憎しみへと転じた。
 これが、彼女の心に刻まれた、呪縛トラウマ
 だが、この憑依により、彼女が死から逃れる事が出来たのも、また真実なのだ。

 それから、どれ程の時が経ったのか・・・。
 彼女は、炎の魔人として、魔王の城に君臨する。魔王の側近の、上位魔人として。

 コツンコツンコツン・・・。

 城に、静かな音が木霊した。
 既に魔王は、逃げている。この城は、放棄されたのだ。
 彼女は殿軍。捨石にされた。
 魔王は、最後まで彼女を道具として扱った。そこに一切の感情を挟む事なく。
 やって来たのは、"勇者"。
 長い黒髪を後頭部で一纏めにし、身を包むのは、濃黒に統一された軽装備。
 魔王に劣らぬ、美しい美貌。違う点は、"勇者"が少女であった事。
 見た瞬間に、直感した。

 勝てない! と。

 その心理が、炎の巨人イフリートの意識を抑えたのか、ほんの少し自我が戻る。
 勇者と、目が合った。

「た・・・、たすけ・・・」

 虫のいい話だろう。こんな、魔人となった自分の言葉を、信じてくれる訳などないのに・・・。
 なのに、

「もう、大丈夫だよ。頑張ったね!」

 その言葉で、彼女の目に涙が溢れて来た。
 この世界に来て初めて、彼女は、安堵と共に、勇者に縋って泣いたのだ。


 それから、彼女は勇者に保護される事となった。
 "抗魔の仮面"で炎の巨人イフリートを押さえ込み、同時に、火傷の跡を隠す。
 全身をローブで隠し、勇者に付き従う。
 いつしか、"爆炎の支配者"の二つ名で呼ばれるようになっていた。
 だが、勇者は旅立った。彼女を残して・・・。
 その理由は判らない。おそらくは、勇者には勇者の、譲れぬ思いがあったのだろう。
 彼女にある、ソレと同様の。いつかは、彼女も旅立つつもりだ。
 魔王を、殺す為に。
 彼女を生かし、そして捨てた。
 その目的が殺す為であるとはいえ、"魔王"レオン・クロムウェルは、今や彼女の生きる目標となっていた。
 だから、彼女には勇者の行動を咎める資格は、ない。
 ただ、勇者の笑顔を見た事が無かった点が、唯一の心残りであった。

 それからも彼女は、英雄として幅広く活躍した。
 現在の自由組合の前身とも言える、冒険者互助組合の組織に協力し、その発展に務めた。
 冒険者の教導を行い、後進の育成にも携わった。


 ある時、優秀な生徒を得る機会があった。
 純真な目をした、少年。神楽坂優樹ユウキ カグラザカ
 絶望に彩られた目をした、少女。坂口日向ヒナタ サカグチ
 二人の、優秀で同郷でもある、"異世界人"の少年少女。
 二人は、実に対照的だった。
 前向きで明るい性格のユウキに、常に世界の闇を抱えたような性格の、ヒナタ。
 ヒナタがこの世界に来た時、野党に襲われていたそうだ。だからだろう。
 そう、静江は考えていた。
 野党は無残に何者かに殺害されて、ヒナタは無事だったそうだが、怖い思いをしたのだろう。
 自分と、どこか似ているようなヒナタに、親近感が湧いた。
 ただし、それは間違いであった。

「先生。お世話になりました。もう、貴方から学ぶ事はありません。お会いする事もないでしょう。」

 そう言って、振り向きもせず、ヒナタは去って行ったのだ。
 彼女は、一月も経たずに、静江の強さを上回った。その、圧倒的な物覚えの良さで・・・。
 それから数年で、彼女が教会の重要な地位に付いたと聞いた時も、素直に納得出来たのだ。
 薄ら寒さを覚えはしたのだけれど・・・。
 それに比べ、ユウキは優しい少年だった。
 冒険者互助組合を自由組合と名を変えて、今のシステムを築いたのはユウキだ。
 魔物に対抗する、ランク評価を取り入れた事により、死亡率は大幅に減少した。
 それから、今日まで。
 静江は、裏方として、ユウキを支えて生きて来た。
 最も、静江に出来るのは、後進の教導だけであったのだけれど。
 そして、最近。
 昔、魔人であった頃の事を良く夢で見るようになった。
 自分の寿命が残り少ないのか、炎の巨人イフリートの意識を抑え込めなくなって来ているようだ。
 "抗魔の仮面"の能力は、未だ失われてはいないのだから。
 彼女は、自分は長くないのだ! と、悟る。
 ならばせめて、魔王に一矢報いたい。
 そして、旅立つ事を決意した。
 その事を告げようと、ユウキを訪ねた。
 ユウキは何も言わず、了承してくれた。本当は、止めたかったのかもしれないけども・・・。
 そんな時、ファルムス王国の自由組合支部より連絡が来た。

 ヴェルドラの消失を確認。引き続き、調査を行う! と。

 何かの天啓だろうか? 
 どちらにせよ、森を突き抜ける必要はあった。
 3人の冒険者に、上手く潜り込む。
 特徴は、ユウキに聞いて知っていた。聞いていた通り、明るく気のいいチームだった。
 最後の旅に、いい仲間に出会えた事に感謝した。

 不思議な町。
 魔物に助けられて、連れて来られた町。
 とは言っても、まだテントが建っているだけで、建物は一つしかない。それも仮設である。
 だが、活気があり、魔物なのに、楽しそうに働いている。異質な町。
 そもそも、魔物に助けられるとは、思ってもいなかった。
 炎の力を使えば、巨大蟻ジャイアントアントを焼き尽くす事も出来たが、止めた方が良いと感じた。
 自らの力が衰えると同時に、炎の巨人イフリートの意識が暴れだす。
 油断すると、暴走の危険があった。
 変な魔物が、王様の様にふんぞり返って、偉そうにしていた。
 面白い。
 言葉を話したのには、吹き出してしまった。
 魔物なのに、自分の事を悪いスライムじゃない! だなどと!
 町で話しても、誰も信じないだろう。

 楽しい時間は、唐突に終わりを告げた。
 まだ、私は目的を果たしていない・・・
 寿命が尽きようとするその瞬間を狙い、炎の巨人イフリートの意識が自分を乗っ取るのを感じた。
 まだ・・・、ここでは迷惑に・・・
 そんな意識を嘲笑うかのように、魔人は顕現する。
 彼女の意識は暗転した。

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・
 ・・・

 彼女の様子を伺う。
 もう、幾ばくも持たないだろう。
 意識が戻る事も、無いかもしれない。
 それでも、同郷の身として、最後まで面倒をみよう。そう思う。


 負傷した3人の冒険者は、元気だった。
 こんな大怪我するなんて、危険手当では納得出来ない! と喚いていたが、

「これ、どういう事ですか? 全く火傷の痕が残ってないんですけど…
 というか、お肌つるつるのすべすべなんですけど!!!」
「すげーな…、あの怪我じゃ、一週間は動けないかと思っていたんだが…」
「驚きやした…。こいつは、すごい回復薬もあったもんでやす。」

 と、渡した回復薬で元通りである。
 しかし、

「でもぅ、これじゃ、危険手当、貰えなくないですか?」
「だな…。誰も信じちゃくれねーな…。」
「そうでやすね…、でもま、怪我が残るよりいいって事でやすよ!」

 なんとも、現金な悩み事で口論を始めていた。
 本当に、能天気な奴らである。
 今度、町へ遊びに行きたいと告げると、

「何だったら、ギルドマスターに伝言してやろうか?」

 そう言ってくれた。
 その言葉に、俺は喜んで伝言を頼む。
 冒険者に憧れはある。身元確認なんて面倒な話は勘弁してもらいたいし、魔物で冒険者登録出来るか怪しい。
 カバルが、リムルという名前を出せばギルドマスターへ話しが行くように、取りはかってくれると約束してくれた。
 やはり、いいヤツだ。
 俺は気をよくし、餞別として出来立ての、

 粘鋼糸衣スパイダーローブ
 甲殻鱗鎧スケイルメイル
 硬革鎧ハードレザーアーマー

 といった装備品や、回復薬を10個と食料を用意し、渡してやった。

「ちょ!!! このローブ、何なんですか!!! 軽い上に頑丈! ていうか、めっちゃ丈夫!」
「うぉーーー!!! 憧れの甲殻鱗鎧スケイルメイル!!! ガ、ガルム師の作品じゃねーか!家宝にします!!!」
「うぇ! いいですかい! あっしには勿体無いような作品。牙狼の毛皮まで使用されてやすね!」

 なんというか、大はしゃぎだった。
 そりゃ、炎で装備は破損しまくりの上、報酬で買い替え出来ないと喚いていたのだ。
 俺のせいではないが、少しだけ同情してしまったというのはある。
 渡したのは、試しに作ったヤツだったのだが…
 それ、試作品なんだけど…、とは言い出せなかった。
 あんなに喜んでいるのだ。水を差す事もないだろう。
 問題ない。彼らには、言わないほうが良い。
 試作品でも、性能はいいのだから!
 まあ、これだけ喜んでくれているのだ。忘れずに伝言してくれるだろう。
 最後には、3人とも、俺の事を旦那! と呼んで懐いてくれていたしな!
 最後までシズさんの事を気にしていたが、3日程滞在して旅立った。




 一週間が経過した。
 シズさんが目覚めた。

「ここは…、そうか……、迷惑をかけた。」

 意識はハッキリとしているようだ。
 魔人化しても、記憶は鮮明なようである。

「夢を、見ていたよ……。
 懐かしい夢。もう戻れない…、町の。」

 日本の事か?

「なあ、スライムさん。君の名前は、なんていうの?」

 リムルだと、名乗ったハズだが…ボケたか?

「リムルだ。」

 目を瞑り、何か考えて、

「本当の名前は、教えてくれないのかい?」

 そう、問いかけて来た。
 気付いていたのか? 一瞬躊躇ったが、

「ふん。どうせ、貴方は長くない。教えよう、三上悟だ。」

 本当の名前。もう二度と、名乗る事は無いと思っていたのだが…。

「やはり、日本人だったのか…。そうじゃないかと、思ったんだよ。雰囲気が…ね。」

 沈黙。そして、

「わたしの弟子達にも、聞いたんだ。綺麗な町になったんだって? あの、周りを見回しても、火の海だった、町が…?」
「ああ。何なら、見せてやるよ。」

 そう言って、『思念伝達』で、俺の記憶を伝える。
 こういう時、本当に便利だと実感する。

「ああ……」

 シズさんは、涙を流した。そして、

「ねえ、スライムさん…いや、悟さん。お願いがあるんだが、聞いてくれないかい?」
「なんだ?」

 どうせ、碌でもない願いだろう。
 だが、最後まで面倒を見る、そう決めたのだ。願いくらい、聞いてやる。

「私を、食べておくれ…!」

 何だって? この婆さん。何いってんの?

「私にかけられた、呪いを、喰ってくれただろ…。嬉しかったよ。私に呪いをかけたヤツをぶん殴りたかったけど…
 どちらにせよ、私には無理だっただろうし…、ね。
 最後の願いだ。私を君の中で眠らせてくれないかい?
 私はね…、この世界が、嫌いなんだ。それでも、この世界が憎めない…。まるで、あの男の様だよ…。
 この世界に、あの男を重ねて、見ているのかも、知れないね…。
 だから、この世界に還元されたく、無いんだ。

 お願いだ。どうか、私を、食べておくれ…!」

 ふん。
 何ていう事のない願い。俺にとっては、容易い事だ。
 俺を縛る、呪縛となる願い。俺は、彼女の憎しみを受け継ぐ事になる。
 迷う事はあるか? 彼女に安心して、逝って貰う事が出来るようにするには…、答えは、決まっている。

「いいよ。お前の憎しみは、俺が引き継ぐ。お前を苦しめた、男の名前は?」

 俺の言葉に目を見開き、火傷の痕の残る顔を引き攣らせ、そして涙を流し…、

「レオン・クロムウェル。最強の"魔王"の一人…。」

 祈るように、俺を見つめる。

「約束しよう! 三上悟…いや、リムル=テンペストの名に於いて!
 レオン・クロムウェルにきっちりと、貴方の憎しみをぶつけて、後悔させてやるよ。」

 ありがとう…。彼女はそう、呟いた。
 そして、目を瞑る。眠るように、息を引き取ろうとし、

《ユニークスキル『捕食者』を使用しますか?YES/NO 》

 安らかに眠れ、俺の中で!
 YES! と念じる。彼女の安らぎを祈るように…
 俺の中で、永遠に覚める事の無い、幸せな夢を見れるように…と。


 


ステータス
 名前:リムル=テンペスト
 種族:スライム
 加護:暴風の紋章
 称号:"魔物を統べる者"
 魔法:なし
 技能:ユニークスキル『大賢者』
    ユニークスキル『捕食者』
    ユニークスキル『変質者』
    スライム固有スキル『溶解,吸収,自己再生』
    エクストラスキル『水操作』
    エクストラスキル『炎熱操作』
    エクストラスキル『魔力感知』
    獲得スキル…黒蛇『熱源感知,毒霧吐息』,ムカデ『麻痺吐息』,
          蜘蛛『粘糸,鋼糸』,蝙蝠『超音波』,トカゲ『身体装甲』
          黒狼『超嗅覚,思念伝達,威圧,影移動,黒稲妻』
          炎巨人『分身体,炎化,範囲結界』
 耐性:熱変動耐性ex
    物理攻撃耐性
    痛覚無効,熱攻撃無効
    電流耐性
    麻痺耐性












 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−











 コツンコツンコツン・・・。

 彼女は、顔を上げる。
 幼く、可愛らしい、顔立ち。
 そして、安堵し、微笑みを浮かべた。

 ここに、いたんですね! もう、私を置いていかないで!

 だが、その人影は首を振り、ある一点を指し示す。
 少女は、悲しげな顔を浮かべ、指差す方へ顔を向ける…。
 そこには、

 お母さん!!!

 身体中で、喜びを顕わにし、母親へと駆け出す少女。
 人影は、それを確認すると、消えた。まるで、最初から存在していないかの如く。
 あるいは、それは少女の思いの生み出した、幻なのかもしれないが…。

 こうして、少女は母親と再会する。
 少女の長い旅は、今、終わりを迎えた。
 ふはははは! 人間の身体を手にいれたぞ!

 という場面で、ちょっとだけ区切り良かったでしょうか?
 土曜には…頑張ります。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ