挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

地位向上編

25/303

23話 炎の巨人

 ぎりぎり書きあがった…。
 サボるの得意ですが、会議中は流石に無理でした…。
 唐突に、静寂が訪れた。
 仮面の表面にヒビが入り、そこから妖気が漂い出している。
 おもむろに、シズが立ち上がり、詠唱を開始した。

「召喚魔法!?」

 エレンが、驚きの声を上げる。

「おいおい、マジかよ? どのランクの召喚だ?」
「・・・、ええと、魔法陣の規模からの予想だけど、"B+"以上の魔物!」
「旦那方、悠長な事言ってないで、止めないと!!!」

 流石、熟練の冒険者。
 遣り取りを一瞬で終わらせ、散開する。

「大地よ! 彼女を束縛せよ! 泥手マッドハンド
「うぉおおおーーーりゃ!!! 重追突ノックダウン

 エレンが足止めを行い、そこにカバルが体当たり技を仕掛ける。
 ギドは対処要員として、すぐに動けるように警戒を行っている様子。
 ふむ。
 Bランクだが、コンビネーションは一流なのか。無駄が無い動きである。
 しかし、

「はぁあーーー! 爆!」

 シズが、指をクィ! っと下から上へと指し示す。
 それだけで、シズを中心とした小規模爆発が起こった。
 俺のテントは、粉々である。
 テントの事はいい。それよりも、その一撃で、3人が怪我をしたりしていないだろうか?
 小規模な爆風が起きたが、俺には影響なし。なので、3人の様子を伺う。

 泥手マッドハンドによる足止めを確認し、重追突ノックダウンを仕掛けたカバルが、まともに爆発の影響を受けて吹き飛ばされていた。
 警戒していたギドが、危険を察知しエレンを突き飛ばし、二人は難を逃れている様子。

「おい、大丈夫か?」

 声をかけると、

「あっしらは、大丈夫でさ!」
「ちょっとぅ、身体中が痛いんですけどぅ! 危険手当上乗せして貰わなきゃ!」

 と、二人から返事があり、

「おお痛てー・・・・・・。お前ら・・・、リーダーの心配をしろよ!」

 不満を言いながら、カバルが立ち上がって来た。実に頑丈な男である。

「シズさんって、魔法使えるとは思ってたけど、召喚まで・・・」
「てか、何を呼び出しているんだ?」
「いやいや、そんな話じゃねーでしょ。あっしの知る限り、召喚中に魔法を無詠唱で発動なんて、聞いたこと・・・」

 ギドが、そう言いかけ、動きを止めた。そして、

「え・・・、まさか・・・・・・。爆炎の支配者・・・?」

 何やら、思い至った様子。
 シズは、詠唱を続けている。全身が赤く発光し、軽く身体が浮かび上がっている。
 仮面が際立ち、ローブから溢れ出た黒髪が、フワフワと漂っていた。
 何が目的なのか? 突然様子がおかしくなったように感じるけど・・・。

「リグルド! 皆を避難させろ! この付近へ近寄せるな!」
「しかし・・・」
「命令だ! 避難を終えたら、ランガを呼んで来い!」
「はは! 承りました!」

 速やかに行動を開始するリグルド。
 だが、俺の見立てでは、ゴブリン達では話にならない。無駄死にさせるつもりはないのだ。
 しかし、ランガを呼び寄せたのは、シズと戦わせる為ではない。
 理由は簡単。
 この冒険者達が、自作自演でこちらの隙を覗っている可能性を考えて、である。
 そもそも、皆殺しにする気ならば、ペラペラ喋ったのも頷ける。(単なるバカという線も有り得るけれど…)
 自作自演だった場合、シズが劣勢になった時、後ろから不意打ちして来るという可能性があった。
 それを防ぐ目的で、ランガを呼び寄せる。

「おい、ギド! 爆炎のなんたらって、なんだ?」

 その質問にギドが答えるより早く、

「それって、50年くらい前に活躍したっていう、英雄よね?」

 エレンが問う。
 有名なのか? 俺がそう考えた時、

 シズの顔から、仮面が落ちた。

 吹き上がる炎。
 それは、シズを飲み込み、そこに炎の巨人が出現する。
 召喚術式"炎の巨人イフリート"! それは、万物を飲み込む、炎の支配者。

《ユニークスキル『変質者』を発動します 》

 世界の声が響く。
 そして、シズの身体と、炎の巨人イフリートが一つに融合する。

「げぇ!!! イフリートっておま、Aランクオーバーの上位精霊じゃねーか!!!」
「うわぁ…、初めて見た! てぃうかぁ〜、あんなの、どうやっても勝てないんですけどぉ〜!!!」
「間違いないでやす…。あれが、爆炎の支配者でやす!」

 ふぅーーーーー! ドン!!!

 衝撃と熱が襲い来る。
 3人は、魔法障壁マジックバリアで凌ごうとしたようだが、一撃で吹き飛ばされている。
 死んではいないようだが、無事ではあるまい。
 意識はあるようだが、動く事は出来ないだろう。
 あれは、自作自演じゃないな。本気でやられてる。
 って事は、どうやら意図的にここを潰すつもりで来たという線は消えた訳だ。
 しかし、かなりの威力である。
 溜め無しの魔力開放で、炎巨人シズを中心として、直径30mの円状に熱風が吹き荒れたのだ。
 コイツは、俺が戦わなければ全滅するだろう。
 しかし、不思議な事がある。
 この状況なのに、俺に恐怖はないのだ。魔物になった影響なのか?
 まあ、最初にヴェルドラや黒蛇にビビッてたのが、良い経験になったのかもしれない。

「おい。お前の目的は何だ?」
「ふぅーーー!」

 カッ!

 衝撃!
 先の爆発ではなく、此方へ向けて熱波を放射して来た。しかし、その射線上からはすでに回避済みだ。
 俺の知覚速度は、音速すらも捕らえる事が可能なのだから!
 思えば、町が出来てなくて良かった。こんな時だが、心からそう思った。
 木を切り倒して、現在は広場である。もし、森の中だったら、今頃火事になって大変だっただろう。
 しかし、調子に乗りやがって!

 ビシュン!!!

 腹部を狙い、"水刃"を放った。
 その攻撃は、炎巨人シズに届く直前で、蒸発する。炎の渦が、炎巨人シズを取り巻き、守っているのだ。
 むむ…。どうやら、"水刃"は通用しない感じ。
 全力で水、ぶっ掛けてやろうか? そう考えたが、水蒸気爆発なぞ起きたらシャレにならん。
 最後の手段にしよう。
 その時、ランガ達が到着した。

「お呼びですか? 我が主よ!」

 取り敢えず、ランガに3人の回収を命令する。
 そして、

「いいか、安全な場所に退避してろ! あれは俺が倒す!」

 その命令に反論しかけたが、

「仰せのままに、御武運を!」

 そう言葉を残し、3人を咥えて去って行った。
 これで心置きなく戦える。


 吹き荒れる炎。
 俺の感知能力は、熱の分布を正確に把握する、
 炎巨人シズが炎の巨人の分身体を複数作成し、同時に攻撃を放ってきても、炎の温度の高さから危険度を予測するのは簡単だ。
 俺に対し、有効な攻撃を当てる事は出来ていない。
 しかし同時に、俺の攻撃も有効なものが無い。
 あの炎がやっかいなのだ。
 地面がマグマ状になっている…、ものすごい高温だろう。
 そもそも、『麻痺吐息』や『毒霧吐息』等は、試す為に10m以内に近寄る必要がある。
 あの高温の中、お邪魔しま〜す! と寄っていく訳にはいかない。
 コンガリスライムに、クラスチェンジしたくは無いのだ。
 どうしたものか…
 決定的にダメージの通りそうな攻撃手段がない。
 こんな事なら、もっと捕食しておけば良かった…。
 そんな事を考えていたからだろうか、足元に巨大な魔方陣が描かれる!

 ヤバイ!

 そう直感した時、すでに俺は囚われていた。
 広範囲型捕獲結界。炎巨人シズの特殊能力か…?
 魔法の詠唱もなく、一瞬で描かれた魔法陣。

 直径100mの範囲内を、自らの身体をガス化し、超高熱の炎で満たす。
 炎系の最上位範囲攻撃! 

炎化爆獄陣フレアサークル

 男とも女とも、老人とも若者とも判断のつき難い声が響いた。
 これは…逃げ場なし! だ。

 俺は、死を覚悟する。
 ああ…、油断したつもりはないが、もっと遣り様はあった気がする。
 格好つけずに、皆でかかれば良かった…。
 黒狼に擬態して、速度で翻弄し、火傷覚悟で噛み付くのもアリだった…。
 様子見なんて、バカな事せず、『黒稲妻』でもぶち込めば良かったのだ…。
 etc…。
 しっかし、いくら知覚速度1000倍とはいえ、ダメージがなかなか来ないな…。
 まあ、痛み無く死ねるのは良い事だろうけど…。
 てか、遅すぎない?
 焦らしプレイ?
 おかしい…。
 俺の知覚では、既に炎に巻き込まれている。
 うーん…。

《…解。熱変動耐性exの効果により、炎攻撃は自動的に無効化に成功しています 》

 なんか、熱変動耐性exあるの忘れてただろ! 的なニュアンスを感じた。
 そんな事でいちいち返答させんじぇねーよ! このボンクラ!
 そう、そんな罵倒を「…」に感じた。
 きっと、俺の気のせいだろう。
 俺に忠実で、自意識のない『大賢者』が、まさか…ね。
 ははは。きっと気のせいだ。問題ない!

 さて、と。
 おいおい、炎無効に成功だって?
 何? もしかして、これって、楽勝モードなんじゃね?
 全て、計画通りだったんじゃね?
 やられた! と見せかけてからの逆転。セオリー頂きました!

 そういう事で、さっさと戦いを終わらせるか。

「今、何かしたのか?」

 俺はコッソリと、『粘鋼糸』を炎巨人シズに絡ませる。
 最早、ヤツは終わった。
 俺の作る『粘鋼糸』は、粘糸,鋼糸の両方の性質を併せ持つ、日頃の研究の成果の一つだ。
 さらに、俺の耐性が反映される。つまり、炎で焼き切れる事はないのだ。
 王手だ。

「ば、バカな!」

 初めて、声に動揺の気配が漂った。

 俺もお前の事を舐めていたが、お前も俺を舐めすぎだ。
 許すよ、お互い様だし。
 だから、俺を恨むのもお前の自由だ!

「次は、俺の番だろ?」

 クッ! 慌てて、逃げ出そうとする炎巨人シズ
 そう来ると思ったよ。
 当然ながら、俺の張った『粘鋼糸』により、逃れる事など不可能だ。
 俺は、ゆっくりと歩み寄る。
 コイツに、トドメを刺す為に。
 コイツ…恐らく、シズさんに取り付いて操っているのだろう、炎の巨人イフリートに!

 慌てる事は無い。
 俺は、ジタバタと逃げる事も出来ず、炎で俺に何か仕掛けている哀れな獲物に歩み寄る。
 そして、

《ユニークスキル『捕食者』を使用しますか?YES/NO 》

 答えは当然、YES! だ。

 眩い光が辺りを包み…、唐突に消える。
 後に残されたのは、俺と、一人の老婆だった。

 
 炎攻撃を捕食すればいいんじゃね? と思われた方、正解です!
 ただし、継続的な炎攻撃では、どちらにせよジリ貧だった可能性はあります。
 喰いきれるか、焼ききれるか! の勝負になっていました。
 主人公はまだ気付いていません。気付きかけてはいますけど!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ