挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

地位向上編

19/303

18話 騒動の結末

次回で旅立つと言ったような記憶があるのですが、きっと気のせいでしょう…
 さて、と。
 当たり前の話ではあるが、大臣を殴ったのは非常に不味い。
 当たり前なのだ・・・。

「兄貴・・・、何をやっているんだよ?」

 警備兵を引き連れてやってきた、カイドウのセリフであった。
 流石に毎日サボれないのか、今日は姿を見ていなかった。
 飲みに行くのを誘ったのだが、用事がある! と断られたのだ。
 それなのに、自分が用事でいない間に騒ぎを起こしているとなれば、呆れるのも当然だろう。
 逃げるだけなら簡単なんだが、それは悪手だろうな・・・。

「フン! そこのバカが、俺の客であり恩人のリムルの旦那に失礼な事をしやがるから、ちょいとお灸を据えただけの事よ!!!」

 と、引き連れていた四人の騎士に介抱されている、ベスター大臣を指差す。
 ベスター大臣は、今だに驚きとショックから立ち直れていない。
 鼻血をボタボタ垂らしながら、呆けた顔でこちらを睨んでいる。
 殴られる等、まったく想像もしていなかったのだろう。驚き過ぎて、痛みも感じてはいない様子だ。

「おいおい・・・、ちょいとお灸って、大臣相手にそれは不味いだろ・・・」

 溜息まじりに、カイドウが呟いた。

「ともかく・・・、兄貴達の身柄は、一旦拘束させて貰う!」

 そう言って、部下に指示を下すカイドウ。
 だが、俺達にだけ聞こえるように、

「悪いようにはしないから、大人しくしておいてくれよ!」

 と、呟いていた。
 無論、俺に騒ぎを起こすつもりなどない!
 俺はママさんの元へコソっと移動し、ママさんに金貨五枚を握らせた。
 え? と、驚くママさんに、

「迷惑料も入ってるから! また来るよん!」

 と挨拶する。
 ここは質のいい店だった。こんな事で、二度と来れなくなっては面白くないのだ。


 こうして俺達は連行される事となった訳だが・・・、何かを忘れている。
 そう! ゴブタである。
 あのバカは、店に連れてきていない。
 度重なるヤツの愚行に対し、お仕置き"蓑虫地獄"を執行中だったのである。
 最初は逆さ吊りにしようかとも思ったが、流石にそれは不味い。
 という訳で、『粘糸』でグルグル巻にして、部屋にぶら下げてきたのだ。

「ちょ! これ酷いっす! 自分も連れてって欲しいっす!!!」

 などと、悲痛な声で喚いていたが、甘い顔をすれば付け上がりそうだ。
 という訳で、

「バカめ! 貴様の日頃の行い、目に余るわ! 悔しかったら、相棒(嵐牙狼)でも召喚して助けてもらいやがれ!!!」

 と、出来もしないだろう事を言いつけて放置して来たのである。
 ゴブリンならともかく、ホブゴブリンに進化した今のヤツなら、一週間くらいは飲まず食わずで大丈夫だろう。
 長い日数、拘束されるようなら、一度抜け出してヤツを助けてやろう。
 そう考えて、ヤツの事はそのまま忘れる事にした。
 ちょっとだけ、可哀想かな? とも思ったが、逞しいヤツの事だ、問題ない!


 俺達五人は、王宮へと連行された。
 とは言っても、ものものしく拘束されている訳ではない。任意同行に近い感じだ。強制だけど・・・。
 結局、牢屋で2日程過ごす事になった。
 とはいえ、それなりに良い食事が出ているようだし、部屋の調度も整えられている。
 5人一緒に入れられているので、牢屋というより大部屋という感じだ。
 待遇は、そこそこマシな印象を受けた。

「俺が短気を起こしてしまったばかりに・・・、スマン!」

 カイジンが謝ってきた。
 しかし、ここにそんな事を気にする者はいない。

「カイジンさん、大丈夫! 問題ないさ!」
「そうそう、親父さんが気にする事ないですよ!」
「・・・・・・!」

 三人も同じ気持ちのようだった。

「それより、釈放されたら、俺達もカイジンさんに付いていきますよ!」
「リムルの旦那、俺達がついて行ったら迷惑かい?」
「・・・・・・・・・??」

 最後のやつは何が言いたいのか、俺の理解力では判断出来ないが、気持ちは分かった。 

「ふん! 皆、まとめて面倒見てやるさ! ただし、扱き使うから、覚悟しとけよ!」
「「「おう!」」」

 とまあ、こんな感じに、俺達は釈放された後の事を相談し始めたのであった。


 一日目はそうやって過ぎて行き、二日目の夜。

「そう言えば、あの大臣、えらくカイジンを目の敵にしてなかったか? 何か理由でもあるのかな?」

 何の気なく、俺が質問をしたのだ。 
 これに対し、カイジンは苦虫を噛み潰したような顔になり、溜息をつくと話始めた。


 実はカイジンは、元、王宮騎士団の団長の一人だったのだそうだ。
 とは言っても、王宮騎士団は全部で7つの部隊があり、その内の一つを任されていたらしい。
 工作部隊・兵粘部隊・救急部隊の裏方三部隊。
 重装打撃部隊・魔法打撃部隊・魔法支援部隊の花形三部隊。
 そして、最も重要な、王直属護衛部隊である。
 カイジンは、工作部隊の団長を務めていたそうだ。
 その時の副官が、ベスターだったのだそうだ。

「ヤツは、侯爵の出でな、金で地位を買った! と言われていてな…。俺が庶民の出だったものだから、妬んでいたんだ。
 複雑だったんだろうよ。庶民の下で命令を受けるのも屈辱だったのかもしれんしな…
 俺には、他人の気持ちなんて思いやる余裕がなくてな。王の期待に添おうと必死だったんだよ…。
 そんな時に、あの事件が起きたんだ…」

 そう言って、当時の事件を語ってくれた。
 カイジンが、軍を辞めるきっかけとなった事件。

 魔装兵事件。
 当時、ドワーフの工作部隊は、新しい技術革新もなく、7つの部隊の中で最低の評価に甘んじていた。
 技術立国の立場から、工作部隊は花形であるべきだ! そう主張するベスター派。
 今のままで、堅実に研究を進めるべき! という主張のカイジン派。
 両者は議論が拮抗し、会議で結論が出る事は無かったという。
 そんな中、エルフの技術者との共同開発の、"魔装兵計画"が立ち上がった。
 この計画を何としても成功させ、工作部隊の地位を確固たるものにしよう! そうベスターは考えた。
 そのベスターの焦りをカイジンが指摘したが、庶民出の上司の忠告には、聞く耳を持たなかった。
 結果、焦ったベスターの独走により、"精霊魔導核"の暴走を引き起こし、計画は頓挫。
 当時最高の技術者を集めて行われた、"魔装兵計画"はこうして終焉を迎えたのだ!

 ………
 ……
 …

 結局の所、失敗の責任を取って、カイジンは軍を去る事になった。
 ベスターが、自分の失敗を全てカイジンに押し付けた上に、軍の幹部を抱きこみ、偽の証言まで用意した為である。
 しっかし、ベスター、絵に描いたような悪人だな。ある意味、解りやすい。
 要するに、カイジンがこの国にいると、いつまた軍に返り咲いて自分の地位を脅かすか解らない! と、こういう訳か。
 そんな卑怯なヤツ、死刑でよくね? まあ、死刑は言いすぎかもしれないが…。

「まあ、そういう訳で、俺がこの国から出たら、アイツも少しはマシになるかもしれんさ。」

 そう言って、この話を締めくくった。
 三兄弟も、当時の事件の真相を知る者達で、ベスター大臣を嫌っていたのだそうだ。
 そんな話を聞けば、俺だって嫌いになるわ…。

 しかし、貴族相手に殴ったのだ。
 このまま無事に、釈放されるとは思えないのだが…
 そうした俺の心配に、

「大丈夫だろ、一応。俺は退役したとはいえ団長にまでなったおかげで、準男爵の地位を戴いている。
 庶民が貴族に対して! ってのなら、裁判待たずに死刑もありえたけどな!」

 そう言って、大笑いしている。
 俺はまったく笑えないけどな…。
 いざとなれば脱出しよ! 俺、関係ない事にして、ほとぼり冷めるまで普通のスライムのふりして過ごそう。
 俺は内心、そんな事を考えたのだった。



 そして、裁判の日となった。
 俺達は、王の前へと連行された。
 ドワーフの英雄王。
 目の前にしたら、その圧倒的威圧感が半端ではない。
 現王、ガゼル・ドワルゴ。
 目を閉じ、椅子に深く腰掛けている。
 ドワーフらしい、がっしりとした体付き。迸るエネルギーを秘めた筋肉の鎧。
 その特徴ある、褐色の肌。後ろに撫で付けた、漆黒のオールバック
 強い!
 俺の本能が、久しぶりに全力で警報を鳴らしていた。
 両脇に、騎士が控えている。
 この二人も強いと感じるが、王の前には霞んでしまう。
 この王は、化物だ。
 簡単に逃げれるつもりでいたが、これは…
 俺の弛みきった意識は、王の前に来た途端に覚醒した。
 ひょっとすると、この世界に来てから初めて感じる"危機感"かもしれなかった。


 一人の男が王の前に膝をつき、何事か確認した。
 王の許可を得て立ち上がり、

「裁判を始める! 皆、静粛にせよ!!!」

 裁判の開始が告げられた。

 1時間かけて、双方の言い分が発表される。
 当事者である俺達に、ここでの発言は許されない。
 この場で自由に発言出来るのは、伯爵位以上の貴族だけである。
 それ以外は、王の許しが出るまで発言は許されない。
 発言すればどうなるのか?
 発言した時点で、罪が確定する。さらに、不敬罪まで上乗せされるというお得さで!
 冤罪も何も関係ない。それが、ここのルールなのだそうだ。
 代理人に、全てを任せるしかないのだ。
 この代理人とは、この二日、何度も顔を会わせて打ち合わせしている。
 言うなれば、弁護士みたいな者であろう。
 この代理人は大丈夫なんだろうな?
 そういう不安とは、得てして的中するものなのだ…。

「と、このように、店で寛いでお酒を嗜んでおられたベスター殿に対し、複数で店に押し入り暴行を加えたのです!
 これは、断じて許されるべき行為ではありません!!!」

「それは事実であるか?」

「はい! 私も、カイジン殿からの聞き取りだけではなく、店側からも調書を取って御座います!
 先の言い分に相違ない事は、間違い御座いませぬ!!!」

 …は? え、何だって?
 味方と思っていた代理人の、まさかの裏切りであった。
 これは…、不味いのではなかろうか?
 カイジンの様子を見ると、一気に顔が赤くなり、次第に青ざめ始めている。
 そりゃ、そうだ。
 なんせ、言い訳もさせて貰えないのだ。
 ちなみに…、代理人が嘘を吐く事は、許されていない。
 バレたら死罪である。余程の覚悟か、何らかの事情が無ければ、嘘を吐くなど考えられないのだが…
 王の前で、下賎な者(この場合は罪人)に発言を許さない為のシステムだが、今回は最悪の方へと運用されてしまったようだ。

「王よ! お聞き届け頂けましたでしょうか? この者達への厳罰を申し渡しください!」

 ベスター、調子に乗って、王に進言してくれた。
 さらに、こちらを見やり、勝ち誇った笑みを浮かべている。
 あの野郎…やっぱ、殴っておけば良かった…。


 王は、目を閉じたまま、微動だにしない。
 その様子を確認し、傍仕えが王に代わって発言を行う。

「静粛に!!! これより、判決を申し渡す!
 主犯、カイジン! この者は、20年の鉱山での強制労働に処す。
 その他、共犯者! この者共は、10年の鉱山での強制労働に処す。
 それでは、この裁判を閉廷…」

「待て…。」

 重く、深い静かな声が、閉会の言葉を遮った。
 王が目を開けて、カイジンを見つめた。

「久しいな、カイジン! 息災か?」
「…は! 王におかれましても、ご健勝そうで、何よりで御座います!」

 一泊おいて、カイジンが返答した。
 王の問いかけには、返事しても大丈夫のようだ。

「よい。余と、そちの仲である。本題である! 戻って来る気はあるか?」

 周囲がざわめいた。
 ベスターは一気に青ざめる。
 ふと見ると、裏切った代理人は、死にそうな程の土気色の顔色になっていた。

「恐れながら、王よ! 某は、すでに主を得ました!
 この契りは、某の宝であります。この宝、王の命令であれど、手放す気はありませぬ!!!」

 その言葉に、周囲が気色ばむ。
 護衛の兵士から、カイジンに向けて殺気が放たれている。
 それでも、カイジンに怯えは無く、むしろ堂々と胸を張って、王を見つめていた。

 その目を見て、王は再び目を閉じた。

「で、あるか…。」

 そう呟く。
 辺りを、再び静寂が支配した。
 そして、

「判決を言い渡す。心して聞けえい!!!
 カイジン及び、その仲間は、王国より国外追放とする!
 今宵、日付が変わって以後、この国にいる事を余は許しはしない。
 以上。では、余の前より消えるがよい…。」

 王が目を見開き、大音声で言い渡す。
 これが、王者の覇気!
 身が震える程の、威圧。
 それなのに…。俺には、王が寂しそうに見えたのだ。





 こうして、裁判は閉廷し、俺達はカイジンの店に戻ってきた。
 ちょっと飲みに行くつもりが、大事になったものである。
 さっさと荷造りして、出発しなければ!
 そういえば…、ゴブタは無事だろうか?
 まあ、まだ三日目だし…
 ちょっとだけ不安に思いながら、お仕置き部屋の扉を開けると…、

「あ! お帰りっす! 今まで楽しんでたっすか? 今度は自分も連れて行って欲しいっす!」

 などと言いながら、ソファから飛び起きるゴブタの姿が!
 なん…だと? 
 コイツ…蜘蛛の『粘糸』から、どうやって逃げ出せた?
 よく見ると…枕にしているのは、嵐牙狼であった。
 マジか? 召喚を成功させたのか!?

「お、おい、ゴブタ君。君、狼の召喚に成功したのかね?」
「あ! そうっす! 来てくれ! って念じたら、来てくれたっすよ!」

 簡単に言いやがって…
 未だ、他のホブゴブリンで成功した事例は無いというのに…。
 もしかして、こいつ、頭の栄養が才能に行き渡っているんじゃ…?
 まさか…、な。ゴブタの分際で、そんな訳ない。
 きっと偶然だろう。
 と、そこで、嵐牙狼を見て硬直しているドワーフに気付いた。

「何してるんだ? さっさと準備して行くぞ?」

 ドワーフ達に声をかけると、

「おいおい、待て待て! なんでこんな所に、黒牙狼がいるんだ!!!」
「そうだぞ! さっさと逃げないと、アレは、Bランクの魔物だぞ!!!」

 何やら大慌てしている。
 その様子は滑稽で、面白かった。

「大丈夫、大丈夫! 問題ない。唯の犬と大して変わらんよ! 家で飼ってる狼だしな!」

 安心させてやるつもりで言ったのだが、何故か、四人揃って絶句していた。

 時間が無いので、今回は仕方ない。
 ドワーフ達に、旅の服装に着替えて貰うと、皆で外に出た。
 そして俺一人、家の中の持って行く物全てを、飲み込んでいく。
 容量には、まだまだ余裕がある。
 だが、流石に建物を飲み込むのは、悪目立ちしすぎるし怪しまれるので止めておく。
 こうして旅の支度を整え、俺達はリグル達との待ち合わせ場所である森の入り口に、向かったのであった。

 武装国家ドワルゴン。
 今後、何度も関わりあう事になる国家。
 逃げるようにこの国から飛び出した俺達は、その事にまだ気付いていない。





ステータス
 名前:リムル=テンペスト
 種族:スライム
 加護:暴風の紋章
 称号:"魔物を統べる者"
 魔法:なし
 技能:ユニークスキル『大賢者』
    ユニークスキル『捕食者』
    スライム固有スキル『溶解,吸収,自己再生』
    エクストラスキル『水操作』
    エクストラスキル『魔力感知』
    獲得スキル…黒蛇『熱源感知,毒霧吐息』,ムカデ『麻痺吐息』,
          蜘蛛『粘糸,鋼糸』,蝙蝠『超音波』,トカゲ『身体装甲』
          黒狼『超嗅覚,思念伝達,威圧,影移動,黒稲妻』
 耐性:熱変動耐性ex
    物理攻撃耐性
    痛覚無効
    電流耐性
    麻痺耐性












 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−











 その場は、静寂に包まれていた。
 さっきまで騒々しいやり取りがあったとは思えないほど…。
 五人の犯罪者が、逃げるようにこの場を去った後、誰一人として動く者はいない。
 その静寂を壊すかの如く、

「さて、ベスター。何か、言いたい事はあるか?」
「お、恐れながら、王よ! これは誤解です! 何かの間違いで御座います!」

 見苦しく、王に縋り付かんばかりに喚きたてるベスター大臣。
 対する王は、終始感情を覗かせない、冷徹な態度である。

「誤解、か…。余は、忠実な臣を一人、失う事となった。」
「何をおっしゃいます! あの様な者など、王に忠誠を誓うどころか、どこの馬の骨ともわからぬ…」

「ベスターよ! お前は、勘違いをしておる。カイジンの奴は、元より、余の元を去っておった…
 余が失う忠実な臣、それは、お前の事だ。」

 静に、何の感情も覗えない、声。
 ベスターの喉が、ゴクリと鳴る。
 言い訳をしなければ…! ベスターの心臓は早鐘を打ち、頭は空転する。
 何も考える事が出来なくなっている。
 今、王は、何と言った?
 失うのは、お前! それは、つまり…
 ベスターはどうすればいいのか考える。だが、何も考えは浮かばない。

「もう一度、問おう。ベスターよ。何か、言いたい事はあるか?」

 怖い。
 ベスターは恐怖で頭がいっぱいになった。
 王に問われている。返答しなければ! だが、何も言葉が浮かんで来ないのだ!!!

「お、おそれ、恐れながら…」

「余は、お前に期待していたのだ。ずっと待っていた。魔装兵事件の際も、お前が真実を話してくれるのを待っていたのだ。
 そして、今回も。見よ!」

 そう言って、王が二つの品を指し示す。
 いつの間にか、近習が運んで来た物だ。
 ベスターは、虚ろな瞳でソレを見た。

 見た事もない、液体の詰まった袋状の球体。
 一本のロングソード。

「何か解るか?」

 そう問われ、よく観察する。
 球体は解らないが、ロングソードは見覚えがある。カイジンの持ち込んだ剣だ。

「教えよ!」

 王の説明に、近習が説明を行った。
 ベスターの脳が、ソレを理解するのに、しばしの時間が必要であった。

 蘇生薬ではないものの、ヒポクテ草の完全抽出液。それは、完全回復薬。
 ドワーフの技術の粋を集めても、98%の抽出が限界。
 98%では、上位回復薬の効果しか得られない。それが、99%!!!
 驚きに、ベスターの顔が歪む。知りたい! その抽出方法を!!!
 更に、驚くべき情報が、ベスターへと説明される。
 その、ロングソード。
 芯に使った魔鋼が、すでに侵食を開始し始めている、という報告。
 有り得ない…、普通、10年は馴染んでから、徐々に侵食は行われるものなのに!
 驚愕に、ベスターの思考が活性化される。
 その事が本当だとしたら! そういった考えがベスターを支配し、

「それを齎したのは、あのスライムだ。お前の行いが、あの魔物との繋がりを絶った。何か言いたい事はあるか?」

 決定的に、ベスターは王の怒りの深さを知る。
 もはや、何も言うべき事など、無いのだ…と。

「なにも…、何も御座いません、王よ。」

 涙が込み上げて来た。
 自分は、王に見捨てられたのだ! と、初めて理解して。
 王の役に立ちたかった。そして、王に認めて貰いたかった。
 彼の望みは、それだけだったのに…。
 いつから、自分は間違ったのか?
 カイジンに嫉妬した時から?
 あるいは、もっと前…?
 解らない。ただ解るのは、自分は王の期待を裏切ったという、その事実。

「で、あるか。では、ベスターよ! お前には、王宮への立ち入りを禁止する。二度と、余の前に姿を見せるな…!
 だが最後に一言、お前に言葉を送ろう。大儀であった!!!」

 ベスターは、王の言葉を聞くと立ち上がり、王へと深々とお辞儀をした。
 そして、その場を去る。
 自らの犯した、愚かしさの代償を支払う為に…。




 ベスターの退出と同時に。
 近衛が駆け寄り、ベスターの共犯の代理人を捕らえる。
 その様子を視界に収め、

「暗部よ! あのスライムの動向を監視せよ! 絶対に気取られるな! 絶対にだ!!!」

 念を押してまで、王が命令を発する。
 寡黙な王が、念を押してまで発する命令!
 その重要さに、周囲の気が引き締まる。

「この命に代えましても!」

 暗部はそう言い残し、消えた。



 王は思う。
 あの魔物スライムは何者だ?
 あれは、一種の化物だ。あんな魔物が解き放たれているのか…
 平和な時代が終わろうとしているのかもしれない…と。






今度こそ、次回で旅立ちます! 自信ある!
カイドウの活躍で、回復薬が王の手元に行った訳ですが、今回書ききれませんでした。
もっと簡単に旅立つハズだったのに…
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ