挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

竜魔激突編

183/303

177話 黒色軍団

 リムルの命令により悪魔達が召喚された時、流石に帝国軍上層部はその異常性を察知していた。
 ザムド少将もその一人である。
 悪魔召喚の為の門が出現した時、

「あ、ありえない……あんな巨大な悪魔召喚門サモンゲートなど……」

 と部下の魔導師が呟いたのを聞き逃さなかったのだ。
 即座に魔素量エネルギー測定を行わせ、現実に気が付いたのだった。
 召喚された悪魔達は、それぞれが上位悪魔グレーターデーモン以上の大悪魔達であるという事に。

「あ、有り得ん……。一体どれほどの戦力だと言うのだ……」

 思わず、現実を認めたくないという思いが言葉となって零れ出た。
 その言葉を聞き逃さなかったグラディムが、ザムド少将に目を向ける。
 隠しても仕方ないのだ。ザムド少将はそのまま事実のみを告げた。
 すなわち、帝国軍の将兵の強さを上回る、大災害規模の悪魔の軍団が出現したのだ、と。
 数で上回っていたとしても、質の違いはどうする事も出来ない。
 このままでは蹂躙を待つばかり。
 自分含む帝国の上層部は生き残れるだろうが、末端の兵達は皆殺しとなるだろう――と。
 グラディムは信じたくない思いではあったが、ザムド少将は冗談を言うような男ではない。
 寧ろ真面目で、几帳面な男なのだ。
(ッチ。たかが魔王と侮ったか……)
 後悔しても、もう遅い。
 後は出来る事を為すだけである。
 この場に彼等の皇帝陛下も居る以上、無様な戦いは出来ないのだ。
 グラディムは即座に決断し、下に退避させていた自分の軍団を指揮するべく、転移魔法陣を発動させた。


 魔獣軍団の構成員は、獣王グラディムが選別し鍛え上げた精鋭である。
 古き時代に活躍した英雄の血を持つと言われる、生まれつきの強者達の集まりなのだ。
 そして、彼らが従える魔獣達は、A-ランク相当以上の力を持つと言われていた。
 DNA解析による魔獣の培養により生み出された、人造合成獣バトルキマイラ。戦闘に特化した能力を持つ、一種の兵器なのだ。
 そしてまた、それを支配し使役する団員達もまた、A-ランク相当以上の力を有しているのは当然だった。
 彼等は相棒と同時に戦うならば、地上においては無類の強さを発揮するのである。
 しかし、ここは海の上であり彼等にとっては不利な状況にあると言えた。
 だからこそ、急ぎ舞い戻った獣王グラディムは、一つの命令を発したのだ。

「総員、聞けい!! これより、秘匿命令を発する。
 計測班によると、あの悪魔達は個々がAランク以上の能力を有している。
 このままでは、多大な被害が出ると予測されるのだ。
 故に、最終手段でもって対抗する。
 特殊投与能力メディカルスキル『獣身化』の発動を許可する。
 速やかに実行せよ。敵は待ってはくれぬのだ!!」

 禁断の命令が発動された。
 特殊投与能力メディカルスキル『獣身化』とは、魔獣のDNAの解析も行っている技術局が開発した能力スキルである。
 その能力は、魔獣と兵士との融合。
 人に魔獣の力を付与させる、禁断の能力。
 禁断と呼ばれるに相応しく、能力スキルとはいえ、一度発動したら自力で解除出来ないのだ。
 研究所付属病院にて、薬の除去を行う必要があったのである。
 自分の相棒と、自分の身を同化させる事により、単純な使役をも超える力を宿す戦士を生み出す事が可能となる。
 投与する薬剤は錠剤として配られており、何時でも使用は可能であった。ただし、その使用許可は軍団長のみに許された秘匿命令シークレットコマンドなのだ。
 秘匿されるには、もう一つ理由がある。

 死亡率:10%
 適合失敗による完全魔獣化率:20%
 暴走率(人型・魔獣型含めて):30%
 身体変質による副作用発生率:20%

 という、余りにも不確かな影響が多数発生するからであった。
 実質、完全な成功率は20%でしかない。
 しかし中には、グラディムのように成功し、魔獣の力を取り込み生還する者もいる。
 そうした者は、どんどんと新たな魔獣の能力を取り込み、力を増していくのだ。
 1%にも満たない、完全適合者。
 魔獣騎士キマイラナイトと呼ばれる、獣王グラディムの側近達がそれである。
 獣王グラディムはこの状況でも冷静に、魔獣軍団の団員達に、「死ね」と命じたのだ。
 どの道、力を得られないのならば、この場で悪魔の餌になるしかないのだ。
 この命令は冷酷ではあったが、合理的でもあったのだ。
 団員達は、速やかに命令を実行する。
 内容は知らされており、その行為が死に直結する可能性が高い事は熟知していた。
 しかし、獣王グラディムへ対する絶対なる信頼が、彼等を迷わせる事なく命令を実行させたのだ。
 結果として、
 3万名いた魔獣軍団は……

 暴走魔獣7,700体に、完全魔獣5,800体。
 暴走獣人4,500名に、魔獣人兵7,400名。
 魔獣騎士キマイラナイト550名。

 大きく数を減らす結果となった。
 暴走する者は即放出され、上部甲板で暴れ始めている。念の為に、事前に暴走に対処する為の排出魔法陣を張っておいのだ。
 これは、周囲に待機した魔法使い達の役目であった。こうしないと、仲間であった者から攻撃を受ける事になるからである。
 そして理性を残し戦える者は、半数にも満たない13,750名となる。
 意思ある魔獣となった者も戦力として数えていてこの数なので、大幅な減少であると言えるだろう。
 しかし、獣王グラディムは満足気に頷く。
 予想よりも多く、魔獣騎士キマイラナイトが誕生したからである。
 元々、側近としての成功例は100名程度だったのだ。
 選別し、成功確率の高い者だけで実験していた為に、中々に数を増やす事は出来なかったのである。
 しかし、今回の緊急事態のお陰で、質の高い魔獣騎士キマイラナイトが450名も生まれたのは僥倖であった。
(これで勝てる!)
 獣王グラディムは確信すると同時、軍団を再編し、戦いに備えるのだった。





 ――奴等を殺しつくせ!

 その命令を受けて、黒色軍団ブラックナンバーズの悪魔達は歓喜とともに力を解放した。
 そして、海上に退避している船へと、我先に殺到しようとしたのだ。
 空に浮かぶ100隻は、彼等の主の獲物である。
 後方の海面に浮かぶ200隻近くの飛空船が彼等の餌となるのだ。
 テスタロッサ、ウルティマ、カレラの3柱の配下、合計して600体。全員が上位悪魔グレーターデーモンを凌ぐ力を有する者達であった。
 Aランクを超える、上位の魔人にも匹敵する者達。
 その力が全ての制約から解放されて、哀れな獲物へと向けられた。
 しかし、

「待て!」

 ディアブロの一言に、全ての悪魔が動きを止めた。
 一斉にディアブロへと視線を集中させる。
 ディアブロは片手を上げ、悪魔達を楽にさせると、

「クフフフフ。お前達は理解しているのですか?
 一人たりとも死んではならぬという、リムル様の御命令を。
 お前達の死が、我等幹部の首を差し出しても許されざる大罪となるのだ、という事を」

 その笑顔は、親しみよりも恐怖感を相手に植え付ける。
 そしてまた、ディアブロの言葉は正しく、反論を許さない。
 悪魔達は静かにディアブロの言葉を聞く。

「先ず、テスタロッサ。貴方に下のゴミ掃除をお願いしたい。頼めますか?」
「ええ、よくてよ? 私一人でも容易い事でしょうね」
「ちょっと待ってよ! ボクが行きたい! ボクだって余裕だよ!?」

 ディアブロがテスタロッサに命じたのだが、ウルティマが横槍を入れた。
 それに対しディアブロは怒るでもなく、

「クフフフフ。確かに、貴方でも可能でしょう。
 しかし、せっかく下に無傷で浮かんでいるのですから、鹵獲すべきでしょう?
 あの船は全て、リムル様に献上したいと思うのですが、どうでしょう?
 ウルティマ、貴方は細かい魔力調整が苦手ですね?
 なので、ここはテスタロッサが適任なのです」

 珍しく、諭すように説明する。
 これはディアブロが、極上に機嫌が良い事を示していた。
 機嫌が悪い時に口を挟まれたなら、その者の寿命は一気にゼロへと向けて加速する事になるからだ。
 ウルティマも納得したのか、

「ちぇっ。――しょうがない。確かにボク向きではないね」

 我侭を言うのを諦めた様子。

「うふふ。では、行きましょうか――」
「待ちたまえ。ヴェノムを連れて行くと良い」
「あら、なぜ?」
「言っただろう? 今回は皆殺しにしろ、と命令を頂いているのだ。
 一匹たりとも逃がしてはならないのだよ。
 君の攻撃で生き残った者を狩り尽すのに、悪魔騎士デモンシュバリエ達を動かそう」
「――なるほど。猟犬としては、役立ちそうね。お借りするわ。
 モス、貴方は我等4柱に次ぐ実力者。
 死ぬ事は許されないと肝に命じるならば、好きに動く事を許しましょう。
 シエン、貴方は手勢を率いて、この空域から逃げ出す者の掃討を行いなさい!」

 テスタロッサは自分の配下に命令を下すと、速やかに獲物へと向けて動き出す。
 ヴェノムは一瞬、何か言いたげにディアブロを見たが、諦めたのか一礼すると、その場を後にしテスタロッサに付き従った。

「じゃあ、ディアブロが皇帝ってヤツを殺すの?」
「いえいえ、残念ながらそれは不可能のようです」
「おや? どうしてだい?」

 ディアブロの言葉に興味を持ったのか、珍しくカレラが問い返した。
 普段、人の話を余り――というか、全く――聞かない事で有名なカレラにしては、珍しい事である。

「クフフフフ。皇帝には、絶対防御があるようですので」

 そう言うなり、"熱収束砲ニュークリアカノン"をいきなり放つディアブロ。
 超長距離砲でもある"熱収束砲ニュークリアカノン"は、音速の十数倍の速度を維持したまま飛空船の結界を貫く。
 そして、勢いを殺す事なく、皇帝へと直撃した。
 だが、皇帝は無傷。それが判っているとばかりに、周囲の皇帝護衛の騎士達も動く事は無い。

「見ましたか? 皇帝守護の近衛騎士ロイヤルナイトが、全く動きませんでした。
 あれは、防御結界を破られないという自信があるからでしょう。
 どうやら、皇帝も究極能力アルティメットスキル所有者らしい。
 そして、その能力は"天使系"。
 "天使系"は防御に優れているのが特徴ですが、皇帝の防御はその中でも最高級なのでしょう。
 解析結果によると、"王宮城壁キャッスルガード"というもの。
 周囲の者の皇帝への忠誠心をエネルギーとし、周囲に皇帝の忠実なる部下が居る限り、無敵。
 要するに、帝国軍将兵を皆殺しにしなければ、皇帝を殺す事は出来ないのです」
「ふ〜ん。良くそんなの判ったね?」
「流石だな。見た感じでは、まったく判らなかったぞ?」
「クフフフフ。当然ですとも(とあるお方にお願いしましたので)!」

 自慢気なディアブロを、胡散臭そうに見やる二人。
 咳払いして誤魔化して、ディアブロは話を締めくくる。

「という訳で、貴方方は、皇帝以外の者の始末をお願いします。
 カレラは軍服の男を。
 ウルティマは残りの目ぼしい者を。
 モスとシエン以外の悪魔公デーモンロード達はウルティマのサポートを行え!」

『御意!!』

 命令を受けて、悪魔達は飛び去って行く。
 ウルティマとカレラも動こうとして、

「あれ? ディアブロは何するの?」

 ふと気になって、ウルティマが問い質した。
 ギクっとした様子になるディアブロ。
 しかし慌てる事なく、

「私には重要な役目があるのですよ」

 と言い放った。
 その態度にますます怪しいと感じる二人。

「まあ待ちたまえ。ディアブロ、隠し事は良くないぞ?」

 カレラの追求にしぶしぶと、

「私には、リムル様の雄姿を見守る役目があるのです!
 これは非常に重要な役目であり、貴方方には任せる事は出来ません!!」

 逆切れしたように言い切った。

「ちょ、ちょっと! 何よそれ?
 ボクだって、リムル様の活躍を見ていたいよ!!」
「何だって? そんな役得を君だけで堪能する気かい?
 いくら君が我等の上司だと言っても、横暴が過ぎるんじゃないかい?」

 これに対し、不満を言い出す二人の悪魔王デヴィルロード
 同時に、道理で一番煩そうなテスタロッサを最初に追い出した訳だ、と納得してもいた。
 力関係ではディアブロが上であり、三人揃っているならまだしも、二人だけでは分が悪い。
 結局は不満を言いながらも、納得させられる事になってしまった。

「ちょっと! 大暴れしても良いんだよね?」
「ええ、勿論です」
「空に浮かんでいるモノは全て壊しても構わないんだね?」
「当然です」

 二人の機嫌を取り成すように、ディアブロが力強く頷いた。
 その程度で納得してくれるのなら、安い買い物なのである。

「判ったよ。美味しそうなヤツも居るみたいだし、ここは譲ろう」
「だよね。ボクも大暴れして、憂さ晴らししよ〜っと!」

 そう諦めたように言うなり、二人は同時に飛び出した。
 ついでに、周囲で命令を待っている者達に、

「散れ、お前達!
 お前達も、シエンの指揮下に入り、この空域からの離脱者を一切許すな!!」

 八つ当たり気味にカレラが叫び、呼応するように悪魔達は散って行った。

 ――奴等を殺しつくせ!

 その命令を守るべく、帝国の飛空船団を覆い囲むように、悪魔達は配置を終える。
 間もなく、大空と海面上での決戦が始まろうとしていた。


 ディアブロは薄く笑い、計画通りに進んだ事を悦ぶ。
 敬愛なる主の戦いを間近で見守り、より強く役に立つ為の参考とする。
 そして、この戦においては、自分以外の悪魔達に実戦を積ませるのが主題となるのだ。
 死ぬ事なく生き延びさせて、より強く強化させるのである。
 受肉した肉体の性能は、最上であった。
 であれば、後は使う者の技量レベル次第。
 それは、テスタロッサ、ウルティマ、カレラにも言える事である。
 与えられた能力では意味が無く、自ら獲得し、使いこなさせてこそ光り輝くのだ。
 敵を与え、それを撃ち砕く。
 悪魔族デーモンは唯でさえ、最強種族。
 下等な内は、天使や精霊に劣る劣等種だが、上位存在になれば立場は逆転する。
 成長が遅く、上位になる前に魂を砕かれて滅びる者が多いのだが、一度壁を抜けると敵が居なくなるのだ。
 故に、自分以外の悪魔王デヴィルロード達でさえ、力任せの戦いぶりが目に付いた。
 ここで一度、苦戦らしきものを味わうのも良い経験となるのである。

(後は、生き残れたら、の話です。無事に生き残ってくださいね。クフフフフフフ――)

 ディアブロは笑みを深めて、より一層楽しげに嗤うのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ