挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

地位向上編

15/303

14話 トラブル

今日一日、アクセス数が今までにない伸びを記録!
地味に増えてて喜んでいたのですが、かなり驚きました。
読んで下さり、ありがとうございます!
 武装国家ドワルゴン。
 ドワーフ達の王国である。
 初代ドワーフの英雄王グラン・ドワルゴが国を興してから1,000年。
 歴史と文化、そしてその技術を守り、発展させてきた。
 現在の王ガゼル・ドワルゴは、初代より数えて三代目であるが、若き日の祖父に似た覇気を纏っている。
 偉大な英雄であり、この地を公平に統治する賢王としての名声が名高い。
 そんな賢王の治める地。
 自由貿易都市にして、異種族間の交易の中心地。ゆえに、絶対中立都市としての顔を持つ。
 この都市内部での武力行為を、賢王が許す事はない。
 東の帝国でさえ、武装国家ドワルゴンに表立って事を構える事を避けている! というのは、冒険者の間では有名な話だ。
 一度、ドワーフと事を構えると、二度目はない! そう言わしめるほど過酷に、相手を蹂躙し尽くす。
 武装国家の名は、伊達ではないのだ!
 重武装の歩兵の壁に守られた、高火力の魔法兵団。
 戦う相手は、歩兵の壁を突き崩す事も出来ずに魔法の火力による攻撃で全滅する。
 この1,000年、不敗を誇るドワーフ軍の実力は有名であった。
 その実力を裏付けるもの・・・
 それこそが、高い技術力で制作される装備品にある。
 最先端の技術で作られた武具は、人の造りし武具を圧倒的に上回る。
 ゆえに! 
 人は、ドワーフ族とは、争いではなく友誼を結ぶ事を選んだ。
 だからこそ、その支配下において魔物と遭遇したとしても、そこで争いを起こす愚を犯す者は少ないのだ。
 人と魔物が交わる都。
 それは、この地上に於ける、異質な地の一つなのだ。
 最も、武力の為の道具が溢れる都でありながら、平和を享受する国。
 武器商人の本拠地が、最も争いから遠いというのは、ある意味・・・皮肉な事であるのかも知れない。



 門の前に、行列が出来ていた。
 天然の大洞窟を塞ぐように設えられた、大門。
 この大門が開くのは、軍の出入りの際のみであり、月に一度の頻度であるそうだ。
 残念ながら、今日は閉まっていた。
 その下に、小さな出入り専門の扉が設置されている。
 行列が出来ているのは、左側の通路である。どうやら、右側は貴族等のお偉い方々御用達の通路なのだろう。
 左側の通路に並び、周囲を観察しながら、俺はそう考えた。
 その左側にしたところで、フリーパスで出入りしている者もいれば、別室でチェックを受ける者など、様々である。
 武装国家の名に恥じぬ、厳重な警備体勢である。
 中に入ると比較的に自由に活動出来るらしいけど・・・。
 しかし、すごい行列だ。旅よりここで待つ方が時間取られたりして・・・!
 俺がそんな事を考えていた時、

「おいおい! 魔物がこんなところにいるぜ! まだ中じゃないし、ここなら殺してもいいんじゃね?」
「なあ、何並んでるんだよ! 生意気だな、お前ら。殺されたくなければ、その場所譲れ!
 あと、荷物全部置いていけ。それで今回は見逃してやる!!!」

 などと、意味不明な供述をしており・・・
 じゃなく、こちらへ向けられた害意ある声が聞こえた。
 今ここには、ゴブタと俺の二人しかいない。
 何しろ、腰布だけの集団を引き連れていくと、悪目立ちする。
 ここは、案内役のゴブタと俺の二人で行く! と、俺の発言で決定したのだ。
 リグルも行きたそうだったのだが、断った。
 彼等は、森の入口で野宿し、俺達の帰りを待っている。
 という訳で、二人だったのだが、いいカモに見えてしまったのだろうか?
 列に並ぶのを嫌った二人組の冒険者に、目を付けられてしまったようだ。

「おいおい、ゴブタ君、何か聞こえないかね?」
「はい、聞こえるっすね・・・。」
「前来た時も、絡まれたりしたのかね?」
「当然っす! ここでボコボコにされて、コボルトの商人さん達に拾われたっす!
 あそこで、拾われなかったら、俺、死んでたかもしれないっすね〜」
「・・・絡まれたんだ、じゃあ、しょうがないか?」
「弱い魔物の宿命みたいなもんなんすよ・・・。」

 絡まれたらしい。しかも、当然なのだと…。
 先に言っておいて欲しかった。
 何やら、悟ったような目をして、項垂れていた。
 やっと、緊張せずに俺と話せるようになったのに、今回の失敗で元に戻ったりしないだろうか?
 少し心配だ。

「おい! 雑魚い魔物のくせに、こっち無視してんなよ!」
「ってゆ〜か、喋るスライムって、レアじゃね? 見世物として売れるんじゃね?」

 などと、ウザイ会話を続ける二人組。
 仏のように慈悲深いと言われた事もあったような無いような俺だが、これには腹がたってきた。 

「ゴブタ君…。前に、俺が言ったルール覚えているかね?」
「はい! 勿論っす!」
「そうか。では、少し、目を瞑り、耳をふさいでおくんだ! 決してこっちを見てはいけない!」
「? なんか良くわかんないっすが、了解です!」

 さて、と。ルール決めた俺が、真っ先にルール違反…
 そういう風に思われるのも、教育上宜しくないだろう。
 邪魔なゴブタ君には目を瞑って貰った事だし…ゴミ掃除をしますか!
 その時、右側の男の視線が動いた。
 その先を確認する…、三人組がニヤニヤと笑いながら様子を覗っていた。
 目の前の二人組みは、剣士と軽装備の男一人。恐らく、盗賊系の職業。
 三人組は、魔法使いか僧侶っぽいローブ姿が二人と、大柄な戦士。
 予想する。こいつらは一つのPTで、二人が俺たちを追い出し、順番を確保。
 そして、三人が追い出された俺たちを影で始末し、何食わぬ顔で二人に合流する。
 恐らくは、そういうシナリオだろう。
 そうやって、弱い魔物がいたら殺して荷物を奪ったりしていたのだろう。
 よく考え付くものである。
 しかし…今回は、相手が悪かったな!

「おいおい! 順番は守れよ! 俺は寛大だから、今なら許してやる。さっさと後ろに並びな!」

 挑発開始だ。
 二人組みは、一瞬きょとん! となってから、一気に顔を真っ赤にさせた。
 沸点の低い奴らだ。

「クソ雑魚の魔物のくせしやがって…舐めてんじゃねーぞ!」
「おいおい、お前、死んだぞ! 身包み置いていくなら殺さずにいてやろうと思っていたんだがな!」

 などと、三下っぽいセリフを言い出した。
 ふっ。ゼネコンにはな、めっちゃ怖い顔したおっさんを顎で使えるようじゃなきゃ勤まらないのだ。
 中には、身体に落書きしたお茶目な親父もいるのだ。
 この程度の若造の脅しなど、屁でもない。

「クソ雑魚の魔物? それは俺の事か?」
「てめーに決まってるだろうが! スライムなんざ、雑魚中の雑魚だろうよ!」
「さっさと、こっちに来い。しゃべれるようだし、殺さずに魔物の奴隷にしてやるよ!」

 魔物の奴隷? そんなのもいるのか?
 それは一先ず置いておく。
 周囲の商人や冒険者風の者達も、この騒ぎに気付き始めている。
 まずは注目を集めないと。
 正当防衛なんて概念が、あるかは知らないけど…後に、少しでも証言が出れば御の字だ。
 しかし、誰か助けてやろう! という優しい人間はいないのか?
 俺が美少女だったらいたかもしれないが、スライムじゃ無理か。

「雑魚雑魚と、えらく舐めた口を叩くではないか! それに、スライムだと?」
「どっからどー見ても、スライムだろうがよ!」
「てめーふざけやがって…! お前みたいな小物に馬鹿にされるなんて、許せんわ! やっぱ殺す!」

 そして、武器を構える二人組み。
 あ! とうとう、こいつら抜きやがった。
 あーあ。最初に会話する人間がこれとは…、ついてない。魔物の方が友好的だなんてな。

 周囲の者達は、俺達を遠巻きにするように離れ始めた。
 門番もこの騒ぎに気付いたのか、慌しく動きはじめている。
 さて、と。
 俺はゆっくりと前にでる。
 そして、

「ククク。俺が小物、だと? スライム?…いつから俺がスライムだ! と、勘違いしていた?」

 思わせぶりに言ってやる。
 どー見てもスライムなのだ。そんなもん最初からスライムと思われていたに決まってる。
 これは演出なのだ! …多分。

「なんだと? はったりも大概にしろよ!」
「ふん! スライムじゃないなら、さっさと正体をみせろよ! 死んだ後では、いい訳も出来んぞ!」

 変身するの、待ってくれるようだ。
 計画通り!
 スライムのまま戦っても、勝てると思う。
 だが! 手加減しにくいのでスパッ! っと真っ二つにしてしまいそうだった。
 丁度気絶するように、威力を調節するのは難しいのだ。

「いいだろう。見せてやろう、この俺の真の姿を!!!」

 などと叫び、思わせぶりに妖気を放出する。
 勿論、少量で。
 少量の妖気に勘付いた者がいるか、周囲を確認してみた。
 遠巻きにこちらを見ている者、数名が気付いた程度。
 目の前の馬鹿二人にその仲間っぽいヤツは、気付いた気配がない。
 こいつら…口ほどにも無さそうだ。
 様子を覗うのはもういい。さて、何に変身しようかな…。

 俺の身体から黒い霧が噴出する。
 そして、その身を覆い…、霧の晴れた後、そこに一体の魔物が出現する。
 黒い狼。
 あれ? 前捕食して直ぐに擬態した時は、牙狼族の形状だったのだが…
 今は、進化したランガ達と同様の黒い毛並み。
 そして、ランガすら上回る、体躯。
 額には二本の角。
 擬態:黒嵐星狼テンペストスターウルフ
 …どうやら、捕食した魔物の系統が進化したら、俺の擬態にも適用出来るっぽい。
 これ、ランガの進化の更なる先っぽい感じだ。圧倒的な力を感じる。
 馬鹿二人も、この姿見たら流石に逃げるだろう。
 そう思ったのだが、

「は! 見た目だけ厳つくしても、テメーがスライムなのは変わらないんだよ!」
「おいおい、それで俺らがビビッて逃げる! とでも思ったか!」

 …全然気付いてない!!!
 おいおい、見たら判るレベルでヤバそうだろうよ!
 そもそも、スライムが変身したなら幻覚か何かは判らなくても、警戒はすべきだろう。
 それなのに、こいつらまったくお構いなしであった。
 隠している仲間、三人がいる事に安心しているのかもしれないけど…。

 使える技能が増えている。
 『超嗅覚,思念伝達,威圧,影移動,黒稲妻』の5つか。
 影移動は、ランガ達が今練習中のスキルだな。
 ペアとなった者の影に潜み、呼ばれると出現する! というのが目標である。
 今は、影に入る練習なので、先は長い。
 とすると、黒稲妻…、試さなくてもわかる。試したら、この目の前の哀れな男たちは黒こげコースだろう。
 俺の予測は甘いから、もっと酷い状態も有り得る。となると、使えるスキルが無い。
 バカに威圧が効けば良かったのに! ある意味、バカって無敵なのか?
 何しろ、見物してる者の方が、ビビッて腰を抜かしている者がいる始末なのだ。

「やれやれ…、もういいや。面倒くさいから、かかって来い!」

 先制攻撃を譲った。
 擬態状態でダメージを受けると、どうなるのか?
 一度、トカゲで実験したのだ。
 攻撃を受け続けて、ダメージが一定量を超えると、擬態が解けた。
 その際、スライム本体へのダメージは無かったのだ。
 恐らく、使用した魔素で身体を構成し、ダメージは本体まで来ない。
 制限は、次に擬態出来るようになるまで3分くらいかかった事と、擬態する魔物毎に魔素を代価に支払う事。
 魔素の使用量は、俺にとっては微々たる物なので、問題にならない。時間制限は無い。
 つまり、好きに攻撃させても問題ない。
 もし相手が強かった場合でも、スライムに戻った瞬間に逃げたらいい話なのだ。

 俺の言葉に、

「へっ、死にやがれ!」
「うぉぉぉ!!! 風破斬!!!!!」

 軽戦士がダガーを投擲して来た。
 そして、剣士がスキル攻撃だろうか? 剣を緑に発光させて、俺に切り込んで来る。

 カララーーーン!
 ポキィーーーン!!!

 三本のダガーを同時投擲は見事だが、剛毛を貫く程の威力はない。
 剣士の方は、可哀相に…自慢の剣がポッキリ折れてしまっていた。

「今、何かしたのか?」

 俺は、よく悪役がやるように、相手を思いっきり小馬鹿にしつつ尋ねた。
 というか、本当に何かしたのか? と言うほど、ダメージを受けていない。
 あのスキルは、見掛け倒しなのか?

「ば、バカな! なんて硬い剛毛なんだ…」
「ありえん…こんな、こんな事、有り得ない!!! 俺の剣は白銀製だぞ! 魔物への威力増大効果があるんだぞ!!!」

 …いや、そりゃ、銀製は脆いだろ? 何言ってるんだ…コイツ。

「おい! お前らも手伝え!!!」

 なりふり構わなくなったのか、剣士が仲間を呼んだ。やはり、あの三人は仲間だったか。

「ヘッ! お前はもう終わりだ!」
「やれやれ…、まさか、俺達に出番が来る、とはな!」
「スライムの変身魔法? 興味あるな。死んだら解剖するとしよう!」
「さっきからソイツ、動いてない。動くと魔法が解けるんだろ。どうだ?図星か!?」

 などと、勝手な事を喚いている。
 そして五人は、俺を中心に散開し、同時に攻撃を仕掛けて来た。

 軽戦士は、ショートソードによる切り込みを。
 剣士は、魔法を唱え、カマイタチによる斬撃を。(何気に優秀なヤツだ。)
 重戦士は、「重破斬!!!」と叫びながら、グレートアックスによる一撃を。
 魔法使いは、「火炎球!」と、魔法による攻撃。
 僧侶は、俺からの攻撃にそなえ、魔法の防御を構築している。
 PTとしては、バランスのいい構成なのだろう。
 彼らにとって残念な事に、その全ての攻撃が俺に効かなかったというだけで…。

 チラリッ、と彼らを見た。
 驚き過ぎて、声も出ない様子だ。
 今なら、威圧が効くかも知れない。

 ウォーーーーーーーーーーーン!!!

 俺は、咆哮に載せて威圧を行使した。
 しかし、これは大失敗だった…
 見物していた者達まで、気絶したり色々漏らしたり…
 要するに、大惨事になっていたのだ。
 やっべ…、どうしよう? 俺は頭を抱えるハメになる。

 え? 五人組?

 威圧を至近距離で喰らった、彼ら。
 そりゃあ、もう…。
 皆さんの想像通りでしょう。
 俺の『魔力感知』に、こちらに向かって走って来る、ドワーフ警備隊の姿が感知出来た。 

 一言。
 色々な物を垂れ流しにしている彼らを眺め、あれの後始末は嫌だろうな〜と、人事のように現実逃避を開始した。






ステータス
 名前:リムル=テンペスト
 種族:スライム
 加護:暴風の紋章
 称号:"魔物を統べる者"
 魔法:なし
 技能:ユニークスキル『大賢者』
    ユニークスキル『捕食者』
    スライム固有スキル『溶解,吸収,自己再生』
    エクストラスキル『水操作』
    エクストラスキル『魔力感知』
    獲得スキル…黒蛇『熱源感知,毒霧吐息』,ムカデ『麻痺吐息』,
          蜘蛛『粘糸,鋼糸』,蝙蝠『超音波』,トカゲ『身体装甲』
          黒狼『超嗅覚,思念伝達,威圧,影移動,黒稲妻』
 耐性:熱変動耐性ex
    物理攻撃耐性
    痛覚無効
    電流耐性
    麻痺耐性
次回は取引の予定…。
本当は、今回取引のハズだったんだ…。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ