挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

帝国侵攻編

144/303

140話 研究成果

 食生活が更に豊かになった。
 毎食、デザートには果物だったのだが、ケーキが追加されたのだ。
 ああ、生きてるって素晴らしい。食べ過ぎると飽きるので、日曜日と祝日などの特別な記念日に用意して貰う事にした。
 満たされる生活。スライムに転生したての時には、考えられないような贅沢な暮らしぶりだ。
 これで東の帝国の問題が無ければ趣味に没頭出来るのだが……。

 最近思うのが、俺とヴェルドラに有志を加えて、宣戦布告と同時に攻め落としてしまおうか、とか考えてしまったりしている。
 待つのが性に合わないのもあるが、どう考えても、守るより攻める方が簡単なのだ。
 守備力を分散し、考えられる侵攻ルートを守るには兵数が足りないだろうし。かといって、偵察部隊の配置だけしておいてルート確定してから迎撃に向かうのもリスクが大きい。
 ドワーフ王国内部を侵攻するのは流石に無いだろう。
 中立国である武装国家ドワルゴンは、技術の高い兵装を持つ常備軍を保有しているのだ。
 入り口と出口を守備するのにも適しているので、大軍での攻略には向いていない。国そのものが天然の要塞とも言えるのだから。
 海路は無い。船舶数が足りないだろうし、海には大型の魔海獣が棲息しているのだ。
 足場の条件の悪い海上での戦闘だと、リスクが高すぎて選択肢に入らないだろう。海を無事に通れるかどうかも不明となるからだ。
 同様の理由で、竜の棲まう山脈もまた選択肢から外れる。
 結局の所、ジュラの大森林を通過するルートしか選択の余地が無いのだ。
 となると、軍事行動が可能となるルートの選出は三つ、か。
 ただし、その内の一つはドワーフ王国の隣接領域となる。許可無く侵攻する場合、魔物の国テンペストドワーフ王国ドワルゴンによる挟撃の恐れもある為、普通は選択しないと思う。
 結局、二つの侵攻ルートが最も可能性が高く、軍を二つに別けて対応するのがセオリーとなるのだ。
 だが、本当にそんなに単純か?
 考えても仕方ないが、その予想通りに帝国が動くなら、帝国が魔物の国テンペストを舐めているか、圧倒的な大軍を擁しているかのどちらかと言う事。
 何しろ、軍事の専門では無い俺の考えでも、侵攻ルートはこの二択を選ぶのだから。
 戦争のプロが他に選択肢が無いという理由で、単純に予想出来るルートを選ぶ事は無いだろう。
 いや、逆に他にルートが無いからこそ、圧倒出来る戦力を揃えるまで動いていないのだ、と考えられる。
 となれば、その大軍に対し、戦力を別けるのは愚策。
 駄目だ。
 考えているとイライラして来た。
 やはり此方から攻める方がいいんじゃね?
 というか、帝国が宣戦布告した瞬間、特攻をかけるのが正解なんじゃ?
 真面目に考えても正解は出ないだろう。臨機応変に対応するのが良い。
 臨機応変。
 何やら素晴らしい響きの言葉だし、出来る男というイメージもある。
 よし、それでいこう。
 念の為、海上ルートも含めて、偵察任務に着かせている。各所に転移魔法陣を設置しているのだ。
 長距離連絡手段と、緊急移動の準備は完璧であった。あくまでも個人用だが、連絡には十分である。
 何かあったら報告が来るだろうし、それから考える事にしよう。

 結論を出した所で、俺は立ち上がり食堂へと向かう。
 頭を使うと甘いものが欲しくなる。デザートは特別な日と祝日と決めたけど、オヤツは別だ。
 早速、シュナに頼んでケーキを用意して貰おうと思う。
 自分に甘いのが俺の良い所。食べ過ぎて飽きるとか、飽きた時に考えればいい話だろ。
 そうに違いない。
 あっさりと自分の方針を覆し、食堂に向かうとシオンが居た。
 俺を見ると満面の笑顔を浮かべて、手に持つ皿を差し出してくる。
 何だろう、この嫌な予感は……。

「リムル様、お待ちしておりました!
 水臭いですよ、リムル様。
 一言、申し付けて頂ければ、私がケーキ(のようなもの)を用意いたしましたのに……。
 はい、どうぞ! シュナの作ったものと同様の味で、量は数倍です!
 遠慮せず、召し上がって下さい!」

 ニコニコしながら、差し出す皿に、何やらコンニャクのような大きな塊が乗っている。
 え? ケーキ……!?
 思わず受け取った皿に乗る物体を眺め、助けを求めて周囲を見回した。
 誰も居ない。逃げた、か?
 どうやら、最悪のタイミングで来てしまったようだ。

「おい、これはケーキなのか?」
「はい! 味は完璧に再現しておりますよ!」

 自信満々のシオン。
 だが、嫌な予感は増すばかりだ。
 味は完璧? それは、味以外は駄目って事じゃ?
 俺は自分の方針転換を後悔しつつ、一口だけ食べてみる事にした。
 こんな事なら、自分で決めた通り、食後のデザートだけを楽しみに待つべきだったのだ。
 そもそも食事の必要も無いのに食い意地を張ったから、この様な修羅場に遭遇してしまう羽目になる。
 スプーンで削り、一口、口に含んだ。
 吐くかと思った。
 食感はコンニャク。そして、味は甘ったるいケーキ。
 見た目は灰色。そして、見たままのコンニャクの食感なのだ。
 ケーキとは、視覚情報も重要だと、再認識した瞬間であった。いや、ケーキに限らず、食事は見た目も重要なのだ。
 素材がそのまま出てこられても、美味しそうには見えないのである。

「どうです? 美味しいでしょう?」

 完璧ですよね? と言いたげな、シオンのドヤ顔にイラっとする。
 コイツはアレだ。先ず、料理とは? という基本的な所で躓いているようだ。

「座れ。ちょっと、そこに座れ。説教だ!」
「え!? どうして?」

 ドヤ顔から一気に涙目になり、シオンがうろたえるが、お構いなし。
 それから30分程、俺は懇々と、シオンに料理の何たるかを説教したのだった。





 シオンに説教を終え、ようやく一息つく。
 放置していたのが失敗だった。シオンは、何でもスキル任せに結果だけを出そうとする。そんな事では、一生成長する事は無いだろうから。
 俺の説教が堪えたのか、シオンはシュナに料理を教わると約束してくれた。
 というか、以前からシュナに教わっていたのでは? いやいや、そんな事は無いだろう。
 少し心配だが、これで一先ずは大丈夫だ、そう思う事にする。
 考えを切り替えて食堂から出た所で、ばったりとクロベエに出会った。

「おお、探しておりました、リムル様。やはり此方でしたか」
「ん? 俺を探してた? 何かあったのか?」
「ええ、以前より依頼を受けておりました、新型の武器が完成いたしましたぞ!」

 クロベエが嬉しそうに報告してきた。
 以前の依頼? 多すぎて、どれの事か思い当たらない。
 ともかく、クロベエについて、工房に向かった。
 工房は相変わらず暑い。温度に影響を受けないから良いものの、中での作業は大変そうだ。
 久しぶりに来たが、工房には人――魔物も含む――が増えていた。

「弟子が増えたみたいだな」
「ええ、お陰様で。しかし、まだまだですな。使い物になるのは作れない者の方が多いです」

 俺達が会話しつつ工房に入ると、声に気付いて弟子達が顔を上げた。
 そして、俺の姿に気付いて一斉に立ち上がり礼をする。その勢いにびっくりしてしまった。
 クロベエを見ると、

「馬鹿どもが! さっさと作業に戻れぃ!」

 大音声で怒鳴りつけ、弟子の作業を再開させる。
 彼らの気持ちも理解出来るかも。職場に社長がやってきたら、緊張もするというものだ。
 それも、下っ端の部署に。
 俺も実感は余り無いけど、この国では王様なのだし、気軽に遊びに行くのは可愛そうかも知れない。
 元の世界の会社で本部長クラスの職場見学の際でも、前日から大掃除をして準備などしたものだし、それが社長ともなると失敗は許されない雰囲気になる。
 所帯が大きくなればなるほど、気軽に接するとかえって気を使わせる事になるかも知れない。
 だが……

「悪かったな、突然来て。でもな、ちょくちょく遊びに来ると思うから、そんなに緊張しないでくれ」

 と、声を掛けておいた。
 馴れ馴れしくされると問題かも知れないが、一々緊張する必要は無いだろう。
 俺は威張るのも大好きだが、緊張し過ぎて反応が無いのは面白くないのだ。
 ゴブタのような、おバカな反応が好ましい。TPO――時と場所、場合に応じた態度――さえ弁えてくれればそれで良いのだ。
 俺の言葉で肩の力の抜けた弟子達。
 それを確かめ、一つ頷いて奥の部屋に進んだ。

 ――ちなみに、俺の知らぬ事であったが、弟子達が緊張した理由は俺が魔王だからというだけでは無かった。気付いていない間に、魔物の国テンペストの三大アイドルの一人に、俺が選ばれていたのだ。俺、シュナ、シオン。驚きの人気である。他に、ラミリスとミリムを加えて、人気を奪い合っているのだとか。順位は敢えて言わないが、俺とミリムがダントツなのだそうだ。全く、隠れて何をやっているんだと、聞いた時は呆れたものである――

 さて、以前頼んだという品を見せて貰う。
 クロベエは自信ありげに装備を収納している箱を取り出し、俺の前に持って来た。
 中に入っていたのは、力強さを感じさせる幅広剣ブロードソードだ。特徴的なのは、剣の根元にビー玉サイズの丸い小さな孔が空いている事か。
 孔の数は3個。他には目立った所は無かった。
 勿論、剣としての性能はそれなりのものであるのは当然なのだが、クロベエが鍛えたのならば他を圧するという程ではない。弟子の作品と比べるなら話は別だろうけど。
 材質は純魔鋼であり、貴重ではあるが特別な素材というわけでもなさそうだ。
 こんな言い方は可笑しいけれど、至って普通の特質級ユニーク武器である。
 別に魔法が掛けられているという感じでも無いようだし……。

「これは? クロベエの作品なら、別段飛びぬけているという訳ではなさそうだけど?」

 判らないから聞いてみた。
 クロベエが普通に剣を打つと、一日に一本出来上がる。平均的に仕上がりは特質級ユニークであり、失敗した時で希少級レアの中の上等な部類の出来栄えであった。
 丁寧に造りこんだ場合、2〜3日で一本出来るのだが、その場合は最低でも特質級ユニーククラスの品質を維持しているのだ。
 だが、未だ伝説級レジェンドは遠いようで、素材から拘り抜いても成功例は無かったハズである。ただし、出来上がった特質級ユニーククラスの武器を数年間達人が使い込めば、武器進化で伝説級レジェンドに進化しそうではあったけれど……。
 なので、クロベエがわざわざ特質級ユニーク武器を俺に見せるというのは考えられなかった。

「フフフ、判りませぬか? 以前、リムル様が申していた仕組み。
 この玉を、こうしてこの剣の孔に嵌め込みます、と――」

 クロベエがそう説明しながら、箱に入っているビー玉のような黄色い玉を剣の孔に嵌め込んだ。
 すると、それまでは単なるブロードソードだったのに、雷の魔力を纏った魔法剣マジックソードに変化したのである。
 こ、これはまさか!

「お、おいクロベエ! クロベエちゃん! 完成しちゃったのかい?」

 俺は興奮し、クロベエに問うた。
 クロベエはニンマリと笑みを浮かべ、

「ムフフフ。やりましたぞ!」

 ドヤ顔で返事する。
 ああ、シオンのドヤ顔にはイラっとさせられたが、今回は素直に褒め称えたい。
 そう言えば、純魔鋼の武器に魔力を馴染ませて、属性を込めた魔石を嵌めたら魔法剣マジックソードが造れるのではないか? と、クロベエにカイジンと相談した事があったよ。
 カイジンも一緒に研究していたようで、二人の共同研究の成果なのだろう。

「どうですか、思い出して貰えましたかな?
 遂に魔素を直接凝縮させて、純度の高い魔石を精製する事に成功しました。
 込める魔力の属性により、土・水・火・風の四元素に分類出来ます。
 また、この属性を付与した魔石を、属性核エレメント・コア若しくは、魔玉コアと名付けました。
 組み合わせ次第により、属性変化も可能ですな。当然、孔の数しか組み合わせ出来ませんぞ。
 まだ完成したてで実験途中ですが、中には危険な組み合わせもありそうです。
 あと、どれだけ頑張っても、孔の数は3個が限界でした。
 それも100本打って1本出来るかどうか。
 普通に打っても、孔空きを作るのは難しいようでして……
 お恥ずかしい事に、弟子達では、孔の空いた武器を打つ事すら至難のようです。
 かろうじて、4人の高弟どもが1個の孔空きに成功しただけですじゃ。
 まあ、まだ諦めた訳ではありませぬが、3個の孔空きならば、伝説級レジェンド相当の威力。
 そう確信しております」

 誇らしげに、クロベエが説明してくれた。
 素晴らしい。素晴らし過ぎる!
 ただでさえ魔法剣マジックソードは貴重なのに、属性変更を可能とする魔法剣など、存在してもいないだろう。
 とんでもないものを造り出したものである。
 すっかり忘れていたけど、これがあれば対帝国にも重宝しそうだ。
 ついでに、孔の数でレア度が大きく変わる訳だし、迷宮内のボスドロップに設定するのも面白そうだ。
 普通の剣でも孔空きが出来るか弟子たちに練習させて、成功品を階層ボスのドロップに設定しておこう。10階層毎の大ボスには、ランダムで属性付きの魔玉コアも落とさせる。
 まあ、それも30階層を越えてからの話。40階層から設定しておけばいいか。

「どう思う? 品数は揃える事は出来そうか?」
「ええ、今から隊長クラスに配る分を作製しますので、失敗品を迷宮に回せるでしょう。
 一般兵にまではどうせ回す余裕は無いですし、上品質の装備は大量生産品で間に合います。
 問題ないでしょう」
「そうか。では頼む」

 クロベエの快諾を受けて、方針が定まった。
 まあ、迷宮は30階層を越えると、本格的に鬼仕様になっていく。
 50階層ボスが、制限無しのゴズールなのだ。俺達の次の目標でもあった。
 先に帝国を潰さないと、楽しく遊ぶ事も出来ないじゃないか。クロエも連れて来て、早く安心したいし。
 やはり、帝国にユウキがネックだな。
 さっさと問題を解決したいものだ。

「ところで、以前よりリムル様に馴染ませている魔鋼ですが、どのような按配ですかな?
 そろそろ完全に馴染んだのでは?」

 おもむろにクロベエが聞いてきた。
 え? そういえば、忘れてたけど、俺の専用武器を作成する為に、魔鋼を馴染ませていたんだったな……。

「う、うむ。大丈夫。覚えているよ?」
「はい」
「ちょっと待って、今出すから」

 少し慌てつつ、忘れていた事を悟られないように泰然と。
 俺は、暴食の胃袋内部で馴染ませていた魔鋼を取り出した。
 虹色に輝く魔鋼。
 金を混ぜた訳でも無いのに、神輝金鋼オリハルコン以上の輝きを放っている。
 むむ? どうやら、いい感じに熟成している感じである。

「どうだ? いけそうか?」
「こ、これは――!!」

 興奮を通り越し、声も出ない程驚くクロベエ。
 ちょっと俺も鑑定してみよう。

《解。神鋼:究極の金属ヒヒイロカネ

 だってさ。
 オリハルコンの上位版みたいだ。
 俺が精製した神輝金鋼オリハルコン以上の性能を持つ、正に完成された金属と言えた。

「ヒヒイロカネ、ですか……凄まじい。永久不変の神話級の素材、ですな」

 所有者の魔力に馴染み、あらゆる性質の魔力を反発する。
 最強の武器にも防具にも転用可能な、究極の金属であるらしい。
 残念ながら、特別濃厚な魔素を注入した、武器作製用の少量しか出来ていない。
 この量では俺の武器しか出来ないだろう。
 だが、これでようやく、俺の専用の刀が出来そうだ。
 通常の武器では、全力を出す前に耐え切れずに壊れてしまう。何度も複製して造りながら戦うのも馬鹿らしい。
 いざという時に壊れそうでは、身を守るのに適していないのだ。
 俺はクロベエに虹色に輝く神鋼を渡し、刀の作成を依頼した。
 恭しく受け取るクロベエの目は、並々ならぬ緊張と興奮で怪しい光を放っている。
 これは期待出来そうだった。
 後の事をクロベエに任し、俺は工房を後にする。
 まだ見ぬ刀に思いを馳せて。

 そして、一週間後。
 クロベエから、刀が打ち上がったと連絡が入った。
 ようやく、俺専用の武器が完成したのである。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ