挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したらスライムだった件 作者:伏瀬

魔都開国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

121/303

117話 順調な運営

 さて、新たに改装を行い、迷宮を開放した。
 マサユキに指摘を受けた所を改善し、難易度は俺が思うに大分簡単になったような気がする。
 反応はどうだろう?


 まず最初に、説明を聞かない馬鹿は、今まで通り1〜2階を無視してさっさと3階に向かったのだ。
 だが、当然クリア出来ない。
 それでも愚直に何度も挑戦を繰り返す。
 何が彼らをそこまで駆り立てたのか?
 雇い主の存在? 彼らの誇り?
 そんな事では無かったのだ。現実はもっと現金な理由によるものだった。
 バッソンの奴に報酬と持たせた武器、剣=ロングソードが、かなりの性能だったようなのだ。
 あくまでも彼らの装備に比べれば、というものだけれども。
 クロベエ作と思ったが、実際はクロベエの工房の弟子の作品だった。
 その弟子作のロングソードでさえ、ノーマル武器に比べて上質なノーマルソードと言うべきレベル。
 下手すれば、特上級スペシャルに匹敵しそうな性能だったらしい。
 普通の武器に比べ、上質だと相場で10倍は下らない。まして、特上級スペシャルともなれば50倍以上の価値があるらしい。
 手に入れる事が出来るかが運である以上、その値段で買えるというものでも無いのが現実なのだ。
 目の色を変えて攻略に乗り出す者が出たのも納得だった。

「へへ、お前ら、見てみろよ! 俺様に相応しい、素晴らしい剣だぜ!」

 こんな感じで、バッソンが自慢しまくってくれたお陰で、挑戦者が増えたのである。
 期せずして、我が国の為の宣伝を行ってくれたようで、あの馬鹿にも感謝したい。
 だがまあ、焦って突入した所で、攻略出来るものでもない。
 その内、少し知恵ある者は説明を丁寧に聞くようになり、納得いくまで1階で練習を行うようになった。
 そこで練習した者達が、ある程度準備を整え(当然、ロープだ何だと備品の販売は俺達の利益になるのだ)再度挑戦を開始する。
 すると、簡単に3階層のクリア者が出始めた。
 道の地図作成マッピングさえきちんと行えば、3〜5階層は楽勝のハズなので、当然の結果である。
 後は実力と相談なのだ。
 そして、階層攻略者が出始めた頃、各国の自由組合から噂を聞いてやってきた冒険者達が到着した。
 そして始まる激しい攻略へ向けての動き。
 地図の売買を始める者も出始めたので、迷宮アナウンスにより変遷(構成変更)を伝え、実施する。
 地図は、自分で作成しなければ意味が無い。その事を早い段階で思い知らせたのである。
 攻略の目安は、2〜3日で一階層をクリアである。早ければ一日。
 なので冒険者達の間で、変遷直後が攻略開始と暗黙の内に決められていった。
 自由組合所属の冒険者は、流石に格が違った。
 討伐者は魔物相手の戦闘特化だが、探索系や採取系とパーティを組んでやって来たのだ。
 このあたりが、臨機応変な冒険者らしい。軽く説明を受け、あっさりと内部のルールを理解する。
 簡単にしすぎたかも知れない。
 そう思わせる程、彼らの攻略速度は速かった。
 精霊使いエレメンタラーという、魔法使いの一種の技能スキル持ちが、精霊交信により正解の道を聞きだせるようなのだ。
 汚い! 精霊使いエレメンタラー汚い!
 ラミリスに聞くと、

「あ、ああ! ああいう風に、精霊との語らいをされるとは盲点だった!
 でも、あそこまで精霊に好かれるには、かなり信頼されてる証拠だよ!」

 と、教えてくれた。
 全員が精霊交信出来る訳でも無く、そもそも精霊使いエレメンタラーが含まれるパーティも少数なのだ。
 対策を取る程でもなかろう。寧ろ、そういう方法を思いつくセンスを褒めたいところである。
 他にも、遺跡調査が得意な者にとっては、罠系統の解除はお手の物のようだ。
 宝箱を見ても、冷静に処理する事が出来ていた。やはり、用心棒に比べて彼らは慎重であり、プロの仕事を見せてくれたのだった。
 そうして、順調に攻略も進み、迷宮への挑戦者もどんどんと増えていったのである。



 俺達は、近況の問題点を洗い出す為に、再度集まっていた。
 前回と違い、今回は順調なので気分も良い。
 自然と笑顔もこぼれると言うものである。

「おう、マサユキと言ったか。
 我は貴様は見所があると思っておったが、なかなか大した男だ」

 と、集まった途端に上機嫌のヴェルドラがマサユキを褒める。

「え、そうですか? それはどうも……」

 いきなり褒められて驚くマサユキ。
 この人、誰? みたいに、俺を見てくる。
 前回も居たし、紹介もしたんだけど、マサユキも緊張して覚えていなかったのかも知れない。

「ああ、この人は、俺の親友のヴェルドラさん。
 前の時も紹介したよな?
 こっちはラミリス。この迷宮の支配者とも言える妖精だ」
「うむ、貴様の事は認めよう。宜しくな、マサユキ」
「やっほー! アンタ、凄いよ。この成功はアンタのお陰だよ!」

 前回と違い、マサユキを認めたのか二人も笑顔である。
 対するマサユキも。

「あ、ども。マサユキです。悟、じゃなくてリムルさんと同じ、異世界から来ました。
 "勇者"とか言われてますが、ネタなので気にしないで欲しいです」

 と、前回と違い、きちんと自己紹介した。
 今回は余裕がある。前回と違い、マサユキを認めている事もあり、二人に話しかけやすい空気になっていた。

「でも、ラミリスさんは妖精なんですね。あんな凄い迷宮を創るなんて、凄いですね!」

 マサユキが褒めると、

「ちょ! アンタ、気に入ったわ。アタシの舎弟にしてあげる。
 そしてリムル! 聞いた? こいつ、アタシを凄いって褒めてくれたよ!」

 と、俺に向かってドロップキックしながら、大興奮して自慢してきた。
 ウザイ。
 俺は軽くドロップキックを回避し、

「はいはい、凄い凄い。ま、マサユキが舎弟で良いって言うなら、いいんじゃね?」

 と、受け答えする。
 魔王の舎弟になる勇者。別にいいけど。

「えっと、ラミリスさんって、どういう人なんですか?
 あと、ヴェルドラ、さん? って、リムルさんの親友?」
「え、ああ。ひょっとして知らないのか?
 ラミリスは、魔王の一人だぞ。そしてヴェルドラは、竜だ」
「は、え? 魔王と竜? うえぇ? マジっすか!?」

 マサユキ……
 前回も堂々と接してたから、肝の据わった奴だと思っていたら……
 知らなかっただけだったようだ。無知は偉大だ。
 だが、知らずに接していたのが、魔王と竜だとわかり、魂が抜けたようになっているのが哀れだが……
 知らぬ間に認められているとは、こいつの幸運は侮りがたい。
 もしかすると周囲の反応も、『英雄覇道』による効果じゃなくて、単純にこいつの幸運による所も大きいのではないだろうか?
 そんな事を思い、復活したマサユキに聞いてみると、

「ええ。実はスキルは切ったつもりなのですが、未だに称えられます。
 今回の件も……
『魔王と交渉し、迷宮難易度を下げさせるとは……流石は勇者様!!』
 的に、仲間に偉く褒められました。
 あいつ等も迷宮攻略に向かったらしく、なんか感謝されましたよ……」

 との事だった。
 スキルと関係なく、マサユキのリアルラックが作用してる部分もあったようである。
 いやはや、驚きだった。


 さて、もう一度自己紹介を終え、迷宮の現況について話し合う。
 売り上げは順調。
 ミョルマイルが嬉しい悲鳴を上げていた。
 攻略組も順調に進んでいて、脱落者を出さずに何度も迷宮へ足を向けさせている。
 何度も何度も迷宮を攻略したい、そう思わせる事が出来れば、一日千名も案外簡単に達成出来そうだった。

 今回のマサユキの提案は、ドロップ率の調整。
 未鑑定の道具や武具を落とす魔物の配置だった。
 しかし、このドロップは、意外に難しいのだ。自然発生した魔物が、何かを落とす事なんて無い訳で……
 せいぜい、素材や魔晶石しか落とさない。

「何故そんな事をする必要があるのだ?」

 ヴェルドラが問う。
 答えは、

「え? いや、回復出来ないで、敗北する人がいるでしょう?
 なので、回復薬系を魔物に落とさせたらどうかな? と思いまして。
 そして、武器や防具が未鑑定なら、鑑定しに迷宮外に出る必要がある。
 篭って攻略だけするという、お金にならない人を排除出来ますし。
 薬も未鑑定なら、毒薬も混ぜれば迂闊に飲めないでしょうし……」

 なるほど。
 宝箱からはそれなりのモノを出し、魔物からはゴミを出してもいいのか。
 未鑑定、確かに心を擽られた。ワクワクしながら鑑定を待ったものだ。
 その辺りは、難易度を高めても良いかも知れない。
 それにゴミ装備でも荷物を圧迫するので、町に売りに戻る者もいるだろう。

「なるほど、な。そろそろ、その段階に移るか」

 俺が言う。そろそろも何も、今納得しただけなんだけどね。

「それが良いわね」

 訳知り顔で、ラミリスも頷いた。
 おい、お前本当に理解しているのか? そういう視線を向けると、目を逸らされた。
 雰囲気に合わせて言ってみただけのようである。小賢しい奴だ。
 ともかく。
 俺達は顔を見合わせて、頷きあったのだった。




 迷宮で発生した魔物にゴミを飲ませるのは、案外簡単に出来た。
 トレイニーさん筆頭に、樹妖精ドライアドが協力してくれたのだ。
 空間保管のゴミを持ち、各魔物の前に配って貰う。すると、魔物が勝手に飲み込むのだ。
 魔物の発生場所がランダムなのは仕方ないが、魔物部屋を6階以下の各層に設ける。
 配管を通り、魔素を供給しているので、各層の大部屋に最初に魔物が生まれやすく設定してあるのだ。
 当然、罠の一種にも成り得るが、目的はアイテム配りである。
 発生した魔物の管理を全部きちんと行うのは面倒だが、魔物部屋の魔物に配るだけでも十分なのだ。
 配った魔物はその階層に解き放つ。そして、また魔物が溜まるのを待つのである。
 こうして、効率的にゴミを持った魔物を各階層に配置していったのだ。
 そろそろ、俺達の迷宮は完成に向かってきた。
 95階層に町が完成したのだ。
 仲居をしたり、掃除や洗濯、料理を覚えた耳長族エルフのお姉さん達。
 今では立派に働く戦力だったのだが、この町に引っ越して貰う。
 当然、お姉さんだけでなく、男性も一緒にだ。
 樹人族トレント樹妖精ドライアドの皆さんは既に移住を終え、町の要所に植わっている。
 その中に、樹上に家が立ち並ぶ、立体都市がその姿を現していた。
 妖精の住む都。
 耳長族エルフにとっても、心落ち着く森の住家となるだろう。
 彼らは感謝の言葉を述べ、涙を流して喜んだ。そして、喜びと希望を胸に、引越していく。
 宿屋や酒場の運営など、快く引き受けてくれたのは言うまでも無い。
 不自然に地上に立つ宿屋が何軒かあるが、それは迷宮の各階層から繋がっている仮宿である。
 運営は樹人族トレントの爺さん。
 この迷宮内では、限定的に樹人族トレントも実体化が可能になっていた。
 なので、各階層からの冒険者への対応を任せる事になった。
 彼らも人と話せるので、喜んで協力してくれたのだ。

 こうして、迷宮の難易度の調整や棲み分けも完了し、俺達の仕事もひと段落したのだった。
 そろそろ、次の段階に移る時期が来たようである。




 迷宮の完成と同時期、
 ついに10階層突破者が出現した。
 迷宮内のアナウンスにより、10階層の守護者であるオーガロードが倒されたと発表があったのだ。
 冒険者が住み着くようになった、宿場町に大きな歓声が響き渡る。
 迷宮の10階層突破者は、勇者マサユキ率いる冒険者集団。

『マ〜サッユキ、マ〜〜サッユキ!!』

 と、大歓声に称えられる勇者マサユキ。
 その表情は、引き攣ったような笑顔だったというが、周囲の者には光り輝く笑顔に見えていたようだ。
 オーガロードは、"B+"相当の魔物だったのだが、まあ、マサユキ達の敵では無かった。
 というか、仲間がそれなりに腕が良いようで、苦戦しつつも全員無事に倒せたようだ。
 オーガロードのドロップアイテムは、オーガシリーズ。
 今回出たのは、大鬼斧オーガアックスと、鬼の脛当オーガレッグだ。
 シリーズものの、希少級レア装備である。
 武器はランダム。好みが出るかは運次第。
 だが、この装備の性能を見て、冒険者達の空気が変わった。
 今までの少し金儲け出来たらラッキーという空気が消し飛び、本気の攻略を目指し始めたのだ。
 ボスは、階層で異なるが、一時間に一回の出現である。倒されたら一時間待たねばならない。
 そして、一度倒してボス部屋を抜けたら、記録地点セーブポイントと上下の階段が出現する。
 この階段、元の階に戻って上に上ったとしても、ボス部屋前には戻れない。
 ランダムで、9階層の何処かに出現し、階段も消える仕組みなのだ。ボスの独占を防ぐのが目的であった。
 このボスには、ランダムボックスという箱を持たせて送り出す。
 なので、武具が出るかどうかも運次第。だが、出た武具は必ずオーガシリーズであった。
 "B+"相当の魔物など、熟練の冒険者6名パーティーにかかれば倒せない敵では無い。
 これらの情報が、攻略者から広まるのも時間の問題だった。
 一気に攻略を目指す者の数が増える。
 全ては計画通り。
 魔物の国テンペストは、今や地下迷宮ダンジョンに隣接する町として、知らぬ者のいないこの世界で最も有名な町になったのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ