挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
七人の勇者と咎の龍 作者:ホライゾン

第三章 不思議の国のエルフ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/36

3-7 蛇道の茨道

 謎の魔獣到着まで残り三分まで迫っていた。

 しかし、いまだに白虎は森を飛び回り、倒す兆しは全く見えてなかった。もはや、乱入されるのは殆ど確実となっていた。一体どんな魔獣なのかまではサーシャでも探知出来ておらず、一層不安を煽っていた。白虎自体は時間が経つ程に激しく動き回り、咆哮を放つ頻度が上がってきていた。

「サーシャ、魔獣が到着するまであとどれくらいだ!?」

 レイスが叫ぶ。

「後三分を切ってるのですよ!!」

 サーシャが返事をし、そのまま白虎の咆哮を打ち消す。同時に木の上から炎の矢や氷の矢、雷の矢が降り注ぐ。白虎は一瞬怯み、数歩下がる。その一瞬の隙を突き、リクが白虎の腹部に入り込み、腹を刺し貫く。

 白虎が叫び声を上げる。悲鳴だ。この戦いが始まってから初めてのことだ。

「よし、今なら……!」

 木の上に立っていたセシリアが木の上から飛び降りる。そして、降りながら氷属性の錬金術の陣を展開する。陣から太い氷柱が出現し、それを掴み、白虎の背中に突き立てようとした。

「ガキンチョ! 白虎から脱出しろ!」

「え!?」

 状況が掴めていなかったリクは一瞬、きょとんとしてしまったがすぐに我に帰り、さっと脇から飛び出る。直後、白虎の背中に巨大な氷柱が突き刺さるが、氷柱が僅かに先端が刺さるのみでそれ以降は刺さり切らずに折れてしまう。セシリアは不意に白虎から飛び退いた。そして、白虎がその場で体を回転させた。リクがこのまま下に居たら巻き込まれていただろう。リクがぎょっとしてレイスの方を見た。

「よく分かったな兄ちゃん」

「嫌な予感がした。盗賊の感もまだまだ鈍ってないな。セシリアー! 大丈夫かー?」

 いつの間にか再び木の上に逃げていたセシリアに声を掛ける。この分だと大丈夫そうだがレイスは念のために声を掛けたが、やはりセシリアからははっきりとした声が返ってきた。

「大丈夫よ! あんたに心配されなくても問題ないわ!」

「酷い言い草だな」

「酷いかどうかは自分の胸に聞いてみなさい!」

 セシリアは返事を聞かずにレイスに背を向けた。代わりにサーシャに言葉を投げる。

「サーシャ、後何分!?」

「後……二分なのですよ!」

 サーシャが精一杯に叫ぶ。

「もうほとんど時間がないじゃない!!」

 セシリアが叫び返す。

 それを聞いたジャックがサーシャに聞き返す。

「ちっ! サーシャ、その魔獣はどこからやってきてる!?」

「南東方向なのですよ!」

「分かった! 俺がそっちに向かう! なるべく時間稼ぎするからお前らでできる限りなんとかしてくれ!」

「ジャックさん!! 駄目ですよ! 俺が行きます! こう言っては何ですが俺はあなたより強い! 俺が行った方がいい!」

 レイスが既に走り出しているジャックの方へ追いかけるように走り出した。がしかし、すぐにジャックから静止させられた。

「馬鹿なことを言うな。お前は白虎の相手をしていろ、お前が居なかったら誰がレスカを守るんだ!?」

「あなたの娘でしょう? ジャックさんが守ってくださいよ! 俺はガキ共で精一杯ですよ!」

「あのなあ、少しは空気を読んでくれ。年長者に少しはかっこつけさせてくれよ。それじゃ、気張れよ」

 ジャックは錬金術を展開し、炎の壁を造りだしレイスを妨害した。そして、そのまま謎の魔獣の方と駆け出して行った。

「くそっ、ジャックさんの馬鹿野郎……仕方ねえさっさと何とかするか……。ジャックさんもどれくらい粘れるか分かったもんじゃない。なるべくこいつ早めに倒してジャックさんに助太刀しねえと……お前ら! 気合入れろよ!」

 レイスが辺り全体に声を飛ばす。地上から木の上から各々の返事が飛んできた。それを聞いてレイスが頷く。

「サーシャ! 負担を掛けるようだが、ジャックさんが相手しに行った謎の魔獣の動きにある程度注意を払っていてくれ」

「分かったのですよ!」

 サーシャは頷きながらゆっくりと白虎に近づいていく。白虎は再び咆哮を放つ。それをサーシャが迎え撃つが今度は少し違った。迎え撃ったサーシャの音波が白虎の咆哮を飲み込み、白虎にそのまま襲い掛かる。白虎は怯み、悲鳴を上げる。

「今だ! 畳みかけろ!」

 飛鳥が氷の矢を放つ。続けて、和弥と弥生、セシリアも追撃をする。木の上から放たれたそれら全てが白虎の背中に直撃し更に苦しそうに白虎が悲鳴を上げる。そして足が揺れ、初めて白虎が足を曲げ膝を地面に付けた。

 その様子を見て、レイスとレスカがサーシャに駆け寄った。レイスはとんでもない物を見たような面食らったような表情を見せていた。

「サーシャ、お前今の……咆哮を飲み込んだのか?」

「あ、さっきのなのですか? これだけ同じ空間で戦い続けて、これだけ何度も何度も咆哮を打ち消し続けたら、さすがに飲み込むくらいのコツは掴めるのですよ。それに、セシリアのお父さんの心意気を無駄にするわけにもいかないのですよ。今物凄く気合が入っているのですよ」

レスカがレイスを押し退けてサーシャに近づいた。

「白虎もまたすぐ立ち上がります。時間がないのでさっと聞きますが、謎の魔獣の動きはどうなってますか?」

「ゆっくりとこちらに移動しているようなのですよ。ただ止まってその場をグルグル回ってまた少しこちらに近づいて、またその場でグルグルと動き回ってを繰り返しているようなのですよ。恐らくこの調子なら後五分でこちらに到着するかと思うのですよ」

「分かりました。どうやら、白虎も起き上がったようですね。レイス」

「レスカ、どうした? 告白か?」

 レイスは茶化すようにして言うが、レスカからはやはりきつく睨まれてしまった。

「くだらない事言ってないで、私の言いたいこと分かってるでしょう?」

「はいはい、分かっていますよ。冗談通じないんだから」

 レイスは文句を言いながらも炎の剣を構える。見れば既に白虎が走り出しており、レイス達目掛けて襲い掛かろうとしていた。白虎は心なしか目は僅かに充血しており殺気を放っており、少しでも気を抜けば気圧されてしまう程だった。レイスはなんとか踏ん張り白虎と向かい合い、走り出す。

「食らいやがれ!」

 白虎の顔目掛けて炎の剣を振り抜く。白虎は右前脚を大きく振り回し、レイスの腹を的確に捉える。リーチは白虎の方が遥かに長いため、先に白虎の前足がレイスに届く。が、腹を的確に捉えに行った白虎の前足は腹を抉ったかのように見えたが、腹を貫いた瞬間にレイスの体が蜃気楼のように揺れて消えた。そして、白虎の顔面の正面にいつの間にか現れていた。そのまま、顔面を捉えた炎の剣が白虎の顔に斜めに一閃を走らせた。

 白虎はその場で止まり、悲鳴を上げる。

「立ち止まってる暇あんのかよ! 虎野郎!」

 白虎の悲鳴がまた上がる。白虎の後ろの影からリクがぬっと姿を現す。その手には氷の刃が装備されており、僅かに赤い斑点が付いてる。おそらくは白虎の血だろう。

「リク! 大丈夫か?」

「ああ? 俺がこんな虎野郎に負けるかよ」

 リクはチラチラと横に目線を向けながらそっとレイスの方に近づいていく。しかし、リクが白虎の頭の脇を通りがかったときに不意に白虎の目線がリクの方へ向いた。それに気づいたレイスが慌てて叫ぶ。

「リク! 危ねえ!」

「え?」

「全く、油断してるからそうなるんです……!」

 リクが横を見ると既に白虎はリク目掛けて腕を振っていた。リクは反射的に後ろに飛ぶが完全には避けきれない間合いとなっていた。そこにレスカがフォローに入り、レスカが白虎に攻撃を加え、白虎を妨害した。結局、白虎は僅かにリクの右腕を引っ掻いただけに終わった。すぐさま、レスカがリクを拾い、白虎から距離を取る。

「大丈夫ですか?」

 一度、木の上に上ったレスカがリクを降ろしてからリクの様子を見る。

「大丈夫だ。ちょっと掠っただけだ。出血も多くないしすぐ止まるだろ。それより、白虎がまた起き上がってるし早く行かねえと、レイスとあのサーシャって女だけじゃきついだろ」

「そうですね。しかし、あなたはしばらく木の上に居なさい。私が向かいます」

「あ? 大丈夫だっての俺も行くよ」

「駄目です。あなたは出血が止まるまでそこに居なさい。反論はさせません。いいですね?」

「ちっ、分かったよ」

 渋々リクが頷くとレスカが飛び降りる。

 白虎が飛び回り、レイスとサーシャに襲い掛かっているところにレスカが乱入し、かき乱す。リクはその様子を木の上から眺めている。そして、木の上からも攻撃が出されている。しかし、リクは遠距離攻撃を持たず木の上からは攻撃が加えられなかった。リク自身は自らの油断が招いた結果とはいえ、歯がゆい思いをするばかりだった。

「くそっ……」

 リクの出血が止まるまではまだしばらく掛かる見込みだ。


 地上の方では三人掛かりで白虎に立ち向かっていた。木の上からのサポートはあるもののそれなりに危険すれすれのところで戦っていた。ちょっとでも気を抜けばただでは済まない気迫が白虎から発せられていた。レイスは戦いながらサーシャに問い掛ける。

「サーシャ、謎の魔獣の方の動きはどうなってる?」

「ちょっとずつこちらに近づいているのですよ! 後一分!」

「分かった! ジャックさん、あまり足止めはうまく行ってないようだな。謎の魔獣の方も結構やばいのかもな……」

 レイスがジャックの走っていった方を見つめる。サーシャも戦いながらもちらちらと意識をそちらの方へと向けている。レイスはサーシャに更に要求を付けた。

「サーシャ! 残り三十秒まで近づいたらカウントしてくれ!」

「分かったので……!!」

 サーシャが途中で言い掛けた言葉を止めてしまった。不審に思いレイスが尋ねる。

「どうした、サーシャ?」

「謎の魔獣が急に速度を上げて接近してきているのですよ! 残り十秒!!」

 突如、告げられた言葉にその場の全員が驚きの表情を見せる。特にレイスが大声をあげた。

「はっ!? なんでだよ!? ジャックさんはどうしたんだよ!? まさかやられたのか!?」

「分からないのですよ! とにかく、後七秒!!」

 サーシャから無常のカウントが告げられる。南東方向から巨大な黒い影が急速に近づいているのが見えた。しかし、そこにはジャックの姿は見えなかった。全員が息を呑む。もしかしたら、本当に謎の魔獣にやられてしまったのかもしれない。そんな不安が全員を襲った。

「五秒!!」

 更に影は大きくなっていった。そして、黒い影はうっすらと姿が見えてきて段々とはっきりと見えてくる。全員が身構えた瞬間に突如、細長い何かがこちらに数本飛んできた。

 そして次の瞬間、レスカ、弥生、サーシャが急に倒れた。弥生は木の上から落下して地面に落下していったが、なんとか和弥が飛び込んで受け止め着地したため、なんとか大けがを負わずに済んだ。レスカとサーシャも昏倒したようでその場で倒れ込む。

「な!? 今、何か飛んできたよな……?」

 見ればもう完全に影の正体はこちらに到着していた。完全に合流してしまった。そして、そこにはやはりジャックの姿はなかった。

「な……こいつが謎の魔獣かよ……!? この森はでかい魔獣しかいねえのかよ!!」

 レイスが叫ぶ。

 それもその筈、姿を現した魔獣は見たことないほどの大蛇だった。背高は白虎と同程度には大きく、胴体はどれほど長いのかは一目には分からなかった。

 蛇はこちらの全員を見据え、その細長い舌を威勢良く出しては伸ばし、また口の中にしまうのを繰り返していた。目つきは細く、こちらを凍てつかせるほど強烈な程の恐ろしい目付きをしていた。その場にいた者全員がはっきりと感じ取ることが出来た。

 この二体の強大な魔獣を同時に相手するのは不可能だと。

 今ここに、大蛇と白虎が集結したのだった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

勅使河原華蓮の編集後記

この作品はpixivにも掲載しています。 そちらでは週に一度、一区切りとなる部分を更新している作品です。 毎週金曜日の夜から土曜日の朝頃までに投稿しています。 //

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 23:58
2度目の人生を、楽しく生きる

日本で殺されたはずの少年は、死ぬ前に「次は自由に楽しく暮らせる人生がいいな…」と願いながら命を落とした。 そして次に目を覚ますと……そこは見知らぬ家のベッドで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全104部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:07
辺境の死体は今日もダルい

平成29年10月よりストーリーを大幅改稿し続けております。 11月6日、改稿終了。二部を書き始めます。 全裸美幼女は、お好きですか?いつも評価、ご感想あ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全222部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 17:11
異世界に転生したら村八分にされた

俺は異世界で全裸にされたうえにロープです巻きにされていた。 ちょっとしたドMな格好だが、そういう店に来たわけではなかった。 バイトの帰り、確か駅前の立ち飲み屋で//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全574部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/30 21:19
転生王女の国家大改造 ~無敵な国を作りましょう~

 旧題異世界のチートなお姫様   とある事情で死んでしまった私は王国の王女とて生まれ変わる。お父様は娘大好きマンで、お母様は怒らない限りは優しい。五月蠅いけど私//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全283部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 21:58
傭兵物語 ~純粋なる叛逆者(リベリオン)~

宿の一室で少年が目を覚ます。少年ユートは年齢14にして、一介の傭兵として稼業を営む少年傭兵だった。 なぜ傭兵などやっているのか、それには理由があっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全349部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/01 19:02
ラノベ ”編集” 作家になろう!

(連載の目安)  一話3000字目安。1パート14〜15話目安です。  火曜日〜金曜日各0時の更新です(連載時)。  土曜0時〜日曜深夜の投稿はありません。 //

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全91部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/02/17 00:00
オレの恩返し ~ハイスペック村づくり~

日本で登山をしていたオレは気がつくと見知らぬ異世界へと転移していた。たどり着いたのは領主の悪政によって、子供しかいない滅亡寸前の少数民族の村。子どもの相手はあま//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全143部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 20:34
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全292部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:00
雫物語~Myth of The Wind~

北欧神話をモチーフにした、ファンタジー小説です。 祖先から伝わる剣に纏わる話しを説き明かす為、神話の世界の扉を開ける主人公達。 神話の世界では、巨人族と人間との//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 11:00
異世界出張で嫁探し!

嫁探しから始まる、異民族嫁ハーレム物語! 「異世界に出張がてら、嫁探しでもどうだ?」 そんな甘い口車に乗せられ、元二流冒険者であるアーロは【異世界調査団】とい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全86部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/31 19:00
転生魔王の異世界征服

友達少数、彼女無しの童貞社畜の俺、朝比奈龍斗はある日、会社帰りに女子高生を助けて電車に轢かれて死んでしまう。 次に目を覚ましたらなんと俺は異世界に転生して赤ん坊//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/14 01:23
茉央ちゃんが行く異世界スクランブル 〜異世界で魔王始めました〜

少女は夢を見る。遥か昔、こことは違う星の記憶を。 少女は夢を見る。遥か昔、生きていた前世の記憶を。 少女は夢を見る。遥か昔、魔王として死ぬ間際の記憶を。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全12部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/05/31 19:34
プロクラトル

1つの世界が作られた、「最後に残った物にこの世界を任せよう」 選ばれた7人の神は互いに使徒を生み出し、争いを始めた。 100年にも及ぶ戦争は決着がつかず、大//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全192部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 12:45
半脳少女 ~ボクは美少女になった。でも脳は半壊している~

 バスケ少年、優は壮絶な事故により生死の狭間を彷徨った。  その1年後、優は脳に甚大なダメージを残したまま、美少女の姿へと変貌を遂げていた。 「ボク――ふつう//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全230部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 22:25
転生チートは魔王級!! ~二度目の人生はお兄ちゃん大好き(ハート)と言われたい!!~

アニメ好きの冴えない兄貴だった俺は、ある日妹の代わりに車にはねられて昇天した。 本来なら死ぬはずでは無かった俺は、女神に無理やり異世界に転生させられる。 交換条//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全93部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 10:47
Spirit of the Darkness あの日、僕は妹の命と引き換えに世界を滅ぼした

 『多重理論分枝型 生体思考維持システム=フロンティア』 人によって死後の世界が創造された未来。そこでは『現世』と『死後の世界(フロンティア)』との間で戦争が起//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全81部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 23:40
俺だけ超天才錬金術師 迷宮都市でゆるーく冒険+才能チートに腹黒生活

 転生者アレクサントは7つにして生前の記憶に目覚めた。その後すぐに旅商人の父親が他界し契約農夫にまで落ちぶれる。だが彼の才能はやたらに要領が良く腹黒いところにあ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全346部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 21:18
借金男の異世界成り上がり ~転生ガチャでレジェンドレアを引き当てた!~

新藤海(カイ)は両親が残した借金を完済した直後、ひったくり犯に殺されて異世界に転生した。 転生ボーナスを決める方法は、なんとソシャゲでお馴染みの「ガチャ」だった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全187部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/23 00:02
勇者の出番ねぇからっ!! ~異世界転生するけど俺は脇役だと言われました~

※レッドライジングブックス様より書籍版第1巻好評につき重版も決まりましたが、諸般の事情により契約合意解約となりました。 俺にこの世界で何をしろって言うんだ!?//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/25 09:11
神影鎧装レツオウガ

五辻辰巳が怪物を消し飛ばした。 霧宮風葉は、その一部始終を呆然と見ていた。 なぜ、こうなったのか。 発端は、つい今朝方。風葉の髪が銀色になった上、犬耳まで生えて//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全116部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 00:17
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全207部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:26
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全241部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 15:00
朴念仁と姫君の密かな誓い《タキオン・ソード第五章》

アテネ王国の傭兵ダーンは、達人の域を超える剣術《闘神剣》を使いこなす剣士だ。旅の目的地アークに到着した彼を待っていたのは、絶大な権力と圧倒的な存在感を持つアーク//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全16部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/06 21:40
異端ノ魔剣士

一人の老人は、町中で静かにその生の終わりを待っていた。 「静かに逝く」 ──それが、ささやかな願いであった。 しかし、そんな願い等を他所に起こる強盗事件。ことに//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全63部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 23:56
ライトノベルじゃあるまいし

高卒20歳、ラノベとアニメを主食としたニート主人公、千葉蘭。 世界は変わり、替わり、代わり、換わる。 謎の会社による初の実験「NCP」の第一被験者に選ばれた主人//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全105部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 10:36
強くなるのに必要なもの?チートではありません。最強の師匠達です。

 チートやらスキルやらを尋ねる時間もなく事務的に転生させられる元ブラック企業の社畜……。  転生先の島では、この世界最強の一角である4人がスローでセカンドなライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全107部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 01:16
オーバーロード:前編

 未来に存在するVRMMO『ユグドラシル』のサービス終了の日。最強クラスのギルドの一角である『アインズ・ウール・ゴウン』のギルドマスター『モモンガ』は、メンバー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全98部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/04/01 13:25
まったり城塞都市をつくろう

お盆に妻の実家の山形に二泊三日の帰省中の主人公が城塞都市建設を夢見ながらゲームの中をほのぼの生き抜く(予定)。 公式サイト公開中。 http://daisyb//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/02/06 17:13
ロリっ娘女子高生の性癖は直せるのか

幼馴染の堂庭瑛美は背が小さい美少女、もとい美幼女だ。 でも彼女には他人には言えない秘密の性癖を持っていた。 「マナたそカワユス! キタコレ!」 「…………」 //

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 22:34
ライトノベルに恋した俺と、俺のノベルに恋したクラスメイト

高校生にしてそこそこ売れているラノベ作家、平坂月夜(ひらさかつきや)。だが、自分のイラスト担当の人がとある理由で、イラストレーターを引退してしまった。  そこで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/06/05 06:00
百合ってロリって迷宮攻略!

女嫌いの主人公が荒療治するため、呪いをかけられ異世界転生。 その呪いとは、日にゝ胸が成長していくというもの!成長した胸を戻すには、迷宮の最奥にいるロリっ娘にキ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全229部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 07:04
妹は異世界少女に嫉妬する ~楽しいハーレム店舗運営~

 妹と二人暮らし中、木下勇樹(高校三年)は妹の目の前で異世界に転移してしまう。  兄を助けようと、妹も後を追って異世界へ転移したがスッポンポンで兄の目の前に姿を//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全142部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 22:15
俺はただ、平和な学園生活を送りたいだけなんだが

魔法と共に様々な職(ジョブ)が存在する国『覇魔術(エクレスト)王国』。平穏な王国として名を高めていたが、ある日をもって、国の平生が崩壊を迎えることに…。 これ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 22:21
勇者ですか? いいえ。最強目指す凡人です。

中学校からの帰り道、極『普通』な神野優太は幼馴染を庇って代わりに異世界転移してしまう。だが、優太は勇者として召喚された筈なのに、ステータスの称号には勇者の2文字//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/04/11 19:00
転生したら色々あったので迷宮冒険者として成り上がろうと思います

 少年は目撃した。燃え盛る村を。優しくしてくれた人たちが斬り裂かれる姿を。  そして大切な人たちの最期を。  「――殺してやる」  転生した霧医・文斗は森の//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全180部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 21:03
↑ページトップへ