挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

しるし3(詩集)

縹渺たる春(ひょうびょうたるはる)

作者:さゆみ


想いの丈は枝垂れ桜
花びらは宙をなぞり
ほろほろと雨をぬぐう

春が見えにくいのは
雨のせいではなくて
必要なものは存じているのに

空音の陽光はやさしく触れて
いつわりの中にこそ幸せはあるのだと
池の鯉は水音を響かせる

果たしてそうだろうか

咲き誇るごとに意味をまし
散りゆくごとに意義をさす
幸せとは遷ろうもの

満開である使命は輝き
朽ちてゆく果せる美に
目の前は幽微である


////


本当に見えなかったのだろうか
見ていなかったのだろうか
背景がどんなに変わろうとも
実は何も変われないこと
軸であるのはあなたであり
貴方わたしが変わらなければ
たとえ桜吹雪の中でさえ
花弁(こうき)は掴めない






評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ