挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
uso8,000,000:嘘八百万 (うそやおよろず)(←シュレディンガーのぬっこ続編) 作者:Pー龍

一章 冒険者への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/57

第五十一話

 お役人様からなんやかんやの説明を受けたあと、身分証明書を発行してもらって、公用車を借りて1つ目の公園に到着しました。
 現場を取り仕切るお巡りさんたちに身分証を見せて規制線を越えて公園に入ります。ちみっ子さんやスサオくんが国家公務員としての身分証を見せている光景はかなりシュールなものがありますけど、お役所仕事的には規制線を越えて中に入っても大丈夫なはず。
 公園の中に入るとゾンビさんたちが俺たちを迎えてくれました。

「いらっしゃーい。」「おいでませー。」「ようこそー。」
「うむ、おじゃまするのじゃ。」
「じゃまするぜ。」
「皆さん、お久しぶりです。」
「「「「「「「お久~」」」」」」」
「先日は黄泉瓜ランドでお世話になりました。」
「この前は途中で邪魔が入ってしもうたのが残念じゃったが、皆との鬼ごっこ楽しかったのじゃ。お前たち、またわらわと遊ぼうぞ。」
「「「「「「「あっそぶよー」」」」」」」
「ところで皆さん、今日はまたどうして、こちらへ来ようと思ったんですか?」
「あの「ね」かっ「さら「で」どうし「が」たも「よう「りで」さ「この」もり「狼さ」み」おお」「だよ」?「から」ね」
「すみません、代表者の方お1人でどうかおねがいします。」
「訓練がキツイの。」
「飛行訓練がかや?」
「飛行は大丈夫。もう僕たちは編隊組んで飛行できるようになってるよ。出番が来たらいつでも呼んでね。でもさぁ狼さんたちが俺たちの言うことを全然聞いてくれないの。」
「そもそもお主たちの監視役であるはずのツッキーはどうしておったのじゃ?」
「ツッキーさんはギルドの仕事が入ったみたいでこっちに来てるはず。」
「狼さんたちがゾンビさんたちのお話を聞いてくれないってのは・・・つまりどういうことなんでしょう?」
「ツッキーさんがこっちに出張中だからね、居残りの僕たちがツッキーさんから狼さんたちの指導を任されてたんだけど、狼さんたち、僕らが隙を見せたらすぐに噛みついてきて骨かじられちゃうの。肉も持って行かれちゃうの。やられるたびに何度もやめてよって言うんだけど、でも全然言うこと聞いてくれないの。」
「あぁ、なるほどなるほど。」
「要するにお主たちは狼どもから逃げてきたということかや?」
「そんなかんじかなぁ。」

 ゾンビさんたちのお話によるところでは、ツッキーさんは現在ギルドへと出張中。留守を任されたゾンビさんたちは狼さんたちの飛行訓練の指導役を任されていた。ところが狼さんたちはゾンビさんたちの言うことをまったく聞かずにガジガジとやっちゃう。ゾンビさんたちは、たまらず地上へ逃げてきたということでしょうかね。

「他の場所でもゾンビさんたちの姿が見つかっているようですけど、なんでまた別れて出てきたの?」
「ツッキーさんを探そうと思って4チームに分かれてみたの。手分けして探した方が効率いいのかなって。」
「ふむふむ、なるほど。とりあえず地上に行けばなんとかなるかもしれないと。とはいえ皆さんはギルドの場所を知らなかったんですね。しょうがないから手分けして探そうと。」
「そうなの。でも夜遅いから今晩はここでお泊りしようかなって。日が昇ったらツッキーさん探しに出掛けようと思ってたの。」
「どうやって探すおつもりですか?」
「道行く人に尋ねたり、交番でお巡りさんに聞けばいいんじゃないかな?」

 どうやら太陽が昇る前に解決してしまわないといけませんね。ゾンビに呼び止められて道を聞かれる通行人やお巡りさんがお気の毒なので。

「ちみっ子さん、一度皆さんをギルドに収容してみてはどうでしょうか?」
「ふむふむ、こやつらの臭いがのぅ。こいつら地下の温泉に入れて臭いが取れるといいんじゃが。」
「ツッキーさんがギルドにいらっしゃるようですから、ツッキーさんにもゾンビさんたちのことをご報告しておかないといけませんし。」
「しょうがないかのぅ・・・」
「このままこの公園でゾンビさんたちに待っていてもらうよりは一度ギルドで身柄を確保しておいたほうが何かと安心ですよ。」
「しょうがないのぅ。お主らこれからわらわの力でギルドへ連れて行ってやるでな、タケルの身体に触っておるが良いのじゃ。」
「あれ? ちみっ子さんに触らないと。」
「タケルがわらわに触っておれば良いのじゃ。間接的にわらわに触れておれば連れて行けるのじゃ。何人ものゾンビに触られるのはわらわもちょっと遠慮したいでのぅ。」
「よいかや、みなタケルにしっかりと掴まっておるのじゃぞ。ほれ、ギルドに着いたのじゃ。地下温泉なのじゃ。ゾンビどもらはさっさと風呂に入って身体を洗ってくるのじゃ。われらは3階でチッチとツッキーに報告なのじゃ。」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

巻き込まれて異世界転移する奴は、大抵チート

勇者に巻き込まれて異世界転移… そこは剣と魔術と亜人と奴隷の王道世界! 王女に召喚され、自分たちは魔術を使えると言われるが、喜びもつかの間。魔王を倒し神を復活//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全121部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/26 01:06
職業無職の俺が冒険者を目指してみた。【書籍版:職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。】

 目標も持たず、怠惰な毎日を過ごしていた少年『マルス・ルイーナ』は、モンスターに襲われていた『ラーニア』という女性を助ける。  一瞬でモンスターを倒してしまっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全181部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 16:13
こんな俺でも異世界でなら黒魔術師になれました。

 黒魔術の修行が趣味でヒキニート、中二病患者の優太はふとしたことで異世界に召喚されてしまった! ファンタジーな森で目が覚めると、美少女召喚士がゴブリンに襲われて//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全23部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/27 18:12
野生のラスボスが現れた!

時はミズガルズ暦2800年。かつて覇を唱え、世界を征服する寸前まで至った覇王がいた。 名をルファス・マファール。黒翼の覇王と恐れられる女傑である。 彼女はあまり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全197部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:20
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全345部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 21:41
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 12:00
異世界でアイテムコレクター

 ただ、物を集めるのが好きだった俺は72財宝と呼ばれるアイテムを集めさせられるために大魔王の娘ルシルによって召喚された。  そして、説明を聞いている途中で、大魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全740部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 23:30
賢者の教室~出席するだけでレベルアップ

 出席するだけで強くなる。  レベル2に上がるのも、レベル99に上がるのも変わらない。賢者の魔法塾で出席する度にレベルが一つ上がる。  平均レベル20の世界//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全53部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/05/05 18:03
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
チート魔術で運命をねじ伏せる

 召喚された異世界で、ソージは最強魔術師だった。ゲームの中で開発した魔術理論が、すべて「現実」となっていたからだ。さらにソージはこれから起こる「出来事」を知って//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全160部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 18:31
復活魔王はお見通し?

 ヒーロー文庫様より書籍化されました。  最新刊の3巻は8月31日発売です。 かつて魔王は暗黒魔術を極め世界征服に乗り出したが、光輝魔術を振るう勇者に敗れ消え//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全198部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 20:23
スキルトレーサー

両親が亡くなった4歳の頃から人間国宝の祖父の下で古武術を学び、日本にいながらも戦いや殺す技術を学んだ。 そろそろ高校卒業となったある日、「異世界から無理矢理呼び//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/05 08:09
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全253部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 12:00
マンガを読めるおれが世界最強~嫁達と過ごす気ままな生活

魔導書を読めば魔法を覚えられる世界、その魔導書の内容はマンガだった。 異世界人は一冊読むのに一年くらいかかるけど、おれにとってはマンガだから一時間もかからない。//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全120部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/24 04:10
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全309部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 00:00
四度目は嫌な死属性魔術師

 中々発展しないどころか何時衰退と崩壊のコンボを決めるか分からない問題だらけの世界ラムダ。  その世界も含めた複数の世界の輪廻転生を管理運行する神様は、問題を解//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全280部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 06:30
暇人、魔王の姿で異世界へ ~時々チートなぶらり旅~

転職中の暇人が、転職中にも関わらずサービスが終了するからと趣味のオンラインゲームをプレイする。 仲間たちと共に最後の日を満喫した彼が目覚めたのは、ゲーム時代にも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全313部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:00
明かせぬ正体 〜乞食に堕とされた最強の糸使い〜

おかげさまで第4回ネット小説大賞受賞作品となりました。 一二三書房様より書籍化、第一巻、第二巻発売中です。 ストーリー加筆およびWeb未公開ストーリー収録もござ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全223部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/25 22:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
異世界に転生したら村八分にされた

俺は異世界で全裸にされたうえにロープです巻きにされていた。 ちょっとしたドMな格好だが、そういう店に来たわけではなかった。 バイトの帰り、確か駅前の立ち飲み屋で//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全574部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/30 21:19
くじ引き特賞:無双ハーレム権

ドラマCD付き第7巻12月15日発売! 商店街でくじを引いたら、特等賞で異世界にいける権利をもらった。 さらにくじを引いたら、出てきたのは用意した側も予想外の//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全288部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 21:05
魔剣師の魔剣による魔剣のためのハーレムライフ

<< 2017年7月22日 『モーニングスターブックス』から第二巻が発売されました。書き下ろしの新エピソード満載になってますのでよろしくお願いいたします。>> //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全279部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全398部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 11:00
魔導機人アルミュナーレ

前世、日本にいた頃の記憶を有したまま転生した、機械の操縦が好きな少年エルド。彼は辺境にある農村で機械などとは無縁の生活を送っていた。 そんなある日、いつものよう//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全144部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/04 19:00
魔眼のご主人様。

ある謎の儀式によって日本人『高樹森理』の魂は異世界へと転生させられた。 地獄のような幼少期を乗り越え、出会った師匠との修行と魔眼『七罪眼』の力によって世界最強の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全274部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 12:28
必勝ダンジョン運営方法 相手に合わせる理由がない

ダンジョンを使って魔力枯渇という世界規模の問題をどう解決するのか。 それがこの物語の目的です。 とりあえず目標としてお約束をぶった切る姿勢で臨みたいと思います。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全747部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 16:00
異世界人の手引き書

※カドカワBOOKS様より9月10日書籍版一巻発売いたします! 皆様の応援のおかげです! 本当にありがとうございます! WEB版の削除・ダイジェスト化等はしませ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全218部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/23 00:29
勇者のふりも楽じゃない――理由? 俺が神だから――

【書籍化】GAノベルより2巻発売中!  八百万の神であるケイカ(蛍河比古命)は日本での布教に失敗した。  失意の中、高天原へ帰ろうと魔法を唱えたら、異世界へ飛ば//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全284部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/08 17:03
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全292部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 22:21
ポーション、わが身を助ける

高校生の主人公、八雲楓(やくもかえで)は、獣人やモンスターのいる知らない土地で目を覚ました。 目を覚ます直前の記憶が無く、一緒に持ってきたリュックサックの中に入//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/10 18:23
異世界の魔法言語がどう見ても日本語だった件

日本に住んでいた大学生、緒方和彦は、ある日事故によりその短い生涯に幕を閉じた。 そして彼がジェラルドと名を変え転生した世界では、魔法言語がなんと日本語だったのだ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全64部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/11 20:58
時空魔法で異世界と地球を行ったり来たり

召喚先の異世界でスキルをもらったけど、王様の態度がムカついたので、お姫様をさらって地球に帰って来ちゃった。 もらったスキルで異世界と地球を行ったり来たりしながら//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全438部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/07 18:23
俺のペットは聖女さま

 夢を見た。  まるで聖女のような綺麗な女性が、一心不乱に祈りを捧げる夢を。  自分以外の家族を事故で失った。残された最後の家族であるペットのオカメインコもまた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全169部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/10/24 00:00
強くてニューゲーム~二周目は世界を救ったから三周目はスローライフを過ごす

最初に死んだのはトラックに轢かれた時、次に死んだのは魔王を倒した後。 レベルMAXを引き継いだままはじまる三周目の人生。 通勤ラッシュも魔物退治もない、最強//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全17部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/17 18:22
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1321部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/14 00:00
酷幻想をアイテムチートで生き抜く

 内気で目立たない高校生(隠れ中二病)が、残酷なリアルファンタジーに転移して知恵と勇気となけなしの能力で生き抜く物語です。  本人は、魔剣の勇者になりたかったら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全305部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/26 21:21
↑ページトップへ