挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
uso8,000,000:嘘八百万 (うそやおよろず)(←シュレディンガーのぬっこ続編) 作者:Pー龍

序章 前話からのつなぎとしてのあれやこれや

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/57

-2話 びゅーてぃ・らぶりぃ・ふぇありぃ

 みんな元気? みんなはもうディーネちゃんのことなんてすっかり忘れてしまっちゃったかしら?
 そうだと、ディーネさみしいなぁ。いますぐ、私のことを思い出してよね。

“あたしはみんなのアイドル、ビューティー・ラブリー・フェアリー・ディーネちゃんよ。”

 ほら、元ヤンアイドルってそれなりに巷では売れてるらしいじゃないの。この前あの館に居たお兄さんがそんなこと言ってたのよ。それなら、私もアイドルで充分やっていけるってことよね。

 みんな、私は元気よ。実はあれからタケルにくっついたまま、こっそりと潜んでるのよね。ときどき水飲んでたり、食事してたりすると、ちびっ子2人組に見つかっちゃうこともあるんだけど、あの2人は変な蝶が飛んでいるくらいに思ってるんじゃないかしら。

 そう、いま私は女スパイとして潜入活動にいそしんでいるんだわ。

 実はね、ディーネちゃんはいま例の館の女主人から依頼を受けて動いているのよ。報酬はゴーヤ汁飲み放題。実はあれからちょっと癖になっちゃってて。そうよ、ディーネったら、もうアレが無いとダメな女になっちゃったの。ダメな身体なの。それもこれも全部タケルのせいなんだわ。タケルには私をこんなダメな女にした責任とってもらわないとね。今年の夏はゴーヤ栽培してくれないかしら。

 話を戻すんだけど、タケルに変な女が寄りついてこないか監視するのが私の仕事なの。女主人からそう言われたんだけどね、みんなは変な女ってどんな女だと思う? えぇ~私? 私はビューティ・ラブリー・フェアリー・ディーネちゃんよ、そんなわけないじゃない。これってたまに舌が廻らなくて噛んじゃうときがあるのよ。他のパターン用意しなきゃだわ。

 正直どんな女が変な女なのかわかんないのよ。最近毎日タケルの周りにいるのはチッチさん、まのうさん、スジャータさん、ちびっ子A、この4人なんだけど。チッチさんはやたらと丁寧で変って言えば変かしらね。まのうさんはいつも変な服を着てて変なのよ。スジャータさんはおっぱいが大きくて変だし、ちびっ子Aは私の知ってる限りもう何百年もちびっ子だから変なのよ。この前経過報告した時にこの4人のこと報告してみたんだけど、そうじゃないんだってさ。よくわかんないんだけど、そうやって気になったことを報告しとけばいいみたいなの。

 今日のタケルはビデオショップのおばちゃんとアダルトショップのおねえさんと薬局のお姉さんに会ってたの。それがね、どの女も変だったのよ。おばちゃんは厚化粧がすごくておまけに匂いがきつくて変だったし、おねえさんは“おねえ”さんだったし、お姉さんは綺麗な顔なんだけど常に顔からマスクを外さない人でやっぱり変だったの。ディーネ、気になったから最後のお姉さんの追跡調査をしてみたんだけど、あれはマスクを外さないで正解ね。お姉さんのマスクを外した顔を見た途端、『イッツァマジカよぉ』って叫んでたわ。えぇ、マジックとマジかよを掛けてみたのよ。タケルとかちびっ子Aとかいつもそんなことやってるから、ディーネちゃんも真似してみたんだけど、ねぇどうかしら? これはダメね。

 私の追跡調査にまるで気付かないで、仕事から帰ってきたタケルは、いまスパゲティお化けとちびっ子2人組の4人で晩御飯の餃子を作ってるわ。ディーネちゃんは冷蔵庫の上に置かれた炊飯器の影に隠れてるの。今日は手作り餃子なのね。タケルが頑張ってるその横でちびっ子2人組が美味しそうにコーラを飲んでるのよ。ちょっと羨ましいんだけど、でも我慢するの。これは潜入調査員の辛い定めなの。
 あっ、いまタケルがペットボトルの蓋にコーラを入れて冷蔵庫の上に置いたわ。最近タケルはよくそんなことをしてるんだけど、なんであんなことしてるのかしら? 4人は餃子を焼き始めたみたいね。これってチャンスじゃない? みんな餃子を焼くのに夢中みたいだし。よーし、いっただっきまぁっす。ごくごくごく。まずぅ、何これ? あんたたちこんなの飲んでたの? ペットボトルの本体を見てみたらぺプsのモンブラン味って何よそれ、こんなものどっから見つけてくるのよ。
 餃子が焼けたみたいだわ。またタケルが何かやってる。未確認飛行物体的な焼きそばの入ってた器に餃子を1つ入れてやっぱりそれを冷蔵庫の上に置いたのよ。何やってるんだろう。最近よくそんなことしてるのよね。それって何か意味のある行為なのかしら?
 タケルたち4人は餃子を食べ始めたわ。これチャンスよね? ディーネちゃんったら冷蔵庫の上にある餃子にかぶりついたのよ。そしたらタケルが餃子のたれを掛けてくれたの。ありがとう。でもラー油も取ってもらえるかしら。

 なかなか美味しかったわ。明日の朝は何が食べられるのかしら?

 こうやってディーネちゃんの潜入活動の危険な一日は過ぎていくの。毎日食事の後片付けが済んだ後、タケルはコーヒーカップにぬるま湯を入れて、冷蔵庫の上に置くのよ。おかげでディーネちゃん毎日お風呂に入れるの。

 でも何でタケルはそんなことするのかしらね?
前作“シュレディンガーのぬっこ”へのリンクは目次下部の勝手にランキングの横にあります。

下部に表示される≪小説家になろう 勝手にランキング≫のリンクを踏んでいただけると、結果的に読者が増えることとなり、作者が喜びます。どうかよろしくご協力くださいませ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ