挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
uso8,000,000:嘘八百万 (うそやおよろず)(←シュレディンガーのぬっこ続編) 作者:Pー龍

一章 冒険者への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/57

第二十二話

 【ヤマダトーイ】のシャッター前に今日の新装開店を報せるビラが貼られていました。

 ≪○月×日 新装開店【ヤマダトーイ】おもちゃ売ります≫

 紙面に書かれている文字、それ自体に何の問題もないんだけど、なぜにもろ肌脱ぎの艶っぽい金髪お姉さんがモザイクのかかったおもちゃをお持ちになっているイラストが? このおもちゃはさすがに婆ちゃんの店では扱ってないよ。

「(ガラガラガラ~)おや、あんたたちずいぶん早いんだねぇ、店はまだ開店前だよ。」
「婆ちゃん、おはよう。俺たち買い物に来たわけじゃねぇよ。婆ちゃんの店、今日は新装開店で大変かなって、ちみっ子さんが心配するからさぁ様子を見に来たんだよ。手伝うことがあれば言ってくれれば手伝うし。」
「ほぅ、言っとくがバイト代は払わんよ。」
「いいよ、期待してないから。この子たちのお駄賃なら俺が出しとくし。」
「そうかい。それならば良し。2人ともしっかりとタケルから貰うんだよ。」
「おぅ、パパから貰うぜ。」
「うむ、わかったのじゃ。」
「それあたしも参加していいのよね。」
「ディーネさん? ・・・ちみっ子さん、こっちにも認識阻害よろしく。」
「うむ、しょうがないのぅ。ほれっ、これでよいじゃろ。」

 ディーネさん、対人用認識阻害スキルで巨大化しますた、当社比20倍。見た目150㎝無いくらいの美少女(元やん)あらわる。これはこれでなかなか・・・看板娘でイケるかもしれません。ぺったんぺったん○○ぺったんではありますが・・・。

「時枝さん、いよいよ今日が新装開店だってねぇ。俺の店に来た客にもしっかり宣伝しといたよ。」
「俺の所も客に声掛けといたから。」
「トキちゃん、俺も娘に言ってチラシ作らせて宣伝しといたぜ。いい出来だろ? 昨日の夜トキちゃんの店の前に貼っといたんだ。」
「これはなかなか、このイラストのモデルの女の子は俺の娘だな?」
「娘々(にゃんにゃん)さんはお前の娘じゃないってこの前も言っただろう。星山、あんたも娘いないだろ。あれはお前の息子だよ。現実をちゃんと見るんだよ。あと、チラシってのはこのピンクチラシのことじゃないだろうねぇ、星山。」

 婆ちゃんの顔が大魔神化して星山の爺さんは店の奥に連行されていきました。
 ピンクチラシは店の前から外しておきましょうね。

「タケルくん、このかわいい子は誰だい? (最近よく見る幻覚に出てくる女の子に似てるんだけど)」
「(お前もか、どうも俺もそんな気がするんだよなぁ)なぁタケルくん、サクヤさんもいるのに、こんなかわいい女の子まで・・・、どうしたらそんなにモテる?」
「ディーネさんはそうゆうんじゃないです。わけあって家で預かってるんですよ。今日は婆ちゃんの店の新装開店だってこと話したら手伝ってくれるって言うんで連れて来たんです。」
「お爺様方、私ディーネちゃんって言います。よろしくねッ。(キラリン)」
「ディーネちゃんって言うんかい? そうかそうか。」
「ディーネちゃん、一緒にツーショット写真撮ってもらってもいいかな。」
「いいですわ。チェキなら直筆メッセージ付き1枚500円ですわ。カメラの持ち込みはお断りですわ。」

 ディーネさんと爺が店の前で写真を撮りはじめましたが、婆さんも奥へ行っちゃったし、しょうがないのでおもちゃ屋のシャッター開けて、店内照明付けて開店準備を始めますん。
 レジの準備はできているようです。いつもより多めのお釣りが入ってます。店内の掃除は昨日やってから帰ったので軽く済ませて、店舗前の掃除でもしておきましょうかね。開店前だと言うのに、早くも店の前に人だかりが・・・ってディーネさんの撮影会のお客さんでした。商店街の爺連中が続々集合中。
 ディーネさんがSNS使って宣伝してました。アイドル撮影会なんだそうです。
 そんな騒ぎの中婆ちゃんが店の奥から娘々(にゃんにゃん)さんと星山さんを連れて出てきました。

「あんたたち、ちょっとだけ店を留守にするからこの娘々(にゃんにゃん)さんと一緒に店番頼むよ。」
「いらッシゃイマせ↝ オまエ、ナニか欲しいものアルカ?」

 婆ちゃんは星山さんを連行して何処かへお出掛けです。そろそろ10時が来ます。

「スパモンさん、繰り返しになりますけど接客はダメですよ。師匠は賑やかし人員なのでお客のフリをしていてくださいね。ちみっ子さんとちびっ子さんも近所の子どものふりでいいです。店の中でおもちゃを見ていてください。サクヤさん、すみませんが店員として娘々(にゃんにゃん)さんと一緒に接客をお願いします。レジ打ちは俺がやりますから声掛けてください。皆さんいいですか? いいですね。それでは時間が来たんで開店します。」

 開店と同時に店の前で撮影会に参加していた人(おっさん率高し)の3割くらいが入店して来ました。店内でも撮影会が始まりますた。これもお金取っていいですか? 写真1枚撮影ごとにおもちゃを1つお買い上げいただくことで手を打ちましょう。

 どんどんお客さんが増えてます。
 婆ちゃんは星山さんの所から新しい人員プラチナブロンドを抱えて帰ってきましたが、奥に籠って改造手術に入ってしまいました。
 店内撮影会で撮影された写真がSNSにアップされている模様。いまのところ娘々(にゃんにゃん)さんよりも、ちみっ子さんとサクヤさんのほうが話題になっている模様です。おかげで問題回避中。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ