挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
uso8,000,000:嘘八百万 (うそやおよろず)(←シュレディンガーのぬっこ続編) 作者:Pー龍

一章 冒険者への道

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/57

第八話

明日明後日お休みします。長距離ドライブしなきゃならないもので、書く体力及び気力が無いと思われます。火曜も多分ムリ。
「お前さまよ、わらわが客人方を外まで送ろうかのぅ。」
「そうですね。この建物から出る時もあのマンホールを潜らなきゃいけないんですね。すみませんがちみっ子さん、ひとつお願いできますか?」
「うむ、くるしうないぞ。わらわにまかせるがよいのじゃ。なので、お駄賃をよろしく頼むのじゃ。
 そこな客人方よ、しばし待たれよ。これから皆でわらわの身体にちと触れてはくれぬかのぅ。なに、先程タケルがそなた達に言うておったじゃろぅ。これからわらわの不思議能力をばひとつ使うてじゃな、そなたらをこのビルの外に送るでのぅ。その(ほう)があのマンホールを潜り抜けるよりも楽でよかろう?」
「わかりました。ではよろしくお願いします。」「「?」」
 Bbaは不思議能力=転移術をたぶん知っているのでしょうね。まったくちみっ子さんのことばに動じていませんが、若い2人の女の子は何が何やらさっぱりわかっておられぬご様子。
 Bbaに促されて、わけがわからないながらもちみっ子さんの肩と頭にそれぞれが手を載せました。ちみっ子さんの頭の上は俺のお気に入りの撫でポジションなんですけど、・・・しょうがありませんね。クライアントですし、今日はお譲り致しましょう。今日だけです。
 俺たちもちみっ子さんに触れたり、ちみっ子さんに触れてる俺に乗っかったり手をつないだりして、ちみっ子さんのタイミングでビルの外へ転移します。

「「?」」

 若いお2人の反応が実に新鮮でございます。先月は俺もあんな感じでした。あれ? よく見るとお2人ともこれはなかなかに見目麗しき女性でございますよ。さっき所長室にいたときは仕事の話をしていたので紫bbaばっかり見てましたけど、もっとちゃんと見ておくべきでしたね、反省反省。あれれ? 来週火曜日からはあの子たち、俺のアシスタントなんだねぇ。ヌフフフフッ。宮津さんはスタイル良くて、いかにも知的美人って感じがします。彼女に怒られてみたいかもしれません。乙城さんの方は癒し系? ふわふわ系ですかね。トランジスタな感じのグラマーさん。抱きしめたらすごく気持ちよさそうでございます。なかなかこれは良いものですよ。いつまでもこうして目を細めて眺めていられます。それに引き替え・・・・・・
「社長、タケルさん、他の皆さんも見送りありがとうございます。もうここで結構でございます。これにて失礼いたします。」
「「失礼します。」」

 人が一生懸命、視姦を楽しんでいる時間をいきなりぶち切らないで頂きたい。
「お前さまよ、目がエロいのじゃ。そんなことではあの2人のおなごにもお前さまの妄想が見透かされておるやも知れぬぞ。その辺わきまえた方が良いのじゃぞ。わらわもちと恥ずかしいのじゃ。」
「・・・・・・」

 ちみっ子さんにバレタからと言って、あの2人にバレテいるとは限りませんよね~。男は誰もみな無口な変態なのですよ。黙って妄想する時間、それさえあればいいのです。男の視線が女性の顔から次第に胸へと下がっていくのは、これはもう自然の摂理というものです。ジョニーさんもそう思うよね~。ディープ君さんもそうだよね~。師匠、師匠もそう思うでしょ? ねぇスサオ君、スサオ君は男だからこの気持ちわかるよね~。

「おぅ、オレも母ちゃんのおっぱい大好きだぞ。他の女の人のおっぱいも子どもだから抱きついて触っても揉んでも摘まんでも笑って許してもらえるんだぞ。」

 なるほど。それは実に羨ましい。・・・・・・摘まんでも? このウラヤマけしからん坊主め、どうしてくれようか。くッ・・・くそぉ、この卑怯者めぇ。
 スサオ君は卑怯者です。大人の男として彼の行為を決して許すわけにはいきません。なぜかと言えば・・・俺がやると嫌われるのに・・・・・・羨ましいからです。

「なぁお前さまよ、もうそろそろいいかや? エロい妄想はもう終わったかのぅ。そろそろギルドへ帰っても良いかのぅ。それとわらわまだ、お駄賃もろうてないのじゃけどなぁ。」 
「そうでしたかね。帰りの分と合わせて20円ですね。」
「ゴンザの所から帰ってきた分もまだもらっておらぬのじゃ。未払い賃金は30円なのじゃぞ。」
「わかりました。はいどうぞ。」

 ビルの外壁には相変わらず絵が描かれていますた。あれから描きなおされたのでしょうか? パゲさんは簀巻きになって矢を撃ち込まれていました。撃ってるのはちみっ子さんですね。お風呂の人が2人の女性に土下座をしています。エレベーターの上で右手を上げて大往生しているのは、きっとあの方ですよね。クトゥルフ様とカネッチさんが両手をつないで草原で踊っているのはただただ気持ち悪いです。まのうさんはトイレ掃除で、チッチさんに手抜きを指摘されて怒られているようです。相変わらずスジャータさんはお着換え中。アングルが少し変わりました。もう少し、あとほんの少しで・・・あれ? パッパ消えてない? 今回の壁絵では省かれてしまったようですね。

「ではギルドに戻るのじゃ。わらわに触れてたもれ。」
 みんなでちみっ子さんにくっついてギルドへ戻ります。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ