挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋の色 作者:先端恐怖症さん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/8

恋の色 肆

やってやった。
やった、やった!ざまぁみろ!
幸せになるなんて許せない。
私を一人にするやつなんて消えちまえ!
悠里も!理夢も!優奈も!ママもパパもおじいちゃんもおばあちゃんも!私を奉る男共も!
全部、ぜーんぶ。私を愛してくれないんだったら、
私の前から消え去ってよ…



ブラックアウトした意識に、ぼんやりと微かな光と声が聞こえる。

「あの、○×*号室の星野さんに会いたいんですが…」

「すみません、面会は家族の方以外は病院側としても拒否しておりまして…」

「ぁ…そ、そうですか、すみませんでした…」

ぼんやりとした何かが離れていくような気がする。

「あら、悠里くん?」

「あれ、悠里!」

「?…あ、理夢のお母さんと優奈!」

「久しぶりね。随分と大きくなって!」

「あ、理夢に会いに来て追い返されたんだぁ〜?はっずかしい!彼氏の癖にぃー!」

「うるせぇ…意外と恥ずかしいんだよもうちょい優しく言えよ!」

「幼馴染に遠慮はいらないんです〜!」

「そんなん聞いたことねぇよ!」

「あら、悠里くんいつの間に理夢の彼氏になったの?」

「「へ?…あ!」」

「えっと、あの、それに対してはあの…」

「こいつの恋なんで、お願いします、理夢ママ!」

あったかい…何でだろう、光がちょっとだけ強くなった。声も明るくなったし、忘れちゃいけない何かがあるのかもしれない、な…

「全然良いのよー?理夢に彼氏ができるなんて嬉しいわ〜!」

「え、あ、ありがとうございます?」

「じゃあ理夢ママ、悠里!行きましょー!」

「そうね、悠里くんも行きましょ?」

「あ、ありがとうございます。」

あぁ、起きたい。きっと光が私の元に来ているのに。瞼は動かず、なにも感じられない。

「理夢ー?入るわね〜。」

「理夢、お邪魔しまーす!」

「お邪魔します…」

「よく寝てるわ…どんな夢を見てるのかしら。」

「…そうですね。そう言えば理夢ママは、理夢の名前はどうやってつけたんですか?」

「あ、それちょっと俺も気になります。」

「あら、気になっちゃう?そうね、理夢の名前の理由は…ぽかぽかしてる春に生まれたこの子が、ピシリとしているけど、人に愛される、みんなに愛されるとっても可愛いくて、もうどうしようも出来ない愛らしさをもった子にしたくて、理夢って名前にしたの。」

「そっか。理夢の誕生日4月ですもんね。」

「愛される…」

「…じゃあそろそろ悠里くんも理夢に自由に会いたいだろうし、家族なしでも会いに来れるように病院の人に伝えとくわね?」

「そ、それはっ!?…ぁ、ありがたいですけど…」

「よかったじゃん悠里ー?」

「うふふ、本当に二人は仲良しねぇ…二人ともうちで何か食べていく?」

「え!ほんとですか?行きまーす!」

「え、じゃあ俺も!」

「じゃあ、またくるからね、理夢。それじゃあ行きましょう?」

光が離れる。暖かさを一度知ってしまった私は、この冷たさを体に感じて、じゃあ暖かさを感じなければ良かったと一瞬思う。でも、暖かさを感じたからこんなに頭が働くのかな?とも思って、少し頭がぐるぐるする。行って欲しくない。行かないで。誰だかは分からないけど、私の大切な人…

「あの、理夢のお母さん。」

「あら、どうしたの?」

「おっそいぞ悠里!」

「俺、やっぱここに残ってていいですか?」

「…全然いいわよ。理夢をよろしくね?」

「はい、ありがとうございます。」

「…理夢は今眠ってるんだからね。変なことすんなよ?」

「するわけねぇだろ?…じゃな、優奈。」

「…またね。」

「またね、悠里くん。」

あったかい…ぽかぽかしてほんわかしてて、まるで天国みたい。でも、周りがわからない。目も見えなくて。

『ねぇ、貴女は楽しいの?』

誰?私、今、どこにいるのか分からないけど、あなたは誰なの?

『私は貴女なの。』

へぇ、そうなんだ。私にはもう一人がいたのね。ねぇ、あなたは私が今分かりたいことが分かるの?

『分かるわ。貴女が分からないことは私が分かるもの。』

じゃあ、私が知っていることをあなたは知らないの?

『そうね。そうなるわ。』

じゃああなたは少しだけしか物事を知らないんだよね?そういうことでしょ?

『馬鹿ね。貴女が知らないことを知っていると言ったでしょう?貴女が知らないことをどれだけ私が分かると思うのよ。本当に頭の回らない子。』

…そんなに攻めなくたって良いじゃないの!私だって天才じゃないんだから…

『あら、そうだったわね。…あぁ、貴女と私が反対だったら良かったのに。そう私は思うのよ。それも毎日。』

どういう事?

『貴女と私が交換すれば、天才の私が表で、馬鹿な貴女が裏よ?ふふっ、面白いわねぇ。』

面白くなんかない!私は私なのっ!心の中のあなたになんか渡さないんだからっ!もうどこか行ってよ!こんな、こんな事を話すためだけに私の近くに来たっていうの!?

『あらあら。そういうところが馬鹿だと言っているのよ。ふん、それじゃあね、表の私。』

さようなら。二度と来ないで!

「理夢…俺のせいだ、ほんとにごめん…」

誰?あなたが知りたいのに…本当に大切なあなた。誰なの?教えてよ。

「俺が恨まれるような事しなきゃな、良かったのに…理夢にも飛び火して、ほんとに、俺って馬鹿なやつだよ…」

私は全然苦しくないよ、辛くないから…泣かないでよ、大切な人。

「ごめんな、ごめんな理夢。もしもこの思いが届くんだったら…俺は死んだって良いから…」

そんな事言わないでっ!!ねぇ、大切なの!あなたのために、そう、ためだけに!私が覚悟を決めたの、に…

「理夢…お前が好きだよ。校舎裏で、行ったけど…今日、お前のお母さんから名前の由来を聞いたんだ。それで…恥ずかしいけど、よりお前が好きになったんだよ。」

あぁ、これって。嬉しいんだ。私、嬉しくてたまらなくて、こんなに顔が笑ってる。…悠里くんだ。この名前だ。忘れたくない人。忘れられたくない人。

「だから、理夢…?っ!理夢っ!?」

「ぁ…悠里くん。ひ、さしぶり…」

「理夢!理夢…お前、あっ、待ってろ、今すぐ理夢のお母さんと優奈を呼ぶから…あぁ、その前に看護婦さん…」

「待って、呼ばなくて良いから…」

「なんで、だよ…」

「私、死ぬから…分かるんだよ、何でかわかんないけど。だから最後に…悠里くんに伝えさせて。」

「…っ、おう…」

「大好き…悠里くんしか見えないくらい…次の人生も、悠里くんと恋をできたら、良いなぁ…」

「俺も、大好き、だから…お前、死ぬなよっ…愛しいんだよ、お前が…」

「ごめんね、バイバイ…悠里くん。あの子…わかったの、一番傷ついて、悲しんでる子…」

「誰なんだよ、その子って…」

「鈴ちゃん…」

「それって、俺を押して、お前が死にかけた、元になった奴だろ?なんで、そんな奴の事…」

「それは、会ってみてよ、鈴ちゃんに…優奈と、一緒にね…」

パタンと倒れた。手の暖かさが消えて、顔が白くなった。







悠里くん、またね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ