挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋の色 作者:先端恐怖症さん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/8

恋の色 壱


好きな人がいた。
いつも気がついたら目で追っていて、なんて恥ずかしいことをしているんだろって思ったけれど、目があったとき、私がテンパってると、彼がニコッと笑いかけてくれて、もうどうしようもないくらいの嬉しさと、もっと一緒にいたいっていう欲望がぐるぐる渦巻いて。

私は、

私は。

彼を守るために、死んだんだ。





昼休みのちょっとした時間。

「理夢は好きな人いる?」

「…んー。私、悠里君がいいかな…」

「悠里!?あんな奴好きになるなんて、理夢は物好きだねぇ〜」

「なんでー?かっこいいじゃんっ!」

いつもみたいに友達の優奈と恋バナ。私が好きなのは悠里くん。優奈の幼馴染らしくて、この間のバレンタインデーも優奈のお陰でチョコを渡すことが出来た。

「悠里、理夢のこと気になってるみたいだし、付き合っちゃいなよ!」

「もー!嘘とかいいから!期待させないで!初恋は実らないんだし…」

「いつまでそんな初々しいこと言ってんの?そんなもん最近の女子はいってないって!」

「えぇ?…優奈の最近、わかんないんだけど…」

楽しくて、休み時間が終わる時間がくるのが嫌で嫌でたまんない。

「よっ!」

「おっ、きたか悠里!」

「ゆっ、悠里くん…」

悠里くんは、なんだか何時もキラキラしてる。優奈があんな奴って言っていたけど、結構悠里くんはモテてる。クラスでモテモテの鈴ちゃんは、悠里くんが好きだ。あの子は何時も可愛くて、非の打ち所がない凄い子だと思う。

「なんだよ、恋バナ?俺も混ぜてー?」

「はぁ?きっもいなー!幼馴染として言うけど、それを女子に言うなってのっ!」

「ははっ!なんだよ、それー!」

二人は幼馴染だけに、男女の境がないみたいに話も弾むし、何よりも悠里くんはとっても楽しそうに笑ってる。私が話しかけたときとは違う笑みに、どうしても優奈にいいなって気持ちを抱いちゃう。

「女子って言えばお前じゃなくてやっぱ理夢じゃね?」

「!へっ、あっ、えっ、!?」

「理夢ー!そんなテンパらなくて良いから!おい悠里!」

「やぁっぱりなー!俺の知ってる女子はそんな言葉使わないしなー?」

「あぁ?なに言ってんだ悠里風情がー!」

「あっ、あのっ!」

「ん?なに、理夢。」

「ゆ、優奈は、とっても可愛いし、ちゃんと女の子だから、え、えっと…あの…」

言葉が続かなくてもごもごしてると、優奈がキラキラした目で、私の名前を呼びながら抱きしめた。いきなりきた優奈に少し体勢を崩しかけたけれど、なんとか持ちこたえた。

「理夢!理夢ー!やっぱり理夢はかっわいいー!」

「優奈!?」

「優奈サーン?理夢困ってますけどぉ〜?」

「うっさい!これは私の萌えなんだよ!可愛いんだよ!お前には分かんないのかー!?」

「はぁ!?べつに、可愛いとは、思うけど…」

その一言に、私の目が変わった気がした。少し小さな声で言われた言葉に、天にも昇るような心地になり、心がふわりとあったかくなる。

「…ありがと」

思わず口から出た言葉に、少し恥ずかしくなったが、まぁ良いかと思うと、優奈がほわわぁっと蕩けるような笑みを浮かべ、悠里くんはびっくりしたのか、大きく目を開き、なんだか頬が赤くなっていた。

「理夢。」

「!な、なに?悠里くん。」

「お前、そう言うの、他のやつにもいってたりする?」

「他のやつ…?いって、ない、けど…」

「そ?なら良いけど。」

「あ、理夢、悠里!先生来ちゃう!席つかなきゃ!」

「あ、うん!」

ぽつぽつと時間が過ぎていく。もう、中学三年生。受験を考えなければいけない私は、偏差値で考えて、45の葵高校に行くことを考えていた。45なら、私の頭でも十分だし。…でも。三年間の恋は、あと二ヶ月で終わることが決まっていたようだ。私は葵高校。優奈は音楽の道を目指しているから、有名な音美高校に入ると嬉しそうに言っていた。そして、悠里くんは、東京のここから遠い、地方の高校に行くらしい。これは親の都合らしくて、悠里くんが行くのはどうしようもならないのだと、そう誤魔化し続けた。

「理夢ー!一緒に帰ろっ!」

「あ…うん!」

とっても楽しそうに話す優奈を見て、いいなぁと思わず口に出しそうになり、ぐっと堪えてそうだねって相づちをうった。

「理夢、明日、卒業式だね。」

「へ?…あ、そう、だね。」

「理夢、悠里に告っちゃえば?」

「…うえっ?む、無理っ!」

真剣な表情で私を見て言った言葉に、つい反射的に言った否定の一言に、優奈は泣きそうな顔になった。

「理夢!」

「っ!」

「理夢、いいの…?もう、これでなんにも言わなかったら理夢の初恋終わりなんだよっ!?」

「ゆ、優奈に何がわかるって言うの!?」

「分かる。」

「えっ…?」

「私だって悠里が好きだった!いっつも目で追っかけてたし、でも、でも…」

「でも…?」

「私は、幼馴染の壁を超えられなかった。だから、理夢には、初恋を叶えて欲しい…私の、たいっせつな、親友には…」

ぽろぽろ涙を零しながら泣く優奈を、私は暫し硬直して眺めて、はっとして駆け寄って、ありがとう、ありがとうと優奈に心を込めて言った。

「明日の卒業式、十分に楽しんじゃおうっ!」

「…うんっ!」



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ