挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ホラー&奇妙な物語

泊まらせてくれない旅館

作者:たこす
実際、こんな旅館はありません。たぶん。
 T氏は憤慨していた。
 予約までして、楽しみしていた温泉旅館。
 それを、当日になって宿泊拒否されてしまったのである。

「どうしてですか!? なんで泊まれないんですか!? 理由を言ってください、理由を!!」
「まことに申し訳ございません。キャンセル料金はもちろんいただきません。ここまでの交通費も往復代分お返しいたしますので、ご遠慮願えませんでしょうか」
「私は理由を言ってくれ、と言ってるんです!!」

 人の良さそうな、若女将。
 着付けもしっかりとしていて、利発そうな女性である。

「他のお客様の身を守るためでございます」

 T氏は笑った。
 身を守る?
 何を言っているのだ、この女は。
 自分がそんなに犯罪者のように見えるのか。

「あのですね、私のことあまり知らないようですけど、実は私、こう見えてもテレビによく出る有名人なんですよ? そんな、人に危害を加えるような人間じゃありません」
「ええ、よく存じております」

 若女将の言葉にT氏は目を丸くした。
 知っていながら宿泊を拒否するとはどういうことか。

「女将さん、もしこんなことがマスコミにでも知られれば、この温泉旅館の経営がまずくなるんじゃないですか?」
「あなた様を泊めたほうが、よっぽど悪くなる可能性があります」
「ですから、私は人に危害を加えるような人間じゃありません! むしろ、感謝状すら贈られている人間ですよ!?」
「存じております」

 話にならない、とT氏は思った。
 ここまで頑なに宿泊を拒否するのには、なにかわけがあるのだろう。

「わかった、今、部屋の清掃が終わってない。だから、泊まらせたくない。そんなところだろう?」
「いいえ、お部屋はお客様がお見えになる3時間前にはきちんと整えております。理由はそれではありません」
「じゃあ、肝心の温泉が枯渇してしまった。それをテレビに出ている人間にバラされたくない。そんなところか?」
「いいえ、温泉は今も湧き出ております」
「もしかして、私を目の敵にしている人物が泊まっているとか? だから私をこっそり帰らせようと?」
「いいえ、あなた様の存在は決して口外しておりません。他のお客様も同様です。プライバシーは厳守しております」

 T氏は困った。
 他に理由が思いつかない。
 その時、彼の体をどかすように、一人の怪しい男が姿を現した。
 全身黒スーツに、サングラス、目深に帽子をかぶっている。

「予約していたKだが」
「これはこれはK様。お待ちしておりました。どうぞ、こちらに」

 女将はそう言って、後から現れた怪しい男をすんなりと通してしまった。
 納得いかないのはT氏のほうである。

「ちょっと、さっきの男! あっちのほうが十分危険そうじゃないですか!」

 怪しい男を通し終え、戻ってきた若女将にクレームを突き付ける。

「お客様、失礼ですが人を見た目で判断するのはいかがなものかと」
「見た目で判断してるの、そっちでしょう!」

 T氏はもはや意地となっていた。
 ここまできたら、絶対に泊めてもらうまで帰るものか。

 すると、そのすぐあとで別の3人組が姿を現した。

「予約していたSとIとYです」
「S様、I様、Y様、ようこそお越しくださいました。どうぞ、こちらに」

 そう言って、さらに3人の客を通す。
 戻ってきた若女将にT氏は言った。

「わかった、名前だな!? 名前が関係しているんだろう! 泊めたくない理由は、ズバリ、私の名前」
「名前で判断するのもいかがなものかと」

 どうやら、違うらしい。
 まあ、確かに名前で宿泊拒否されたのだとしたら、余計に理由が見当たらない。

「ああ、わからない! なんで泊めてもらえないんだ!」

 頭をかきむしるT氏があまりに不憫に思ったのか、若女将は宿泊させない本当の理由を語った。
 その理由を聞いたとたん、T氏に笑顔が戻った。

「むむ、なるほど! いや、まさにそれは一理あり! はははは、なんだ、そんなことか。すまん、散々、悪口を言って悪かった」

 T氏は最初の頃の不機嫌さとは打って変わって、ひどく上機嫌になった。

「いえ、こちらこそ、勝手なお願いで申し訳ございません」
「いや、若女将の客を思う気持ちが十分伝わった。確かに、私が泊まればここの宿泊客の身が危ないな。若女将、あなたはまさにキレモノだ」
「T氏様ほどではございません。では、こちら、往復の旅行代金です」
「ありがとう」

 そう言ってT氏は若女将からお金を受け取ると、意気揚々と帰って行った。


 T氏が帰ったのを見計らって、若女将はホッと胸をなでおろす。
 そして、帳簿に書かれたT氏の肩書をチラッと見た。

 そこには、こう書かれていた。


『職業:名探偵』


 多くの客たちが賑わう温泉旅館。
 どんな人間がどう繋がっているかなど、わからない。
 しかし、これだけは言える。

 名探偵の泊まる旅館ほど、危険な場所はない。

お読みいただき、ありがとうございました。
名探偵が泊まる旅館なんて、怖くて泊まれないです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ