挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

そっと、シキをつむぐ(冬の童話祭2017より)

作者:ユキ@yukimaru
色とりどりの四季がめぐる王国【ハーネスの国】。そこには『春・夏・秋・冬』、それぞれの季節をつかさどる女王様がいます。 女王様たちは決められた期間、交替で塔に住むことになっています。そうすることで、その国にその女王様の季節がおとずれるのです。ところがある時、いつまで経っても冬が終わらなくなりました。冬の女王様が塔に入ったままなのです。辺り一面雪に覆われ、このままではいずれ食べる物も尽きてしまいます。困った【ハーネスの国】の王様は、お触れを出しました。「【冬の女王】を【春の女王】と交替させた者には好きな褒美を取らせよう。ただし、【冬の女王】が次にまわって来られなくなる方法は認めない。季節をまわらせることを妨げてはならない」

なぜ、【冬の女王様】は塔を離れないのでしょうか。

「ツムギが自分で考えること」

なぜ、【春の女王様】は塔に訪れないのでしょうか。

「ツムギお兄ちゃん、頑張って!」

・・・・・・はぁ。何でこんなことになったのかな~。

この国の四季をめぐらせるため、あと、この国を追い出されないために。

ツムギという名の少年は、今日も【季節の塔】へと向かうのです。
第1話(プロローグ)
2016/12/14 03:49
第2話
2016/12/14 04:44
第3話
2016/12/25 14:00
第4話
2017/01/07 10:00
第5話
2017/01/08 16:00
第6話
2017/01/15 10:00
第7話
2017/01/16 00:00
第8話
2017/01/16 00:00
第9話
2017/01/16 00:00
第10話
2017/01/16 09:00
第11話(エピローグ)
2017/01/16 12:28
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ