挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

タヌキとキツネと油揚げ

作者:唐突ボーイ
むか〜しむかし、ある山奥にイジワルなキツネさんが住んで居ました。

その山には他のキツネさんが住んで居らず、キツネさんは、いつも1人でした。

ある日いつものように大好きな油揚げを食べていると、ぎゅるる〜と大きな音が後ろから聞こえてきました。キツネさんが振り向くと、そこには、食いしん坊で、おっちょこちょいで有名なタヌキさんが、よだれを垂らしてこちらを見ていました。

キツネさんは大好きな油揚を食べられないように場所をすぐに移動しました。しかし、場所を変えても変えても、ぎゅるる〜という音と共に、タヌキさんが付いてきます、キツネさんは面倒臭くなって、タヌキさんに「1枚あげる」と言って、大好きな油揚げをタヌキさんにあげました。タヌキさんは「わーい!」と嬉しそうに油揚げを食べました。

タヌキさんが油揚げを食べてる姿を見て、キツネさんはなんだか心が暖かくなりました。

その日を境に、イジワルな狐さんは、ちょっとイジワルな狐さんに変わったそうな、、

おしまい

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ