挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
歌い手カレシと絵師なカノジョ 作者:藤夜アキ
85/187

第八十五話 思いの強さ

「そしたら、次はこっちやな」
 二人がパエリアを口に運ぶのを、蓮哉は途轍もなく緊張しながら見つめた。そんな感覚は初めてだったかもしれない。こんなこと如きに、とは彼は思わない。負けたくない、それが、何に対してであっても。
「ん、これは……」
 茜の小さな呟きにさえ思わずぴくっとしてしまうくらい、今この瞬間においては、どんな言葉も彼を刺激せずにはいられなかった。
 詩織は一言も発さないまま、二匙目をすくい、口元に運んだ。ゆっくりと噛み味わう様子からは、彼女がその出来に感動していることが分かったが、それでも蓮哉は言葉が欲しかった。颯斗のより美味しい、という言葉が。
「結論は、全部食べてからにするわ」
 けれど、蓮哉の心境に気付いてか否かは分からないが、茜はその言葉を先延ばしにすると決めた。
 いつもと違い、どぎまぎさせられる蓮哉。この感覚は気分が悪くて仕方ないと、露骨に嫌そうな顔をしてみせた。
 それからしばらく、二人は両チームの出した料理をゆっくりと味わい、その間中ずっと、蓮哉は複雑な感情を味わわされた。
「ん、ほな、結論出そか。そっちも答え出せた?」
「はい、出てます」
「そしたら、右手挙げたら蓮哉チーム、左手挙げたら颯斗チームやし、ええか? 行くで、せーの!」
 バッと上げられた二人の手。どちらも、右手だった。
 それを確認して、蓮哉はようやく安堵の息を吐いた。先ほどまで浮かべていた堅苦しい表情はあっという間に消え、いつもの済ました顔が戻って来た。
「うちからまずコメント言うで。正直、どっちのも美味しかったし、素人が作るもんとしては、十分やったと思う。けど、やっぱり、料理対決って言うからには、蓮哉たちの出した皿の方が、全体として質が高かったんは言うまでもないな」
「私は、本当にどちらも美味しくて、選ぶのに凄く迷いました。でもやっぱり、最終的な結論としては、茜さんと同じで、ディテールの素晴らしさから、蓮哉さんたちの方を選びました」
 まあ、結局はそうなるか、と颯斗は納得した。虎太郎と恵実を抱えるというハンデを背負っていなかったとしても、最終的なクオリティで勝つことは、やはり難しかっただろう。それでも、善戦したことは間違いだろうし、それで十分だと思えた。美味しい料理を作ることを目指し、実際その評価を得ることは出来たのだから、勝負には負けても、目的は達成したといって差し支えなかった。
「それじゃあ、勝敗も決したということで、みんなで食事タイムと移ろっか。僕も颯斗のハヤシライスの味、気になるからね」
 さっきまで動揺していたとはまるで思えない、勝ち誇ってニヤニヤした顔を浮かべる蓮哉。こんな勝負であっても、誰にも負けたくないんだろうな、と颯斗は思った。自分はどこかで、負けることを許容している部分が、やはりあった。勝てなくて当然だと、諦めてしまっている部分があった。料理対決ならそれでも良いかもしれないが、歌うことで勝負するとしたら、自分にもそれだけの気持ちが必要になる。そうでないと、蓮哉には絶対に勝てない。颯斗はそう感じた。面倒でむかつく奴、という認識が基本だが、それでも蓮哉の生き方に、尊敬の念を抱くことがあるからこそ、颯斗は蓮哉に愛憎を尽かさないし、それは颯斗だけでなく、他の誰もがそうだった。
「あっ、そうだ、せっかくだから、みんなで合宿してますー、って感じの写真撮ろうよ。顔出ししたくない人は、適当に折り合い付けて良いし」
 そう言うと、マスクをどこからともなく出してきて付ける者もいれば、後で加工して隠すから大丈夫、という者もいたり、首から下だけ写るように調整して、とお願いする者もいた。全員の要求に上手く沿う感じの一枚を撮るのは無理な話なので、写真をツイートしたい者達が中心になって、何パターンかの写真を撮ることになった。もちろん、そこに颯斗は入らない、はずだったが、恵実に押し切られる形で首から下だけが写るように撮影され、そのままあれよあれよという間に勝手にツイートされてしまった。
 ついさっきまでの熱い盛り上がりはどこかに吹き飛び、今はいつものわちゃわちゃした空間が出来上がっていた。少し違うのは、ツーショットを撮っては恥ずかしそうにバンバンと虎太郎の背中を叩く茜がいるのと、身バレしないよう、本人だと分からない程度に、謎の歌い手X的な感じで写る詩織がいるせいで、そのカオスさがさらに際立っている点だろう。
 歌い手合宿の様子を伝えたツイートは瞬く間に拡散され、多くのファンが憧れたり、楽しんで下さいね! とコメントを送った。
 そしてまた勝手に呟かれてしまった颯斗の写真付きツイートも当然多くの衆目に晒され、色々な感情を呼び起こすのだった。
 それはもちろん、彼女の心にも。
タイトルが何か微妙で納得行ってません。

もっと良いタイトルないですかね、第八十五話……。

話が変わりますが、颯斗の鎖骨は凄く綺麗だと思います。色白で、骨張ってます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ