挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したので、役職がフリーターから仲間と戦う召喚士になりました 作者:礼状

資料3

69/97

織田家関係:登場人物

 ◇織田信長(おだのぶなが)
【容姿】
 ・戦国時代と言う片寄った環境の中でも整ったモデル体系を持ち、「いちいち髷を結ってる時間が勿体無い!」と言う理由で黒髪を紐でポニーテールにし、小さな無精髭と修羅場を越えてきた結えに威厳を際立たせている26歳の若き大名。

 ◇忠実通り生き残る為には心を鬼とし、身内であろうと反対者を討つ第六魔王ではなく。御人好しで、根っこでは穏やかなお兄ちゃん気質のカリスマ性を持つようになっているので、何処か詰めが甘くなってしまっている。

 ・しかし中身は未来を見据え、伝統に依存せず、時代の数十年先を見る先見の明と新しい事に対応出来る柔軟性を持つ織田信長その人であり。
 殆どの町民が農民であったり、漁師しかいない尾張の人々の能力を良く見極める観察眼と、その能力を活かす為に長槍や鉄砲を持たせたり。
 兵力を傭兵と農民を分ける事で国の生産力と安定感を増し、関所を廃止して税金を免除する事で商人達を招き入れる等の政策を通して自らの民と国の利益を産む合理主義者。

 ・幼い頃に人質として連れ拐われてきた元康とはうつけ者時代に面識があり、将来かの夢や日ノ本を平定すると言う熱い思いを互いに語り合った仲であり。
 元康とはその後も様々な手段を使って連絡を取り合う仲である。
 
 ◇丹羽長秀(にわながひで)
【容姿】
 ・162㎝程の身長、セミロング黒髪を後ろで編んでハーフアップにしていて、すらりとした癒し系の雰囲気を持つお姉さん。

 ◇信長の一歳年上で、十代の頃から織田家に遣えている重臣。普段はのほほんとしているが、信長に補佐とされているだけあってその把握力と対応力はピカイチであり。
 織田家とその周囲で起きている事だけによらず、外部も含めたあらゆる情報は彼女によって運用されている忍達により管理されている。

柴田勝家しばたかついえ
【容姿】
・正しく“猛者”と言う言葉を形にした様な逞しい肉体と、濃い髭を蓄えた荒々しい武将姿を持つ。

◇良く信長に代わる当主として活躍した秀吉や家康が取り上げられるが、勝家は織田家の刀件、未来に生きる信長に着いていけない仲間達のまとめ役として支えた戦国武将である。

・その実力は50台になっても前線で槍を振るいながらも生き残る力と、織田家の後継者争いであらゆる点で優勢に立っていた秀吉と合戦をする事になっても、大勢の仲間達と妻のお市が勝家を支持して加勢した事からも只の脳筋ではなく、人徳の有る人だった事がわかる。

織田信勝(おだのぶかつ)
【容姿】身長は152㎝と低いが、容姿の整った織田家の次男と言う事もあり、童顔ながらも整った顔立ちと活力に満ちた燃えるような薄く紅い瞳を持っている。

◇忠実では兄である信長との家督争いの末に色々な説があるが、暗殺しようとして逆に暗殺されると言う悲劇に捲き込まれる人物であったが、今作では互いに未来を見つめる仲の良い兄弟として織田家を引っ張っていく若き柱となる。

・23歳であるが“格好いいもの”を日頃から追究しており。亮太が持ち込んだ様々な漫画やアニメの影響を受けて真っ赤なマントを翻い、黒い軍服に身を包んでハンドガンと軍刀で暴れまわるバサラ者と化していく。

佐久間信盛さくまのぶもり
【容姿】
・程よく鍛えられた肉体と落ち着いた雰囲気から威厳を感じさせる、ちょび髭とチョンマゲが似合う30台半場のお兄さん。

◇信長の7歳年上と言う事もあり、織田家や尾張の事情に関しては信長以上に知っていて、皆の意見や提案を纏める中間管理職に近い立場で働いている。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ