挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生したので、役職がフリーターから仲間と戦う召喚士になりました 作者:礼状

資料2

46/97

先行隊メンバー【第四篇1部登場人物:ネタバレ注意】

新篇から登場する人物が多いために纏めて見ました。

序盤の展開における登場人物の立ち回りが書かれている為に軽いネタバレとなっておりますので、ゲームの攻略本感覚で読んでいただけると嬉しく思います。

次回からは本編を投稿させて頂きますので、よろしくお願いいたします!
◇竜崎一成【りゅうざき・いっせい】
【容姿】身長174㎝程で標準的な体形ながら程よく鍛えられた筋肉を持ち。黒髪のスパイキーショートの凛々しい青年。

・亮太の親友であり、亮太が殺された現場に運悪く遭遇してしまい、事件グループの犯人一人に命を奪われ、事件解明と亮太との再開を果たすために転生者の一人になる。

・内気で人見知りな亮太と正反対な活発な性格でありながら、両親が大手の建築会社の経営者であったために損得勘定で行う人付き合いが嫌いで。
純粋に自分の考えに同調してくれた亮太と関わる事が次第に増えて行った結果、無二の親友となる。

・子供の頃からファンタジー系の勇者と世界観に憧れていた為に、彼が子供の頃から憧れていた聖剣を振るう勇者としての能力を持つ。


◇温・昇鈴【ウェン・シェンリン】
【容姿】163㎝程のやせ型。黒髪のおかっぱロングヘアーで長い髪を後ろで密編みにしていて。黒いフレームの眼鏡を掛けている17才の大人しそうな見た目の少女となった台湾出身の少年。

・産まれつき体が弱く。生きている内の殆どを病院で過ごした為に、人との距離感が余り分からないので周りの考えに振り回されてしまう所がある。

・父が大の日本好きで、入院している間良く日本の映画やアニメと書籍を持ち込んできたために、日本語をただ理解できるだけでなく喋る事も出来。考え方も理解できる。

・日本のアニメ作品の影響の為か、白と桜色を貴重としたフリフリレース付きのローブを身に纏った魔法少女に変身出来る能力を持ち。主に回復魔法を中心に扱う。


◇ハインツ・ヒュルケンベルク
【容姿】童顔のイケメンでありながらオニオンブラウンのショートヘアーで、167㎝の身長と程よく鍛えられた体に白肌が少し日焼けした肌にシュッとした容姿を持つドイツ人男性。

・愛する妻であるクリスティンと亡くなった後も夫婦として生きる事を望んだ為に、今回の騒動に妻と共に捲き込まれる事となる。

・基本的には穏やかで優しい性格である為に実力主義のマイケルに舐められるが。
妻と共に寿命で亡くなるまでに様々な困難を乗り越えてきた彼の心には強い芯があり、簡単には折れはしない。

・若くして足を失ったため、今回の転生において身体強化の能力を与えられており。その力は重武装をした敵が相手であっても、数千人の敵が相手であっても彼の心が折れない限りは負けはしない。


◇クリスティン・ヒュルケンベルク
【容姿】158㎝。白い肌に銀髪のショートヘアーとサファイアの様に澄んだ瞳を持つ清楚な女性。

・亮太が死んで、転生案内所で順番が来ている事を後ろの席から伝えてくれた、余り感情を表には出さない落ち着いた女性。

・夫のハインツとは幼馴染みであり、戦後の荒れ果てたソ連占領下のドイツで片足を失ったハインツと共に結婚し。様々な過酷な状況を乗り越えてきた芯の強い女性であり。
老齢故に同じ日に亡くなったハインツと共に転生する事を望んだ為に、今回の騒動に捲き込まれる事となる。

・口数は少ないが面倒見が良く。仲間である一成達を穏やかな心で見守り、与えられた高位の情報処理能力により最悪の状況であっても切り抜く力と意思を持つ。

・辛いものと、苦いものが苦手で。困ったことがあればついついハインツに甘えてしまう。

◇ジーナ・フロイス
【容姿】172㎝のイタリア系美女。茶色の腰まであるストレートロングヘヤー、ややつり目の茶色の目に、モデル体型のプロポーションを持つ。

・凛としており、相手が誰であろうと向き合い、言うべき事ははっきりと言う筋を通す性格。

・人からの恩は絶対に忘れない義りがたさも持っているがとても気が強く。かなりの心の広さが求められる。

・父親が遊び人で、おまけにお酒狂いでよく家族に暴力を振るい、散々借金をしておきながら母と自分を置いて出ていった事もあり。
彼女の中で、女性に対して軽い気持ちで手を出そうとする男は増悪の対象となっており。そう言った男性は心から憎み、軽蔑している。

・転生については平和に暮らせる場所を用意して貰うと言う条件で訪れ。
子供の頃から自由の象徴である空に強い憧れを持っていた彼女は、空に纏わる力を託される。

・危険を(かえり)みず、誰かのために迷わず救出に向かって奮闘する一成達と同じく亮太達を尊敬しており。

彼らの力になりたいと思い、実際に亮太達の水先案内となる事と親しい友となる事により、大陸のみならず惑星に住む全ての人々が安心して暮らせる世界を実現する為のかけがえのない理解者となる。


【敵対↓】

◇リチャード・ケンジー
【容姿】長身長でやせ形の金髪でオールバックと言う髪形に眼鏡が似合っている、目の下に濃い熊が出来ているやつれ気味のイギリス系男性であり。
彼は灰色の長ズボンとワイシャツの上に白衣を着込んでいて、感情が読み取れない研究者風の機械的な雰囲気の男。


◇ダニー・エイブラムス
【容姿】193㎝の長身長でムキムキマッチョなバリバリのスポーツマンであり、自分が一番でなければ気がすまない自意識過剰なアメリカ人の元大学生。

・大学で怨みを買った相手に射殺されて亡くなった為に、自分よりも格下と感じた相手を徹底的に支配しようとする。

・平和主義のトレノでは無く、実力主義のラサードの支配下となったためにますます慢心し。

手柄を立てようと必死になる余りに、訓練を前倒しにしてヴァルハァム王国が支配している小国【タウロス】の解放を彼が選んだ13人の部下(男5女7)と共に攻略させて欲しいと色々な手を使って頼み込む。
↑(トレノ達が着実に成果をあげている事を報せて焦らせ、先行してヴァルハァム王国を叩くことがトレノよりも優れている事を示す良い機会だとほのめかす)

・最初はその圧倒的な能力(変身強化)故に、正しく無敵の超人としてヴァルハァム王国の者達を蹴散らすことに成功したダニーであったが、既に助け出した街の人々は魔石により支配された後であり。

食事等に魔石が混ぜられていたり、魔石があしらわれたネックレス等をプレゼントされて迂闊にも身に付けたせいで、彼等はヴァルハァム王国の傀儡と化してしまい。
後から合流した一成達(5人)と激闘を繰り広げる事となってしまう。

◇アビゲイル・メイソン
【容姿】175㎝。パーマがかけられた美しいブロンドのロングヘアーに、ボン・キュ・ポンのナイスバディを持つ絵に書いた様な絶世の美女。

・元グラビアモデルであり。生前に付き合っていた男性に振られてしまったために心が折れ、50階建てのビルから飛び降りて自殺してしまい。復活した後に今回の騒動に捲き込まれる。

・彼女自身が熱心ではないがクリスチャンであった為に、輪廻転生と言う異教の考え方は受け入れられず。自分が自殺未遂をして、意識不明のまま病院のベットの上で悪夢を見ているのだと考え。

自暴自棄のまま適当に案内を受けている間に気がつけば転生させられる羽目になる。

・転生先で振られた元彼に良く似ていたダニーに出会ってしまい。相手を魅了する事が出来る能力をマイケルに求められ、それにすがる様に彼らと共に行動を共にするようになってしまう。

・ダメ男に縁があるだけで彼女自身は良妻であり、家事だけによらず、相手の心を組んでフォローする事が出来るスキルを持つ。

◇ニコラス・アヴェン
【容姿】181㎝の鍛え抜かれた身体に蛇のタトゥーを両腕に描き、目が常に鋭く殺気だっている様に見えるスキンヘッドのロシア系の男。

・実家が貧乏であったために生前はマフィアとして活躍していた青年であり。ある重要な依頼を失敗してしまった為に、口封じに殺されてしまい現在に至る。

・たった一人の妹である幼いニーナを深く愛しており。転生する条件として20個の依頼を完遂する代わりに、共に転生する事となってしまった妹と共に平和に暮らせる様にして欲しいと頼む。

・基本的に現実主義かつ、偽善者が受け入れられない為に平和ボケしている様に見える一成達を見限り。自分だけでもいち早く依頼をこなすためにダニー達を利用する事を考える。

・自らを認識することを出来なくする能力を持ち。相手から自分の姿を視認されていたとしても、対処する事が出来なくしてしまい。その間にターゲットの息の根を止める。


◇ニーナ・アヴェン
【容姿】ふわふわとしたブラウンカラーの長い髪に妖精の様な白いドレスとリボン付きのカチューシャを身に付けた幼女。

・ニコラスの妹であり、不運なのか幸運なのかは分からないが、彼女が死んだわけでも無いにも関わらず大好きな兄の側にいたいと言う理由で共に転生する事になった甘えん坊で、寂しがりやな幼女。

・何だかんだで様々な人生経験を積んできた他の転生者達とは違い、普通の幼女である為に物事を純粋に受け止めてしまう危うさもあるが。
ある意味で一番人の幸せを理解している女性であるのかもしれない。

・思いを叶える力を与えられており。最初はたいしたことは出来ないが、彼女の思いが成長するに従って実現出来る事が増えていく。

◇변・찬수【ピョン・チャンス】
【容姿】165㎝に中肉中背で茶色の長髪。細目で、ややたらこ唇。

・不況の煽りをくらい、会社を首にされてしまった為に財産を失うどころか、妻から離婚を突きつけられて家庭すら失った男性。

・朝鮮戦争の際に両親を失っているので身内に頼れる者も無く、何度か再就職を試みるが失敗し、そのまま株等のハイリスクハイリターンが求められる危険な賭けに出てしまい、旨く行く筈もなく多額の借金を背負ってしまい再起不能となり。
自ら命を絶ち、ここに至る。

・彼自身が悪い人間なのでは無く、国から出されている悪評により転生者の間の中であっても肩身の狭い思いをさせられ。彼自身が気が弱いせいでダニーに漬け込まれてしまい、弾除けとして連れていかれてしまう。

・相手を撹乱させる事に特化した力を用いる。
◇リチャード・ケンジーを加えました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ