挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
燈幻郷奇譚 作者:月宮永遠

4章:天狼と見る夢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/42

38

 宵闇に丸い月が浮かぶ頃、緋桜邸ひおうていでは酒宴が開かれていた。
 ひと騒動の落着と亜沙子の無事、彩国に出向いた天狼達を労おうと、涅槃ねはんの神仙も降りてきて、その中には笹良の姿もある。
 神々の振るう衣や扇の、きららかなこと。
 月胡げっこや笛の音に合わせて、月明りに照らされた蒼白い花びらが、ひらり、宙を舞う。
 扇で桜の花びらを受け流しながら、天狼達が伝統的で優雅な舞踏を披露している。
 上座には、錚々(そうそう)たる顔ぶれが並び、煌びやかな大礼服の軍装に身を包む一世に紫蓮、烈迦もいて、幽玄的な光景を肴に泰然と寛いでいる。
 青年将校のように凛々しい彼等の左右には、笹良を始めとする美しい天女が侍り、典雅な所作で酌をしている。
 亜沙子も隣へいくよう、先ほどから灯里がしきりに促してくるのだが、上座に混じる勇気を持てず、部屋の隅でひっそりと杯を傾けていた。
「姫様ったら、我が主がお待ちですのに」
 末席でちびちびと酒を飲む亜沙子を、灯里は不服げに見つめた。
「勘弁してください。ここで十分ですから」
「何をおっしゃいますか。早う、こちらへ」
「邪魔しちゃ悪いですよ。ほら、一世さんも楽しそうにしているし」
「もう、姫様ったら。お連れするよういわれておりますのに、我が主に叱られてしまいます」
 困ったように灯里に懇願されて、うっ、と亜沙子は狼狽えた。とはいえ、上座の面々を見ると尻込みしてしまう。ここへくる前に抱いていた楽しみな気持ちは、とうに萎んでいた。
「最近、姫様に避けられている、と我が主は嘆いていらっしゃいましたよ」
「避けてなんか……」
「姫様、不安があるのなら、そのお気持ちを我が主におっしゃいませ」
 灯里は何もかも見知っているかのように、亜沙子の瞳を覗いてほほえんだ。
 情緒不安定な自覚はある。逃げているのは亜沙子の方で、一世は何も悪くないのに、美女を侍らせて泰然と寛ぐ姿を見ていると、苛々してくる。
 やっぱり今夜は顔を見るのはやめておこう、そう思って部屋を出ていこうとすると、
「亜沙子!」
 背中に声をかけられた。
 亜沙子が恐々と振り向くと、一世は誘うように手を差し伸べた。それを見て、灯里は喜々として亜沙子の手を取り、しずしずと上座へ導く。
 傍へ寄ると、美貌の天狼主あめのおおかみぬしは、魅力的で上品な笑みを浮かべた。
「待っていたよ、私の姫。今夜もかわいらしいね」
 彼の纏う壮絶な色気に眩暈がして、亜沙子の酒に酔った赤ら顔は、更に赤くなった。
「……元気そうだな」
 烈迦に声をかけられ、亜沙子は緊張気味に会釈を返した。
「こんばんは」
「そう怯えてくれるな。とって食いやしないさ」
 苦笑を浮かべる烈迦に、紫蓮は冷ややかな流し目を送った。
「貴方が脅かしたりするから、亜沙子も警戒しているのです。身から出た錆ですね」
「その節は悪かったな。怖い思いをさせた」
 ばつの悪い顔を浮かべる烈迦に、亜沙子は慌てて顔を振った。
「いえ、こちらこそお騒がせいたしました。凌雲宮りょううんきゅうまで助けにきてくださって、本当にありがとうございました」
「良い。無事に帰ってきてくれて、良かった」
 思いのほか、烈迦は優しくほほえんだ。
「おかげさまで……あの、烈迦さんは平気ですか? お怪我は?」
 あの夜、血にまみれていた烈迦を思い出して、亜沙子は神妙に訊ねた。
「この通りぴんぴんしておる。烈迦など、どうでもよいではないか」
 一世が面白くなさそうに横から口を挟んだ。どうでもよいとはなんだ、と烈迦が文句をいっている。
「俺が悪かった。たった三日だというのに、姫がいなくては一世が機能しないとよぅく判った」
 言葉はぶっきらぼうだが、烈迦の目元は優しくほほえんでいる。
 亜沙子はほっと肩から力を抜いた。洞窟で烈迦にいわれた言葉を繰り返し反芻し、悩み、怯えていたことが、急に無意味に思えた。少なくとも、今夜の烈迦に亜沙子への隔たりは感じられない。
 だが、和やかな気持ちは長続きしなかった。
 一世の隣でしなを作り、恥じらうような微笑を浮かべて酌をする天女を見ているうちに、再び暗澹あんたんとなった。
「どうしたの? 今夜は随分と大人しいね」
 顎の下を長い指でくすぐられて、亜沙子は顔を背けた。
「おや、機嫌が悪いようだ」
 ささめくような忍び笑いが勘にさわる。
 恋人の目の前で、他の女を侍らせるとはどういう了見だ。文句をいってやりたいと思う一方で、一世の言動に一喜一憂する自分を、酷く愚かしく感じた。
「亜沙子、どうかした?」
「……いいえ、なんでもありません」
 抑制の利いた笑みを浮かべる亜沙子を、一世は思案げに見つめている。
 一世は美しい。
 こうして傍で見ると、つくづく思う。筆舌に尽くし難い全身に纏う神々しさ。
 彼の傍に侍りたい天狼も天女も大勢いる――烈火のいう通りだ。
 精緻に整った美貌はもちろん、典雅な立ち居振る舞い、肩から零れる青銀の髪、それをかきあげる仕草……指先のひとつひとつまでに気品と詩情があり、見る者を虜にする。
 怖くて訊けないが、さぞ華やかな女性遍歴を送ってきたのだろう。一世にとって亜沙子は、果たしてどの程度の存在なのだろう?
「――かわいらしい姫ですこと。噂の天狼主のご寵姫ですね」
 気落ちしていると、天女達は目を輝かせて亜沙子を取り囲んだ。果物や菓子を傍に寄せて、食べる? と訊ねてくる。
「久しぶりだの、いとけない姫」
 絶世の美女、笹良に声をかけられ、亜沙子は笑顔を浮かべた。
「先日は、お世話になりました。おかげさまで、郷に無事帰ることができました」
「再会できてうれしいぞ。この間は、怖いを思いをさせてすまなかったな。危うく天狼の雷が落ちるところであった」
 一世は不機嫌そうに笹良を睨んだ。
「金輪際、亜沙子を他国へはいかせぬ。よく天帝に伝えておくれ」
「判っておる。亜沙子はよくやってくれた。しばらく、郷でのんびり過ごすが良い」
「しばらく? 次はないといったはずだが?」
 射抜くような一世の目を見て、笹良は何一つ慌てた様子もなく、優雅に羽根扇を煽いだ。
「そう怒るな、天狼主。詫びの印に、一曲奏でてやろう」
 笹良はおもむろに月胡を構えると、たおやかな繊手で弦をつま弾いた。
 天上の音色に、聴衆はうっとりと瞳を閉じた。
 機嫌の悪かった一世も、心地よさそうに耳をそばだてている。
 琺瑯ほうろうのように白く華奢な指が、複雑精緻に弦を押さえて、天衣無縫てんいむほうの調べを紡いでゆく。
 深みのある低音は、恵みの大地の雄大さ、叩きつけるような雨粒を連想させた。
 そうかと思えば、音は一瞬にして表情を変えて、光の奔流のようなきらめきへと転じる。
 真珠か水晶を転がしたかのような、繊細な高音の旋律。
 心地よく聴き入っていた一世は、自らも月胡を構えて、弦を鳴らした。
 見事な二重奏に、聴き入る聴衆は息を呑んだ。
 この感動は、とても言葉にできない。
 素晴らしい音の共演に、亜沙子は深く胸を打たれた。同時に、胸が切なく軋んだ。素晴らしい演奏で一世を魅了し、彼に月胡を弾かせた笹良が、胸を焦がすほど妬ましかった。
「――見事な演奏であった」
 一世は手を鳴らして賞賛した。見たくない。今すぐ、目に映る光景を意識の外に追いやってしまいたかった。
 深く、強く、思い知らされる。
 一世のことが好きだ。好きで、好きで、堪らない。
 とめどなく溢れる想いは、ときめきの幸せよりも、哀しみをもたらした。
 甘い酩酊に翻弄されながら、頭の片隅で、冷静な声が囁きかける。
(いつまで一緒にいられるの?)
 ずっと考えないようにしてきたのに、山彦やまびこのように耳朶の奥でこだましている。
「わたくしの寝所に呼んでやろうか?」
「怖い、怖い。真に受けて忍びこめば、どんな目に合うのやら……まぁ、飲みなさいよ」
 天女の戯言ざれごとを、一世は余裕の笑みで躱した。絡みつく白い腕をやんわり解いて、盃を持たせる。
「野暮な天狼じゃ。わたくしの寝所に侍りたい男は、数え切れぬほどおるというのに」
「私には畏れおおいことですよ」
 憎まれ口を叩き合いながら、二人は穏やかな空気に包まれていた。
 つき合いの長さが醸成する親密なやりとりを見て、亜沙子は自分でも説明しようのない気分に襲われた。身体中の力が萎えて、ただ座っていることすら億劫になった。
「……すみません、私はそろそろ部屋に戻りますね」
「もういくのかえ?」
 席を立つ亜沙子を仰いで、笹良は残念そうな口調で訊ねた。
「すみません、少し酔ってしまったみたい。美味しいお酒をありがとうございました」
 一世の瞳を見ることはできなかった。
 愉しげな笑いさざめく声を背に、そそくさと部屋を出ると、心配そうな顔で灯里がやってきた。俯く亜沙子を見て、何もいわずに背中を撫でてくれた。



cont_access.php?citi_cont_id=691078197&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ