挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
燈幻郷奇譚 作者:月宮永遠

4章:天狼と見る夢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/42

37

 彩国の騒動から数日。
 波乱のない、穏やかな日々が燈幻郷に戻ってきた。
 あの夜、蓬莱山から降りてきた天狼達は、先陣を切って暴れていた烈迦をはじめ、皆元気にしている。
 聞いた話では、大王の病は完治したらしい。
 約束を違えて亜沙子を閉じこめた件に関して、民草には伏せられたが、天帝の目を誤魔化すことはできない。彼等は今後もお山に入ることは赦されないだろう……そう一世も紫蓮も話していた。
 趣のある中庭に、蒼白い光が降りてくる。
 欄干から月を仰いで、亜沙子は月輪観がちりんかんをしていた。ここのところ、眠れない夜が続いている。
 夜空にたなびく大星雲、蒼白い月を眺めていると、今でも自分がどこにいるのか判らなくなる。
 ここは地球と似ているようで、異なる別世界だ。月も二回りほど大きく見えるし、黄金ではなく蒼白い光彩を放っている。
 ぼんやり思想にふけっていると、奥の茂みが揺れた。
 恐々と目を凝らしていた亜沙子は、茂みから覗いた顔を見て、目を丸くした。
「凛夜! びっくりした!」
「驚かせてすまん。戻ってきたのに、ちっとも顔を見せないから、心配していたんじゃ」
「ごめんね。実は、しばらく邸から出ることを禁じられているの」
 凛夜は首を傾げた。
「しばらくって? いつまでじゃ?」
「うーん……判らない」
「宗主様は、姫様のことが心配なんだな」
 一世のことを思い浮かべてどきりとしたが、亜沙子は淡くほほえむだけに留めた。
 あの晩、一世と身体を繋いでから、亜沙子は彼の瞳を直視することができなくなっていた。彼はこれまで以上に甘く、優しく、亜沙子を大切にしてくれる。けれど、亜沙子の方は少しばかり怖気づいてしまった。
 長寿の、それも群れを率いる天狼主あめのおおかみぬしに寄り添って生きていくということを、真剣に考え始めたのだ。
 先ず寿命が違う。彼のつがいになるのなら、守られるだけでは駄目だ。それに、ちゃんと子を産めるのだろうか?
 これまでになかった様々な懸念を覚えて、恋心は複雑に揺れていた。
 こうなると知っていたから、これまで気持ちに抑制をかけてきたのに、あの一晩で何もかも変わってしまった。
 複雑に揺れる気持ちに蓋をして、亜沙子は凛夜に笑みかけた。
「皆は元気にしている?」
「うん。和葉も、皆も姫様に会いたがっている」
「外出を許されたら会いにいくね」
「早く許されれるといいな」
「そうね。私も早く皆に会いたいな」
 ゆったり銀毛の尾を揺らしていた凛夜は、亜沙子の顔をじっと見つめて、ぴたりと尾を止めた。
「……姫様、少し痩せたんじゃないか?」
「そう?」
「うん。邸に閉じこめられているせいか?」
「違うよ」
 亜沙子は曖昧にほほえんだ。
 天狼達の過保護を窮屈に感じることもあるが、心配をかけた罰だし、想われているのだと感じられて幸せでもある。
「なら、どうして元気がないんじゃ?」
「元気だよ。凛夜の顔を見たら、なんだか元気になったみたい」
 凛夜は顔を朱くした。照れて無言になるが、ふいに真面目な顔つきになって、真っすぐに亜沙子を見つめた。
「……姫様が笑ってくれるなら、俺はなんでもする」
「優しいなぁ、凛夜は。ありがとうね」
「姫様が彩国へいくことになって、何遍も後悔した。あの時、俺が澄花酒を夜那川に落としさえしなければ、こんなことにはならなかったのに……って。もう後悔はしたくない」
 陰った少年の顔を見て、亜沙子は努めて明るく笑った。
「こうして無事に帰ってこれたんだから。気にしないでいいんだよ」
「姫様、ずっと郷にいてくれる?」
「いるよ」
「本当に? 彩国にいきたいとかいいだすんじゃないだろうな?」
「いわないよ。ここの暮らし、気に入っているもの」
「本当か?」
「本当だよ。一世も凛夜達もいるし。ずっといたいと思ってる」
「俺も姫様が好きじゃ! ずっと郷にいておくれ」
 しがみついてくる凛夜の背中を、亜沙子は優しく撫でた。
「ありがと。私も凛夜が大好きだよ」
「姫様がいないと退屈じゃ。宗主様も紫蓮様もおっかないし……俺も姫様のことが気になって敵わん。もう、どこにもいかないでおくれ」
「いかないよ」
 胸がぎゅっと締めつけられて、亜沙子は思わず凛夜の頭を腕の中に抱き寄せた。凛夜は吃驚びっくりして声を上げたが、腕の中でじっとしていた。
 ここへきた当初は、望郷や肉親への愛情を、意識してとざしていたけれど、今は自然と想うことができる。
 その心の変化は、燈幻郷の暮らしが亜沙子の中で根づいたからだ。
 まだ怖気づくともあるが、心の底ではとっくに覚悟を決めている――天狼達と共に、ここをついの棲家として生きていく。



cont_access.php?citi_cont_id=691078197&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ