挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
燈幻郷奇譚 作者:月宮永遠

4章:天狼と見る夢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/42

31

 黎明の空に白い満月が浮かんでいる。
 約束通り、天から迎えがやってきた。蒼闇を縫って走る雅な飛車とびぐるまが、ゆっくりと空の高いところから、緋桜邸ひおうていの庭に降りてくる。
 天狼達は、寂しそうに亜沙子を見守っている。後ろ髪を引かれつつ、亜沙子は天帝に仕える天上人、笹良の前でお辞儀をした。
「準備はいいかえ?」
「はい、よろしくお願いいたします」
 飛車に乗りこもうとする亜沙子の手をとり、一世は優しく抱き寄せた。
「辛いことがあれば、この香を焚いて知らせなさい。すぐに迎えにいくから」
 手に握らされた黒くて丸い香を、亜沙子は大切に胸に抱きしめた。
「はい。ありがとう、一世さん」
「三日を過ぎても亜沙子が戻らねば、こちらから迎えにいくからね」
 一世は亜沙子の髪を優しく撫でながら、冷たい一瞥を笹良に投げた。その鋭い視線を正面から受け留めて、笹良は鷹揚に頷いた。
「判っておる。天地神明に誓って、三日経ったら亜沙子を迎えにいくよ」
「その言葉、忘れるなよ」
 空気が緊張を帯びるのを感じて、亜沙子は二人に笑みかけた。
「いってきます、一世さん、皆さん」
 亜沙子が皆の顔を見回して笑むと、笹良は琺瑯ほうろうのように白い手を差し伸べた。
「いくかえ?」
「はい……」
 ほっそりした手に、そっと自分の掌を重ねて、亜沙子は梯子に足をかけた。
 飛車に乗る前にもう一度振り返り、集まった天狼達、一世の顔を視界に収めた。いつもはぴんとしている三角の耳が、心無し元気なさそうに横に伏せている。
 いよいよいくのだと思うと、不安に押し負けそうになる。
 本音をいえば、郷を離れるのは怖い。きちんとお役目を果たせるのか。何が起こるかも判らない……けれど、一世は迎えにきてくれるといった。
「いってきます」
 迷いを断ち切るように、亜沙子はほほえみ、御簾みすの中へ入った。
 シャン、と鈴が鳴る。
 窓越しに、一世に向かって手を振ると、一世も手を軽くあげて応えた。心細さが顔に出ないよう、亜沙子はつとめて明るく笑った。
 飛車は揺れることもなく宙に浮くと、瞬く間にお山を見下ろした。
 オォーン……別れを惜しむ天狼の遠吠えが聴こえてくる。
 亜沙子は小窓を覗くと、耳をそばだて、郷の方角を見つめた。
「大切にされているのう」
 笹良は好ましい者を見るような眼差しで、亜沙子を見た。
「滅多にお山を出ないから、皆も私も少し不安で……たった三日なのに」
「案ずるな。ちゃんと帰してやる。主上も、亜沙子と天狼主あめのおおかみぬしを引き放つつもりはないよ」
「……私が一世さんの傍にいることを、天帝は快く思っていないのではありませんか?」
「いいや。主上は、亜沙子のことを気にかけていらっしゃる」
「……」
「三日後には、また御幸みゆきの迎えにくる。心おきなく、お役目を果たすが良い」
「……本当に、私にできるのでしょうか?」
「その時になれば判る。人の身で、天狼に愛されている亜沙子だからこそ、双方の橋渡しとなれると主上も期待しておられる」
 亜沙子は微妙な表情で頷いた。
「私、かたよっていますよ。人の暮らす彩国より、天狼のいる幻燈郷の方が大切なんです」
 笹良はくすりと微笑した。
「構わぬ」
「期待に応えられるといいけれど……大王のご病気や天災は、天帝の仕業ではないのですよね?」
「そうともいえるし、違うともいえる。この世で起こるあらゆる出来事には起因があり、その全てを天帝は把握されているが、全てに干渉されるわけではない」
「……」
 困惑する亜沙子を見て、笹良は瞳を和ませた。
「主上は、小さき者にも慈しみを傾けられる。故に亜沙子に彩国のおとないをお命じになられたのじゃ」
 答えになっているようで、何一つ判らないような気もする。
「天帝は、どのような御方なのでしょう?」
「知識と命の泉じゃ。この世の森羅万象に通ずる、尊い御方にあらせられる」
「尊敬していらっしゃるんですね」
 亜沙子の言葉に、笹良はほほえんだ。
「わたくしの主上だもの」
 嬉しそうに告げる天女の表情は、あどけない少女のようで、亜沙子は始めて彼女に親しみを覚えた。

 間もなく、眼下に彩国が見えてきた。
 美しい都だ。網目のように家々が並び、とても整然としている。通りは広く、大きな菩提樹が往来の左右に連なっている。
 歴史を感じさせる楼閣ろうかくかわらが、日差しを弾いて金色に輝く様が、なんとも美しい。
 飛車は、彩国の中枢である凌雲宮りょううんきゅうの敷地内に舞い降りた。笹良と亜沙子が姿を現すと、集まっている人々は恭しく首を垂れた。その中には彩国の大王、旭宮あさひのみや暁暉としきの姿もある。
 冷たい木枯らしが吹いて、亜沙子は忘れかけていた冬の寒さを思い出した。悠久の春を謳歌する燈幻郷と違い、下界には季節の移ろいがあるのだ。
 手に持っていた猩々しょうじょうひの外套を羽織ると、こちらを見る銀色の眼差しと目が合った。
「お待ちしておりました。彩国を代表して、御礼を申し上げます」
 暁暉の丁寧な口上に、亜沙子は恐縮しながら会釈をした。
「ご丁寧にありがとうございます。三日間、お世話になります」
「御礼を申し上げるのはこちらの方です。心を尽くしてお仕えさせていただきます」
 真摯な銀色の瞳が、亜沙子を映す。
 成り行きを見守っていた笹良は、そっと亜沙子の肩を抱き寄せると、人の王に向かって居丈高にいい放った。
「判っておうろが、この娘は、蓬莱山ほうらいさん天狼主あめのおおかみぬしの大切な寵姫ちょうきである。傷一つつけてはならぬぞ」
「承知しております」
 大王は恭しく首を垂れた。
「三日後に迎えに参る。亜沙子の身に何かあれば、身の破滅と心得よ」
「しかと承りました」
「心をこめて尽くすように……亜沙子、心穏やかに待つがよい」
「はい」
 輿に乗りこむ笹良を、亜沙子は心細い思いで見つめた。美貌の天女は、扇を閃かせ、万人を魅了するであろう笑みを浮かべた。
「亜沙子、またくる」
「はい。お迎えをお待ちしております」
「うむ。三日後にな」
 雅やかな鈴の音を鳴らして、飛車は宙に浮きあがった。高雅な香りを漂わせ、黒塗りの車は空へ昇っていく。
 天上人の一行が見えなくなると、亜沙子は改めて大王に向き直った。
 視界の凄まじさに圧倒される。
 大王を始め、集まった彩国の貴顕きけん達は、亜沙子を前にして一様に首を垂れている。
 大王の病を本当に治すことができるのだろうか?
 敬虔な人々にかしずかれながら、亜沙子の胸は不安でいっぱいだった。



cont_access.php?citi_cont_id=691078197&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ