挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
燈幻郷奇譚 作者:月宮永遠

0

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/42

0

挿絵(By みてみん)

挿絵(By みてみん)

挿絵(By みてみん)

太古より、八百万の神々が住む蓬莱山ほうらいさんの頂には、
不老不死の霊薬、澄花酒とうかしゅがあるといわれている。

蓬莱山の高所に住む狼は、神々の藩屏はんぺいとして、
山の秩序と澄花酒を護っていた。

しかし、麓に人間が住むようになると、
澄花酒を狙う盗人や、狼信仰の魔除けの犠牲となり、
狼は絶滅してしまう。

憐れんだ天帝は、狼が二度と人間に襲われぬよう、
人の姿と、翼をもつ狼の二つの姿を与え、
威徳高い神獣、天狼として転生させた。

人間は蓬莱山に立ち入ることを禁じ、
麓にお社を建立し、天狼を祀るよう命じた。

天狼は、蓬莱山の高所に集落を築くと、
以降は下界と交わることなく暮らした。

群れで最も力ある狼を天狼主あめのおおかみぬしといい、
山の守護神として人間達に畏れ崇められた。



cont_access.php?citi_cont_id=691078197&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ