挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
燈幻郷奇譚 作者:月宮永遠

2章:桜降る蓬莱山

13/42

11

 蓬莱山の緋桜邸。
 小春日和の午下ひるさがり、雲雀ひばりが歌い、空には桜の花びらが旋回ピルエットを踊っている。
 亜沙子は庭に面した勾欄こうらん風の欄干らんかんで、月胡をつま弾いていた。
 最近、午前中はいつもここで月胡を奏でている。
 目の前には藤の棚、すぐ下は池になっており、水辺の風雅な光景を楽しめるのだ。
 独りで練習していると、みやびやかな衣擦れの音をさせて、紅桔梗べにききょう色の紋羽二重(もんはぶたえ)を羽織った一世がやってきた。
「あれ、今日はお出かけしないのですか?」
 月胡を構えたまま訊ねる亜沙子を見て、一世は優しくほほえんだ。
「するよ。少し時間が空いたから、亜沙子の様子を見にきたんだ」
「あら。じゃあ、お茶でも煎れましょうか」
 亜沙子が楽器を置こうとすると、よい、と一世は手で制した。侍女を呼びつけて茶を持ってくるよう命じると、亜沙子の隣に腰を下ろす。
「月胡の音が聴こえてきて、思わず誘われてきてしまった。いい音を出すようになったね」
「本当ですか?」
「うん。上達したと紫蓮も褒めていたよ」
「ありがとうございます」
 亜沙子がはにかむと、一世は優しげに瞳を細めた。
「この時間、欄干の傍をうろつく者が増えたと灯里が零していたよ」
「え?」
「亜沙子がここで弾いていることを知って、耳をそばだてているのだろう」
「あら」
「弾いてごらん。見てあげる」
「いいんですか?」
「もちろん」
 天狼は音楽を好むという。実際、郷には歌舞音曲に通暁つうぎょうしている者が多く、手の空いている侍女や、時には、今日のように一世に亜沙子は師事していた。
 亜沙子は月胡を構え直すと、一呼吸してから弦を弾いた。ギターに似た楽器は、つま弾くと素敵な音色を響かせる。高音は水晶を転がしたような、低音は身体を震わせるような響き。
「うん、本当にいい音を出すようになったね」
「ありがとうございます!」
「譜面のここ、少し音が走りすぎているかな。指を見せてごらん」
 一世は亜沙子の背に回り、後ろから抱きしめるようにして、亜沙子の指に触れた。
「ほら、指はここに」
「……こうですか?」
 平静を装っているが、亜沙子は内心で悶えていた。基本となる手の形を教えてくれているのだが、意識がおかしな方に逸れてしまう。
「弦を押さえる指は、基本的に決まっているものだよ。もちろん、曲によって変化はするけれど」
 首を傾げる亜沙子を見て、一世は手本を見せてくれた。同じ楽器で、同じ曲を弾いているとは思えぬほど、深みのある音が響く。
「やってごらん」
「はい」
 見た通りに弦を弾くが、何かが違う。何度か繰り返し、亜沙子は肩を落とした。
「……永遠に、一世さんに追いつけない気がする」
「そんなことはない。亜沙子は、良い耳をしているよ」
「耳?」
「私の音を聞いただけで、再現しようとする。音を聞き分ける才能があるんだ」
「……そうでしょうか」
「技巧を凝らした演奏や指遣いよりも、天性の音感は尊い。学ぼうと思って、学べるようなものではないからね。亜沙子は、良い弾き手になるよ」
「……ありがとうございます」
「ほら、弾いてごらん」
「はい」
 音を紡ぐと、一世は演奏する亜沙子の指を注視した。その視線の強さは、亜沙子の胸を甘く震わせる。
 彼は、微に入り細に穿ったような指導はしない。それよりも、弾くことの楽しさを教えてくれる。
 教わる度に、もっと、もっと弾けるようになりたい――自然とそう思わせられるのだ。
「疲れた?」
 亜沙子は手を休めた。少し、と答えて楽器を置いた。つい夢中になってしまい、指も肩も、腰まで痛くなっている。
「頑張ったね。休憩にしようか」
「はい」
 見計らったように、灯里がたっぷりの湯でてたお茶を盆で運んできた。筒茶碗を手に持ち、息を吹きかけていると、一世に髪を撫でられた。
「本当に上達したね、亜沙子。この先が楽しみだな」
「えへ……」
 子供の頃にピアノを習っていた時はすぐに飽きてしまったが、月胡は毎日弾いていても飽きることがない。
 音に魅了されることもあるが、上達する度に、一世が褒めてくれるからかもしれない。



cont_access.php?citi_cont_id=691078197&s

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ