挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

空のアトリエ

作者:那結多こゆり
「今日は何を作ろうかしら?」

 まんまるおめめをパチパチさせて、ビスタはうでを組み、考え始めました。
 ビスタの目の前には、白いモコモコとしたくもがプカリと浮かび、彼女を待っているかのようです。

「きのうはうさぎ、おとといはかめでしょう。今日は……くまにしてみようかな。」

 やわらかいくもを手に取ると、手ぎわよく胴体から作り始め、顔に鼻と口、目をつけて、最後にくまの耳をつけて出来上がりです。
 ビスタは願いを込めて、そのくまを地上へと放しました。

「どうか、このくまを見つけて……。」

 ビスタから放たれたくまは、遠く見えなくなりました。
 休むまもなく、ビスタは同じようにくもでくまを作ります。何体も何体も……。
 そしてまた、地上に向けてくまを放し続けました。

「あっ、おまんじゅうのくもだ」

 地上では、たくさんの子供たちがそらを見上げては、くもの形を見て当てっこ遊びを楽しんでいます。
 空には無数くもが浮かび、ビスタの作ったくまがいろんな形に変化していました。

「あれは、トマト?」
「あっちに、ドーナツもあるよー。」

 子供たちの口から”くま”のくの字も出てきません。

「今日もダメだったわ。」

 子供たちの声に耳を傾けていたビスタは、ガックリと肩を落としました。

「ビスタ、気を落とさないで。あなたはまだ始めたばかりなのだから。」

 やさしい瞳をした女性が、ビスタを元気づけました。
 そう、ここは空の上に建つ芸術学校。くもを使って作品を作り、地上へ放ち完成品が出来るまで、自分のうでをみがいています。
 ビスタも先生や先ぱいのように、早く完成品を地上に届けられるよう、今日もがんばっています。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ