挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

dt-takadaさんが小説家になろうにログインしました

作者:dt-takada
気持ち悪い表情を浮かべ一人の男が話し出す

「どれ、どれ...ヘヘヘ、小説家になろうとはどんなサイトなのかな?」

この男あわよくば、小説家になろうと考えているようだ。


新規保存とプレビューしかないことに慌てふためく男。
保存というのは投稿兼保存なのか?とりあえず下書き保存をしたいんだ、投稿は怖い。と思うビビりな男。
俺が見た小説家になろうは色々分かれていて、小説の説明とか章分けとか色々出来たのに本文とタイトルしか打てない...と愕然としている男
勇気を振り絞った男、新規保存を押す。
周りの景色が一変し、そこはバラ色の世界...にはならなかった。ただ保存されただけで先は長いことに気が付く。

説明書は読まないタイプなのだ。だからこういうことを頻繁に起こす。
ユーザー投稿型ニュースコラムサイトで、はじめまして、と自己紹介する記事を書き、秒で記事削除とお叱りメールが来たのは今でも忘れられない。
だがここではまだうっかりミスをしただけでなにも公開されていない。出来る男はそうミスを犯さないのだ。※当方ニートです。


意気込みを述べるとするならば

「カレーうどんが食べたい」

小説の方なら「面白い話を書いていきます、読んでね」



の始まり

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ