挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第十一章 氷の断章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

73/96

キースも人の子

 冬の夜明けは遅い。
 まだ、暗いうちにキースは目覚めた。

 ――カイは、本当に大丈夫だろうか。

 カイは、もうすっかり治った、と言っていたが、キースは心配だった。心配過ぎて眠りは浅く、いつもより早く目覚めたのだ。
 キースは皆が起きないよう、そっとベッドを離れる。そしてカイのベッドに静かに近寄った。

 ――あ。剣の姿で寝てる。

 カイは、剣の姿になって眠っていた。

 ――うーん。これじゃ顔色もなにもわからんな。

 当然ながら、いつもと同じ剣の色。キースは試しに剣のつかの部分に触ってみる。

 ――ますますわからん。

 もしかして、具合が悪くなって剣の姿で寝てるんじゃないか、カイを見ているうち、本当に心配になってきた。

 ――でも、ふだんも剣の姿で寝てるときもあるしなあ。

 キースは、カイのベッドのすぐ脇にあぐらをかいて座り、腕組みをした。

「具合が悪くないといいんだが……、カイ……、辛くないだろうか……」

 そして、そのままいつの間にか眠ってしまった。

「わっ! 史上最悪の寝相の悪さですよ!?」

 目が覚めたカイが仰天する。カイは、キースが寝返りを打ちまくって転がりまくり、偶然カイのベッドの下にたどり着き、挙句腕組みをしてあぐらをかいた状態で寝ていると思ったのだ。

「違うわ!」

 カイは、元気だった。



「本当にお世話になりました。おかげさまで、もうすっかり元気になりました」

 出発前、カイが宿屋の女将に深々と一礼した。

「お元気になられて本当によかったですねえ! これ、ハーブで作った『サ』除けのスプレーです。どうか道中お気をつけてくださいね」

「ありがとうございます……!」

「皆さんも、どうかお体に気を付けて、よい旅を続けてくださいね!」

「はい! 本当にお世話になりました!」

 一同、女将の心遣いに深く感謝しつつ、宿屋を後にした。
 晴れ渡った冬の朝。冷たい透明な空気。一面に積もった雪が、眩しいくらいに白い。
 女将に貰った「サ除けスプレー」は、なぜか甘いバニラの匂いがした。

「カイ! なんだかソフトクリームを思い出すなあ!」

 キースが笑う。

「……思い出さないでください」

 カイが長い生涯で唯一食したもの、それは驚異の「ソフトクリームもどき」、雪イルカのフンである。



 それぞれ、ペガサス、ドラゴン、翼鹿に乗って空を移動する。

「あれっ!?」

 眼下に見える峠道に、動く物が見えた。馬車だった。目に留まったのは、馬車の馬が暴れているようで、不自然な動きに見えたからだった。よく見ると、右の後輪が脱輪し馬車は今にも崖に落ちそうになっていた。

「大変だ!」

 一同は急いで馬車のもとへ降りた。

「今助けるからな!」

 キースとカイ、ミハイルと宗徳で力を合わせて馬車を引き上げようとする。

「お馬さん! 私たちが助けてあげるから、落ち着いて!」

 妖精のユリエとアーデルハイトが興奮状態の馬たちを必死になだめた。魔法を使い、なんとか馬たちは落ち着く。それから、ペガサスのルークやドラゴンのゲオルク、オレグ、翼鹿の吉助も馬車の引き上げに協力する。

「よいしょ!」

 ガコン!

 大きな音を立て、無事馬車は引き上げられた。

「本当にありがとうございました! 本当に危ないところでした……、もう、どうなることかと……!」

 馬車の御者が額の汗を拭いながら、皆に頭を下げ、礼を述べた。
 馬車に乗っていたのは、馬車の御者と、客であろう若い夫婦とその幼い娘だった。

「助けてくださって本当にありがとうございます……! 娘が急に熱を出したので、町の病院へ連れて行くところだったのです……」

 若い母親が、娘を抱きかかえながら心からの礼を言う。相当怖い思いをしたのだろう、幼い娘はしっかりと母親にしがみついたまま泣いていた。

「御者さんに、無理を言って急がせてしまったのと積雪のため、脱輪してしまったのでしょう……、ああ……! 旅の皆さん、本当にありがとうございます!」

 若い父親も深く頭を下げた。年齢は、キースと同じくらいに見えた。

「急に熱を……! それは大変だ! もしよかったら、俺たちが病院まで連れて行こうか?」

「えっ……?」

「馬車で山を越えるより、はるかに早いと思う! ええと、アーデルハイトが娘さんを抱っこしてゲオルクに乗せて、俺がご主人を乗せて、ミハイルが奥さんを乗せて、宗徳がご家族の荷物を乗っけて、皆で病院に行くってのはどうだろう?」

「えっ……、そ、そんな、いいんですか?」

「困ったとき、遠慮はなしだあ!」

「ありがとうございます……!」

 若夫婦は、御者に馬車の代金を支払った。雪道を急がせて脱輪させてしまったお詫びの意味も込めて、多めに代金を支払ったので、御者も不服はなく、むしろありがたいくらいだった。

「それでは皆さん、お気をつけて! 旅のかたがた、どうかよろしくお願いしますよ!」

 それに、御者もかわいそうな幼子を、一刻も早く病院に連れて行ってあげたかったのである。若夫婦と幼子をキースたちに託し、馬車は元来た道を戻って行った。

「容体が少しでもよくなるよう、まずは治癒の魔法をかけますね」

 アーデルハイトは幼い女の子に治癒の魔法をかけてあげた。気持ちも落ち着き、呼吸もだいぶ楽になったようだ。

「それじゃあ、しっかり捕まって!」

 一同、町へと急いだ。



 病院は、すぐに見つかった。心配な病気ではなく、風邪とのことだった。幼い女の子は注射をしてもらい、薬ももらった。

「本当に、ありがとうございました……!」

 夫婦と幼い女の子は、揃ってキースたちに深々と頭を下げた。

「旦那さんがた、俺たちに礼を言うのは、早いぜ!」

 キースが笑う。

「え……?」

「ちゃんと家まで送るよ! なあ、みんな! いいだろ?」

 皆も笑顔でうなづいた。

「娘さんが早く体を休められるよう、私たちに協力させて!」

 アーデルハイトが女の子の髪を優しく撫でた。

「俺たちも心配で旅立てないからなあ! 家まで送らせてくれ!」

「本当になにからなにまでありがとうございます……!」

 一同は、一家の住む山裾の集落に向かった。
 一軒の家の前に降り立つ。

「ゲオルクしゃん、ありがとー!」

 女の子は、自分を乗せて空を飛んでくれたドラゴンのゲオルクに、お礼のキスをした。

「きゅうっ!」

 ゲオルクは思わぬご褒美に目を細めた。嬉しくて長い尻尾まで振っている。

「わたし、おおきくなったら、アーデルハイトおねえしゃんみたいに、ドラゴンにのるーっ! そして、おとうさんおかあさんとまちへいくのーっ!」

 女の子は瞳を輝かせた。アーデルハイトの治癒の魔法と病院の注射が効いているようで、体もだいぶ楽になっているようだった。

「そっかあー! それならいつでもすぐに町へ行けるわね! でもまずは、ちゃんと休んで風邪を治して、元気にならなきゃねー!」

 アーデルハイトはしゃがんで女の子と目線を合わせて微笑み、頭を撫でてあげた。

「本当にありがとうございました。皆さん、お礼に家でお昼でも……」

 若い母親も、ひと安心したようで笑顔も明るい。

「いえいえ! 娘さんの看病もあるから、ご厄介になるわけには! そいじゃ! 俺たちは行きます! お大事にねーっ!」

 若い夫婦が気を遣わないよう、そして女の子が早く体を休められるよう、挨拶も早々に一同は旅立つことにした。
 若い夫婦と幼い女の子は、キースたちが見えなくなるまで手を振っていた。

「さっきの町で、昼ごはんにするか!」

 一同、病院のある町へ戻る。午後になっていた。遅い昼食である。お昼、というより、すっかりおやつの時間だった。一番初めに見つけた食堂に入り、食事の注文をした。

「あ……! 雪……!」

 ふと窓を見ると、雪が降り始めていた。

「……今日は、この町で宿をとったほうがいいかもしれないなあ」

 キースが呟く。冬の夕暮れは、早い。

「そうですね。次の町まで少し距離があるようですし」

 ミハイルが、地図を見ながらうなづく。冬の野宿はなるべく避けたかった。

「美味しいねーっ!」

 隣の席の女の子たちが明るい声を上げる。
 カイとキースは、なにげなく隣の席を見る。

「!」

「!」

 隣の席の女の子たちが食べていたのは、ソフトクリームだった。白く輝くバニラソフトクリームと、チョコレート色のソフトクリーム。

「ソ、ソフトクリーム……」

「ついに、本家登場ですね……」

 「サ除けスプレー」のバニラの香りを漂わせながら、カイはまがい物ではない本家の美しいとぐろの巻き具合に、釘付けになっていた。

「……カイ。俺たちも頼んでみる?」

「誰が頼みますかっ!」

 ちょっとふざけてみたキースだが、自分の料理が運ばれてくると、なかなか箸は進まなかった。

「……さすがに、キースも人の子だな……」

 宗徳が、しみじみとうなづいた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ