挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第九章 白く輝く季節へ

57/79

五百二人の店

 久しぶりの大きな町に降り立つ。

「そろそろ、冬用の服を買っておいたほうがいいかもしれないな」

 朝晩、冷え込むようになっていた。店も数多く立ち並ぶこの町で、冬服を購入しておいたほうがいい、ということになった。

「そういえば……。なんとなく疑問に思ってたんだが――」

 キースがカイの服を引っ張る。

「これ、服だよなあ」

「ええ。服です」

「……お前、剣になるとき、どうしてるんだ?」

 素朴な疑問をカイにぶつける。

「えっ……」

 カイは口ごもった。

「剣の姿のとき、服はないよなあ」

「ま、まあ、そんなのいいじゃないですか。それより、あの店に……」

 カイが適当にごまかそうとする。

「なあ。どうなってるんだ? お前」

 キースは追及の手を緩めない。

「俺のことは、別にどうでもいいじゃないですか」

「お前のことだから気になるんだよ」

「気にしないでください」

「気になる」

 答えないと、ますます気になってくる。キースは、じっとカイの瞳を見つめる。
 カイは、ため息をついた。

「……脱いでます」

 カイがぼそっと答える。

「え!?」

 キースも他の一同も、思わず目を丸くした。

「素早く脱ぎ着してます」

「ええっ!?」

 予想外のアナログな答えに、一同仰天した。

「服は脱いでたたんで邪魔にならない所に置いてます。で、人の姿になるとき、また着ます」

「えええーっ!?」

 脱いで、たたんで、置いておく……!?

 一同、思わず口がぽかあんと開いてしまった。

「それを素早くこなしますので、人の目にはわかりません」

「マジかっ!? 一瞬のうちに、そんなめんどくせえことやってんのか!?」

「まあ、最初からそうなので、俺は別にめんどくさくないです」

 一瞬で剣に変わり、一瞬で人の姿に戻っていた。その間に実は服を脱いだり着たりしていた。しかも、服は律儀にたたむという。

「なんでそんなややこしいことになってるんだ!?」

 思わずキースが叫ぶ。

「俺を作り出してくださった大魔法使いヴァルデマー様と名匠オースムン様は、リアリティを追及されるかたがたでした。人の姿の俺は、人間の男性そっくりの仕様なので、服は必須なんです」

「あれっ……」

 キースが、ある大切なことに気付く。

「……その話はもういいでしょう」

 カイは頬を染めていた。

「あれっ!? てことは、お前、もしかして全裸になってんの!?」

「深く追求しないでくださいっ!」

 だから話したくなかったんだ、とカイは思う。

「やーらしー!」

「仕方ないでしょう! 俺はそういうシステムなんですからっ!」

 俺のせいじゃない、とカイは叫びたかった。カイの顔は真っ赤だ。

「あれっ!? ルークに乗ってるとき、剣の姿になってる場合は、服はどうしてんの!?」

「……たたんでキースの荷物に入れてます」

「へええ。どこまでも素早いねえ」

 キースは感心した。それから、なんだか笑いがこみ上げてくる。素早くせっせと全裸で、カイが服をたたむ姿を想像すると笑えてくる。まったくおかしな光景である。やはり正座でたたんでいるのだろうか、そんなことを考えると、ますます面白く思えてくる。

「なあ。ちょっと見せてみろ」

「嫌ですよ」

「わかるように、ゆっくりやってみろよ」

「嫌ですって」

「確かに、みんなの前では嫌だよなあ。じゃあ、みんながいないとき、こっそり見せて」

「いーやーでーす!」

「いつでもいいから。いつでも」

「いーやーでーす!」

「俺は辛抱強く待つ! なっ? いい子で待つから! だから見せて!」

 わけのわからない懇願である。

「いーやーでーす!」

「気になるーっ! 見たいーっ! 見せろーっ!」

「いーやーでーす!」

「見せてーっ! カイの職人技、見せてーっ! 国宝級の匠の技―っ!」

「別に職人技じゃないですからーっ!」

 そこから、カイとキースの追いかけっこが始まった。逃げるカイをキースが追いかける。ドタバタと辺りを走り回る。

「……ねえ。アーデルハイト。キースに告白したこと、後悔してない?」

 妖精のユリエが、アーデルハイトにそっと尋ねる。

「……聞かないで」

 アーデルハイトは赤面し、うつむいた。
 キースにとって、大騒ぎの理由はなんでもいいようだ。純粋に見たいというより、ただ、ふざけ合いを楽しんでいるだけである。

「だから話したくなかったんです!」

 ちなみに、他のカイのきょうだいも同じことをやっている。器用なきょうだいである。ただ、長兄のコンラードだけは、服をあちこち豪快に投げ飛ばしながら脱ぎ、そのまま散らかしっぱなしにする。

「あれ。服を着忘れてしまったようだ」

 コンラードはそう言ってそのまま全裸のままで過ごすこともある。どうぞご自由にご覧ください、という勢いである。どう考えても、忘れたというより確信犯である。カイとラーシュが全力で阻止するので、閲覧可能状態が長く続くことはないが。

「お盆が近くにあってよかったです」

 これは、近くのお盆でとっさに隠してあげた、ラーシュ談。

「お盆は叩くことも出来るので、万能アイテムですね」

 これは、お盆でコンラードの頭を叩いた、カイの言葉である。

「コンラードお兄様、もしかして服が体に合わなくて窮屈なのかしら……? だから、着たがらないのかしら……?」

 妹のセシーリアは、いつもコンラードに新しい衣装を探してあげようとしていた。ラーシュとカイは、心優しい妹にそっと教えてあげる。

「セシーリア。コンラード兄さんは、ただの変態なんだよ。だから、大丈夫」

「大丈夫なの……? それならよかった……!」

 セシーリアは、明るく顔を輝かせる。

 あの説明で、よかったんだろうか――。

 今でもたまに、カイはそんな会話を思い出す。セシーリアは無邪気に笑っていた。

 まあ、いいか――。

 それより、セシーリアも全裸になる辺り、少し気にかかるが、そういう仕様なので仕方ない。
 キースとドタバタ騒ぎながら、カイはふと思う。

 この前のコンラード兄さんとの交信のとき、コンラード兄さんはちゃんと服を着ていたな。よかった――。長いときを経て、コンラード兄さんも少し変わったのかもしれない。

 ただ単に、スノウラー山が寒かっただけである。



「ユリエちゃんも、冬服が必要よね」

 アーデルハイトが呟く。でも、小さな妖精用の服なんて、売ってるんだろうか――?

 それに、カイは小柄だから、カイに合う服もちょっと探すの大変かも――。

「あの店はどうでしょうか?」

 ミハイルが指差した店は、オーダーメイドの洋服屋だった。

『完全オーダーメイド洋服屋です! 妖精から、巨人まで!』

 看板に、ちゃんと書いてあった。

「よかったね! このお店ならユリエちゃんのお洋服も作ってもらえるわ!」

 一同、店内に入ることにした。

「いらっしゃいませ」

 店員は、身長が五メートルくらいある大きな男性と、十五センチくらいの身長の小さな女性だった。

「冬服のオーダーメイドですね。すぐ出来ますよ。皆さん全員分で、五十分くらいで出来ます」

 五メートルの男性が説明した。

「五十分!? 早い!」

 思わず一同驚く。

「うちは、大勢でやってますんで」

 十五センチの女性が微笑む。

「大勢って、お二人だけなのでは……?」

 不思議そうに宗徳が尋ねると、奥から身長十五センチの集団がぞろぞろ出てきた。総勢、五百人はいるだろうか。

「いらっしゃいませー! では、採寸しまーす!」

 総勢五百二人の店員たちは、忙しく働く。あっという間に全員の採寸が終わり、それぞれの服の要望もメモする。

「こちらのお客様は、かっこいい冬服ですね」

 キースの要望である。

「こちらのお客様は、ふんわりとした優しいイメージの冬服ですね」

 アーデルハイトの要望である。

「こちらのお客様は、機能的な動きやすい服ですね」

 カイの要望である。ちなみに、カイの服代はキース持ちである。

「カイの服、ちょっと面白いデザインにしてやってよ」

 キースが要望に口を出す。キースが財布係なので、カイは文句を言えない。

「こちらのお客様は、アップルパイやスイーツのの柄を入れたかわいいお洋服ですね」

 ユリエの要望である。ちなみに、ユリエの分の代金は、アーデルハイトが出すことにした。

「こちらのお客様は、今着ているお洋服の冬バージョンですね」

 宗徳は、着物を着ていた。着物の冬服をお願いした。

「こちらのお客様も、今着ているお洋服の冬バージョンですね」

 ミハイルは、僧職のような聖職者のような特殊な服を着ていた。その冬服をお願いした。
 それから、全員外套もオーダーした。雪が降っても安心である。

「皆様、お待ちの間、店内でお茶や軽食はいかがでしょうか。こちらは別料金になりますが」

 店員たちが指し示したほうは、喫茶スペースになっていた。お茶や軽食だけのために来店する客も多いらしい。

「本当に、素敵なお店ね!」

 お昼どきだったので、昼食をここでとることにした。

「ごはんも美味しいなあ!」

 料理やお茶を楽しむと、五十分はあっという間だった。

「出来ましたー!」

 五百二人が一斉に叫んだ。

「わあ! 素敵……!」

 生地の材質もよく、デザインも洒落ていて、着心地がとてもよかった。縫製もしっかりしている。そして、皆の要望はきちんと反映されていた。それは、要望以上のよい仕事だった。

「ありがとうございます! これで冬が来ても安心だ!」

 キースの付け加えた、カイの服の面白要素は、デザインとしての斬新さとして解釈され、結果誰の服よりもかっこよくなっていた。

「なあんだ。笑える服になるかと思ったのに! 俺のよりかっこいいじゃん!」

 キースがうらやましそうにカイの服を見る。

「……笑える服ってなんなんですか」

 カイはキースをちょっと睨む。でも、新しいかっこいい服を買ってもらい、内心とても嬉しく思っていた。

「ありがとうございましたー!」

 五百二人が一斉にお辞儀をした。

 一同、笑顔で店の外に出る。結構な金額となったが、金額以上の仕上がりなので、それぞれ心から満足していた。それに、美味しいお茶と料理でお腹も大満足だった。

「さて。冬服も準備できたし――」

 キースが呟く。

「カイ! 着替えて見せてーっ!」

「嫌ですよーっ!」

「ぜーんら! ぜーんら! 匠の全裸―っ!」

「絶対見せません! 特にキースには!」

「なんで俺だけダメなんだよー!?」

「絶対絶対、嫌ですーっ!」

 またドタバタ騒ぎである。

「……アーデルハイト……」

 ユリエがアーデルハイトにそっと話しかける。

「なにも言わないで……」

 アーデルハイトは、頬を染めうつむいて首を振った。
 ミハイルと宗徳は、顔を見合わせ、肩をすくめる。
 キースもカイも、走り回りながら笑った。皆も、しょうがないなあと思いつつ、くだらないやり取りを見て笑顔になる。
 街路樹は落葉が進んでいる。
 冬はもう少しでやってくる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ