挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第八章 実りの季節

52/58

月夜の告白

 キースとアーデルハイトは、予約しておいた宿屋の前まで来た。手を繋いだまま――。
 他の皆は、先にさっさと宿屋に入ってしまった。
 いつの間にか、月には雲がかかり始めていた。星々は悠久のときを越え、美しくまたたく。

「……アーデルハイト」

 キースの声はいつもより低く、少し緊張しているようだった。
 アーデルハイトは、キースの青い瞳をまっすぐ見つめた。

「…………」

 キースは、なにか大切な一言を言おうとしているようだった。

 どきんどきん……。

 アーデルハイトの胸は高鳴る。
 アーデルハイトは、ただ静かにキースの言葉を待つ。きっと、それは自分が今までずっと待ち望んでいた言葉――、アーデルハイトは信じて、そのときを待った。
 キースには、まだ迷いがあった。

 ――星の樹のおばあさんは、自分の気持ちに正直になっていいと言ってくれた――。でも、俺の先には避けられない命を懸けた戦いがある。今だけを見つめて、本当にそれでいいのだろうか……。

 しかし二人の手は、しっかりと繋がれたままだ。
 夜風が、アーデルハイトの金の髪を撫でる。
 キースの瞳には、アーデルハイトしか映っていない。

「……アーデルハイト」

 キースはふたたびアーデルハイトの名を呼んだ。キースは意識してそうしたわけではないが、世界でたった一人の愛しいひとを呼ぶような、そんな呼びかたで、アーデルハイトの名を呼んだ――。

「……はい」

 アーデルハイトは、いつもの友達感覚とは違う返事をした。その簡潔な二文字の返事には、美しく穏やかな響きがあった。世界でたった一人の愛しいひとへと向けた、特別な声――。たった二文字の言葉に、名を呼ぶ声への返事という単純なことに、アーデルハイトのすべての想いが込められていた。
 月が雲間から美しい姿を現す。

『それでも、みんな恋をするわ』

 星の樹のおばあさんの声が、キースの頭の中に優しく響き渡る。

『人はそれぞれ、自分らしく生きていいのよ』

 キースの瞳には、柔らかな月の光を浴びたアーデルハイトが、まるで月の女神のように見えた。

 ――ああ。綺麗だな――。

 キースは、あふれる気持ちを自分の中に留めておくことはもう出来ない、そう悟った。

 ――俺は、過去でもなく未来でもなく、今を生きている……! 今を精一杯生きることしか出来ない――、いや、俺は今を精一杯生きることが出来るんだ! 俺は今、俺の気持ちを伝えたい――!

「……好きだ……!」

 キースはついに、心の内にあたため続けていた想いを告げた。

「……キース!」

「俺は、アーデルハイトが好きだ!」

 自分でもびっくりするくらい、自然と言葉が出てきた。
 月や星の輝きのもと、その美しい特別な言葉は違和感なく世界に溶け込んでいく。

 ――ああ。不思議だ――。この綺麗な月夜の晩にアーデルハイトに自分の気持ちを告げることが、まるで、ずっと前から決まっていたことのように感じる――。

 時間が止まったんじゃないか、キースにはそう思えた。
 キースは、ただまっすぐアーデルハイトを見つめた――、はずだった。
 宿屋の前の庭に、(すき)が置かれたままになっていた。キースの目の端に、鋤が映る。

 ――ああ。すきだ……。

 キースは、ぼんやりと鋤を見つめた。

 ――なんでこの晩このタイミングで、鋤が目の前にあるんだろう――。

「キース……! 私も……、私も……! キースが、好き……!」

 キースは頭の中から、いったん鋤を追いやった。
 そんなキースの一瞬の隙をついて、アーデルハイトはキースの胸に飛び込んでいた。

「キース……!」

 アーデルハイトはキースの首に、しなやかな両腕を回す。

 ――しまった! 鋤に気を取られている隙に、先手を取られた!

 格闘技じゃないのだから、先手もなにもあったもんじゃないし、「隙」というのも妙だが、キースの感覚的には、隙をつかれて主導権を取られてしまったような感じだった。

 ――男らしく、俺がアーデルハイトを抱きしめようと思ったのに……!

 なぜか、ちょっと悔しく思う。

「……てゆーか、あれっ!?」

「え……? 『あれ?』って、なあに?」

 アーデルハイトは、潤んだ瞳でキースを見つめる。

「ええっ!? アーデルハイト、俺のこと、好きなの!?」

「なにを今更っ!?」

 アーデルハイトは呆れる――、この期に及んで、なにを言う!

「マジでっ!?」

 キースがすっとんきょうな声を上げる。

「マジで!」

 アーデルハイトが気恥ずかしさにちょっと乱暴に答える。

「マジかっ!?」

「マジだっ!」

「……アーデルハイト……」

 ――夢じゃ、ないんだろうか……!?

 吸い込まれるような満天の星空。まるで違う時間軸の世界に迷い込んだように感じた。でも、確かにアーデルハイトのぬくもりを、息づかいを感じる。柔らかな体を、かぐわしい香りを、感じる。

「キースの……、ばか……」

 アーデルハイトは、キースの厚い胸板に顔をうずめた。

「アーデルハイト……」

 キースは、強くアーデルハイトを抱きしめた。

 ――アーデルハイト……! 俺の、俺の大切なひと……!

 鋤が、月の光を受け静かに輝いていた。

 ――ああ……! すきだ……!

 だから、なんでこんなときに鋤があるんだ、とキースは内心ツッコミを入れる。

 ザワッ!

 そのとき突然、キースの背に悪寒が走った。

「なにっ!?」

 ――なにかの気配を感じる!

 アーデルハイトもなにかを感じた。二人は素早く振り返る。

「魔物かっ!? それとも魔族!」

 視線の先、暗い闇の中に一人の老人がいた。

 ――しまった! カイが近くにいない!

 キースは、一時でもカイと離れてしまったことを悔やんだ。

 ――剣がなくても、戦えるが――、でも、もしやつが魔族だったら――!

「違うわ! キース! 彼は……、亡霊よ!」

「亡霊!?」

 その気配から、アーデルハイトは老人の正体を感じ取った。

「なーんだ! お化けかあ! 脅かすなよー!」

「……キース。その反応、変じゃない?」

 普通、お化けだったらびっくりするものだが、今のキースは逆にホッとしていた。

「アーデルハイト、お化けもわかるのか?」

「ええ。『心霊』の授業でちょっと習ったわ」

「へええ! すげえな!? 魔法学校って、なんでも授業あるんだな!」

「まあね……。『未確認飛行物体』とか『秘境探検』の授業とかもあったわ」

 バラエティーの特別番組みたいである。

「そんなことより、どうしてここに幽霊が!?」

 アーデルハイトは、その亡霊が悪い性質のものではないと感じた。危険ではないと判断し、話しかけてみることにした。

「……あなたは、どうしてここにいらっしゃるのですか……?」

「……あの鋤は、私が彼女からプレゼントされたものだったのだ」

 アーデルハイトの質問には答えず、老人は鋤を指差す。

「彼女……?」

「ここは、昔、私の畑だったのだ。私は、貧しい農家の息子。彼女は領主の娘。身分違いの恋だった――」

「身分違い――」

「私と彼女は本当に想いが通じ合っていた。でも、彼女の幸せを思い、私は自分の想いを隠し、黙って彼女を突き放した。わざと、嫌われるようにしたんだ」

「そう……」

「彼女は、彼女の身分にふさわしい相手と結婚した。私は、生涯独身を貫いた。私は一人働いて、年老いて、そして死んだ。今更未練があるわけでもないはずなんだが、どうしてだろう、またこの世に出てきてしまった。ここの宿屋の使用人が、私の鋤を使ってしまい忘れているからかな」

「……彼女のことを、本当に愛していたんですね。そして、彼女も心からあなたを愛していた……」

「……好きだから、鋤をくれたんだろうな。お茶目な子だったよ」

 老人は笑う。

「鋤に、彼女の想いが詰まっているのですよ。今でも、その気持ちが鋤に記憶されている。あなたが恋しいという強い想いが。だから、あなたが呼ばれてしまった。この鋤が、あなたを呼んだのでしょう」

「……そうか……、そんなに私のことを――」

 老人の瞳に、涙があふれる。
 アーデルハイトは、鋤にそっと手を触れた。

「彼女の『想い』よ、出ておいで……! 彼に連れて行ってもらいなさい。これからは、ずっと彼と一緒にいられるわよ――」

 アーデルハイトが語りかけると、鋤から美しい黒髪の女性が現れた。

「鋤造さん!」

 老人の名は、鋤造といった。

「数寄子様!」

 女性は、数寄子といった。
 鋤造と数寄子は抱き合った。長いときを越えて――。

「彼女は、彼女の『想い』が実体化したものです。彼女であって、彼女ではないですが――。でも、間違いなく彼女の魂の大切な一部分です。一緒に、天国に連れて行ってあげてください」

「ありがとう……!」

 鋤造と数寄子は笑顔で手を振りながら、天へと昇って行った。

「それだけ、二人は強い想いで結ばれていたのね――」

 鋤造の、数寄子の幸せを願い、身を引いた選択は間違ってはいなかったのだろう、とキースは思う。鋤造は、精一杯自分の人生を生きたのだと思う。数寄子も、家庭を守り精一杯自分らしく生きられたのではないかと思う。

 ――人が心底考えて選んだ道にきっと間違いなんてない。自分の気持ちに正直に生きられないときもある。でも、そんな中でも、きっと最善の生き方が出来るはずなんだ……。だけど……、だけど、二人が幸せになれたらよかったのにな……。

「……俺は、恵まれているんだな……」

 キースはそっと呟いた。

「え……? なにが……?」

 アーデルハイトがキースのほうを振り返る。

「自分の気持ちに正直になれた!」

 アーデルハイトは、キースの言葉に思わず笑顔になった。こぼれんばかりの笑顔に。

「うん……!」

 それから、キースは思う。

 ――あの老人が、魔族でなくて本当によかった! もし、もし今魔族が襲ってきたら……!

 油断していた。

「カイとは、一緒に行動をするようにしなくてはな……!」

 キースの真剣な表情に、アーデルハイトはキースの言葉の意味がわかった。いつでも、戦闘が出来る状態でなければならないのだ。

 ええー……。二人っきりにはなれないの……?

 アーデルハイトは、ちょっぴり拗ねようかと思ったが、そんな場合ではない、と思い直す。それに、ここは大人の女性らしい余裕を見せようと考え、二人きりでいたい気持ちを隠すことにした。

「そうね……! どんな恐ろしい敵が襲ってくるかわからないから……!」

 キースは気持ちを引き締め、宿へ向かう。

 アーデルハイトは、キースに後ろから抱きつきたい、そう思った。そこまで大胆でなくとも、せめてキースの上着の裾を掴みながら歩きたい、そんなちょっぴり甘えてみたい衝動を抑えつつ、キースの後を付いていく。

 ねえ、キース。さっきの続きは……?

 アーデルハイトが少し唇をとがらせ拗ねているのに、キースは気付かない。

「あ」

 突然キースは足を止め、アーデルハイトを見つめる。

「え」

 アーデルハイトはどきりとする。

 ぎゅっ。

 キースはふたたびアーデルハイトの手を握った。

「はぐれないようにな!」

「う、うん……!」

 はぐれるもなにも、あと数歩で宿屋の玄関なのだが。

「アーデルハイトは俺が守る」

「うん……!」

 カイが近くにいない今、たぶん魔法を使える私のほうが強いよ、とアーデルハイトは思う。でも、アーデルハイトは黙っておいてあげることにした。

 キースは私が守るよ。

 アーデルハイトは、キースの肩に頬を寄せた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ