挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第七章 新しい目覚め

46/79

寝言のように言ってみる

 一同は山の中に降り立つ。昼食と休憩のためである。町があれば、町に立ち寄りたかったのだが、ずっと山並みが続いており適当な集落が見当たらなかったのだ。

「なんか、暗い感じの山だなあ」

 そこは、昼でも薄暗い不気味な山だった。

「ちょっと……。降りる場所を間違えたかもしれません」

 ミハイルが辺りを見回しながら呟く。
 木々は気味悪くねじ曲がり、うねるように生えている。じっとりと、漂う空気も湿っているようだった。足元の草が足に絡みつく。

「ここは、魔の気配が……」

 退魔士のミハイルがそう言いかけたときだった。

「ミハイル! お前昨夜、おなかいっぱいになる夢、見てただろー!」

 急に思い出したのか、キースが笑いながらミハイルに話しかける。

「えっ! どうしてわかったんですか!?」

 ミハイルは、どきっとした。まさに昨晩、おなかいっぱいの夢を見ていたのだ。

 えっ!? おなかいっぱい!?

 隣にいたアーデルハイトも、どきっとしていた。「おなかいっぱい」といえば、アーデルハイトの占いで、水晶が導き出した言葉だった。

 キースの気持ち……、「おなかいっぱい」って占いに出てた……。

 アーデルハイトは昨晩の自分の占いを思い出す。

「ミハイル! お前、思いっきり寝言言ってたぞ! モロに『おなかいっぱい』って!」

 キースはミハイルを小突きながら笑う。

「えっ! ほんとですかっ! 僕、そんな寝言言ってたんですか! 恥ずかしいっ!」

 ミハイルは頬を赤くした。寝言を言っていただけでも恥ずかしいのに、内容が内容である。

「ははは! まだまだミハイルも修行が足りんな!」

「ミハイル殿がそんな寝言を! 意外だな! キースのほうが言いそうなのに!」

 隣にいた宗徳も笑った。しかし、キースは覚えていないし、ミハイルも宗徳もカイも聞いていなかったが、実際はキースもしっかり同じ寝言を言っている。

「んん? そーいや、そーゆー宗徳も寝言言ってたな! もう一杯お代わり出来る、って言ってたぞ!」

 宗徳も、はっきりと寝言を言っていた。キースは宗徳の寝言も思い出して、思わず吹き出す。

「ああ! 言われてみれば確かにそんな夢を見ていた気がするな。もう一膳いけそうな気がした」

 宗徳がうなづきながら笑う。「もう一膳いけそうな夢」とはいったいどんな夢なのだろう。

「ははは! お前らが変な寝言言うから、俺もおなかいっぱいになる夢見ちまったよ!」

 そう言って、キースは愉快そうに笑う。自分だけ寝言など言っていないと信じながら。

「えっ!」

 アーデルハイトが、驚いた顔でキースを見つめた。

「ん? どーした? アーデルハイト」

「キ、キース……。それで、昨晩『おなかいっぱい』って……」

 水晶に映し出された言葉、キースの気持ち――。

 キースを見つめるアーデルハイト。その瞳は熱を帯びていた――。

「ん? まさかアーデルハイトも、おなかいっぱいの夢でも見たのか!?」

 だから、熱を帯びた目で激しく同感してるのか、とキースは思った。

「……ユリエちゃんっ!」

 アーデルハイトは、キースの問いには答えず、隣にいた妖精のユリエをぎゅうっと抱きしめた。

「ユリエちゃん! ユリエちゃん!」

 よかった……! キースは、ほんとにおなかいっぱいだったんだ……!

 アーデルハイトは、満面の笑顔で小さなユリエの手を取り、くるくると楽しそうに回った。

「どうしたの? アーデルハイト……?」

 ユリエは戸惑いながらも、アーデルハイトの動きに合わせてダンスを踊るようにくるくる回る。

「ユリエちゃん……! よかったああ!」

 アーデルハイトは弾けるような笑顔。

 よかった……! 「おなかいっぱい」は、キースの私に対する思いじゃなかったんだ……! キースは、私に対してうんざりしてたわけじゃなかったんだ……!

 アーデルハイトの不安は、まるで雲が晴れたように消え去り、心は喜びであふれていた。

「なんかよくわかんないけど……、よかったね! アーデルハイト!」

 アーデルハイトのきらきらとした笑顔につられ、ユリエも思わず笑顔になる。

「な、なんだお前ら?」

 キースはわけがわからず、きょとんとした。カイもミハイルも宗徳も、なにがなにやらわからないが、楽しそうなアーデルハイトとユリエの姿に思わず笑みがこぼれる。
 ついでに、ペガサスのルーク、ドラゴンのゲオルク、ドラゴンのオレグ、翼鹿の吉助も、よくわからないけど、お祭り騒ぎはいつでも大歓迎、楽しそうな雰囲気にまざりたい! とばかりにアーデルハイトとユリエの周りで楽しそうに飛び跳ねてはしゃいだ。

「んー。輪になって踊る乙女と妖精と聖獣たち。ファンタジーだねえ! よし、俺たちも踊るか!」

 キースは意味不明にカイの両手を取る。そしていきなりカイを振り回し始めた。

「なんで俺と踊るんですかーっ! そして、踊るっていうより、ただ振り回してるだけじゃないですかーっ!?」

「ははは! 遠心力、遠心力!」

 カイをぐるぐる振り回し、キースもご機嫌である。

「……他人のふりしますか」

 宗徳にささやくミハイル。

「うむ。火の粉が降りかからんうちに、そっと離れよう」

 宗徳とミハイルは、キースのターゲットになる前に、そっと歩き出した。
 賢明な判断である。
 一連の騒ぎで、山の不気味な雰囲気について誰も気に留めなくなった。



 山道に、いきなり矢印の書いてある看板があった。

「なんだこの怪しい看板! 矢印だけかよ!?」

 白地に黒い矢印が一個だけ。怪しさ満載だった。

「その先にもありますよ」

 ミハイルが指差す方向に、同じ看板らしきものがたてられていた。

「こんな人気のない山の中に……、妙だな」

 矢印の看板通りに歩いてみる。

「なにかの罠に違いない」

 キースが呟く。看板はいざなうように点々とたてられている。

「それでも乗ってみるんですか?」

 カイが尋ねる。

「ああ。他の旅人が惑わされないよう、危険かどうか確かめなくては」

「で、危険な魔物だったら、退治するんですね」

 カイがわかっていますよ、と微笑む。

「……カイは、飯を食わないから、おなかいっぱいの夢は見ないんだろうなあ」

「……急になにを言うんですか」

 キースは突然話題を変えた。

「つまらんなあ」

「なにがつまらないというのですか」

「カイも寝言を言って欲しかった」

「おなかいっぱいだけが寝言じゃないでしょう」

 むしろ、少数派である。

「カイも寝言言うのかなあ」

「剣の状態では話せません。人間の姿で寝るときは、自分ではわかりません。夢は見ませんし、たぶん人間の姿でも言わないでしょう」

「今度、カイが人間の姿のまま寝るときは、じっくり観察してみよう」

「なんのために」

「翌日、それをネタにからかおうと思って。明日のための準備ってやつだな!」

「……俺をからかうために、心血注がないでください」

「明日のために今日種をまく! 大事だねえ!」

「わけわかんないんですけど。俺、たぶん寝言言いませんよ」

「そこをなんとか!」

「お願いして言うもんじゃないでしょう」

「どうしても言わないかなあ。じゃあ試しに今、寝言言ってみな?」

「『寝言は寝てから言え』」

 くだらなすぎるやり取りをするうち、建物が見えてきた。

「なんだこりゃ!」

 お菓子の家だった。ビスケットそっくりの壁、チョコレートそっくりの屋根、ゼリーのような窓、扉はガムだろうか、煙突はバームクーヘン。

「なんだこのわかりやすすぎる罠はーっ!? こんなのに引っかかるやつ、いるのかあ!?」

 思わずキースが叫ぶ。その横で、

「お菓子のいええええ!」

 ユリエが絶叫した。

「お菓子の家、イエーッ」

 興奮しながらお菓子の家に突入しそうになるユリエを、キースはひょいっと捕まえた。

「こらこら。言ってるそばから引っかかってんじゃない」

「だってだって! 美味しそうだよ!? すごいよ!? ファンタジーだよ!? ダイナマイトだよ!?」

「これは絶対、魔物の罠だよ。近づく者を捉えて食うんだ」

「たぶん、そうでしょう」

 退魔士のミハイルもうなづく。

「しっかし、ほんと、わかりやすすぎだよなあ!」

 ガチャ。

 お菓子の家から、女性が現れた。

「旅のかたがた、お疲れでしょう? 私の家でどうぞ休んでいってくださいまし」

 胸元の大きく開いたドレスを着た妖艶な美女だった。ドレスの裾には、深いスリットも入っており、美しく長い脚もあらわに見える。

「ダイナマイト!」

 キースが叫んだ。
 そして、次の瞬間――。

「我は扉を開く! 魔の者よ! 汝の住まう魔の国へ帰れ!」

 間髪入れず、アーデルハイトが呪文を叫んでいた。

「えっ!?」

 妖艶な美女、キース、ユリエ、カイ、ミハイル、宗徳が一斉にアーデルハイトのほうを見た。皆驚いて、二度見した。

 ゴゴゴゴゴゴ!

 目の前に巨大な漆黒の扉が現れた。

「貴様、いきなり、な、な、なにをする!?」

 妖艶な美女が顔を歪めて叫ぶ。

 ゴアッ!

 漆黒の扉が開いた。風が巻き起こる。

「貴様―っ! 対処が早すぎるのではないかーっ! 卑怯だぞ!?」

 謎の美女は謎のまま、叫びながら扉に吸い込まれていく。抵抗する暇もないようだった。

「封印!」

 バタン!

 アーデルハイトが叫ぶと扉は閉じた。そしてすぐに、漆黒の扉と謎のお菓子の家は、煙のように消えていった。

「ア、アーデルハイトさん……!」

 ミハイルは絶句した。ここは、自分の活躍の場面ではなかったのか。なぜ、アーデルハイトさんが……、とミハイルは戸惑う。

 それに、今の技は、強い集中力とその場の気を整えるための時間が必要なはず……! こんな「魔」の磁場の強い場所で、あんなに素早くそれをやってのけるなんて……! 今の魔物は、ごくごく弱い魔力の者だったけど、それにしても、すごすぎる……!

「ア、アーデルハイトさん……。今の技……、退魔の術、完璧でした……」

「『退魔の授業』で習ったから! 『占術』は苦手だけど。、『退魔』は得意だったから!」

 早口で、アーデルハイトは言い切った。

「そ、そうですか……。お見事です」

 退魔士にもなれますよ、とミハイルが言おうとしたが、もうアーデルハイトは歩き出していた。

「さあ! 行きましょう! お昼ごはんになるもの、探すんでしょっ!?」

 怒ってる……。

 アーデルハイトとキース以外の全員が、空気を読み取った。アーデルハイトの揺れる長い金の髪が、ピンと伸びた背筋が、必要以上にキビキビとした足取りが、怒りを物語っていた。

 怒ってる! アーデルハイト! キースが美女に見とれたからだ!

「なんだあ!? アーデルハイト! すげーこと出来んじゃん! 美女をもうちょっと拝みたかった気もするけど、解決してよかった、よかった!」

 あああ! キース、余計なことを……!

 アーデルハイトとキース以外の全員が、そう思った。

「ああ! あの木の実、食べられるやつね!」

 アーデルハイトは、木の実がなっている木を見つけた。美味しそうな大きな黄色の実が、たわわに実っている。

 ズバッ!

 ドサドサドサッ!

 アーデルハイトが木の実に向かって、素早く空気を切るような仕草をするやいなや、木の実は全部落ちた。

 あらい! あらっぽいよ! 仕事が!

 アーデルハイトとキース以外の全員が、そう思った。

 怒ってるよー! ヤキモチだよ! アーデルハイト!

 アーデルハイトとキース以外の全員が、そう思った。

「さあ。食べましょう。みんな」

 振り返って微笑むアーデルハイト。その微笑みは、キース以外の一同には、空恐ろしいものに感じられた。

「わーい! いっただっきまーす!」

 キースだけが、無邪気に喜んだ。

 おなかいっぱいです……。

 なんとなく、ミハイル、宗徳、ユリエはそう思った。

「……なんで、一番気が付かなきゃいけない人が気付かないんだろう」

 カイが呟く。

「案外、恋ってそういうものかもしれませんね……」

 ミハイルが呟く。

「おなかいっぱいです……」

 カイも寝言のように言ってみた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ