挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第六章 未来へと続く過去

39/63

あたたかな、湯気の中

「いっただっきまーす!」

 美味しそうな湯気の立つ料理の前で、キースが元気よく食事の挨拶をする。

「キース。いつにもましてご機嫌ですね」

 隣に座ったカイが、キースに話しかける。

「そっ! そうかあっ!?」

 動揺するキースの反応を見るまでもなく、カイにはすっかりわかっていた。

 アーデルハイトさんが、元気になったからですね。

 カイは口には出さず、ただ柔らかな微笑みを浮かべた。ちなみに、そんな穏やかな空気を身にまとうカイの前には、一升瓶が一本、どんと置かれていた。柔和な笑顔の、小柄で華奢な美しい容貌の青年の前に、一升瓶が一本のみ。なんとなくミスマッチな光景である。
 飲むのだ。カイは。酒を。

「みんな。ごめんね。すっかり心配かけちゃって。出発も遅れちゃったし……」

 アーデルハイトが申し訳なさそうに謝る。

「そんな! 謝ることないですよ! アーデルハイトさんが元気になって、本当によかったです!」

 ミハイルが、はつらつとした声で応える。

「本当に、よかった。でも無理はいけない」

 宗徳も、穏やかな口調で微笑んだ。

「明日の朝、出発しようと思うんだけど……」

 アーデルハイトがおずおずと切り出した。自分のせいで足止めさせているのが本当に申し訳ないと思っていた。

「大丈夫なのか?」

 キースが少し心配そうに尋ねる。魔法ですっかり元気になったはずだが、女性のデリケートな体調が、やはり心配だった。

「私、もう一晩くらいゆっくりしたほうがいいと思うー。天気もよくないみたいだし!」

 妖精のユリエも心配していた。雨も降り続いていた。

「そうですよ。ゆっくりしていったほうがいいと思いますよ」

 料理をテーブルに運んできた宿屋の奥さんも、そう提案した。

「明日も一日雨だと思いますよ。お気に召したかどうかわかりませんが、この宿でよろしければ、何日でもどうぞご滞在くださいね」

「ありがとうございます! 料理もめっちゃ美味いです! なんか、懐かしい味! 故郷を思い出すなあ!」

 キースが煮込み料理を頬張りながら礼を言う。あたたかい家庭料理の味だった。

「誠に……美味しいな……」

 宗徳が呟く。

「こんなに美味しい料理は、食べたことがない――」

 家庭料理――。宗徳にはおよそ縁のない食べ物――。
 窓を静かに打つ雨。少し肌寒いような夜。
 宗徳は、フォークを持つ手を休め、心のこもったあたたかい一皿をぼんやりと見つめていた。



 物心つくころ、宗徳は自分が他の子どもとは違うことに気が付いた。
 身寄りのない子どもを預かる施設に、宗徳はいた。
 子どもは皆、そういう場所で生きるものかと思っていた。でも、どうやら違うらしいと気が付いた。
 普通は、多くの子どもは、父親や母親、家族という単位の中で育つものらしい、と宗徳は知る。
 周りの大人や子どもたちの会話の中で、だんだん、そういうことがわかってきた。

 子どもとは、見知らぬもの同士、集団で暮らすものではないのか。

 宗徳の次の疑問は、「ではいったい、家族とはなんだろう」というものだった。

 父親と母親がいて、子どもが生まれるらしい。通常は、多くの場合は、子どもは父母が育てるものらしい。そして、父、母、子ども以外にも、祖父や祖母、場合によっては叔父や叔母や曽祖父、曾祖母――、様々な血縁関係の者が一緒に暮らしたりするらしい。
 けつえんかんけい。血のつながりって、なんなのだろう。
 はっきりとわかる、自分の仲間ってことか?

 親とは、施設の大人たちみたいなものかなあ、と宗徳は思う。

 とても優しい。面倒を見てくれる。ときには叱ってくれる。「親」もきっと、そういう感じなのだろう。

 施設の大人たちは、他にも大勢子どもたちがいて忙しいので、宗徳ばかりに付き添えるわけではない。

 子ども一人に、一組の「親」、もしくはそれに相当する「家族」。ということは、「家庭」で暮らす子どもは、常に優しい手に守られているのか――。

 「家庭」というものは、どんなに素敵なものだろう。宗徳はそっと思いを馳せた。
 しだいに、宗徳も周りの会話などから、自分にもいたらしい「家族」のことが、少しずつわかってきた。

 俺には、「姉」がいたらしい。やはり、同じこの施設にいたらしい――。
 俺の「姉」は、俺が物心つく前に、どこかの「家庭」に引き取られたらしい。
 俺の「両親」は、どうも誰かに殺されたらしい――。
 ころされた……。死んだ、ではなく、殺された……。

 宗徳は、様々な本を読んだ。「家庭」のことだけではなく、世の中のことを少しずつ学んでいった。

 殺す、とはやはり異常なことだ。
 殺されたせいで、自分には「親」がない。
 殺されたせいで、「姉」ともはぐれてしまった。
 誰が、なんのために。どうして人が人を殺すんだろう。どうして、それが俺の「両親」だったのだろう。
 なぜ?
 なんのために……?

 宗徳は、注意深く情報を集めた。周りは、宗徳のことを気遣い、宗徳の家族や事件については口を閉ざす。それでも、宗徳はさりげないふうを装い、必死で調べた。
 どうやら、宗徳の両親は、幼い姉と赤子である宗徳が就寝中、家に押し入った強盗に殺されてしまったらしい。
 宗徳の生きる目的は、「復讐」になった。

 俺が、犯人を、殺す――!

 人を殺めるために、密かに剣術を始めた。
 施設を出て働きながら、剣の腕を磨き、犯人を捜した。
 宗徳が二十五歳になったとき、宗徳の両親を殺害した犯人がようやくわかった。
 だが、犯人は、すでに病死していた。
 自堕落な生活を続けた結果、病にかかり、道端で発作を起こして死んだとのことだった。その死を悲しむ人は、誰もいなかった。事件後は逃亡し続け、窃盗や恐喝を重ねることで食いつないでいたという。愛することも愛されることもない、孤独な生涯だった。
 宗徳は、事実を知って愕然とした。

 復讐を果たすべき犯人は、もうこの世にいない。では、俺は、なにを目標とすればいい……?

 しかし、心の中で密かに安堵している自分に気付いた。

 俺は「人殺し」をしないで済んだ――。

 宗徳は、両親の墓に詫びた。両親の無念を晴らせなかったこと、犯人が死んでいたことに喜んだ自分がいたこと、そしてそれは、犯人が死んでざまあみろ、という気持ちではなく、自分の手を汚さずに済んだことにただ安堵した気持ちだったことを――。

 俺は、自分勝手だ。

 宗徳は、自分を責めた。犯人が死んで、なにか解放された気さえした。

 父さん。母さん。ごめん……。

 宗徳の固く握られた拳に涙が落ちる。

 俺は、どう生きたらいい……?

 両親の墓に問いかける。

 結局俺は、両親の無念より、自分のことしか考えられないのだろうか――。

 しばらく墓の前から動けなかった。
 風が吹いた。柔らかな、優しい風だった。
 宗徳は、改めて両親の墓石を見る。

 姉さん……。姉さんはどうしているのだろう……?

 顔も名前もわからない姉。宗徳は姉のことを考えた。

 そうだ。俺には、姉さんがいる――。

 柔らかな風が宗徳の頬をそっと撫でた。涙は、いつの間にか乾いていた。
 両親の墓は、日が差して、輝いて見えた。

 父さん。母さん。姉さんは、たぶん、俺とは違って幸せに暮らしているよ――。

 宗徳が墓に手向けた花。風にそっと揺れる。顔も知らない両親。
 宗徳には、両親が微笑んでいるように思えた。

 父さん、母さん、どうか姉さんのこと、見守っていてください――。

 通常、施設を出て引き取られた子どもの情報は、きょうだいや近親者であっても厳重に秘密とされていた。
 宗徳は、姉のことを地道に調べた。
 数年後、ようやく宗徳は、姉がノースカンザーランド出身の、子どものいない夫婦に引き取られたらしい、そして、この国で暮らした数年後、夫婦と姉はノースカンザーランドに帰っていったらしい、ということを知った。

 姉さんは、幸せでいるだろうか――。

 姉さんが幸せかどうか、知りたいと思った。ただ、それだけを知りたいと思った。

 姉さんが幸せであれば、それでいい――。

 自分には、もうなにもない。でも、ただ一つ、姉さんが幸せであるかどうか、それだけが知りたい、そう思った。そしてそれを知ることは、両親にとってもきっと供養になるはず――、そう宗徳は信じた。

 行こう。ノースカンザーランドへ。
 姉さんが幸せであれば、それでいい――。

 宗徳のその思いは、今も変わらない。



 宗徳は、あたたかい煮込み料理を口に運んだ。

 母さん。きっと、母さんの手料理というものはこういう感じなのだろうな――。
 姉さん。姉さんはもう自分の家庭を持っているのかもしれない。幼い子どももいるのかもしれない。

 宗徳は、あたたかい料理を家族に取り分ける姉の姿を想像した。湯気の中の、笑顔あふれる家族だんらんの光景を、そっと夢見た。

 姉さんが幸せであれば、それでいい――。
 姉さんの家族が幸せであれば、それでいい――。

「なあ! 宗徳!」

 突然、宗徳の名を呼ぶ声。宗徳は、思わずハッとした。キースだった。

「宗徳は、嫌いな食いもんとか、ある?」

 唐突な質問。宗徳はきょとんとした。キースは構わず話し続ける。

「俺は、嫌いな食いもんって、ないんだよねー!」

 だろうね。

 一同そう思った。キースは食べ物ならなんでもいけそうだ。

「俺の嫌いな、食べ物……?」

 どうして急にそんなことを訊くのだろう、と宗徳は思った。自分は好き嫌いがないのに、どうして俺の嫌いな食べ物を突然聞く……? 宗徳は不思議に思う。

「……特に、ないな……」

「マジで!? 俺と一緒じゃん!」

 キースは宗徳と握手した。そして、握手した宗徳の手を大げさに振り回す。

「?」

「なかーま! 仲間っ!」

 満面の笑顔のキース。そして宗徳は気付いた。

 もしかして……。不器用ながら、必死で俺を励まそうとしてる……?

 宗徳の寂しげな顔を見て、キースはなにか声をかけずにいられなかったのだ。

 俺にもし、嫌いな食べ物があったら、キースはいったい、なんと言うつもりだったんだろう……?

 宗徳は首をかしげる。

 いや。この男なら、無理やりにでも会話を続けるに違いない。

 宗徳は、ちょっと吹き出してしまった。

「……そうだな。俺とキースは『なんでも食い』の仲間だな」

「食い物ならなんでも来い、だっ! でも、俺、さすがに虫は、だめだなあ!」

 キースが愉快そうに笑う。

「……俺は、食えるぞ。虫」

 ぼそっと呟く宗徳。

「マージでーっ!?」

 キースが大げさに驚く。そして笑う。
 キースの笑顔を見て、宗徳はいつしか胸が熱くなっていた。

 湯気の向こうの笑顔――。他愛ない会話。俺の、家族ではない。でも、でも、笑顔の、仲間――!

 皆、笑顔だった。宗徳は、笑顔の中にいた。

 父さん。母さん。姉さん。俺は今、一人じゃない――。

 宗徳も、自然と笑顔になっていた。
 外は相変わらずの雨。でも、もう肌寒さは感じない。

「……僕も、虫は食べられます」

 ミハイルが意外な告白をした。

 マジか!

 一同、ちょっと引いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ