挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第六章 未来へと続く過去

37/72

未熟者オプション、フライングキス

「ユリエ。お前に、『シダ植物妖精』に伝わる、スペシャルな回復の魔法をかけてあげよう」

 白く長いひげをはやした妖精が、ユリエの枕元に立ち、そうユリエに告げた。

「……長老様!」

 そのとき、ユリエはまだ子どもだった。シダ植物の妖精の子、ユリエ。
 ユリエがまだエースに出会う前の話である。
 そしてここは、深い緑の森の中、木の枝や葉っぱで作られた、小さな妖精の一軒家。
 その日、ユリエは風邪をひき、高熱を出して寝込んでいるところだった。
 長老がユリエの枕元に立ったのは、長老が死霊になったからではない。長老は、白い衣服を身にまとい、それらしい雰囲気は醸し出していたが。
 普通に生きている長老が、普通に寝込むユリエを治療するために来てくれたのだ。

「長老様。スペシャルな回復の魔法って……?」

「ユリエ。風邪など、たちどころに治るぞ!」

 長老が、ユリエに手をかざした。そして、呪文を唱えた――!

「ゲンキイッパイ、アバレンボウノネコナミニーッ!」

 元気いっぱい、暴れん坊の猫並みに……?

 パアアッ!

 まばゆい光に包まれた。

「……どうじゃ? ユリエ」

「あっ……! なんか、体が楽かも……?」

「それはよかった!」

 ユリエの顔色がすっかりよくなったのを見て、長老は安堵した。

「ありがとうございます! 長老様!」

「この魔法は、即効性があるんじゃ。スペシャルだろー?」

「はい! 超スペシャルでした! スペクタクルです!」

 ユリエがはつらつとした声で答える。

「……ただ、この魔法には欠点があってのう」

「欠点……?」

「未熟な術者がかけると、時折、魔法をかけられた者が、本当に猫みたいになってしまうんじゃ」

「猫みたいに……?」

 ユリエが首をかしげる。

「猫の耳と尻尾がついてしまう場合があるんじゃ」

「ええっ! かわいい!」

 猫耳に、猫尻尾。王道のかわいらしさだ、とユリエは思った。

「かわいいけど、すでにわしらの背には虫の羽がついておる。そのうえ、猫耳と尻尾では、ちょっとばかり、くどすぎるだろう?」

「うん! それは、くどいねえ!」

 あはははははは!

 長老とユリエは、明るい笑い声を上げた。
 その魔法の問題点は、失敗したときのビジュアル面のくどさだけだった。



「うーん」

 今、ユリエは、寝込むアーデルハイトを前に悩んでいた。

 寝込んでいるときには、あの猫の魔法が効くんだけどなあー。

 でも、長老は、未熟な者がかけると、猫耳と猫尻尾のオプションが付く場合があると言っていた――、ユリエは、アーデルハイトに魔法をかけてあげるかどうか悩んだ。

 お医者様からお薬ももらったし、風邪だから安静にしていたら自然に治るし――。

 ユリエは、そっとアーデルハイトの額の汗を拭いてあげた。

「ん……。ユリエちゃん……?」

 アーデルハイトが目を覚ます。

「アーデルハイト……。大丈夫……?」

「うん……。ありがとう。ユリエちゃん。だいぶ楽になったよ」

 ベッドに横になったまま、アーデルハイトが答えた。

「アーデルハイト……」

「なあに? ユリエちゃん」

「実は、とってもいい回復の魔法があるんだけど……」

「え……。でも、大丈夫よ」

 アーデルハイトは優しく微笑んだ。

「術を使ったら、ユリエちゃんが疲れちゃうでしょ?」

「そんなことないよ!」

「寝ていたら、自然に治るし」

「うーん」

 ユリエは少し考え込んでいた。でも心の中でなにかを決めたように顔を上げた。

 そうだね! 回復の魔法はいらないね! 私、失敗するかもだし!

 ユリエは、アーデルハイトに向かって明るく両手を振りながら、

「そうだよね! お医者様に診てもらったし、すぐに治るよね! ゲンキイッパイ、アバレンボウノネコナミニーッ、なんて呪文、唱えるまでもないよね!」

 と、言ってしまっていた。

「あ」

 短く呟くアーデルハイト。

「あ」

 短く呟くユリエ。

 思わず、言っちゃった……!

 ぱああああっ!

 アーデルハイトは輝く光に包まれた。

「アーデルハイトッ!」

 アーデルハイトの頭には、しっかりと猫の耳、お尻には猫の尻尾がはえていた。

「あああ、アーデルハイト……!」

「ユリエちゃん……。こ、これは、いったい……」

「あ、アーデルハイト。具合……、どう……?」

「具合はいいみたいだけど……。なんか、頭とお尻が……」

 そう言いながら、アーデルハイトは自分の頭とお尻に手をあてた。

「!」

「ごめんなさいーっ! アーデルハイト! 回復の魔法の副作用なのーっ!」

「ユ、ユリエちゃん……」

「……アーデルハイト、かわいいよ?」

 おそるおそる、ユリエは猫耳と猫尻尾がはえて愛らしい姿のアーデルハイトをほめてみる。アーデルハイトの背には羽がないので、心配するくどさはなかった。

「か、かわいいって、これ……」

 アーデルハイトは呆然と体に突然はえた尻尾を見つめた。

「ど、どうやったらこれ……、元に戻るの……?」

 白い尻尾。ふわふわしていた。確かにかわいい、かわいいけど……、とアーデルハイトは思う。
 アーデルハイトの魔法で、正常な状態に戻すことも出来るだろうが、解析に少し時間がかかるし労力もいる。出来れば、ユリエに魔法を解く方法を教わりたいとアーデルハイトは思った。

「あのね。元に戻る方法はね……」

 ユリエが慎重に元に戻る方法を話し始めた。

「元に戻るには、その……、王子様のキス、が必要なの……」

「お、王子様のキス!?」

「うん……」

 やはり、魔法の変身には、キスが定番である。

「わ、私、王族に知り合いなんていないわよ!?」

 思わずアーデルハイトは叫んでいた。「リアル王子様」を想定していた。

「違うよ! アーデルハイト! たとえだよ!」

「たとえ……?」

「うん。アーデルハイトが心から憧れる人か、好きな人。それが、王子様だよ!」

「えええっ!?」

 驚きのあまり思わず、尻尾の毛が逆立った。

「えーと。うちらのメンバーの男子は、キース、カイ、宗徳、ミハイル。でも、カイを入れていいなら、ゲオルクたちも候補かな?」

「なっ…! なにを言ってるの!? ユリエちゃん!」

「私、呼んでくる!」

「ユリエちゃん! 誰を、呼んでくるの!?」

「まかせて! 王子様を連れてくる!」

「ユッ……! ユリエちゃん……!」

 ばたん。

 ユリエは勢いよく部屋を飛び出した。

 アーデルハイトには、とぼけてああ言ったけど、大丈夫! 私、ちゃんとわかってる……! アーデルハイトの王子様……!

 ユリエの心には、ただ一人、アーデルハイトの王子様が見えていた。



「大丈夫かっ!? アーデルハイト!」

 ユリエに連れられ、部屋に飛び込んできたのは、

「キース!」

 キースだった。

「あ! かわいいな!」

 アーデルハイトを見るなり率直な感想を述べるキース。

「か、かわいいって……。そーゆー問題では……」

 そう言いながら、アーデルハイトは頬を染め、下を向いた。

 こ、困ったな……。ユリエちゃん。キースを連れてくるなんて――。

 そう思いながら、キース以外だったら本当に困るアーデルハイトだった。ドラゴンのゲオルクたちを除いてだが。

 それに、この姿、なんだか恥ずかしい……。

「アーデルハイト……」

「キース……」

 ユリエは、どきどきしながら二人の様子を見守った。
 アーデルハイトは、もっとどきどきしていた。
 キースは、もっともっとどきどきしていた。

「……ユリエに聞いたよ」

「えっ!? なにを、どこまで!?」

「あの……。その……。キスしてもらうと、治るって……」

「…………」

 キースが、そっとアーデルハイトの肩をつかんだ。

 マジで!?

 マジか!?

 ユリエもアーデルハイトもキースも同じことを思っていた。

 すんのかい!? キスを!?

 三人とも、心の中でツッコミを入れていた。キースは自分で自分にツッコんでいた。

「…………」

「…………」

 アーデルハイトは、エメラルドグリーンの瞳を閉じた。

 どきん。どきん。どきん……。

 二人の胸の鼓動が高鳴る。同じリズムを刻む――。
 キースは、アーデルハイトの唇にゆっくりと顔を近づけ――。

「あっ! そーだ! キスは、口じゃなくてもいいんだよ?」

 ユリエは、嘘がつけない子だった。

 今それを言うんかい!

 アーデルハイトとキースは同時にそう思った。

「あ、そ、そうなのか?」

「そ、そうだったの?」

 いっせいに、ユリエのほうを見る。

「う、うん。そーだよ」

 言わなければよかった、とユリエは今更ながら口に手をあてる。

「そ、そうか。ははは。じゃ、じゃあ、アーデルハイト、おでこに……」

 キースの笑い声が、乾いていた。

「う、うん。ありがとう。キース」

 アーデルハイトの言葉は、棒読みだった。
 改めて、アーデルハイトは瞳を閉じた。

 どきん。どきん。どきん。

 キース……!

「……アーデルハイトが、治りますように」

 キースは、アーデルハイトの前髪をすくい上げ――、おでこに優しく口づけをした。

 ぱああっ!

 アーデルハイトが光に包まれる。
 ゆっくりと、魔法はほどけ、猫の耳と尻尾は消えていった。

「……よかった。治ったな」

 あれはあれで、かわいかったけど、とキースは心の中で付け足した。

「ありがとう。キース」

 はにかみながら、アーデルハイトはお礼を言った。
 二人とも、頬が真っ赤だ。二人の視線はぎこちなく、まばたきを多くすることでごまかしていた。

「よかったあ! アーデルハイトの具合もよくなったし、『未熟者オプション』も消えたし!」

 ユリエが喜んで「後方伸身宙返り四回」をした。

「じゃ、じゃあな。アーデルハイト。風邪が治ったからといって油断しちゃだめであるぞ。夕ごはんまで休むがよい。これにて余は、部屋に戻るとする」

 キースが謎の言い回しをし、ぎこちなくドアに向かう。

 「であるぞ」、「休むがよい」、「これにて余は」、「戻るとする」?

 アーデルハイトが首をかしげる。

 どたっ。

 キースがこけた。

「大丈夫!? キース!?」

「ははは。大丈夫、大丈夫! では、さらばである!」

 「さらばである」……?

 部屋を出るキースの背中を見送ってから、アーデルハイトはユリエにこわごわ訊いてみることにした。

「……ユリエちゃん。いったい、キースになんて言ったの……?」

「んとね! アーデルハイトが私の魔法の『未熟者オプション』のせいで、猫の耳と尻尾がはえちゃったのって説明して、それを解くには王子様のキスをしてもらうしかないの、と言ったの」

「王子様のキス……!」

「そしたら、キースが、俺は王族の血はひいてないって言ってた。だから、それは比喩だよ、王子様になったつもりでキスをしてあげてって言ったの」

 キースはアーデルハイトと似たようなことを言っていた。

「だから、あの変な口調……」

 しかも、謎の王子様口調はキスが終わった後である。

「あ! それから、キースを廊下に連れ出してから言ったから、他のみんなはこのことを知らないよ。大丈夫だよ!」

 ユリエは自分の口に人差し指をあて、ウインクした。

「よ、よかった……」

 アーデルハイトは傍にあった枕を胸に抱き、枕に顔をうずめた。

 どさっ。

 枕を抱きしめながら、ベッドに倒れ込む。

 キースと、キス……!

 アーデルハイト、顔がにやけてるよ、とユリエは言葉が喉まで出かかったが、ぐっと我慢して、ただ微笑むだけにしておいた。

 キースと、キス……! キスキース!

 呪文のように意味不明な言葉を心の中で繰り返しながら、アーデルハイトはベッドに顔をうずめ、両足をばたばたさせた。
 顔はにやけたままで。



 キースは廊下を歩きながら、一人呟く。

「フライングで、もー、キスしちゃえばよかったなー」

 アーデルハイトの長い睫毛、柔らかそうなみずみずしい唇――。

 ――惜しい! 惜しすぎる!

 しかし、キースは急いで首を左右に振った。

「だめだめっ! 王子様は、卑怯な真似はしないのでありますっ!」

 ――乙女の唇は、乙女が心を寄せる者にのみ許されるのであります――!

 キースは、王族さながら胸を張って堂々と歩く。
 しかし、顔はにやけていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ