挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第六章 未来へと続く過去

34/63

台所で迎えるひとは――。

 アーデルハイトは、家の台所にいた。
 ことことこと。
 姉が、大きな鍋にスープを煮込んでいる。
「姉さん……」
 あれ? どうして結婚した姉さんが……? それに、私、たしか――。旅に出ていたんじゃなかったっけ――。
「姉さん。ご馳走だね」
 フライパンや鍋、ボウルの中には、料理上手の姉がこしらえた手の込んだ出来立ての料理が、皿に盛りつけられるのを待っている。
「今日は、私たちの結婚記念日だから、ちょっと頑張っちゃった」
 ふうん。そうか。義兄さんの好物ばかりだもんね。
 そう思いながら、アーデルハイトはぼんやりとどうして自分が姉と台所にいるか考える。
 ああ。そうか。これは夢なんだ。
 やっと気が付いた。
 家の見慣れた台所の中は、あたたかく明るい日の光に満ちていた。アーデルハイトは、お昼間近の設定かな、なんてことを思う。
「姉さんの料理は、ほんとおいしいもんね。お店ができるよ」
「アデール。あなたも大切な人のためにご馳走を作るようになるわよ」
 姉さんは、アーデルハイトのことを「アデール」と呼んでいた。
「私は、たいしたもの作れないしなあ」
 アーデルハイトが肩をすくめる。料理の腕前は、まあまあといったところだった。
「彼は、どんな料理が好きなのかしらね」
 彼……? 彼って、誰のこと……?
 台所の中は、おいしそうな香りでいっぱい。
「ただいまあ」
 誰か帰って来た。
 あれ……? 義兄さんの声じゃ、ない。
「ほら。『彼』が帰って来たわよ」
 姉さんは、にっこりと微笑んだ。
 彼。彼って……?
 もちろん、クラウスの声ではない。
「うわー! ご馳走だなあ! ありがとー! お腹すいちったー!」
 いつの間にか、姉はいなくなっていた。
 いつの間にか、アーデルハイトが、野菜のたっぷり入ったスープをかき回していた。
 あれ……? 彼って……。
「ごっはんー、ごっはんー!」
 キース!?

 目が覚めた。
「おはよー! アーデルハイト!」
 妖精のユリエの元気な声。
「変な夢……。見ちゃった……」
 アーデルハイトは、ぼんやりと呟いた。
「アーデルハイト! 顔が赤いよー?」
「えっ!? そお!?」
 アーデルハイトは、思わず勢いよくユリエのほうを見た。
 くらっ。
 あれ? なんか、めまいが……。
「熱、あるんじゃない!?」
 ユリエが小さい手をアーデルハイトのおでこにつける。
「ああっ! 熱いよ! アーデルハイト、熱があるよ!」
「えっ!?」
 あれ……。なんか、ほんと、だるいし、気分も、悪い……。
 アーデルハイトは、ベッドに倒れ込んだ。
「大変! アーデルハイト!」

「……風邪ですね。馴れない長旅で、疲れが出たのでしょう」
 宿屋に駆け付けた町医者が、穏やかな声でそう診断した。
「お薬を飲んで、ゆっくり休んでください」
「はい……」
 熱があったが、そんなにひどい風邪ではないらしかった。しかし、無理は禁物である。
 町医者の隣にいた宿屋の主人の奥様が、にっこりと微笑んだ。
「よかったですねえ! 風邪で済んで! まあ、とはいえ、油断してはだめですよ!」
「すみません……。風邪なんかひいちゃって……」
「うちのことは大丈夫ですよ! 入院するほどではないそうですから、この宿でどうぞ休んでいってください」
 親切な宿屋だった。この宿での滞在を、自ら勧めてくれた。
「あなたも動くのはお辛いでしょうし、他のお客様にうつる心配もないように、お食事は部屋にお運びしますね」
「お心遣い本当にありがとうございます。お手数をおかけして、本当に申し訳ありません」
「あら! なあに! 旅人さんにはよくあることなのよ! あなたは気にしなくっていいから、元気になることだけ考えなさい!」
「本当にありがとうございます……」
「お医者様、宿屋さん、本当にありがとうございましたーっ!」
 一緒にいたユリエが、勢いよくぺこんと頭を下げた。

「どうだったんですか!?」
 廊下で待っていたキースが、部屋から出てきた町医者を見るなりそう尋ねた。
「風邪ですよ。旅の疲れでしょう。ゆっくり休むことです」
「ああ! よかったあー! ありがとうございます!」
 キースは心からほっとし、町医者に深々と一礼した。
「遠慮なさらず、この宿で休んでいってくださいね。あなたがたも、お疲れでしょうから、どうぞゆっくりしていってください。なにかありましたら、どうぞお声がけくださいね」
 宿屋の奥様が、ほっとした表情の一同を見回し、優しく微笑んだ。
「ありがとうございます!」
 キース、カイ、ミハイル、宗徳も深く頭を下げた。ユリエも改めて一礼する。
「親切な宿屋さんで、本当によかったですね」
 ミハイルが奥様のうしろ姿を見ながら呟いた。
「ああ。それにしても……。よかったあー」
 キースが、長く息を吐きながら廊下に座り込んだ。
「どんな診断か、心配でしたもんね」
 カイが優しい眼差しでキースを見る。
「全然……。気が付かなかった……」
 キースが、首を左右に振りながら呟く。
「……枕投げなんて、してる場合じゃなかった……」
 声も、いつもより低い。心から悔いている声。
 えっ……。
 一瞬、一同動きが止まった。
「あいつ、具合悪かったなんて、全然……」
 キースが、反省してる……!
 カイ、ミハイル、宗徳、そしてユリエまで顔を見合わせた。
 キースの意外な一面を見た気がした。
 誰もアーデルハイトの不調には気が付いていなかった。当の本人さえ、気付いていなかった。気付かないのは無理のないことである。それなのに、キースは、無邪気に遊んでいた昨夜の自分を責めている――。
 それだけ深くアーデルハイトのことを……。
 カイ、ミハイル、宗徳、そしてユリエは、静かにうなづき合った。優しい空気が流れていた。
「……優しいですね」
 カイがキースに微笑みかける。
「え……」
 キースが顔を上げ、カイを見つめる。
「気付かなくて、当然だと思いますよ」
「でも……。一緒にいたのに全然……」
 キースは、まだしょんぼりしていた。
 落ち込んでいるキースに、なんとなく付け足したくなって、カイが思わず口を開く。
「……キースでも、反省することあるんですね」
 あ、皆が密かに思ってることを言っちゃうんだ、とミハイル、宗徳、ユリエは思った。
「俺が……。反省しない男に見えるのかーっ!」
 思わずキースが叫ぶ。
「見えます」
 きっぱりとカイが言い切った。
「……反省しない男に見えていたことを、反省する」
 キースはまた落ち込んだようだ。
「あはははは!」
 カイが思わず噴き出した。
「なんで、そこで爆笑する!?」
「しおらしいとこあるんですね! でも、今は反省する必要ないですよ。キースは、キースらしいのが一番です! あなたが落ち込んでいたら、アーデルハイトさんが逆に心配しちゃいますよ!」
 カイは、反省するキースを笑い飛ばした。
 カイ。すげえ。
 なんとなく、ミハイル、宗徳、ユリエは感心していた。自由すぎる男であるキースに太刀打ちできるのは、唯一この男だけかもしれない――。
 あと、アーデルハイトか。
 ミハイル、宗徳、ユリエは同じことを思った。
「……アーデルハイトさん、早く元気になるといいですね」
 カイが、ゆっくりと呟く。心からの願い。
「うん……」
 キースの声に、いつもの元気がない。
「大丈夫ですよ! お医者様からお薬ももらったんですから!」
 まだ心配顔のキースに、カイが安心するよう声をかける。
「キース。アーデルハイトとお話したら?」
 妖精のユリエが、キースににっこりと微笑んだ。
「う、うん……」
 ユリエの言葉に少々キースは迷っているようだった。
「まだアーデルハイト、起きてると思うから、キース、行ってみなよ!」
「今……。俺が行って……、いいのかな」
「いいに決まってるじゃん!」
 ユリエは、キースとアーデルハイトが二人きりになるよう、自分も廊下で待っていることにした。
 キースは遠慮がちに部屋の扉を開け、アーデルハイトの休むベッドに近づく。
「……アーデルハイト……」
「……キース!」
 アーデルハイトはちょっと戸惑う。私、今、髪はぼさぼさだし、顔色も悪いと思うし、どうしよう……!
「……大丈夫か」
 キースは、心配そうにアーデルハイトのエメラルドグリーンの美しい瞳を見つめた。
「……うん」
「ごめんな。全然気付かなくて」
「ううん! 私だって気付かなかったもん……!」
 どうしよう。顔も洗ってないし、お化粧もしてないし、私、ぜったいかわいくみえない……!
 アーデルハイトは布団で顔を隠したい気分だった。
「……ゆっくり、休めよ」
「ごめんね……。私のせいで足止めを……」
「そんなこと考えることねえよ!」
 即座にキースが言う。
「……ごめん」
「……じゃあ。ゆっくり眠りなよ」
「……うん」
 体がだるい。悪寒がし、心も漠然とした不安に覆われている感じだった。
「……おやすみ。アーデルハイト」
「うん……」
 立ち去ろうとするキースに、思わずアーデルハイトが声をかけた。
「……キース」
「ん……?」
 キースが、アーデルハイトのほうを振り返る。
「……少し……。手、握ってもらってもいい……?」
 アーデルハイトは自分で言って、自分の言葉に驚いていた。
 あれ。私、なに言ってるんだろう。
 ぎゅ……。
 キースは、アーデルハイトの手をそっと握った。
「……ありがとう……」
「……安心して、おやすみ」
 キースの微笑み――。アーデルハイトの漠然とした不安がゆっくりと溶けていく――。
「……うん」
 キースに風邪、うつしちゃったりしないかなあ。
 でも……。まだ、隣にいて……、そばにいて……、ほしい……。
 アーデルハイトは、ゆっくりと眠りについた。

「ほら。アデール! 『彼』が、来たわよ!」
 夢の中で、姉さんが笑っていた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ