挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第五章 新しい絆の始まり

32/59

修学旅行的な、アレ

「まったく手応えがねえってのが、気に入らねーな」
 そう呟いて、キースは分厚いステーキにナイフを入れた。焼けた鉄板の上に肉汁があふれ出す。
 夕食と就寝のために次に訪れた町。旅人で賑わう大きな食堂。キースたちは、ドラゴンやペガサス、翼鹿と、それぞれ大型の動物に乗っているので、長期の旅人に対応できる店や宿を選んでいる。大型駐車場完備のレストランやホテルといった感じである。
「魔物との戦いですか」
 ミハイルが尋ねる。
「ああ。たとえ実体のない幻影だったとしても、もう少しなんか手応えってもんがねえと、なんだか釈然としねーな」
 ただ空気を切り裂いたような感じだった。
 ミハイルが、にっこりと笑った。
「そのうち、つかめてくるかもしれません」
「え……?」
「幻影だから、手応えがなくて普通なのですが、あなたならきっと、感覚的にわかってくるものがあるかもしれませんよ」
 ミハイルはそう言って、じっとキースの青い瞳を見つめた。
「感覚的にわかってくるもの……?」
「相手にダメージを負わせることができたか、そうでないかがわかるようになるかもしれません」
「どうやるとわかるようになるんだ?」
 キースが真剣な表情でミハイルに尋ねる。ミハイルは、穏やかな微笑みを浮かべた。
「妖精のユリエさんや、ドラゴン、ペガサス、翼鹿と親しみ、そして自然と語らうこと。不思議な存在に心を開き、そして、自分が自然の中でひとつの命として純粋にただ在る、そんな感覚をつかむこと――。そのうえで、魔物との戦いの場数が多くなること。研ぎ澄まされ、自我を越えた純粋な精神と真の肉体の感覚がわかるようになれば、あとは実戦の中で自然と身についていくかもしれません」
 ――自分が自然の中でひとつの命として純粋にただ在る、そんな感覚――?
「なんだそりゃ!? 難しいなあ!」
 思わずキースがフォークに刺したステーキをポロリと落とす。
「……なるほど。ミハイル殿はさすがだな……」
 宗徳がうなづきながら呟く。
「えっ!? 今の話、宗徳はわかったのか!?」
 思わずキースが宗徳の顔を見た。
「えっ!? キースはわからなかったのか!?」
 思わず宗徳もキースの顔を見た。
 カイとアーデルハイトは、宗徳が自然とキースについて呼び捨て扱い、ミハイルには「殿」をつけて呼んでいることに即座に気が付き、そして妙に納得していた。
 ナイス、宗徳。
 カイとアーデルハイトは心の中で、わかる、わかるよ宗徳、としみじみ同感していた。
「まあ、上のステージに上がるためには、それに応じた心身の修行が必要ということです」
 ミハイルが笑顔で言う。そして、付け加えた。
「でも、手応えが重要というわけではないですよ。あれはあくまで幻、手応えを感じるほうがあり得ないことです。そんなことを感じられる剣士は、まずいないのではないかと――」
「……そんなことをできるやつは、いないのか?」
「おそらく」
 キースが青い瞳を輝かせた。
「じゃあ! 俺がなってやる!」
 一同、テーブルに突っ伏した。
「な、なんというストレートな思考……」
 短絡思考、とミハイルは言いそうになったが、とっさに単語を変え表現を和らげた。危なく口走ってしまうところだった、とミハイルは素早く自主規制が働いたところに安堵した。
「キースは、単純なところがいいところなんです」
 ミハイルの努力はむなしく、さらりとカイが毒舌を吐いた。
「……カイ。それ、俺のこと褒めてんのか?」
「はい。褒めてるんです」
「じゃあ、いっか」
 いいのか!? とミハイルは心の中でツッコんだ。
「上のステージか……」
 キースが一人呟く。青い瞳は遥か遠くを見つめていた。
 ――せっかくこの世に生まれてきたんだ。ひとつ上でも格段に上でも、いっちょ挑戦してやろう! 自分自身の高みを目指すんだ――!

 今夜の宿屋に着いた。キース、カイ、ミハイル、宗徳は同室である。
「わーい!」
 どふっ!
 キースがカイの顔に枕を投げつける。
「なにをはしゃいでるんですかっ!」
 どふっ!
 叫びながらカイがキースの顔めがけて枕を投げる。
「やったな! カイ!」
 キースが楽しそうに笑う。
「やれやれ。なにを始めるのかと思えば……」
 どふっ!
 呆れ顔の宗徳の顔に、キースの投げた枕がちょうど当たる。
「俺にもか!?」
 そう叫ぶ宗徳の顔は笑顔だった。
「皆さん、というかキースとカイさんですけど、なにをやってるんです……」
 どふっ!
 ミハイルの顔のど真ん中にもキースは枕を投げつける。
「な、なんで僕まで……」
 どふっ!
 当惑しつつもミハイルは枕をつかみ、キースの顔をめがけて投げつけていた。
 そのあとは、お互い無差別攻撃だった。
 四人それぞれが枕をつかみ、投げつけあった。
「ははは! やったなー!?」
「あはははは!」
「さすが狙いが正確であるな!」
「あははっ! もー僕、なにやってんだか!」
 大の大人が枕投げを思いっきり満喫していた。
「面白かったなあ! やはり人数が多いと楽しーな!」
 キースがベッドに体を投げ出した。
「そうですね。思わず、のってしまいました」
 カイはキースのベッドの傍に腰掛けた。
「……なかなか楽しいものだな」
 宗徳が微笑みながら、床の上にあぐらをかいて座った。
「僕としたことが……。面白かったです!」
 ミハイルも屈託のない笑顔を見せて、ベッドに腰掛ける。
「……俺は」
 宗徳が呟いた。
「一人で旅をするのが己の鍛錬と思っていた」
 宗徳がゆっくりとかみしめるかのように言葉を発する。
「だが、俺は今までずっと一人で生きてきた――」
 キースとカイとミハイルは、宗徳の寂しそうな笑顔を見つめた。
「俺にとっての修行とは、鍛錬とは、逆に、皆と共に過ごすことなのかもしれない――」
「えっ!? 俺たちと過ごすことが我慢とか忍耐がいるとか、そういう修行ってことか!?」
 キースが、すっとんきょうな声を上げる。
「そうではない。俺の成長に足りないもの、必要なことは、皆と和やかな時間を過ごすようにすること、そういう意味だ」
 宗徳がまっすぐキースを見つめた。
「ありがとう。本当に。おかげで、かけがえのないものを学ばせてもらえそうだ」
「……枕投げが、かけがえのないもの……?」
 キースが思わず尋ねる。
「はははっ! そうだな! それは決して一人では出来ないしな!」
 宗徳が笑う。
「宗徳さん……」
 カイにはわかっていた。誰かと交わすなにげないやり取り、くだらないと思えるふざけ合う時間が、どれだけ貴重なものかを。
「そうですね……。宗徳さん、それは僕にとっても、必要で大切な学びです」
 ミハイルもうなづいた。
 どふっ!
「だから、そこでなんで僕に枕を投げるんですかーっ!?」
 思わずキースはまたミハイルの顔に枕を投げつけていた。
 どふっ!
 また無差別枕投げが再開された。
「これも俺の修行になんのかな?」
 キースがそう言いながら枕を投げる。
 皆が声を揃える。
「キースには、この修行は充分です!」
 キースには普通の修行が必要である。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ