挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第五章 新しい絆の始まり

28/58

親愛なる家族、そして仲間

 キースたちは町に着いた。
「あ! ポストだ!」
「手紙屋さんもあるわ!」
 思わずキースとアーデルハイトは声を弾ませた。
 手紙屋さんとは、店内で販売しているハガキや封筒、便箋を購入して手紙が書ける店である。
 書き終わった手紙はポストに投函すれば、異国でも配達してもらえるのだった。
「俺、家族に手紙を書きたいな。きっと、皆心配してる」
「私も書きたいわ」
 手紙屋に入ることにした。
 店内に入ると、見覚えのある後姿があった。
 肩くらいの長さのダークブラウンの髪を後ろで無造作に一つに束ねた、痩せた若い男性。背はカイよりは高く、アーデルハイトよりは少し低い。腰に刀を差し、着物に袴姿だった。
「チーム昼飯の、宗徳!」
「えっ? 『チーム昼飯』?」
 宗徳と呼ばれた若い男が振り返る。キースが勝手に命名した「チーム昼飯」については当然なんのことかわからないが、振り返った男は細長い釣り目で眼光鋭く――、やはり、以前キースが昼飯代をおごった宗徳だった。
「ああ! あんたは昼飯をおごってくれた――キース!」
「また会えるとは思わなかったよ!」
「あのときは本当にありがとう。この礼は――」
「いいよ! いいよ! 実は、この前ミハイルにも会ったんだ。ミハイルにも、お返しなんていいよって断ったんだから!」
「ミハイル……?」
 宗徳は誰のことかわからず、きょとんとしていた。
「ほら! 一緒にあの食堂にいた、背の低くて目のぱっちりした、女の子みたいにかわいい顔した男だよ! 髪は栗色のちょっとふわふわしたくせ毛で、服装は、えーと、僧侶みたいな服で――」
 背は低い、とキースは説明したが、カイのほうがミハイルより少し背が低い。カイが一番小柄だった。
「ああ! なんとなく覚えている」
「すごいだろー! 『チーム昼飯』、なんか縁があるんだなあ!」
「……『チーム昼飯』ってなんなんだ」
 思わず宗徳が尋ねる。
「あのとき食堂にいた連中を、俺はそう呼んでるんだ!」
「俺も『チーム昼飯』か」
 わけのわからないチーム名のくくりに勝手に入れられ、宗徳は笑ってしまった。痩せていて、鋭い目をしているので、黙っていると怖い印象のある宗徳だが、細い目をさらに細めて笑うと、たちまち優しく親しみやすい雰囲気に様変わりする。もっとも、キースにとっては相手の印象が怖かろうが優しげであろうが、人に対する接し方に変わりはない。
「へえ! 面白い道具で書いてるね!」
 宗徳は、筆に墨で手紙をしたためているところだった。
「俺の国では、こういうもので書いているんだ」
「そうなんだあ! 難しそうだなあ」
 流れるような美しい字だった。
「俺の、まだ顔も知らない家族への手紙だ」
 宗徳はそう呟いた。その薄い唇は、優しい笑みを浮かべていた。
「まだ顔も知らない家族……?」
「ああ。ノースカンザーランドという国にいるらしい」
「えっ……!」
 また、ノースカンザーランド。キースたちや、ミハイルの旅の目的地――。
「俺は心身の修行もかねて、この家族に会いにノースカンザーランドへ旅しているんだ」
 宗徳はそう言って遠い目をした。
「宗徳もか!」
 キースが驚きの声を上げた。
「……『も』って、なんだ?」
「俺たちも、そしてついでに言えば、ミハイルもノースカンザーランドを目指しているんだ……!」
「なんだって! それはずいぶん奇遇だな!」
「やっぱ『チーム昼飯』、すげえな!」
「不思議なものだな。世界はとても広いのに――」
 宗徳は、そっと手紙を封筒に入れ、封をした。
「……手紙は書いたが、これは出せないな」
 宗徳が呟く。
「えっ? どうして?」
「住所がわからない。ノースカンザーランドということしか――。そのうえ、今もそこに住んでいるかどうかもわからない」
「そうなのか?」
「だから、書いただけ。この手紙は、俺が持っていることにする」
 宛先には、『ノースカンザーランド、みつ様』、としか書いていない。
「……たった一人の家族である姉さんに、手紙を書いてみたかったんだ」
「出してみたら? 届くかもしれない」
「これじゃ無理だろう。配達人を困らせてしまう。そんな迷惑はかけられない」
「もう少し、地域名でもわかればいいのになあ」
「いいんだ。手紙を書いて、気持ちが落ち着いた」 
 そう言って、宗徳は封筒を大切そうに懐にしまった。
「住んでいるところがわからないのか……。でも、会えるといいな。お姉さんに」
「ありがとう」
 顔も知らない、ただ一人の家族――。宗徳は複雑な家庭環境だったに違いない、とキースは思う。幼い頃生き別れた家族なのだろう。宗徳の微笑みには、悲しみが透けて見えた。
「……『チーム昼飯』って、なんだかいいな」
 宗徳が呟いた。
「ん?」
「俺はずっと一人だったからな。自分がなにかの集まりに入れてもらうって、なんだかいいものだな――」
「謎の集団名だけどね。私も『チーム昼飯』なのね」
 アーデルハイトが少し呆れながら笑う。
「宗徳……」
 キースが呼びかける。
「もしよかったら、なんだが――。俺たちと一緒にノースカンザーランドまで行かないか?」
「え?」
「賑やかで、面白いぞ! 心身の修行にはならないかもしれないが、どうだろう?」
 寂しそうな宗徳が、なんだか放っておけなかった。
 宗徳は驚いた顔で、キースの青い瞳を見つめた。
「……いいのか?」
「もちろん! なあ、みんな!」
 アーデルハイトもカイもユリエも笑顔でうなづく。外で待っているドラゴンのゲオルクもペガサスのルークも大歓迎のはずだ。
 宗徳は思う。孤独の中生きてきた自分が、こんな仲のよさそうなあたたかい輪に入っていいのだろうか。
「……迷惑じゃ、ないだろうか」
「迷惑のわけないだろお!」
 キースが満面の笑みを浮かべる。
「もし、迷惑をかけるのだとしたら、キースのほうだと思いますよ」
 カイがさらりと言ってのける。
「カイー……。お前なあ……。でも、俺もそんな気はする! これから迷惑かけるかもしれんが、よろしくな! 宗徳!」
 キースが豪快に笑った。
「よろしく……、お願い申し上げる……。昼飯の礼は、俺の刀にて皆様を危険からお守りするという形で――」
「ははは! じゃあ、そういうことにしておこう! 頼んだぞ、宗徳!」
 心強い仲間が増えた――! キースは旅に感謝したい気持ちになっていた。

 キースは家族宛てに手紙を書いた。
『俺でーす! 元気でーす! 友だちたくさんできたよ! 詳しくは、帰ったら話すぜ!』
「……子どもですか」
 文面を見たカイが呆れた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ