挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第四章 光溢れる道を歩む者、闇をさまよう者

23/58

誕生日ミラクル、四回転アクセル

「ユリエちゃんも、お誕生日おめでとう!」
 アーデルハイトが、妖精のユリエに小さな包みを手渡した。
「わあ! ありがとう! アーデルハイト!」
「あっ! 俺もさっき買っておいたんだ! ユリエ、おめでとー!」
 キースも綺麗にラッピングされたプレゼントをユリエに手渡す。
「わー! キースも! ありがとうー!」
「ユリエ、おめでとう」
 カイは、かわいらしいピンクの野の花を手渡す。
「カイ! ありがとう! 嬉しいー! いつの間に摘んでくれたのー?」
 ユリエは胸いっぱい野の花の香りを吸い込んだ。甘く優しいよい香りだった。
 アーデルハイトとキースのプレゼントは、人形用のかわいいリボンやアクセサリーだった。
「誕生日って、素敵ね!」
 ユリエは嬉しくてスカートをひらひらさせながら、何度も宙を回った。空中で、四回転アクセルだった。
 ドラゴンのゲオルクとペガサスのルークも、まるでおめでとうと言っているかのように、ユリエを何度も舐めてあげた。ユリエにとって大きすぎるドラゴンとペガサスに舐められ、ユリエは長い髪も服もヨダレだらけである。ユリエはキースの服で拭うことにした。
「俺はタオルか!」
 キースが笑う。
 昼どきを過ぎていた。
「そろそろ、どこかで昼飯だな。それから、デザートのケーキもたのもうぜ!」
「わーい! ケーキ! ケーキ!」
 今日がユリエの誕生日ではない。でも、今日はユリエにとって最高の誕生日である。

「あれっ!?」
 店に入ると、店内に見覚えのある顔――。
「あんたは……、確か……! ミハイル!?」
 チーム昼飯の! とキースは思った。「チーム昼飯」は、キースが勝手に心の中で名付けた架空の団体名なのだけれど。
「キースさん! 先日は本当にご馳走様でした!」
 ミハイルは人懐っこい笑顔で挨拶をした。
「いやいや。ほんとにまた会えるとは思ってなかったよ!」
「お約束通り、今度は僕に皆さんのご飯、おごらせてください!」
「はは。それはいいよ! それより、もしよかったら、一緒に飯食おうぜ!」
 ミハイルも同席することにした。
「皆さんは、どちらまで旅をするご予定なんですか?」
 ミハイルが皆に尋ねる。はきはきとした、気持ちのいい話し方である。
「俺たちは、ノースカンザーランドに行くつもりなんだ」
 キースが答えた。
「えっ!? ノースカンザーランド! 奇遇ですねえ! 実は、僕もそこが最終の目的地なんですよ」
「へえ! そうなの? ほんと奇遇だねえ!」
「僕、神様にお仕えする退魔士なんです。魔物を退治しながら旅をして、修行しているんです。ノースカンザーランドには、北の巫女様という方がいらっしゃいまして……」
「えっ! 北の巫女!」
 キースが思わず驚きの声を上げた。
「もしかして、北の巫女様をご存じなんですか?」
 ミハイルも驚いていた。魔導士や魔法使い、神官や僧侶など神秘的な職業に従事する者には知る者も多いが、一般人なら他国の巫女の存在までは知らないのが普通である。
「ご存じもなにも……!」
 と、そこまで言いかけて、キースは一瞬止まった。
「あ。そーいや俺はご存知じゃなかった」
「なんですか!? それ!?」
 ミハイルはキースの言葉に思わずツッコむ。
「色々話を聞いて知っている気になっていたが、実は俺はあまりわかんないんだよねえ」
 カイは黙っていた。ミハイルにどこまで話していいか決めかねていた。
「ミハイルさんは、北の巫女様とお会いするためにノースカンザーランドを目指していらっしゃるのですか?」
 アーデルハイトがミハイルに尋ねた。
「そうです。色々お尋ねしたいことがあって――。でも、まだまだ修行中の身である僕が、北の巫女様にお会いできるかどうかわからないですけれど」
 食後のケーキが運ばれてきた。アップルパイだった。
「わあい! アップルパイー!」
 ユリエが歓喜の雄たけびを上げる。女の子だから、雌たけびか、とキースは思う。
「皆さん、アップルパイがお好きなのですね」
 テーブルの上には三人前のアップルパイが並ぶ。人形のように小さいユリエも一人前を食べるつもりだ。
「俺たち、すっかり洗脳されちゃってさあ! アップルパイの文字しか目に入んなかったんだよねえ!」
 なにしろ、キースとアーデルハイトは、謎の「アップルパイレベル」が百上昇している。
「今日はアップルパイ祭りですね!」
ミハイルが白い歯を見せて爽やかに笑う。
「うん! アップルパイ祭りー! 今日、私とキースの誕生日なのー!」
「そうなんですか! おめでとうございます!」
「ありがとー!」
 キースとユリエは同時に礼を言った。見事なシンクロである。
 ミハイルも、皆につられてデザートを頼んでいた。ミハイルは、クリームたっぷりのパンケーキだった。童顔で少年のような見かけのイメージ通り、甘党だった。
「あれ……? そういえばカイさんは、なにも召し上がらないんですか?」
 ミハイルが不思議そうな顔をする。
「こいつは酒さえ飲ませとけばいいんだ!」
「キース。その言い方はなんだか語弊があります」
 かといって、カイは人間じゃなく剣だから、とも言えない。
「お酒、頼んだらいかがです? 店員さん、お呼びしましょうか?」
 ミハイルがメニューをカイに手渡しながら笑う。
「……ミハイル。お前まだ皆の分おごる気だろー?」
 キースがニヤニヤする。
「えっ……!」
 図星だった。
「ざーんねんでした! そんなことだろうと思って実は俺、ちゃあんと皆の分前払いしておいたもんねー!」
「ええっ! いつの間に……!」
「なんかあんたは義理堅そーに見えたからさ」
「また僕の分も……! でもそれじゃあ申し訳ないです……」
「いいよ、いいよ! じゃあ、俺たちがどこかで魔物に襲われてたら助けてくれ! そんときは頼むよ」
「キースさん……」
「またどっかで会えるといいな! 今度会うときはノースカンザーランドかな?」
 昼食もアップルパイもパンケーキも、とても美味しかった。大勢でわいわいと楽しく食事をしたせいもあるかもしれない。
 ――いろんな出会いがある。旅って、面白いな――!

「本当にご馳走様でした!」
 深々とミハイルはお辞儀をした。
「道中気を付けてな」
「キースさんたちも! 神様のご加護がありますように……!」
 お互い手を振って別れた。空にはゆっくり白い雲が流れていた。明るく晴れた午後だった。
「アップルパイ、美味しかったねえ! 幸せー! 毎日が誕生日だといいのに!」
 ユリエはご機嫌である。また四回転アクセルが出た。
「毎日が誕生日なら、とんでもない年齢になるぞ」
 キースがユリエに笑いかける。
「あはは! そーだねえ!」
「……キース。誕生日なのにまたおごってもらっちゃったわね」
 アーデルハイトが、申し訳なさそうに話しかけてきた。
「いいよ、いいよ! 気にすんなって!」
「でも、なんだか……」
 ふっ、とキースは笑う。
「……じゃあ、アーデルハイトには、チューでもしてもらおっかなー」
 ふざけてキースは言った。まったくの冗談だった。キースは、アーデルハイトからパンチか平手をくらうだろうと思った。そして、そんな反応を期待していた。
 ――まったく! アーデルハイトは凶暴だからなあ!
 ちゅっ。
 ――ん?
 アーデルハイトは、キースの肩に手を添え、背伸びをして――、キースの頬にそっとキスをした。
 ―――え!?
 驚いてアーデルハイトの顔を見る。アーデルハイトの頬は真っ赤だった。上目づかいの瞳は、少しうるんでいるように見えた。
 ――ア、アーデルハイト……!?
「誕生日だから! 特別サービスよ!」
 そう一言だけ早口で告げ、アーデルハイトは金の髪を風になびかせながらキースにくるりと背を向けた。もう、アーデルハイトの表情は見えない。
 そしてアーデルハイトは、ゲオルクやルークが待っている店の裏手に向かって足早に歩いていった。
 キースは呆然と立ち尽くす。突然すぎて、そして予想外すぎて、言葉も出てこない。
「い、今……!? いったい……」
 なにが起こったかキースはまだ把握できないでいた。頬に、柔らかな唇の感触が残る――。
「こ、これは! なんだ!? 白昼夢か!? それとも……、実は新手の暴力の一種だったのか!?」
 ――今、頬にキスを……?
「……誕生日ミラクルかっ!?」
 まだ信じられない。
「……誕生日ミラクルってわけじゃないと思いますけど……」
 カイが小さな声で呟いた。
「んっ!? カイ! 今なんか言ったか!?」
「いいえ。俺はなにも言ってませんよ」
 カイはとぼけてみせた。
「誕生日って素敵ね!」
 ユリエが満面の笑顔になる。そしてまた四回転アクセル。
「……本当に、誕生日って素敵ですね」
 カイは、くすり、と笑った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ