挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第四章 光溢れる道を歩む者、闇をさまよう者

22/58

己の限界を超えて行け……!

 昼前に、見つけた町に降り立った。

「ここも結構大きな町だなあ!」

 通りも広く、様々な店があり活気がある町だった。

「ちょっと、お昼には早かったかな」

「そうね……。ねえ、キース。ちょっとお店、色々覗いてみない?」

「ああ。そうだな」

 アーデルハイトには考えがあった。キースに誕生日プレゼントを買ってあげたいと思ったのだ。

 さりげないけど、なにか喜ぶようなもの、あげたいな。

 きっと、キースはなんでも喜んでくれるだろう、と思う。でも、せっかくなら、旅の間邪魔にならないもので、愛用してもらえるようものをあげたいなあと思う。

 うん。気合い入れて探す。

 アーデルハイトの乙女スイッチが入った。



「パンツ、ヨレヨレだからそろそろ買わなきゃなー」

 キースが突然呟く。

「えっ!」

「あ。ごめんごめん。独り言」

 なにを言い出すんだ、この男はまったく! とアーデルハイトは思った。

 キースは、パンツが、欲しいんだ――。

 しかし、まさかいきなりパンツはプレゼント出来ない、とアーデルハイトは思った。
 そういえば……! と、アーデルハイトは突然思い出してしまった。
 パンツ、と聞いて思い出してしまった。
 アーデルハイトは、キースの全裸を不覚にも見てしまっていた。急にそのことを思い出し、赤面した。

 ばしーん。

 いきなり、キースの頭を叩いていた。

「なっ! なにすんだよ、アーデルハイト!」

「あっ……。ご、ごめん。つい……」

 つい、全裸を思い出した、とは言えない。

「ああ。そうか。ごめん。急に俺がパンツなんて言ったからか……」

 まさか、アーデルハイトが自分の裸を思い出したなどとキースは気付かない。そんなことはすっかり忘れていた。キースは、思考のほとんどが大雑把である。

 見たくて見たんじゃないもん……!

 一瞬、アーデルハイトは思った。見たくて見たわけではないが、キースに恋をしてしまった今となっては――。

 ばしーん。

 またつい、キースの頭を叩いていた。

「あっ! ごめん! つい手が勝手に……」

「二発も!? そんなにパンツって破壊力ある物体か!?」

「あるよ!」

 今の私にとっては! とアーデルハイトは心の中で呟いた。
 二人のやり取りを見て、カイは思う。

 アーデルハイトさんにとって、パンツという言葉は禁句なんだ。

 パンツと聞いたらパンチひとつ、パンツと二回聞くとパンチふたつ――。まあ人間ではないカイにとっては、およそ無用な単語だが、一応肝に銘じておいた。



 そもそも、男の人へのプレゼントって難しいよなあ、とアーデルハイトは思う。ましてや、旅の途中である、高価すぎず、荷物にならないものと考えると余計難しいと思う。

 私は高価なものでも別にいいんだけど、キースの心の負担になっちゃっても困るし――。

 重い、とは思われたくない。たぶん、キースはあまり気にしないと思うけれど、でも、万一――。気まずくなったり、嫌われたりしたくない! とアーデルハイトは思う。

「あ、あの雑貨屋に入ってみようか」

 キースが一軒の雑貨屋を指差した。そのとき、キースとアーデルハイトの後ろを歩いていたカイの目の前に、ふわりとなにかが飛んできた。思わずカイはそれを手に取ってしまった。

「ぱ、ぱんつ!」

 パンツだった。男物のパンツが空から降ってきた。
 カイは、言葉にしてから、ハッとした。

 しまった! アーデルハイトさんの目の前で、パンツと言ってしまった――!

 パンツと聞いたらパンチひとつ。

 しかも、言葉だけではない、自分は現物を手に持ってしまっている。

 やばい! これは、パンチでは済まないかもしれない! 不可避の出来事とはいえ、これはまずい! パンチアンドキックか!?

「カイ。パンツ、どうしたの?」

 アーデルハイトが尋ねた。

「ち、違うんです! これは、どこかから飛んで来たんです! これは不可抗力です!」

 怒られる、とカイは思ったが、当然ながらアーデルハイトは怒るわけもなく、きょとんとしているだけだ。

「かっこいいデザインのパンツだなあ! 色も柄もいいなあ! 俺もこーゆーの買おうっと!」

 キースが笑いながら言う。

「キースはこーゆーの好きなんだあ! ちなみに、エースはふんどしっていうのをしてたよー」

 妖精のユリエが無邪気にエースの下着について報告する。エースはふんどし愛用者だった。

 キース! ユリエまで! そんなこと言ったら、アーデルハイトさんからパンチですよ! カイはパンツを手にしながら心の中で叫んだ。
 いちパンツ、いちパンチ。カイはそう信じて疑わない。

「おお! ありがとう! それはわしのパンツじゃあ!」

 カイの後ろから、老人の声がした。

「えっ?」

 白い髭の老人が笑顔で立っていた。

「今日はわしの店が定休日だから、のんびり洗濯をしてたんじゃ。乾いた洗濯物を取り込んでいたら、そのパンツだけ風に飛ばされてしまったんじゃあ」

「へーえ! じーさん、パンツのセンス、いいねえ! どの店で買ったの?」

「キ、キース!」

 カイは、気軽にパンツと口走るキースに気が気でない。

「あそこの店じゃよ」

 若者が好みそうな服を売っている、カジュアルな雰囲気の店。

「じーさん、若いよねえ!」

「ふはは。ありがとう!」

 カイは老人にパンツを渡す。自分の手から離れると、なんだかホッとした。

「ちなみに、じーさん、じーさんの店って、なにやってんの?」

 キースが尋ねる。

「ふふふ。わしは占い師じゃよ。占い屋さんさ」

「占い師さん! すごーい」

 ユリエの瞳がきらきら輝いた。女の子は占い好きである。

「……それにしても、あんたたちは変わった一行じゃな」

「美男美女揃いだろ!」

 キースが笑いながら言い放つ。

「キース! また自分で言ってるし!」

 そう言いつつ、アーデルハイトは頬を染めた。キースが、私のことも美女って――。正直、嬉しくなっていた。

「ペガサスに、ドラゴンに、妖精に――」

 じーさんの目に鋭い光が宿る。

「ほんと、俺たち変わってるよね!」

「それから、なんだろう。わしの下着を拾ってくれたおチビさんは。人じゃあないな?」

 おチビさん! カイは、人じゃないことを見抜かれたことより、その言葉にショックを受ける。

「でも……。一番変わってるのは、あんたじゃな」

 じーさんは、キースをまっすぐ見据えた。

「へえ。俺?」

「とても特別な運命を背負っているようじゃな。そして……。あんたはとても光り輝いている」

「俺が、光り輝く……?」

「……光の道を歩く者じゃな」

「光の道……」

「そのまま、まっすぐ進みなさい」

「まっすぐ……」

「大丈夫。あんたなら大丈夫さ」

 じーさんは優しい瞳で微笑んだ。

 ――このじーさんの瞳には、なにが見えてるんだろう――。

「妖精の女の子は、元気いっぱいじゃな!」

「すごい! おじいさん、超占い当たってる!」

 それは別に占いじゃないだろう、キース、アーデルハイト、カイは同時に思った。占いではなく見たままの感想である。

「それから、そこのべっぴんさん」

 じーさんは、笑顔でアーデルハイトを見つめた。

「形あるものが、最上というわけではないぞ」

「え……」

「贈り物は、もうすでにたくさん贈っているんじゃないかな?」

「え……!」

「あえて探さなくてもいいと思うぞ。百パーセントではないが伝わっているし、充分だとわしは思う」

 プレゼントのことを言ってるんだ――! そうアーデルハイトは気が付いた。

「なに? じーさん。それ、なんの話?」

 キースが不思議そうな顔をする。

「なっ! なんでもないよ! キース!」

 慌ててアーデルハイトが叫んだ。

「どうしてもあげたい、というなら別じゃがな。ふふふ。じゃあ、若人たち、よい旅をな」

 そう笑いながら、じーさんは帰っていった。かっこいいパンツをしっかり手に持って。



 色々な店を見て回った。今度は食事の店を探そうということになった。

「……キース。誕生日おめでとう」

 いきなり、アーデルハイトがキースにプレゼントを渡す。

「わっ! いつの間に買ってくれたんだ!?」

 キースは驚き、たちまち満面の笑顔になる。

「ありがとー! アーデルハイト! 見ていい?」

 聞きながらも、キースはすでに包みを開けている。

「う、うん……」

 アーデルハイトは少しうつむき、頬をピンク色に染めた。

「あっ……!」

 パンツだった。かっこいい、パンツ。

「パーンツ!!」

「キースが、あんまりパンツパンツ言うから……」

 他のものが思い浮かばなくなっていた。じーさんと別れた後、じーさんに教えてもらった店でこっそり買ってしまっていた。

「ありがとー! アーデルハイト!」

 キースは照れ臭そうに笑った。

「アーデルハイトさん……」

 カイはただただ驚いていた。

 禁句、解禁になったんですね――。

 こうして、人は自分で作った限界を密かに超えていくんだなあ、と、カイはわけのわからない納得をしていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ