挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第三章 足し算は、無限大

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/93

最後の会話、これからの会話

 カイは気が付いた。

 あれ? いつの間にか俺、キースさんのこと自然に呼び捨てにしていたな――。

 キースのひいおじいさんのエースのときは、「エースさん」とさん付けで呼んでいた。それはずっと変わらなかった。
 キースとエースは、外見も性格もそっくりだった。隔世遺伝というものなのだろうか。しかし、考えてみれば、カイはエースに対して格闘技のまねごとをしてふざけ合うということもしたことがなかった。
 剣と人間がじゃれ合う、奇妙な話である。
 なんだろう、とカイは思う。ささいなことだが、不思議だなあとカイは思う。いつの間にか、永い眠りの後、自分が変わったのだろうか。それとも、エースとの交流があってからのキースとの出会いだからなのだろうか、それとももしかして、キースが特別不思議な男だからなのだろうか――。
 カイはふと、エースとの最後の会話を思い出していた。



 遠い昔。ある秋の晴れた午後。青い空に、紅葉が目にも鮮やかだった。
 エースは、すっかり年老いていた。そして自分の命はもう長くないと知っていた。寝たり起きたりの毎日が続いていた。しかし、今日はだいぶ調子がいい。エースは豪華な装飾の箱――内側は布張りでふかふかになっている――を手にし、一人で家の裏手の納屋へ向かう。足元がおぼつかない。腰には、「滅悪の剣」のカイを差していた。
 エースは納屋に入ると、カイに声をかけた。

「カイ。俺の体は、もう何日ももたないと思う。出来れば、もう一度だけお前と話がしたい。なんとか……、人の姿になれないだろうか……?」

 少しの沈黙の後、カイが弱々しい青い光を放った。光はゆっくりと人の姿を紡ぎ出す。

「……お久しぶりです。エースさん」

「カイ! 久しぶりだなあ!」

 カイの顔色は悪く、ひどく疲れた様子だった。

「……なんとか変身できました。短い時間でしたら、お話できます」

「ごめんな。どうしても、お前に聞きたいことがあって――」

「なんでしょう?」

「遺言を書いたんだ。お前のこと、納屋に隠すよう妻に頼むことにしたんだ。俺が死んだら、お前をこの箱に入れてこの納屋に隠しておくようにって。でも、それで本当にいいかどうか、確認したかったんだ」

 エースの妻だけが、カイが魔力を持つ特殊な存在であるということを知っていた。妻だけが、エースの不思議な旅の全容を知っていた。

「ありがとうございます。それでいいです」

「暗闇の中、一人で辛いとか寂しいとかないか?」

「大丈夫です。今より深い眠りに移行しますから」

「よかった……! お前が苦しんだりしないか、それだけが心配だったんだ!」

「俺のことそんなに考えて――! ありがとうございます」

 カイの黒い瞳が潤んでいた。

「……お前も泣くのか」

「泣きます」

「そうかあ」

 カイの頬を、涙が伝う。涙。それは、ヒトの涙と同じ、まぎれもない涙だった。

「泣きます!」

「そうかあ!」

「あなたと会えなくなると思うと、さらに泣けてきます!」

「ふふふ。そんなこと言われると、俺も泣けてくるじゃないかあ!」

「俺は、言わなきゃいけないと思ったことは、言うことにしました」

 傍にいるのに、言葉で伝えられないもどかしさをずっとカイは感じていた。人の「生」の短さを、カイは知っていた。一瞬のはかなさ、大切さをカイは知っていた。

 人と違う、自分の久遠とも思える「生」を、後悔で埋め尽くしたくないから――。

 エースも、泣いていた。泣きながら、笑っていた。カイもつられて泣きながら笑う。実は、人間でもない自分が、そんな芸当ができるとはカイ自身も知らなかった。

「この姿で、エースさんと会話が出来たのはあの十日間だけでしたが……。でも、ずっと一緒でした。エースさん、あなたの歩んできた道を、常に俺も並んで歩んでいました」

「カイ、今まで本当にありがとう」

 エースはカイを抱きしめた。
 遺言で妻に頼まなくても、自分の手で今、納屋にカイを隠してしまってもよかったのだろうが、エースはそうしなかった。なるべく、本当に最期の瞬間まで共にいたかったのだ。

「死線を越えた仲間、大切な俺の相棒だからな――!」

 それから三日後、エースの魂は本当に旅立ってしまった。永遠に――。



 最初、キースと出会ったとき――キースが納屋で偶然箱に入っていたカイのことを見つけた――エースの生まれ変わりなんじゃないかと思った。でも、すぐに違うと感じた。
 とても似ているけれど、異なる魂。キースと接すると、いつも新鮮な驚きがあった。その驚きは、今も変わらない。そして、この先もキースにはなにかと驚かされることだろう。
 カイは思う。もしかしたら、クラウスとの戦いで自分も命を落とすかもしれない。あるいはもしかしたら、クラウスに勝利し、数百年、千年と生き続けることができるかもしれない。長い年月の間、様々な新しい主人に仕えることになるのかもしれない。
 どちらにせよ、自分は幸せだと思う。エースとキース、自分を対等のひとつの魂と認めてくれ、まるで友のように接してくれる二人の主人に出会えたから。それだけで、生まれてきてよかったと思う。
 ただの魔力を持つ「物」ではない、魂を持ち、名を持ち、一個の人格と呼べるものがある、そう胸を張って言える。今を生きているという実感がある。肉体を持ってこの世界に立っているという確かな手ごたえがある。
 二人の主人と過ごす日々、それはこの先何千年経とうと色あせない、きっと自分にとってかけがえのない生きた証の時間となるのだ――、そうカイは感じていた。



 夕日が金色に輝く。キースたちは、一つの町にたどり着く。

「今晩はここで過ごすことにしましょう」

 アーデルハイトが皆に呼び掛ける。

「んー。ハラ減ったなあー!」 

 伸びをしてから、ハッとキースは思い出す。

 ――アーデルハイト、まだ怒ってんのかな?

 キースには、なぜアーデルハイトが怒ったのかわからない。わからないから謝りようもない。

「……キース。ごめんなさい」

「へ?」

 思いがけず、アーデルハイトのほうから謝ってきた。

「キースは、全然悪くない……。ごめんなさい」

「う、うん?」

「あの……。ありがとう」

 今度は思いがけずお礼を言ってきた。

 ――なんだろう? いったい、なにがなにやら――。

「私のこと、真剣に心配してくれたんだもんね……」

「うん……?」

 アーデルハイトは、自分の気持ちをどう表わしたらよいか迷っていた。うつむいて少し考えているようだった。

「あの……」

「うん……?」

 アーデルハイトは顔を上げた。もう、明るい笑顔になっていた。

「私は、大丈夫だから! だから、心配しないで!」

「お、おう。わかった」

 言った後、またアーデルハイトは少しうつむいた。またなにか考えている。そして急に顔を上げた。

「え、ええと! やっぱり、心配しないで、っていうのは取り消す!」

「へ?」

 キースは目が点になる。

 ――アーデルハイトは、俺になにを伝えようとしているんだろう?

「心配なときは、また心配して……!」

「ん?」

 ――どーゆーこと?

「大丈夫なときは大丈夫だから、心配なときに心配して!」

 アーデルハイトの顔は真っ赤だった。

「よ、よくわかんねーんだけど……」

 無茶苦茶な要求だった。

「心配なときに、心配すればいいのか?」

 ――俺は心配だから心配したのだが……?

「ごめん……。あの……」

「んん?」

「……とりあえず、帰れって言うのだけはやめて……」

「……うん。わかった」

 ――そうか。アーデルハイトは、帰ったほうがいいって言われたのが嫌だったのか。

「私、大丈夫だから……」

 アーデルハイトは、なんだかもじもじしている。

「……そうか。アーデルハイトは家に帰りたくないのか。家のほうでもなにか色々あるんだ――」

「……そういうことじゃないっ!」

「へ……?」

 キースの頭は疑問符で一杯である。
 アーデルハイトは、前を向き歩き出してしまっていた。少しばかり、早足で。
 なんだか取り残された気分のキース。

「カイ……。今の、なんだったかわかるか?」

 カイは笑っていた。

「おそらく、ですけど」

「なんだ? 教えてくれっ!」

「……一緒に旅を続けたいようですよ」

「なーんだ! そんならそうと言えばいいのに!」

 それに、自分のこと、気にかけて欲しいようですよ、それもたぶん、たくさん。とキースに教えてあげようかと思ったが、カイはやめておいた。

「あとは、自分で考えてくださいね」

「えっ? なにっ? 今の会話に、まだなんかあったの?」

「さあ……?」

 くすくす、とカイは笑う。

「……やっぱり、よくわかんねーっ!」

 これからの会話で、焦らず少しずつ積み上げていってくださいね、とカイは思う。まだまだ、あなたとアーデルハイトさんの間には、時間はたっぷりありますから――。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ