挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
旅男! 作者:吉岡果音

第一章 旅男、キース。旅女、アーデルハイト

1/58

残念男、キース冒険譚

「マジかー」

 炎天下、キースは一人ため息をつく。
 どこまでも続く赤茶けた岩だらけの大地。
 さっき飲んだ水が水筒の最後の一滴だった。
 水場は見当たらない。食料もとっくに食い尽くしてしまった。

「今更だけど、方角、間違ったか?」

 昨晩、星を見た。その時点では方角は合っていたはずだった。

 ――地図で見ると、もうそろそろ街に着いてもいいはずなんだが――。

 頼みの綱の地図。
 しかし、それは三日前に偶然出会った老人――ずっと民家も見当たらず、やっと見つけた一軒家に住んでいた老人だった――、に書いてもらった手書きの地図だった。いかにも大雑把に適当に書かれている。

 ――あのじいさんにやられたかも――。

 キースは、もう倒れちゃおうかな、と思う。
 すっかり疲れ果てていた。

 ――でも、倒れたところでどうにもならねーな。干からびてやがて土に還ってしまうだけだ。俺一人、ここの土の養分になったところで別に土地が潤うわけでもないし、それじゃあ「死に甲斐」もないな――。

 キースは苦笑する。
 生きるためにはもう前に進むしかないのだ。
 海のように深く青い色をしたキースの瞳は鋭い光を失ってはいないが、黒い艶やかな髪が土埃で薄汚れてしまっている。
 キースは精悍な顔立ちで、大柄のたくましい筋肉質の体格。風呂に入れて洗い上げればかなりの男前である。腰には大ぶりの剣を下げている。

「もー足が重いなあー。疲れたなあー。喉かわいたなあー。ハラ減ったなあー」

 一人で声をあげても体力が消耗するだけでなにもならないわけだが、性格上つい声を上げずにはいられないらしい。外見上は「いい男」なのだが、性格が三枚目街道まっしぐらだった。

「あー。空からなんか降ってこねーかなあー」

 だんっ。

「なんか降ってきた……」

 目の前に、小さなドラゴンに乗った、美しい女性がいた。

「おにいさん、ずいぶんお困りのようね」

 エメラルドグリーンの瞳をした若い女性だった。
 彼女のストレートロングの髪は、金色に輝いていた。
 ドラゴンのほうはまだ子供のようで、人懐っこいようなかわいらしい顔をしていた。

「んー。金髪美女の幻覚が見える……」

 キースの青い瞳は、美女の豊かなバストに釘付けになっていた。

「……どこ見てんのよ」

 エメラルドグリーンの瞳の女性は、露骨なキースの視線に呆れる。

「えっ!? あっ!? もしかしてあんた、幻覚じゃなくて実在してんの? ほんとに、人、人間なの?」

「当たり前でしょ」

 ドラゴンは、僕のことも見て、と言わんばかりにキースに頬を寄せる。

「ラッキー! 三日ぶりの人間だあ! と、二週間ぶりのドラゴンだ!」

 人間を見るのは三日ぶり――、しかもじいさん。
 ドラゴンを見るのは二週間ぶり――、しかもそいつはでかくて凶悪なやつ、だった。
 喜びのあまり、キースは万歳をした。それから、ハッとし、大急ぎで謝ることにした。

「あっ! 失敬! 大変申し訳ありませんでした! 失礼つかまつりました! わたくしとしたことが、ついうっかりあなた様の素晴らしき御胸に目が! 幻覚かと思いましてこれはうっかりの出来心で……! で、でも! 俺、いやわたくしは、特段怪しいやつでもエロいやつでもございません! ええ! ございませんとも! ええと、それで、つまり、その……、実は水も食料もないんです! まさに『ずいぶんお困り』だったのです! もしございましたら、わたくしめにほんの少しだけでも分けていただけないでしょうかっ?」

 ここで女性に嫌われて立ち去られてしまっては大変と思い、馴れない敬語を総動員し――結果おかしな言葉になっているのだが――深々とおじぎをした。

「そんなに慌てなくてもあげるわよ」

「あざーすっ! あ、いやいや! ありがとうございます!!」

 ――んー。これは我ながら、かーなーりー、かっこ悪いぜ……

 思わず土下座までしていた。そんな自分に内心キースは苦笑した。
 まず、水を飲んだ。一気飲みしたい衝動を抑え、ゆっくり喉を潤す。体中に染み渡っていくようだった。それから、パンももらって食べる。こちらもゆっくり少しずつ食べるよう心掛けた。ようやく一息つく。

「本当にありがとう。おかげで助かった――」

「あなた、どうして同じところをぐるぐる回ってるの?」

「えっ!?」

「俺が同じところを、ぐるぐる回ってるって!?」

「ええ。空から見て、変だなって思ったの」

 ――気付かなかったが、ずっと同じところを……! だから、いつまでもどこにもたどり着けないのか!?

「……それになんか、糸ついてるわよ」

「な、なにっ!?」

 キースのたくましい背中に、銀色の糸がついていた。糸は長く、岩陰に続いていた。

「こ……これはまさか……!」

 ぐいっ!

 キースは思いっきり銀の糸を引っ張った。ずしりと手ごたえがあった。

「あっ! じ、じいさん!」

 糸の先には地図をくれた、じいさんがいた。
 キースに強く引っ張られ、岩陰からよろよろと飛び出してきた。

「ばれたか……」

「な、なんだよ!? あんた、なにを……」

「わしの魔力で道を迷わせ、弱らせてから食おうと思っていたのに……」

 小さな痩せたじいさんは、そう呟くと立ち上がり、見る間に巨大なクモの怪物に変身した。と、いうよりじいさんの変身が解けて、本性を現した。

「化け物かっ!」

 シュウウウウウウ。

 口から不気味な音を出し、八本の足を蠢かせている。

「俺を弱らせて食うって!? なんだよそれ! 今の俺はたぶん、飢えと渇きで旨みが減ってんじゃねーかよ!? そんなのだめだろっ!? 食うなら俺のベストの状態を狙えよ!」

「はあ!? あんたなに言ってんの!?」

 クモの怪物より、美女のほうが思わずツッコミを入れる。

「だって、まずいって思われたら悔しいじゃねーか!」

「気にすべきは、果たしてそこ!?」

「うまそうな美女とドラゴンもいたのか。これはなんという幸運じゃ」

 クモの怪物が不気味な笑い声を上げる。

 ザンッ!

 美女が目を見張った。あっという間にキースが腰の剣を抜き、一刀で怪物の頭部を切り落とした。怪物から流れ出た大量の血が、乾いた大地に染み込んでいく――。

「な……! は、早い……!」

 鮮やかな、無駄のない動き。力強い正確な太刀筋。

「んー。三日も無駄な時間を過ごしてしまったぜ……。俺としたことが。退治するのは一瞬で充分」

「あ、あんた一体何者なの……?」

「ん? 俺の名は、キース。ただの旅人さ」

 決まった、とキースはにやりとした。なかなかいい感じの自己紹介だと自画自賛していた。今までのちょっと情けないやりとりは、忘れることにした。

「この怪物は、旅人を惑わして食べていたのね――」

自分でキースのことを聞いておきながら、美女はあまりキースの「かっこよかったと思い込んでいる自己紹介」を聞いていなかった。

 ――んー。俺にはあまり関心ないのね。まあいっか。さて、怪物を倒したし、これで先に進めるかな。

「……私の名はアーデルハイト」

「ん?」

「これからどこに行くつもりだったの? よかったらドラゴンに乗ってく?」

 アーデルハイトの眩しい笑顔。ドラゴンがキースの手をぺろぺろ舐めた。ドラゴンはキースの「かっこいい自己紹介」を気に入ったらしい。

「マジでー!?」

 どこまでも続く青空の下、キースは歓声を上げた。先ほどまでの疲労感はすっかり消え去っていた。

 ――空から女神が降ってきた……!

 爽やかな風が吹いていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ