挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

子供に小説は書けない

作者:読んで頂いてありがとうございます


何なんだ、これは…………

テキトーな作り話が小説だと ?

チート、ハーレム、魔王がどうしたって ?

投稿者は小・中学生か ? 宿題をちゃんとやってるのか ?

学校でいじめられて不登校か ?

暇つぶしで妄想の作文か ?

それとも自立出来ないニートか ? いつまでも中二病か ?

社会経験も無く、宿題・課題さえこなせない弱虫がヒーロー物語を書いてるのか ? いい気なものだ。

親は、よほど心配しているだろう。

この子は社会人として自立出来るだろうかと。

誤字だらけ、語法の間違いだらけの作文で、一体、世の中に何を伝えようというのか?

小説の意味も分からずに書きなぐるから妄想の作文にしかなり得ないのだ。

まともな小説を書きたいと願うなら、先ずは読書で語彙力をつけてからだろう。

一体、何を考えているのだ。引きこもらずに図書館に行きなさい。

図書館に集う人々を観察して来なさい。

先ずは宿題をやりなさい。仕事をしなさい。社会人として自立しなさい。

社会を観察しなさい。人間を観察しなさい。自分と、どこがどう違うのか ?

そうして人間の美点を見つけなさい。この世は生きるに値する事を伝えなさい。

現実社会で見かけたあの人は、辛い境遇でも困難に立ち向かっている。その人こそヒーローなのだ。そのような感動を伝えなさい。魔王がどうしたなどという作り話は、もう誰も求めていない。

小説らしい小説を書けるのは、スマホの通信費を自力で払える者だけなのだ。

子供に小説は書けない。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ