挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非公式部活動ALM 作者:泉野 六
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/150

門邸

「畑原様、畑原様」
 名を呼ばれて湧哉は目を覚ました。どうやら車に揺られているうちに眠ってしまったらしい。
「畑原様、到着いたしました」
「ふぁぁぁ」
 大きなあくびをしながら体を起こすと背広を着た初老の男が運転席から体をひねってこちら向いていた。
「すいません。俺寝ちゃってたんですね」
「いえいえ大丈夫ですよ。今夜は徹夜だと坊ちゃんも言っておりましたから。少しだけでも寝ておいた方がよいでしょう」
「ハハハ……ありがとうございます藤間ふじまさん」
 この藤間という男は悠の家の者だ。湧哉は奥崎に寮まで送ってもらった後、支度を済ませると悠に連絡を入れた。すると悠はこの藤間を迎えによこしたというわけだ。
 湧哉は車から降りるとトランクから荷物を取り出すために車の後ろに回った。
「お荷物は私が運びますので大丈夫ですよ」
「いや、それくらい自分で―――」
「お客様ですから。それに、これが私の仕事です」
「それじゃあ、お願いします」
「お任せください」
 藤間の申し出を受け荷物を任せた湧哉は辺りを見渡した。
「しっかし、広いよなぁ」
 湧哉が感嘆するのもの無理はない。敷地の入口から車のあるところまででも100mはあるだろうか。そして敷地内には和製屋敷が数軒建っている。3軒は視界に入るがその他は手前にある屋敷の陰になってほとんど見えない。敷地全体だとどれほどの広さになるのだろうか。
「畑原様、中へ入りましょう」
 荷物を持った藤間が玄関前で待っていた。
「あ、今行きます」
 湧哉は返事をすると悠の待つ屋敷へと上がった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ