挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

凍解の花【いてどけのはな】

作者:もも
花街で下働きの少女として育った十歳の光莉(ひかり)は、ある日看板遊女である母の客に少年だと見抜かれ買い取られそうになる。夜の内に親子で花街を逃げだそうとするが、母は追っ手に捕まってしまい、光莉は一人で逃げることとなった。逃走を続け、疲弊しきった光莉は、やがて入りこんだ山の中で白夜(びゃくや)という青年に出会う。不思議と心惹かれ、親切な彼と一緒にいたいと願うが、翌朝彼は「十年経っても自分のことを覚えていたら、またここに来い」という謎の言葉を残して別れることになる。それから十年。近くの村で暮らしていた光莉は、約束を果たすために山へ登ろうとするが、麓の茶屋で「あの山には鬼と天女が一緒に暮らしている」という不穏な話を聞く。それでも恐れることなく山へ登った光莉は、赤い瞳が印象的な美少女と出会う。まがいものの生命に結びつけられた青年と少女の絆の物語。
序章
2016/09/18 15:53
第一章:日脚伸ぶ(ひあしのぶ)①
2016/09/18 16:02
第一章:日脚伸ぶ(ひあしのぶ)②
2016/09/18 16:20
第一章:日脚伸ぶ(ひあしのぶ)③
2016/09/19 11:07
第一章:日脚伸ぶ(ひあしのぶ)④
2016/09/19 11:09
第二章:初時雨(はつしぐれ)①
2016/09/20 16:12
第二章:初時雨(はつしぐれ)②
2016/09/21 15:11
第二章:初時雨(はつしぐれ)③
2016/09/21 15:14
第三章:春隣(はるどなり)①
2016/09/21 20:47
第三章:春隣(はるどなり)②
2016/09/22 10:14
第三章:春隣(はるどなり)③
2016/09/22 10:17
第四章:枯蔓(かれづる)①
2016/09/22 16:49
第四章:彼蔓(かれづる)②
2016/09/23 01:27
第四章:枯蔓(かれづる)③
2016/09/23 14:33
第四章:枯蔓(かれづる)④
2016/09/23 14:35
第五章:寒梅(かんばい)①
2016/09/23 22:05
第五章:寒梅(かんばい)②
2016/09/23 22:07
第五章:寒梅(かんばい)③
2016/09/25 20:17
第五章:寒梅(かんばい)④
2016/09/26 15:51
第六章:帰り花(かえりばな)①
2016/09/26 22:05
第六章:帰り花(かえりばな)②
2016/09/27 15:48
第七章:寒禽(かんきん)①
2016/09/27 19:26
第七章:寒禽(かんきん)②
2016/09/28 16:28
第七章:寒禽(かんきん)③
2016/09/29 16:23
第八章:初光り(はつひかり)①
2016/09/30 15:54
第八章:初光り(はつひかり)②
2016/10/01 15:56
第八章:初光り(はつひかり)③
2016/10/02 19:03
第九章:澄明(とうめい)①
2016/10/03 15:49
第九章:澄明(とうめい)②
2016/10/03 20:31
第九章:澄明(とうめい)③
2016/10/04 17:10
第十章:花風(はなかぜ)①
2016/10/05 17:04
第十章:花風(はなかぜ)②
2016/10/06 15:35
第十章:花風(はなかぜ)③
2016/10/07 19:04
第十一章:夕宵(ゆうよい)①
2016/10/08 19:33
第十一章:夕宵(ゆうよい)②
2016/10/09 23:17
第十二章:霜枯(しもがれ)①
2016/10/11 16:10
第十二章:霜枯(しもがれ)②
2016/10/12 17:11
第十三章:霜衣(しもごろも)①
2016/10/13 16:32
第十三章:霜衣(しもごろも)②
2016/10/14 16:07
第十三章:霜衣(しもごろも)③
2016/10/17 15:17
第十四章:枯野(かれの)①
2016/10/18 19:45
第十四章:枯野(かれの)②
2016/10/19 17:54
第十四章:枯野(かれの)③
2016/10/20 18:52
第十五章:凩(こがらし)①
2016/10/22 04:21
第十五章:凩(こがらし)②
2016/10/23 19:51
第十五章:凩(こがらし)③
2016/10/24 17:35
第十六章:荒寥(こうりょう)①
2016/10/25 20:24
第十六章:荒寥(こうりよう)②
2016/10/26 15:30
第十六章:荒寥(こうりょう)③
2016/10/28 16:42
終章:凍解の花(いてどけのはな)
2016/10/28 22:22
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

私の玉の輿計画!

前世の私は何不自由なく暮らす、一国の王女だった。美しく華やかで楽な人生だった。それなのに!転生した私はただの庶民に成り下がっていた。こんなの許されるわけがない。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/10/28 23:29
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全148部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/26 04:09
王宮の至宝と人質な私

持ち家すら無い超貧乏貴族の娘、セーラはツイていなかった。一家が都落ちの最中に拾って弟にした美少年は只の捨て子ではなかった。ある日突然王宮からやってきた騎士団に弟//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全72部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2013/04/07 10:49
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全53部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/10 20:50
侯爵令嬢は手駒を演じる

かつて愛国者の国と呼ばれていたローランズ王国は現在、正妃の息子である第二王子を擁立する国王派と、側妃の息子である第一王子を擁立する教会派に分裂し、政治が混乱して//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全95部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/02 12:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/21 00:00
裏側からこの状況を説明します

『誰かこの状況を説明してください』~貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。各々の事情があり、思惑の一致した//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全105部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 22:37
入れ替わり令嬢奮闘記録

公爵令嬢エリーゼは混乱の極地にあった。ある日、目覚めたらまったく別の令嬢シャルロットになっていたのだ。元に戻る術は無く、自身がエリーゼであることを信じてもらえる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/03/19 23:06
廃業寸前の少女、黒竜を拾う

ニコラは薬屋を営む天涯孤独の少女。最近ライバル店にお客さんを取られて廃業寸前に追い詰められていた。 そんな時、ニコラは大きな黒い卵を発見する。中から出てきたのは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全32部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/19 07:00
望まれた政略結婚 ~旦那様は、元敵国の将軍閣下~

「フィーネ・トラウト。君に縁談だ」 サンクセリア王国で暮らすフィーネは、国王からそう言い渡された。 フィーネの政略結婚相手は、「黒い死神」と呼ばれる隣国の若き将//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 19:00
古参侍女の最後の恋

エルナは、国境に近い街トレヴァスの傍にある城塞の古参侍女だ。三十路を半ばも過ぎ、地獄耳のチクリ魔とすっかり恐れられ、嫌われ者になってしまった彼女の心の支えは、現//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全13部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/05 00:00
最下位職から最強まで成り上がる~地道な努力はチートでした~

凡人がコツコツと努力を重ねて世界最強へ。 辺境の村で幼なじみだったルークとリリ。 2人はスキルと天職を天啓される『祝福の儀』を受けたが、最高位の職業をもらった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全62部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/27 19:49
竜の子を産んだら離縁されたので森で隠居することにしました

タイトルまんまに進む予定。 宝島社さまより書籍化 11/4発売

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全70部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/25 23:28
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全71部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/09 13:13
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全70部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 12:07
伯爵令嬢の婚約状況

わたしには親の決めた婚約者がいる。公爵家の嫡男であるその婚約者は、非常に女性に人気があるらしい。そしてわたしは社交界デビュー早々、彼に愛人候補がいるということを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 23:00
魔法伯爵の娘

魔法伯爵リュース・ルイスの訃報が、王国中を駆け巡った。 その娘・アイザは父の爵位を継ぐためにと王都へ向かおうとするのだが――その行く先をならず者の集団で有名な国//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全62部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 16:05
貴女は我が心の太陽~捨てられた貴族の姫君と幼馴染の騎士~

スターチスはある王国の騎士の三男坊として生を受けた。 貴族であっても平民同然の貧乏な毎日を送る彼だったが、ひょんなことから領主の姫と仲良くなる。 だが、領主の姫//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/03 20:43
彼を見ている私と、彼女を見ている彼

ジョセフィンは婚約者のウェスティンを愛していたが、家同士の婚約に彼は愛を求めないようだった。ただ、彼はジョセフィンの魔力に興味をもっているので、結婚に異存はない//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全10部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/01 10:32
初恋はクラーケン

むかし、昔、あるところに。一人の美しい娘がおりました。 その髪は艶やかに波打つ朝焼けの金。 その肌は象牙のようになめらかで、透き通るような柔らかさ。 いにしえの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全19部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/06/28 20:01
異世界で幼女化したので養女になったり書記官になったりします 番外編置き場

平凡な大学生の私、水瀬玲奈は、気付いたら異世界にいました。 あれ? ここ、どこ? え?精霊と契約を結んじゃった? んん? 体が縮んでない? わけも分からず異//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全23部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/26 17:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全60部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/11 22:00
借り暮らしのご令嬢

アニエス・レーヴェルジュは美しく、気位の高い伯爵令嬢である。 社交界の麗しの薔薇と呼ばれた彼女は、高嶺の花であった。 一方で、騎士である貧乏貴族のベルナールは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全79部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 17:00
払暁

「賭けでもするか?」 戦場にてうっかり言った言葉を本気にされてしまった。 騎士と男装魔術師の、双方の思いがすれ違う。試練と葛藤の話。

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全64部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/07/17 12:16
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/02/20 03:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全40部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/05/27 08:04
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全38部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/06/19 06:34
蟲狩り少女と赤い英雄

村では最強の牙だったインユェ。しかし理不尽な選定のため、長の娘の代わりに後宮に宮人として入れられることに。后妃に仕えていないただの宮人にはお手当てが出ない! 空//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全71部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/16 17:00
昇華

アリーシャは前世の記憶を思い出した。 だが前世での記憶は酷く悲しくて苦しく、どす黒い憎しみを胸に世界を閉じていた。 アリーシャは誓う、二度と同じ過ちはくりかえさ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全18部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/12 22:18
セントリーズの悲恋

3百年前に滅亡した、セントリーズ王国最後の王女だった記憶があるアンナは、ある日、人伝に噂を聞く。それは、かつて婚約を結んでいた王子が、王女の生まれ変わりを捜して//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 22:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/10 07:28
隠されてた姫と迎えの騎士

騎士サティルは気が重かった。世継の双子は不吉だという言い伝えから辺境の地に隠された妹姫を、亡くなった世継の姫の身代わりとして王宮に連れ帰る任務を与えられて。国の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全18部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/07/09 08:15
男爵令嬢と王子の奮闘記

前世で身分違いの結婚をした記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。あんな苦労はごめんだと思っていたのに、ある日、女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだす。「お前と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 05:38
ナタリア姫と忠実な騎士

自分の容姿にコンプレックスを持つ大国の王女と、彼女の幼馴染である近衛騎士とのすれ違いラブロマンス。最後はハッピーエンドですが、騎士がヘタレの為、じれじれ展開です//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/30 18:44
↑ページトップへ